≫ 暗号資産、NFTをはじめるステップ

TwitFiとはTwitterで稼ぐためのプロジェクト。 かんたん解説

ざっくりTwitFi
  • NFT界の『たまごっち』のようなもの
  • NFT保有して『#TwitFi 』を付けてツイートするとトークンがもらえる
  • 2022年第4四半期にベータ版ローンチ予定

プロジェクト概要

TwitFiとは、たまごや小鳥のNFTを保有して、『#TwitFi 』を付けていつも通り呟くだけでトークンがもらえる、Tweet to Earnするための海外プロジェクトです。

たまごっちやデジモンみたいに、レベルアップすると小鳥NFTの外見も変わっていくみたいなので、愛着湧きそうですね。

また、TwitFiはアプリ不要です。

サイトにアクセスして、ウォレット・Twitterアカウントとの接続をしてからハッシュタグを付けて呟くだけです。

やり方

TwitFiはこのような流れで、はじめることができます。

TwitFiの流れ
  • ラベル
    たまごNFTが届く

    1つのアカウントで最大10個まで複数のNFTを購入することができます。
    アカウントで購入できます。卵のNFTは3種類あり、Common,
    レア、エピックがあります。鳥のNFTが生まれる確率は、卵のNFTの種類によって異なります。
    生まれる確率は、卵NFTの種類によって異なります。

  • ラベル
    ウォレットとTwitterアカウントを連携

    TwitFiにアクセス後、ウォレットに接続し、Twitterアカウントに接続します。

  • ラベル
    たまごNFTの孵化ふか

    Tweet to Earnを行うには、Egg NFTを孵化させる必要があります。Egg NFTを孵化させるには、TwitFi AssetページでEgg
    を選択し、「孵化」ボタンを押します。孵化すると、Egg NFTは
    はBird NFTになります。

    有料のレアエッグからは1%の確率で白鳥がでます。

  • ラベル
    ツイートします

    設定が完了したら、通常通りTwitterでツイートしてください。TwiFi」をつけてツイートすると
    トークンを取得します。

  • ラベル
    フィード(えさを与える)

    トークンを獲得するためにはフィードが必要です。1回のツイートで1つのフィードを消費し、フィードがなくなるとツイートしてもトークンを獲得できなくなります。フィードは一定時間ごとに自動的に補充され、その量はレベルによって異なります。

  • ラベル
    ウイルス感染症

    ツイートすると、一定の確率でNFTがウイルスに感染し、NFTが感染すると、ツイートしてもTWTがもらえなくなります。
    NFTが感染すると、ツイートしてもTWTを取得できなくなります。感染は7日後に自動的に
    7日後に自動的に治ります。また、薬を購入することで即座に治すこともできます。薬を購入することができます。
    マーケットで購入できます。感染確率はNFTによるツイート数に依存します。

ミントがあるの?

あります。

鳥ちゃんも例の如くレベルという概念があるので、

レベルを一定まで上げて、2体揃えるとミント出来ます。

レベルが高いと生まれる卵のレアリティも上がるそうです。

ROIを考えるに当たって重要になりそうです。

NFTを手にいれるには?

Giveaweyでもらうかプレセールで購入できます。

購入価格は0.1ETHです。

また、ベータ版へのアクセス権も兼ねているようです。

NFTが感染たまま放置するとどうなる?

ウイルスに20回感染する小鳥さん死んで、

NFTがなくなります。(NFTバーン)

プロジェクト詳細

トークン

TwitFiでもらえるトークンは『TWT』です。24時間経過でリワードが貰えますが、50%は1ヶ月ロック(換金できない)されます。

チーム

まだまだこれからのプロジェクトですが、次のような運営のメッセージもあります。

『WEB3.0に固執しなくてもいいんじゃない?』

『便利で楽しく出来たらいいよね!』

ロードマップ

公式リンク

Twitter https://twitter.com/TwitFi_official

HP https://twitfi.com/

ホワイトペーパーhttps://whitepaper.twitfi.com/

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました