≫ 暗号資産、NFTのはじめ方まとめ

【NFT基礎知識】数分でわかるメタマスク(Metamask)の使い方と注意点まとめ

メタマスクとは?

メタマスクとは、キツネのアイコンが特徴の仮想通貨やNFTを触る方であればほぼ100%利用されたことがある電子ウォレット(*)です。

(*)実際には、メタマスクはウォレットアドレスにあるものを表示するブラウザですが、ここではウォレットと表現しています。(URLを入れると表示されるWebブラウザと同じような機能です)

メタマスクのウォレットは、Paypayや楽天ポイントなどのように、一つの用途に限定されるのではなく様々な用途に対応しています。

  • 様々な仮想通貨
  • NFT(画像、動画など)

主に仮想通貨であればDeFiの運用でイールドファーミング(*1)や、ステーキング(*2)などに利用され、NFTであればOpenseaなどのNFTマーケットプレイスでの売買に使用されています。

DEX(分散型取引所)などのDeFiサービスにユーザーが資産を貸し出すことで流動性提供に貢献し、金利や手数料を得る運用方法。

対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みです。

メタマスクのインストール方法

メタマスクはPC版、スマホ版(iOS/Android)ともに利用可能です。

利用方法はそれぞれ次の通りです。

  • PC版では、Google chromeなどのWebブラウザの拡張機能を追加
  • スマホ版では、アプリをインストール
メタマスク・インストール手順(PC版)
  • Googleで「metamask」と検索、もしくは下記アドレスからダウンロードページにアクセスしてください。

    (Firefox、Edge、およびBraveブラウザーも同様、Safariではできません)

    MetaMask – Chrome ウェブストア

    メタマスクは右上の拡張機能のピンにチェックすることで、タスクバーに表示することができます。

  • 「開始」をタップします。
  • 「ウォレットを作成」をタップします。
  • 同意するをタップし、パスワードを新規作成します。
  • メタマスクの説明動画を観ることができます。
  • 12個のシークレットリカバリーフレーズを順番通りにメモして保管してください
  • 先ほどメモした12個のフレーズを順番通りにタップして入力していきます
  • 以上でウォレット作成が完了です!

アプリ版も作成の流れも同様です。

メタマスクのセキュリティ

シードフレーズは絶対保管!

よく聞くのが、価値のある仮想通貨やNFTをメタマスクに入れていたが、シードフレーズをなくしてしまい一生アクセスできなくなった。と言うものです。

メタマスクは、CEXのような管理会社があるわけではないので、パスワードの再発行のようなことは不可能です。

逆に12桁のシードフレーズがあれば、他のPCやスマホでメタマスク・ウォレットの復元は可能なため無くさないように必ず保管してください。

メタマスクのスキャムの種類

よくあるのは、メタマスクから仮想通貨やNFTが盗まれると言うものです。

この内ほぼ全ては、メタマスク自体がハッキングされると言うよりは、ユーザーが下記のようなアクションをしたことで発生するフィッシング詐欺によるものです。

  • ディスコードなどでスキャム・リンクをクリック
  • ハッカーから勝手に送られてきたNFTをクリック

セキュリティ対策方法

無料で簡単に何個も作れるため、複数のメタマスク・ウォレットを使い分ける方法がおすすめです。

私は、次のように使い分けています。

  • NFT用
  • 草コイン、エアドロップ用

ハードウェアウォレット

また、ハードウェア・ウォレット(*)として物理的に外部ウォレットに保管する方法もあります。こちらには、メリットデメリットがありますが主に高価な価値のある仮想通貨やNFT保有者が利用しています。

(*)ハードウェア・ウォレットとは、外付けUSBメモリのようなものに書き出して、ネットワークから遮断する方法がハードウェアウォレットです。

  • メリット:現在選択できる中で、最も安全な保管方法と言われている
  • デメリット:NFTや仮想通貨を接続することが面倒になる

Ledger Nano S (レジャー ナノS)

TREZOER(トレザー社)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました