≫ 仮想通貨/NFT/メタバースの始め方はこちらから

【運転して稼ぐ!?】Drive and Earnプロジェクト「Hivemapper」リサーチ

Drive and Earnクルマが足の北米市場で注目されていて、〇〇 and Earn の広がりもあり、今後期待できるのでは?と考え調査しました。

運転ながらお金も稼げるのは、歩いて5分でもクルマに乗る北米文化やドライブや車のお出かけが好きな方には朗報ですね!

この記事を読んでわかること
  • Drive and Earnのプロジェクトについて
  • Drive to Earnのはじめ方 (5STEP)

トークンの上場が近いDrive and Earnのプロジェクトもあります↓

Drive and Earn

  • 専用ドライブレコーダーをつけた車でドライブして、マップを生成することに貢献することで稼げる仕組み
  • 2022年夏にサービス開始予定
  • ドライブカメラは7月に発送予定(先行分)

ダッシュカムを使ってドライブすることで$HONEY(仮想通貨)を獲得できるサービスです。

Hivemapperは現在、9つの都市圏で稼動しているとのことですが、2022年4月現在は、北米の一部の地域でのみ運用しか確認できません。(ピンクのところ)

2022年中に更に30都市でサービスを開始し、その後、国際的な地域へと拡大する予定のようです。

日本での利用はまだまだ先そうです。。

Drive to Earnの運営会社

会社名:Hivemapper, Inc.

  • 2015年創業のベンチャー
  • 資金 $21M(2100万ドル)
  • Drone向けナビアプリの開発も
  • 現段階ではIEOやIDO(仮想通貨での資金調達)未実施

運営チーム

私たちは、数学者、物理学者、コンピュータ科学者、物流専門家、アーティスト、デザイナーで、分散型マッピングネットワークを作るために活動しています。

私たちのチームは、Yahoo Maps、Scale AI、Mapboxでグローバルマップと地理空間製品の構築と拡張を行いました。

出資企業

ユースケース

Hivemapperの地図は新鮮なデータを提供してくれるので、ナビゲーションシステムに最適なデータを提供でき、ドライバーは行き先を把握することができます。

Joe, Logistics Manager

複雑な道路事情の問題の改善

配送を困難にする住所不明性

上空と地上からの地図画像データによるきめ細かい情報の特定

地図上の画像が遮蔽されているライドシェア事業者の送迎場所

場所の特定とラベル付け

電柱のそれぞれ識別記号でラベル付け

電波塔

ドローンから作られた空中マップを使った機器の状態や障害物を特定できる。

不動産

  • 建築確認のための近隣の可視化
  • 不動産鑑定評価への協力
  • 販売または賃貸用の建物や住宅を紹介する
  • キャンパス、会場、病院などのキャンパスマップの作成

保険

高解像度の空中および街中の画像は、保険会社が屋根、プール、フェンスなどの状態を把握するのに役立つ

メリット・デメリット

Drive to Earnの目的として次のことが掲げられています。

  • 打倒Google
  • Google Mapsの問題点を解決

独占的な中央集権型であるGoogle Mapに対して、Hivemapperは分散型であり、常に更新される地図を目指しているようです。

Google Mapの問題点
  • Googleが利益を独占している
  • APIの値段の高さ、値上げに各企業が疲弊
  • 更新が2年に1回で使い物にならない

「Google Maps API」とは、Google社が提供している高機能で世界中の地図データを扱っているGoogleマップを、AndroidやiOS向けアプリやWebサービスなどさまざまなサービスで利用できるようにしたものです。

Hivemapperの目標・メリット
  • 無料で使える+ドライバーにもインセンティブのあるオープンソースマップ
  • APIの改善
  • リアルタイム更新
  • リアルとの繋がりのあるWeb3.0事業

Hivemapperの最大のメリットは、ドライバーにも報酬が与えられるということです。Google Mapでも、登場時は衝撃的でカーナビが要らないくらいのルート精度と渋滞情報など恩恵がありましたが、Hivemapperではそれらに加えて$HONEYというトークンで報酬が与えられます。

  • より新鮮な地図画像と強力でシンプルな1つのAPIを介して、空中を移動することができる
  • 4K以上の高解像度
  • 横型ダッシュカムによる全方向地図画像

とはいえ、これだけ便利で浸透していてYahoo!を始めとした企業も苦戦している「Google Map」が簡単にこのサービス置き換えられるかどうかは、経過観察が必要だと思います。

他にもこの事業における重要な懸念点が挙げられます。

Hivemapperの懸念点・デメリット
  • 初期費用(カメラ代)が550ドル(6万円以上)
  • 世界地図として網羅することは困難そう(時間がかかりすぎる)
  • ブロックチェーンを使っているだけで、分散型かどうかは疑問
  • 車内に設置されたカメラの状態では高解像度がキープできるわけがない

懸念点はたくさんあり、ドローンを使うといった方法も考慮されているようですが、これだけの世界規模の初期費用がかかりかつ膨大な量のデータの蓄積には、時間もコストも計り知れないため、Googleやテスラ がこれまで何年間も培ってきたデータには勝てないでしょう。

また、下の画像のような画像提供を計画しているようですが、車内に設置されたカメラの状態では高解像度がキープできるわけがないと思います。だから、Google Carはルーフの上に360度カメラ設置しています。

Google Carの例

色々詰めが甘い部分が、今後是正されるのかに注目していきたいと思います。

もしかしたらもっと違った視点で、メリットや差別化を見出せなければ長続きしないかもしれません。

稼げる仕組み(トークノミクス)

報酬システム

HivemapperのDrive and Earnで稼げるトークン$HONEYは、Solanaの上に構築されたHivemapperブロックチェーンの暗号通貨です。マイニングされたHONEYトークンは、HivemapperのWeb3ウォレットで利用できるようになります。

そこからユーザーは、他のウォレットや取引所を含め、Solanaブロックチェーン上のどこにでも自由にトークンを転送することができます。

  • Route Novelty ‥ ルートの新規性は、地図が密集していない地域に焦点を当て、地図に載っていない場所への報酬のバランスを調整する。これはドライバーのトークン収益における最も強力な要因の1つとなる。
  • Region Multiplier ‥ デフォルトのリージョンマルチプライヤーは0.1。プロトコルは、消費者の需要や経済活動に基づいて、特定の地域に対して最大1倍まで高い報酬を設定する
  • Team Rewards‥ マップカバレッジの目標を達成した場合は貢献したドライバー全員でその報酬を分担します。
  • Map Consumption Rewards‥ 顧客によって使用されるタイルをマップした貢献者は、追加のマップ消費リワードを獲得します。マップの追加履歴に基づき、あるルートが顧客によって利用された時点で、そのルートに貢献したすべての人に報酬が分配されます。最も高い報酬は最も新しい貢献者に与えられ、それ以下の貢献者には比例して低い報酬が与えられます。
  • Annotation Rewards‥ マップアノテーション(地図編集)は、地図にもう1つのレイヤーを追加します。地図に注釈をつけた地図編集者は、貢献度に応じてHONEYトークンを獲得することができます。(正確なスケジュール開発される予定ですが、現在、この報酬は受け取れません。)
  • Driver Staking Fees‥ Hivemapper, Inc.およびその他の事業者は、特定の地域におけるマップカバレッジの拡大を促進するために、特定の地域における貢献者のステーキングフィーを期間限定で支払うことを選択することができます。これに加え、ドライバーのステーク料は、ドライバーの利益をネットワークの成功により強く結びつけることにより不正行為への抑止力と、高品質なデータによる価値の維持を保証するインセンティブが働きます。

Mapの更新

マップの鮮度は、鮮度倍率でリフレッシュが必要なタイルの価値を高めることでインセンティブを与えます。

顧客は、現在の現場の現実を反映した新鮮なデータを求めています。しかし、頻繁に更新されるデータの有用性には限界があります。そこで、ネットワークは、希望する周期でデータを更新するインセンティブを与えます。

Freshness Multiplierは0から1の間で設定され、リフレッシュが必要なタイルの値を増加させるために使用されます。鮮度倍率は、マップの鮮度を向上させるインセンティブとなります。

地図の品質

Map Qualityは、データの有用性、見やすさ、QAレビューの少なさ、投稿者の評価スコアの高さに対して報酬を与えることでインセンティブを与えています。

  • セットアップの問題点
  • 正しく設定されているが、使用できないデータ
  • 意図的なスパム
  • ヒューマンフィードバック
  • 機械的フィードバック

データの有用性

データの有用性は、人間と機械からのフィードバックによって評価され、さらにValidatorによって品質シグナルが検証されます。検証は、報酬の分配と投稿者の評価スコアの更新の前に行われます。

  • マウント位置検出
  • 完全性 – 忠実度、グレア、照明、障害物の問題検出
  • アップロードされた画像の整合性

画像の明瞭さ

より鮮明に見える画像は、そうでない画像よりもより多くのトークン報酬を得ることができます。

このインセンティブは、外付けの360度カメラのサポートなど、マッピングネットワークが将来的に関心を持つ分野のサポートにも利用することができます。

QA税

高いレピュテーションスコアを持つ貢献者は、その作品が大量のQAの対象とならないため、報酬の大部分を保持します。レピュテーションスコアが低い貢献者は、QA税としてトークン報酬のかなりの割合を支払う必要があります。

QAリワード

QAレビュアーは、ドライバーが投稿したコントリビューションをQAすることで、報酬を得ることができます。

評判スコア

各投稿者は投稿者スコアを持っており、最初は中立から始まり、向上または低下していきます。

高い評価スコアは、トークン収益の迅速なターンアラウンド、高い総収益、トークンの一部を売却するためのアンロックなどの利点につながります。

Contributor Reputation Scoreは、「Map Quality」セクションで説明した品質シグナルを使用して計算されます。

トークン・エコノミクス

$HONEYトークンの最大供給量は100億個に固定される予定です。

この一定の供給量を確保するために、一定数のHONEYトークンが時間の経過とともに減少しながら鋳造され、100億トークンの分配比率は次のように説明されています。

比率
20%スタートアップ資金を
提供する投資家
20%Hivemapper, Inc.従業員
15%Hivemapper, Inc.
5%ネットワーク管理財団
40%貢献者に対する
トークン報酬

Burn and Mintの構造は、プロダクトクリエイターと消費者の間にオンチェーンマーケットプレイスを作り出します。

消費者は、商品やサービス(Hivemapperの場合、収集したデータ、または今後のデータ収集の優先順位を設定する機能)へのアクセスを得るために、トークンを購入し、バーン(焼却)します。

トークンは時間とともに燃やされ、燃やされた(使われた)これらのトークンは、その後再鋳造され、関連する作業を行うクリエイターに配布されます。

仮想通貨トークンのバーンと発行の均衡により、ネットワークは永続的に貢献者に大きな報酬を生み出し続け、利用可能な価値の量は、新しいトークンの造幣の割合に対して以前に流通したトークンの造幣の割合が増加するため、最終的に顧客によって支払われる価値の量と密接にリンクするようになります。

従業員および投資家のためのトークン制限
Hivemapper Inc.の従業員に割り当てられたトークンは3年間制限され、最初のトークン配布日から36ヶ月目の末日まで、13ヶ月目に24等分されたトークンから譲渡制限が解除されます。
投資家に割り当てられたトークンは、2年間制限され、13ヶ月目の月末から24ヶ月目の月末までの12等分されたトークンから譲渡制限が解除されます。
初回トークン配布日は、トークンがメインネット上でローンチされる日です。

ロードマップ

トークン発行スケジュール

メインネットの立ち上げ時に、Hivemapper Networkは40億HONEYトークンの発行を開始し、貢献者に配布する予定です。

造幣速度は2年ごとに最大40%ずつ減少し、以下のスケジュールに示されるようになります。このスケジュールは、トークンの鋳造が可能な最大速度ですが、鋳造はマップの進捗に左右されるため、ほぼ間違いなくもっと遅い速度で行われるでしょう。

マップの進行速度が最大になると、2年ごとに造幣速度が40%ずつ減少します。合計40億HONEYトークンが発行される予定です。

トークン発行スケジュール

Drive to Earnのはじめ方 (5STEP)

Drive to Earnのはじめ方 (5STEP)

  • カメラの購入

    このダッシュカムは、Hivemapper Networkで$ HONEY(仮想通貨)をマッピングし、採掘するために作られたものです。

    Hivemapper Dashcamを今すぐ予約すると100ドル割引になり、2022年夏に出荷されます。

  • 2
    カメラの設置

    ダッシュカムが届いたら、4つの構成から1つを選んでマウントしします。取り付けには30分ほどかかります(取り付けガイドあり)

  • 3
    カメラとスマホ・アプリの接続

    ダッシュカムをAndroidとiOS用のモバイルアプリに接続し、運転を開始します。とても簡単です。運転すればするほど、地図が増え、より多くの$ HONEY(仮想通貨)が得られます。

  • 4
    地図の成長

    アプリが、集めた画像を自動的にアップロードします。地図が育っていくのを見るだけです。

  • 5
    $HONEYトークン獲得

    Hivemapperの暗号化マッピングネットワークが今夏にローンチすると、あなたのダッシュカメラが収集した画像からマップタイルがカバレッジを生成する際に、暗号通貨HONEYトークン得ることができます。

公式サイト

公式HP https://hivemapper.com/

ホワイトペーパー https://hivemapper.com/mapping-network#system-overview

Disscord https://discord.com/invite/FRWMKyy5v2

参照元

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました