≫ 仮想通貨/NFT/メタバースの始め方はこちらから

【NFTゲーム】世界初!ブロックチェーン対応FPS対戦型マルチプレーヤー・シューティングゲーム「SHRAPNEL(シュラプネル)」

SHRAPNEL(シュラプネル)ゲーム概要

「SHRAPNEL」は、ブロックチェーンに対応したNFTゲームでは世界初の対戦型マルチプレイヤーFPS(1人称視点)のNFTゲームです。

BAFTAやエミー賞を受賞したゲーム業界のベテランチームであるNEONが開発したゲームです。

すべてのプレイヤーは、以下のミッションで、SHRAPトークンとして報酬を受け取ることができます。

  • ゲームプレイ
  • コンテンツ作成
  • マーケットプレイス参加に関連したミッション

マーケットボリューム

PC版シューティングゲームのプレイヤーは、PC版プレイヤー全体と比較して、所得階層が高く、消費金額が大きく、週間ゲームプレイ時間が長い傾向

Newzooのデータによると、2022年1月の全PCゲームの中でFPSが最も高い月間アクティブユーザー数(MAU)を記録しています。

また、PCシューティングゲームの1日の平均プレイ時間は2時間強を記録しています。

PCシューティングゲームは、他のPCタイトルと比較して、平均して高い支出を記録しており、この強力なエンゲージメントは、収益につながります。

コアな対戦型FPSジャンルのゲームは、特にPCとモバイルで、将来的に大きな成長の可能性を示しています。

SHRAPNEL(シュラプネル)の制作会社とチェーン

制作会社:game studio Neon

ゲームスタジオNeonは、HBO Interactiveからスピンオフしたチームで形成されています。ホワイトペーパーでは、とチームメンバーの経歴とポートレートが掲載されています。

SHRAPNELのCEOであるMark Long氏は、Disney、Ubisoft、米軍などのクライアントのために、Sega GenesisからPlaystation 4までのプラットフォーム向けの大ヒットゲームを手がけてきました。

Avalanche (アバランチ、AVAX)ブロックチェーン 初のクオリティ・タイトルとなっています。

またアバランチは、400万$AVAX(価格で2億9000万ドル相当)をコミットし「マルチバース構想」を提唱するなどNFTゲーム、Gami-Fi業界への進出に積極的です。

  • アバランチ独自の「サブネット」ブロックチェーンを利用
  • イーサリアムで問題になっている、プールされたリソースの競争をなくすことができる
    (ガス代を安くすることができる)
  • 他のアバランチのゲーム:DeFi Kingdoms

多くのブロックチェーンが相当な二酸化炭素排出量を持つ中、Avalancheは環境への影響を最小限に抑えるという当社の理念を共有する、ネットゼロを実現する数少ないブロックチェーンの1つです。

Avalancheの1秒以下の決済時間と低い取引手数料により、私たちはプラットフォーム全体で素晴らしいユーザー体験を提供することができます。

また、同様の技術を売り物にしている他のブロックチェーンには、「パラチェーン」を持つPolkadotと「ゾーン」を持つCosmosがあります。

SHRAPNEL(シュラプネル)ゲーム内容

  • 世界初FPS型のNFTゲーム
  • 弾薬や武器がNFTで相手から奪う
  • LandNFTは空マップ
  • マップはNFTの建物を置ける
  • 人気マップは収益性が高い
  • NFTクリエイターとコラボして人気マップを作る報酬が発生
  • 広告収益も視野に

ストーリー

SHRAPNELの世界では、巨大な

38シグマと呼ばれる小惑星が衝突した。

月に隕石が降り注ぎます。

地球を取り囲む500kmの帯。その地域は

サクリファイス・ゾーン(ゾーン)と呼ばれるようになる。

そのため、世界各地から隔離され、人が住めなくなる。

世界では、このような「諜報機関」のチームによって何が発見されたのか、様々な憶測が飛び交う。

ゾーンを警備する準軍事的な請負業者。量子力学的な振る舞いを可能にする謎の物質 “コンパウンド・シグマ “の噂が飛び交う。

古典物理学の領域で 国や企業は傭兵部隊(MEF)を結成し、ゾーンに乗り込み始めた。その代表格がヴェルダハ社である。(V-Corp)は、この世界を変えるような発見から生まれた新技術をいち早く市場に投入していた。そして、プレイヤーたち。ゾーンの支配とその秘密をめぐって血みどろの戦いを繰り広げるMEFオペレーターたち。

Shrapnel sホワイトペーパー

ゲームプレイ

SHRAPNELでは、プレイヤーはいずれかのMEFのオペレーターとしてゾーンに入り、貴重な資源を発見し抽出することを遂行するゲームです。

このゾーンでは、他の多くのオペレーターも資源を争っているため、緊張感のあるハイリスクな競争環境となり、リスクテイクが奨励され、スキルが報われることになります。

プレイヤーは、オペレーターに自分のプレイスタイルに合った装備を与えてから、ゾーンに入ります。ギア(NFT)は死亡時にドロップするため、プレイヤーは常に変化する成功の確率を考慮しながら、あらゆる選択を迫られます。

また、戦死したオペレーターが落とす装備品に加え、謎の物質「コンパウンドΣ」を集めることもできます。戦利品を収集した後、プレイヤーはいくつかの脱出地点のうち1つまで戦い、脱出するために十分な時間生き残り、自分のものにする必要があります。

抽出に成功した戦利品(NFT)は、プレイヤーの永続的なインベントリに置かれ、プレイヤーは今後のセッションでロードアウトを構築するために使用します。

プレイヤープールが減少し、脱出がより危険になるにつれて、すべての選択が意味を持つようになります。戦略は進化します。

多くのFPSゲームのようにクラン同盟が生まれたり崩れたり、利害関係が発生することも苦慮されています。

ゲームシステム

プレイヤーは3つのオペレータークラスから1つを選択することができます。

アサルト、サバイバル、インフォセックの3つのクラスがあり、それぞれにスキルベースのプログレッションツリーが用意されています。

プレイヤーはオペレーターを成長させることで、様々なアビリティや特殊装備をアンロックし、プレイを向上させることができます。あるクラスの弱点を他のクラスの強みが補うことで、ダイナミックな戦略やアライアンスが可能になります。

また、初心者の方や、装備を壊さずにプレイしたい方のために、ローリスク・ローリターンでプレイできる「コントラクトオペレーター」というキャラクターも用意されています。

また、プレイヤー自身がトーナメントを作成し、ルールや条件を設定し、イベントのプロモーションを行うことができます。

装備とクラフト

SHRAPNELの戦略的なゲームプレイは、プレイヤーが以前のセッションで抽出した装備と、自分で製作した装備の両方から、どのようにロードアウトを作成するかが中心となります。

装備には、ローテクで信頼性の高いコントラクトオペレーターの武器から、破壊的だが故障しやすいコーポレートMEFの先端技術まで、さまざまなものがあります。

プレイヤーは、装備の組み合わせを変えてロードアウトをカスタマイズすることができます。

クリエイターエコシステム

SHRAPNELのクリエイターツールを使って、コミュニティはNFTのライブラリを構築し、ゲーム内で使用したり、コミュニティと共有したり、他のプレイヤーと交換したりすることができます。

また、最高のアイテムやマップを開発し、プロモーションし、ステークホルダー、クリエイター、その他の関係者は、コンテンツのパフォーマンスに応じてSHRAPの報酬を受け取ることができます。

ユーザー作成ゲーム

ベースアセット
誰でも簡単に高品質でSHRAPNEL対応のバニティアイテムを作成できるように、マーケットプレイスにはあらかじめベースアセットが用意されています。
バニティ
プレイヤーはバニティアイテムを自分で作成し、価格と固有の数量を設定することができます。作成したアイテムは、SHRAPNELマーケットプレイスに追加され、プロモーションを行うことができます。バニティ素材は5種類に分類され、その総量は限られています。これらの希少な素材を使用したバニティアイテムは、ゲーム内で独自の表情を持つようになります。
マップ
マップの設計と開発は、SHRAPNELのプラットフォーム、経済、そしてプレイヤーの体験にとって基本的なものです。プレイヤーは、SHRAPNELが提供するベースアセットとプレハブアセットの両方を使用して独自のマップを作成することができ、初心者は高品質のコンテンツを作成するためのジャンプスタートを提供します。

DAOコミュニティ

SHRAPNELのすべてのステージで、コミュニティの関与がゲームプレイと開発の原動力となっています。

デザイン、ロードマップ、美観など、SHRAPNELの世界に関する意思決定を行うために、DAOコミュニティが招待される予定です。

このDAOコミュニティにより多く参加するプレイヤーは、これらの決定に対してより多くの意見を持つことができ、分散型プロジェクトの理念を反映し、高いエンゲージメントを促すことができます。

開発の進捗は、Web、Discord、Twitterなどのソーシャルチャンネルでオープンに共有し、コミュニティの成長に合わせてチャンネルを増やされていく予定です。

評判システム

プレイヤーは『SHRAPNEL』に参加することで、革新的なレピュテーションシステムに参加することができます。プレイヤーの総合的な評価スコアは、3つの要素に基づいて決定されます。プレイ」、「クリエイション」、「コミュニティ」の3つの要素で評価されます。

高評価プレーヤー

高いスコアを獲得したプレイヤーは、ゲーム内のブーストや新しいModding機能などの報酬を得ることができます。

総合評価スコアが高いほど、プレイヤーのプロフィールやコンテンツがマップやSHRAPNELマーケットプレイスで発見されやすくなり、報酬を得る機会が増えることになります

低評価

レピュテーションシステムは、ポジティブな交流に報酬を与えるだけでなく、プレイヤーの「タイムアウト」や「ミュート」時間など、ネガティブな行動を取り締まるように設計されています。悪質な行為を繰り返すと、SHRAPNELから追放されることになります。

このシステムは、チートの少ない良好なゲーム性を形成する上で重要だと思います👍

さもなければクソゲーになって過疎りますので。。

経済圏

SHRAPNELの経済は、遊び、創造、所有、統治を通じて、複数のペルソナがエコシステムに参加することを可能にし、ペルソナごとにインセンティブを与えられます。

各ペルソナ間の相互作用により、コラボレーション、発見、そしてより多くの人々が参加することで増え続ける経済活動の好循環を生み出されます。

トークン

SHRAPNEL内で使われるトークンは今の所1種類で、アバランチ・チェーンになります。

シンボル用途
AVAX基盤ブロックチェーン通貨
不明ガバナンストークン
SHRAPステーキング
ゲーム内報酬
賞金

トークノミクス

SHRAPはERC-20トークンとして発行され、その後間もなくアバランチ(AVAX)に展開される予定です。

トークンジェネシスイベント(TGE)では、30億のSHRAPトークンがトークンの総供給量として作成され、これは決して増加することはありません。他の取引可能なトークンの生成や鋳造は予定されていません。

SHRAPトークンは、以下のように配布され、アンロックされます。

マーケットプレイス

SHRAPNELは、買い手と売り手がすべてのゲーム資産を取引できる、堅牢でオーダーブック形式のマーケットプレイスを備えています。

各レベルのギア、汎用およびプレミアムバニティアイテム、マップ、土地について、洗練されたピアツーピアのマーケットプレイスで入札とオファーが行われます。

すべての取引はSHRAPトークンで決済されますが、入札とオファーは米ドル相当額で表示されます。

マップ

SHRAPNELのマップフレームワークには、2つの土地カテゴリーがあります。アリーナ(キュレーション/プロモーション用地)とポディウム(競技用地)です。マップ所有者の主な目標は、自分のマップをThe Podiumの中心に置くことです。

アリーナでは、オーナーとキュレーターはプレイヤーやSHRAPステーキングを集めるためにマップをプロモーションできます。マップがプレーヤーとSHRAPを獲得すると、サイズが大きくなり、The Podiumに近づきます。

Podiumでは、定期的に昇格・降格を繰り返す人気と実績のあるトーナメントが開催されます。成績の良いマップは中央へ、成績の悪いマップは外側へ押し出されます。土地所有者、キュレーター、マップ所有者、ステイカーは、パフォーマンスに基づくSHRAP報酬を共有します。

ロードマップ

今はまだ「Phase 00: Reserves」で、コミュニティが立ち上がった状態です。次のフェーズからは次のような計画がされています。

  • 「Phase 01: Campaign」SHRAPトークンの発行
  • 「Phase 02: Surplus」土地や装備
  • 「Phase 03: Build」 クリエーターツール実装
  • 「Phase 04: Deploy」 ゲームプレイ

提携

香港に拠点を置くグローバルな暗号金融サービスプロバイダーであるAmber Groupは、トークンの財務管理とゲーム内のマーケットメイキングでSHRAPNELを支援し、マーケットメイキングサービスを提供、十分な流動性と価格の安定性を確保するのに貢献します。

SHRAPNELのゲームテクノロジーは、AAA品質、一流のセキュリティ、強固な運用サポートを実現するための技術パートナーが選ばれています。

パートナー

「Shrapnel」は、DragonflyやThree Arrows Capitalのほか、Citadel Global EquitiesのKeith NunziataやKleiner PerkinsのJason Zhaoといったエンジェル投資家が参加し、700万ドルのトークンセールを完了しています。

また、Griffin Gaming PartnersがPolychain Capitalと共に主導した11月のシードラウンドで1050万ドルを調達しました。

公式サイト

ホワイトペーパー https://www.shrapnel.com/Shrapnel-White-Paper.pdf

公式Twitter https://twitter.com/playSHRAPNEL

公式HP https://www.shrapnel.com/

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました