≫ 仮想通貨・NFTのはじめ方

初心者フレンドリーでカンタンなLINE NFTとは

LINE NFTとは、LINEが独自開発したNFT マーケットプレイスです。このページでは、その特徴をシンプルにまとめました。

LINE NFTの特徴まとめ
  • LINEのアカウントから始められる
  • 手数料(ガス代)が無料
  • 詐欺の可能性が低い
  • 個人は発行できない
  • コンテンツ手数料収益が得られる
  • LINE友達にカンタンにNFTを送れる
  • 決済方法は、LINE Payと仮想通貨LINK
  • イーサリアム(ETH)チェーンへの接続を開発中

LINE NFTとは?

Line NFTは、Line のブロックチェーンプラットフォーム「Line Blockchain」上で作成され、管理されるNFTマーケットプレイスです。

LINE Blockchainは、LINEが独自開発したブロックチェーンで、一般的にパブリックチェーンと呼ばれる他のチェーンとは異なる魅力があります。

  • 取引にかかるコストや処理速度などの面でメリット
    • ガス代無料
    • 処理速度が速い

Line NFTは、通常の NFT と同様に、ユニークな属性を持ったデジタルアセットを表しますが、Line NFT は Line のエコシステム内でのみ使用されます。

LINEは9000万人のユーザーがいて、使っている人からも安心感を得られているため、NFTを買ったり売ったり、触れたことがない人の入り口として強みがあります。

「難しそうだな」「自分にはハードルが高いな」などと感じる方でも、慣れ親しんだLINEのアカウントで気軽に始めやすいと思います。

また、今後Line NFTでは、ゲーム内アイテムやデジタルアートなど、様々な用途に利用されることが想定されています。

LINE NFTのメリット

手数料(ガス代)が無料

通常のNFTは、イーサリアム(ETH)などのブロックチェーン上で作られているため、買ったり売ったり送ったりする際に、ガス代と言われる手数料がかかります。(イーサリアムは数百円〜数千円程度)

LINE NFTでは、そのような手数料(ガス代)が無料になります。

  • NFTの発行
  • 購入
  • 出品
  • 送付
  • 出品キャンセル

詐欺の可能性が低い

偽サイトに繋いだり、騙されて秘密鍵を聞き出されると、あっという間にハッカーに暗号資産もNFTも盗まれます。

Metamaskユーザーは、注意深く気をつけながら自己責任のもとNFTを取り扱っています。

それに対して、LINE NFTはLINEが管理する、独自のLINE Blockchainのため、被害に遭う可能性が低くなります。

また、LINE NFTは、法人が契約してNFTを発行するため、社会的信用の高いといえ、詐欺商品が出回りにくくなります。

日本円(LINE Pay)で売買できる

LINE NFTは、LINE Payと仮想通貨LINKで決済することができます。

すでに普及している、スマホアプリのLINE Payで決済できることは大きな強みですね。

仮想通貨LINKは、LINEアプリからLINE BITMAXを口座開設してから、LINE Payや銀行振込で入金すれば、LINKを買うことができます。

LINE NFTのデメリット

個人NFTクリエイターは出品できない

LINE NFTは、法人契約のみなので、OPENSEAなどのNFTマーケットプレイスと違って、個人クリエイターが出品できません。

NFTを作って販売するNFTクリエイターにとっては、個人が自由にNFTを発行し出品できないことは大きなデメリットになります。

NFTの発行ファイル形式が限定的

Openseaや他のNFTマーケットプレイスの作品と比べると、NFTの発行ファイル形式は限定的です。

LINE NFTOpensea
対応ファイル形式PNG、JPEG 3MBまで
MP4 200MBまで
GIF 30MBまで
PG, PNG, GIF, MP3,
SVG, MP4, WEBM,
WAV, OGG, GLB, GLTF
最大100 MBまで

純粋なNFTではない

いわゆるNFTは、主にイーサリアムなどのブロックチェーン上で作られているため、同じNFTを世界中のさまざまなNFTマーケットプレイスで売買することが可能です。

LINE NFTは「Line Blockchain」上で作られるNFTのため、LINEスタンプみたいにLINEのエコシステム内でのみの使用に限定されます。

LINEのデータベースは日本ではない

LINEは、日本人に最も使われるサービスで、新宿区に本社を置く日本企業が運営しています。

しかし、その親会社は韓国企業であり、データベース(サーバー)も、日本にはありません。

LINE NFTのはじめ方

LINE NFTは簡単なステップで、NFTを購入することができ、LINE Payによる日本円決済も可能です。手軽にアカウント開設ができるため、話題のNFTを一度体験してみたいという方にもおすすめです。

LINEアカウントを持っている前提で紹介します。

LINE NFTのはじめ方
  • ラベル
    LINE NFTにアカウント開設する
  • ラベル
    決済通貨をチャージ

    日本円からLinePayか仮想通貨LINKにチャージします。

    * 初回の本人確認に、3日~5日ほどかかります。

    * LINE BITMAX アプリからウォレットを作る必要があります。

  • ラベル
    NFTをさがす

  • ラベル
    NFTを買う
  • ラベル
    NFTを売る(出品)

    円での出品よりもLINKでの出品の方が、手数料がかなり安い

  • ラベル
    (NFTを送る)
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました