【GDRX】GoodRx (グッド・アールエックス)は処方箋の価格ドットコム!2020年9月IPO銘柄

この記事は約37分で読めます。

免責:
当ブログに掲載している情報は担保していません。
どんな情報でも妄信せず、不安な方は情報ソースをご確認ください。
投資は全て自己責任でお願いします。

処方薬の比較ショッピング機能を提供するグッド・アールエックス(GDRX)は、当初IPOレンジ24~28ドルに対し33ドルで値決めされたホットディール銘柄です。

過去に100Mドル(約100億円)以上もSilver LakeというVCベンチャー・キャピタルから出資を受けていたこともあり注目されています。

GoodRx社サマリー
  • 2020年9月IPO(Nasdaqに $GDRX で上場)
  • 正式名称:GoodRx holdings inc.
  • 元Facebook幹部2名を含む3人で2011年に起業
  • 2019年にHeyDoctor買収でオンライン診療サービスに進出
  • 処方薬の価格の比較ショッピング・アプリ
  • 今ちょっとしたブーム
  • 個人データ(転売可能)が薬局を経由して薬の卸に渡される(人によっては嫌がれる)
  • 筋のいいスポンサーがついてる
  • IPO前から、すでに黒字決算(珍しい)

アメリカでの破産の約66%が医療問題によるものであるとしたとき、医療を手頃な価格にするというGoodRxの使命はかつてないほど重要であり、まだ始まったばかりです。

GoodRxについて

企業概要

GoodRx社は、元Facebook幹部2名を含む3人で2011年に起業されました。

DougHirschとTrevorBezdekは次のような質問をし、その答えとしてGoodRxを設立しました。

「アメリカ人は他のOECD諸国の市民と比較して一人当たり2倍の医療費を費やしているのに、肥満や慢性疾患などの多数の医療の質のランキングで最後にランクされているのはなぜか?」

「2013年から2016年の間にすべての個人破産の約66%につながった、手頃な医療保険がまだ10%以上のアメリカ人にとって手の届かないままであるのはなぜか?」

「アメリカ人の64%が、費用のために医療を回避または遅らせることによって健康を危険にさらす決定を下す必要があるのはなぜか?」」

『需要』市場・マーケット

今日、月に490万人のアメリカ人が手頃な価格のヘルスケアを見つけるためにGoodRxに依存しており、2011年以来累計250億ドルを節約しています。消費者の70%が処方箋の価格を購入できることをまだ知らず、これはGoodRxがまだ開拓初期段階ということを意味しています。

GoodRxは、処方薬の価格比較ツールと遠隔医療市場を通じて、価格を全面的に引き下げ、他のすべての業界で期待されるのと同じ消費者中心の体験を生み出しています。これは、どのように組み立てても大きなチャンスです。実際、GoodRxは8000億ドルのTAMを宣伝しています。


ただし、実際には、GoodRxは市場全体を現実的に捉えることができないため、この数字は少し膨らんでいるように見えます。サービス可能なアドレス可能な市場を計算してみましょう。

『供給』サービス・商品

会員登録不要で処方箋価格比較アプリ「GoodRx」で薬局に提示することで最大80%まで薬代を割引できるサービス提供してます。

つまり、ユーザーはクーポンサービスを使って自分が処方している薬を近所で一番安く売っている薬局を探すことができます

GoodRxアプリは、1000万以上ダウンロードされていて。18万レビューで評価4.8です。

カスタマー・ユーザー

消費者への価値提案は明確であり、70,000を超える薬局(ほぼすべてが米国)の価格を簡単に比較し、ユーザーフレンドリーなプラットフォームを通じてGoodRxクーポンに無料でアクセスできます。

コードが使用されると、薬局のデータベースに登録され、将来の補充や多くの場合、追加の処方箋に自動的に適用されます。これにより、GoodRxの収益ベースに予測可能性がもたらされます。

これは、トランザクションの80%以上が繰り返しの活動によるものであり(処方箋の大部分は慢性薬用です)、将来のビジネスを薬局に推進するためです。そのため GoodRxは、消費者に対して顧客満足度+90の驚異的なNPSを誇っています。これは $PTON 並の数値です。

消費者のメリット

アメリカでは、健康保険に入っていない人、入ることができる保険が限定される人が多くいます。国民によって入っている保険が異なり、販価も薬局によってまちまちです。

米国の病院は診察でいつも使ってる薬局を聞かれます。処方箋が直接その薬局に回されるんです。だから一般人は処方箋薬の値段比べません。

つまり、GoodRxは全く新しいマーケットを開拓してるといえます。

現在の米国での処方スタイル
  • 米国の病院はアプリとかウェブ使ってオンラインで診察予約できたり、処方箋歴確認できるところも多い
  • 薬が準備できたら薬局から電話かかってきて取りに行く。
  • 医者がメールで処方箋を出してくれるので、適当に近くのドラッグストアのドライブスルーで受け取る。

そもそも処方箋の値段比べないんで、隣の薬局で買ったら実は半額かもしれないって言うのはわからないんです。逆に薬局はボッタクリ放題なのかもしれません。

あまりお得でない保険に入っている人や保険に入っていない人にとっては、無料でGoodRXを使うことによって、医療費を節約できることになります。(良い保険に入っている人にとっても節約できることが多いそうです)

GoodRxでの、米国での処方スタイル
  • 保険を利用した時の薬の値段より、GoodRxのクーポンを利用した時の値段の方が安いということがしばしば起こるので、その場合ユーザーはGoodRxを利用することになります。
    (保険とGoodRxの同時利用はできない)
  • アプリの中で処方箋やクーポン履歴を残しておいてくれるので、慢性治療が必要な方などはスムーズに定期購入できる

GoodRXは処方箋取引全体の大部分をカバーしています (7万以上の薬局の価格を収集しているようです)。

ウェブかアプリで薬の名前と位置情報を入力すると、近所の薬局一覧が出てきます。

ユーザーは無料でも利用ができますが、月額会員になると、より安いクーポンを利用することができます。

ビジネスモデル

GoodRxは処方箋の価格比較ツールとして始まり、それが今日のビジネスの中心にあります(総収益の約90%がPBM(薬剤給付管理会社)からの処方箋取引手数料)。

さらに、この8,000億ドルの市場規模で達成した優位性を活用して、サブスクリプション、製薬会社のソリューション、遠隔医療などの隣接関係に拡大してきました。

処方箋取引手数料ビジネス

処方箋取引手数料ビジネス・マーケット
  • CMSによると、米国の処方箋市場は2020年に3600億ドルに達すると予想
  • 未記入の処方箋がさらに1,640億ドル

ただし、2019年の処方支出の20%はジェネリック医薬品でした。したがって、ジェネリック医薬品市場は1,050億ドル、ブランドは4,190億ドルの価値があると言えます。

GoodRxは、消費者がそのプラットフォームで処方箋を購入して満たす可能性が50〜70%高いと主張しているため、満たされていない処方箋の機会を捉えることができると期待するのは合理的です。ただし、ブランド薬は歴史的にGoodRxの収益ベースの5%しか形成していません。

GoodRxの14〜15%のテイクレートを1,050億ドルのジェネリック市場に適用すると、157.5億ドルの機会につながります。一般的な支出は、2024年まで11%のCAGRで増加すると予想されます。GoodRxは、GoodRx Goldを介したサブスクリプションの提供に対しても課金されます。

これは、個人の場合、月額$ 5.99です。無保険の人口が割引から最も恩恵を受けるので、GoodRxが潜在的に2890万人の無保険のアメリカ人を捕らえ、さらに20億8000万ドルにつながると仮定できます。

GoodRXはパートナーであるPBM (薬局給付管理者:Pharmacy Benefit Manager) より処方箋取引手数料の一部を得る、手数料収益モデルを中心に展開しています。

消費者をPBMネットワークに所属する薬局に連れてきたという対価にたいして、PBMがGoodRXに手数料として支払われます。

PBM」は簡単にいってしまうと製薬メーカーとの交渉役で契約した薬局と協力して薬価を決定する存在です。

これらの契約では、PBMは薬局に以下のいずれか少ない方を支払うことに同意します。

  1. 平均卸売価格(AWP)からパーセンテージと調剤料金を差し引いたもの
  2. 最大許容コスト(MAC)と調剤料金
  3. 薬局のU&C価格

「AWP」は、薬局が卸売業者から薬を購入するために支払う価格に、通常約20%のマークアップを加えたもの

「MAC」は、PBMがジェネリック医薬品またはジェネリックバージョンが利用可能なブランド医薬品に支払う最大価格のこと

「U&C」とは、Usual and Customary Chargesで、保険対象エリア内の医療費水準額を意味します。保険会社が医療費に対する保険給付額を査定する際に使う基準です。仮に、医療実費が保険給付基準を超過した場合には、その超過額は保険対象外となり全額自己負担になってしまいます。

PBMはこれらの価格を自由に決定できるため、薬局はより有利な価格で薬を購入する必要がありますが、クライアントに販売する際には別のより高い価格を使用して差額をポケットに入れます。これは、利益を逃す可能性がないように、支払者からの最大許容償還額を超えて設定する必要がある人為的に高いU&C価格につながります。

PBM業界自体は、それぞれが異なる薬と価格を持つ複数のMACリストとは切り離されているため、U&C価格をすべてのMAC価格よりわずかに高く調整することは不可能になります。したがって、薬局が現金市場で競争力を持ちたい場合は、償還マージンを犠牲にする必要があります。これは、収益の大部分を占めるため、ひどいトレードオフです。PBMは、MACをさらに下げるように奨励しており、そのような戦略を支持できないものにします。

そのことを念頭に置いて、PBMはMACリストを介して「割引価格」を交渉することができます。これは最終的にU&C価格よりも大幅に低くなります。 PBMのネットワークの下にある薬局は、プランのメンバーにアクセスするためにこれらの価格を受け入れます。

GoodRxは、ネゴシエートされたレートを共有するExpressScriptsやOptumRxなどのPBMと提携しています。無保険の消費者にとって、人為的に高いU&C価格を支払うことを余儀なくされなくなったため、価値提案は明確です。

GoodRxのユーザーベースの約74%(34%Medicare、4%Medicaid、および36%Commercial)を形成する被保険者の場合、MACレートはPBM間で劇的に異なる可能性があるため、上位100の薬剤の場合は40%の確率で、GoodRxの方が安価です。保険の自己負担よりも。どちらの場合も、PBMは、以前は手が届かなかった無保険の消費者にアクセスするだけでなく、消費者に全費用を自己負担させることでお金を節約することで利益を得ます。薬局は処方箋ごとの料金を徴収し、PBMはそれをGoodRxと共有して顧客を見つけ、ジェネリック医薬品の服用率は14〜15%になります。これは、GoodRxを介して取引される量が増えるにつれて着実に増加しており、GoodRxの規模に近づく競合他社がないため、このレートは引き続き安定していると思います。

PBMのメリットは、GoodRxが多くの場合、GoodRxのユーザーベースにネットワーク料金を提供し、処方箋ごとの料金の一部を獲得する唯一の重要な直接販売チャネルであるため、明らかです。その結果、GoodRxがPBMクライアントを失ったことはありません。

GoodRxは、コストが原因で満たされていない処方箋の20〜30%を削減し、足のトラフィックと消費者が高マージンの薬局以外の商品を購入する可能性を高めることで、薬局に利益をもたらすと主張しています。実際には、薬局のマージンが圧迫され、場合によってはマイナスになることもあり、顧客が薬局を訪れた可能性がある場合でも、取引ごとに管理手数料を支払う必要があります。

これにより、一部の薬局は、割引価格を地元のクーポンプログラムを通じて消費者に直接提供し、料金を支払わないことで、GoodRxの仲介を試みようとしています。ただし、彼らのPBM契約はこれを禁じており、PBMが介入する前に、これが広範囲に及ぶレベルで離陸するのを見るのは困難です。

最終的に、需要を制御するために交渉力を持つのはPBMとGoodRxです。これはまた、主に全体の約37%を占める独立した薬局で発生しているようです。

GoodRXがクーポンを提示できる医薬品カテゴリはPBMに依存する、つまりGoodRXのビジネスはPBMの業界構造に影響をうけるビジネスである点は注意を要します。

サブスクリプション課金ビジネス

サブスクリプション課金ビジネス・マーケット

製薬会社は2016年に米国で医療マーケティングと広告に300億ドルを費やしました。その大部分は無料の医薬品サンプルの支払いに医療専門家に費やされましたが、消費者向けの広告は大幅に急速に成長しており、全体の支出の3分の1を占めています( 1997年には12%)または100億ドル。これはGoodRxが獲得することを望むことができる市場です。

それまで手数料ビジネスが中心でしたが、2017年にサブスクリプション課金サービス (GoodRX Gold) を導入しました。

薬局とGoodRxの両方のメリットがあるもう1つの分野は、米国で4番目に大きい小売薬局チェーンであるKrogerと提携して、Kroger Rx Savings Clubなどの共同ブランドのサブスクリプション製品を提供することで、GoodRxとの繰り返し訪問を促進することです。

消費者は、GoodRxと共有される個人に36ドル、家族に72ドルの年会費を支払い、100を超える一般的なジェネリック医薬品を含むすべてのクローガーの場所でさらに低い処方価格に無料でアクセスできます。

GoodRxはまた、薬局と提携してインフルエンザ予防接種の増加を推進しており、今年は2チェーンから8チェーンに拡大しました。

GoodRx Gold

GoodRxは、GoodRx Goldと呼ばれる独自のサブスクリプション節約プログラムも提供しています。このプログラムでは、アプリを頻繁に使用するユーザーは、個人の場合は月額$ 6、家族の場合は$ 10を支払い、1,000を超える処方箋を$ 10未満で入手できます。

また、補充リマインダー、および価格アラート、無料の通信販売などの機能もあります。これらの顧客は処方箋消費者よりも大幅に収益性が高く、1年目の収益貢献は2倍であり、加入者数は2018年末から2020年6月30日まで15倍に増加しています。

そもそも処方箋ビジネス自体、リピート性が非常に高いと考えられ、業績への効果は高いと想定されます。サブスク導入により、より利益効率を上げることができる点はとても魅力的だと思います。

製薬メーカーソリューション

サブスクリプション課金ビジネス・マーケット

製薬会社は2016年に米国で医療マーケティングと広告に300億ドルを費やしました。その大部分は無料の医薬品サンプルの支払いに医療専門家に費やされましたが、消費者向けの広告は大幅に急速に成長しており、全体の支出の3分の1を占めています( 1997年には12%)または100億ドル。これはGoodRxが獲得することを望むことができる市場です。

GoodRxは、ブランド医薬品の共同支払いカード、患者支援プログラムなどの手頃な価格のソリューションを統合するために製薬会社と提携することにより、2019年に処方薬支出の80%を占めるブランド医薬品にますます移行しています。

ジェネリック医薬品と適用範囲が複雑であるため、ブランド医薬品は約6倍高価であるため、ブランド医薬品はプラットフォームでの検索の20%を占めるため、GoodRxは消費者にリーチするための重要なチャネルです。ただし、ブランド薬のマージンはジェネリック医薬品よりも大幅に低いため、服用率が低くなると予想するのは合理的な見方です。

遠隔医療ビジネス

遠隔医療ビジネス・マーケット

遠隔医療がパンデミックから大幅に増加し、消費者の採用が2019年の11%から2020年4月の時点で46%に3倍になったのは当然のことです。米国では、2018年に8億7,960万人の外来患者が訪れ、マッキンゼーは24%と推定しています。

これらの訪問のうち、実質的に配信される可能性があり、年間2億1110万回の訪問につながります。これにHeyDoctorの平均訪問料金35ドルを掛けると、市場規模は73.9億ドルになります。 GoodRxは、遠隔医療市場で紹介料を受け取ることも考慮する必要があります。

これはすべて、GoodRxが宣伝している8000億ドルのTAMとはかけ離れていますが、それでもほとんどの企業よりも大幅に大きい、352億ドルのサービス可能なアドレス可能な市場につながります。

処方箋ビジネスに加え、近年オンライン診断にも参入しています。

GoodRxはTelehealth Marketplaceも運営しており、消費者は150の条件をカバーし、価格設定、サービス、処方箋配信オプションの透明性を提供して、遠隔医療およびラボテストのサードパーティプロバイダーにアクセスできます。 GoodRxは、消費者が訪問後に処方箋を使用できるようにするために、紹介者や一部のプロバイダーとのパートナーからここでも料金を獲得しています。

これはすべて素晴らしいことなのですが、すべてのDTCビジネスと同様に、CACは時間の経過とともに上昇し続け、Googleが真の勝者となるため、費用対効果の高い方法で消費者を獲得することは大きな課題です。その点、GoodRxは、プロバイダーと提携することにより、従来のマーケティングチャネルを回避し、Hims&Hersなどの他のDTCデジタルヘルス企業が行うコストの何分の1かのコストで顧客を獲得することができます。

最近の調査で、GoodRxは、プロバイダーの68%が患者にGoodRxを推奨しており、Webサイト訪問者の17%が医療専門家であることを発見しました。手頃な価格を改善すると、服薬アドヒアランスが改善され、より良い結果と全体的なコストの削減につながります。

米国では、服薬遵守を怠ると4分ごとに患者が死亡すると推定されており、医療費の増加に年間最大3,000億ドルの費用がかかる可能性があります。消費者がGoodRxを使用すると、処方箋を購入して記入する可能性が50〜70%高くなり、処方された治療計画に従うことができます。これにより、医療システムや救急治療室の負担が軽減されるため、プロバイダーはGoodRxを推奨し、 +86のNPSを獲得しています。

これを容易にするために、GoodRxはオフィスで使用するための物理カードを提供し、医療専門家が電子処方箋を容易にするためのGoodRx Proアプリ(AppStoreの評価は4.8 / 5.0)をリリースしました。 GoodRxはまた、主要な電子健康記録(EHR)プロバイダーと連携して、価格設定ツールを処方ワークフローに直接統合します。

消費者、PBM、プロバイダーにとってのこのWin-Win-Winは、GoodRxをApp Storeで2番目に人気のある医療アプリにするための比類のない価値提案に至りました。これは、「ヘルスケアの玄関口」であることの証です。

さらに、GoodRxは、隣接する市場に拡大することにより、この膨大なユーザーベースをますます活用しています。そのような例の1つは、HeyDoctorの買収による2019年の遠隔医療への進出です。顧客は、社内プロバイダー、またはGoodRxが契約しているさまざまな医師ネットワークのプロバイダーとペアになっており、50州すべてで20ドルからの訪問で25の条件をカバーしています。

最近、GoodRxは処方箋をHeyDoctorと組み合わせて、通信販売(サードパーティのパートナーが処理)または小売薬局のいずれかで履行できる薬の割引価格を提供しました。この機能のリリース以来、HeyDoctorの消費者の10%がGoodRxコードを利用しており、GoodRxで薬を検索する消費者の20%が処方箋を持っていないため、成長の余地があります。この直接販売の遠隔医療サービスは、Hims&HersやRoなどのデジタル薬局や、TeladocやAmwellなどの大規模な遠隔医療企業と直接競合します。 HeyDoctorは、確立された競合他社が行った訪問のごく一部しか見ていませんが、大幅に急速に成長しており、主要な処方薬価格比較プラットフォームとしてのGoodRxの独自の位置の価値を示しています。

将来的には、次世代の宝の山と目されているヘルスケアデータビジネス、プラットフォーマーとしてのビジネス展開も想定されます。

ライバル・競合他社

他にも多くの処方薬価格比較ツールがあります。ただし、GoodRxは群を抜いて最大であり、SingleCareとRxSaverが最も近い競合相手です。

執筆時点で、GoodRxの優位性は、App Storeのランキングを見ると明らかです。GoodRxは2番目、SingleCareは24番目、RxSaverは26番目です。

RetailMeNotのRxSaverは、GoodRxと同様に、多くのPBMと提携していますが、SingleCareは別のPBMであるRxSenseの完全子会社です。

SingleCareの垂直統合は、薬局と直接交渉し、サードパーティのPBMと料金を共有する必要がないことを意味します。ただし、これは、GoodRxの約半分の数のPBMでしか機能しないことも意味します。

OptumによるOptumPerks、CVSによるReducedRx、Express ScriptsによるInsideRxなど、PBMが所有するさまざまな処方箋節約プログラムもありますが、それらは独自のネットワークに限定されているため、同じレベルの節約を提供することはできません。

GoodRxの膨大なユーザーベースは、彼らが最も交渉力を持っていることを意味し、したがって、より良いマージンを交渉し、より多くの薬局やPBMと協力することができます。薬局も独自の貯蓄プログラムでGoodRxと直接競合していますが、U&Cの価格を下げると収益ベースの大部分が侵害されるため、正式に提供できる割引には制限があります。

遠隔医療の提供に関して、HeyDoctorは第2四半期に1日1,000回以上の訪問を行いました。これは、業界の巨人であるTeladocがこの四半期に処理した280万回の訪問とはかけ離れています。

ただし、GoodRxは患者と独自の関係を持っています。平均して、アメリカ人はプライマリケア医を年に約4回診察しますが、薬局を訪れるのは約35回です。消費者がGoodRxのアプリに依存する頻度は、ヘルスケアのワンストップショップになるために追加の製品を追加する重要な機会があることを意味します。

2020年3月に遠隔医療市場を立ち上げるのは賢明だと思いました。その業界は、医薬品と同様に、米国の260を超えるプロバイダーでますます細分化されているからです。消費者はGoodRxを利用して、増え続けるオプションを解析し、一部のサービスの割引を受けることができます。一方、遠隔医療プロバイダーは、GoodRxを顧客獲得の重要なチャネルと見なしています。

Teladocなどの遠隔医療は主にコモディティ化されたサービスと見なしています。GoodRxのエントリは、処方箋で行ったように、時間の経過とともに訪問ごとのマージンを圧迫し続けることは間違いありません。大規模なプロバイダーは、特にリヴォンゴの買収によりテラドックからある程度隔離されていると思います。

最後に、GoodRxはデジタル薬局と競合します。これは、患者が処方箋を送った後に無料配達を提供するAmazon PharmacyやCapsuleのようなもの、または患者がプロバイダーとチャットして処方箋を書いて定期的に個別のパッケージで配達できるHims&HersやRoのような統合プレーヤーなどです。

GoodRxは、これらのプレーヤーの両方に対して優れた競争力を持っていると思います。カプセルは同日配達されますが、ニューヨーク市、ボストン、シカゴ、ツインシティーズでのみ配達されます。

Hims&HersとRoは垂直統合の恩恵を受けており、彼らの主なセールスポイントは、遠隔医療とその独自のブランドを介して医師に診てもらうという便利さです。しかし、彼らは顧客を引き付けるために価格をめぐってますます競争している。たとえば、Roは最近、消費者が1薬あたり月額5ドルを支払うという点でGoodRx Goldに似たRo薬局を立ち上げました(23州の300を超えるジェネリック医薬品に対して)。これは、U&Cの価格設定で競争する余裕がない従来の薬局にとっては混乱を招きます。

GoodRxが有利なのは、より低価格、より多様性、そしてより安価でより持続可能なCACを提供することです。 GoodRxは、独自の流通ネットワークを構築する代わりに、互いに競合する複数のPBMとの関係を活用して、最も多様な医薬品を提供しながら、GoodRxのユーザーベースの価格を下げることができます。それらは、プロバイダーとの関係に助けられて、クロスしてアップセルできるユーザーに常に利点があり、より魅力的なユニット経済性を生み出します。

アマゾンは最近、2018年のピルパック買収の延長であるアマゾン薬局を発表したときに多くのニュースを発表しました。プライム会員は、他のすべての人に2日間の無料配達と5日間の配達を受け取ることができます。

アマゾンはまた、プライム会員がライトエイド、CVS、ウォルマート、ウォルグリーンを含む50,000以上の薬局で、ジェネリック医薬品の最大80%割引、保険なしのブランドの40%割引を節約できる処方箋節約のメリットを発表しました。アマゾンはInsideRx(Express Scripts)と提携しており、GoodRxとも連携してメリットを提供しています。

通信販売は処方箋の約4.9%しか形成されていないため、薬局のサービスがGoodRxに大きな影響を与える可能性はほとんどありません。 COVID-19は、3月の最後の週に通信販売の処方が前年比21%増加し、シェアを5.8%にしたという短い影響がありましたが、この上昇は短命でした。他のすべての薬局と同じように、Amazon薬局でもGoodRxクーポンを使用できます。

ただし、割引カードは直接の競合相手と見なす必要があります。ダグは、規制により、Amazonが薬価を公表するために割引カードを提供することが義務付けられており、その主な焦点は通信販売薬局にあることを指摘することで、投資家の懸念を和らげようとしました。

さらに、Amazonは単一のPBMのみを扱っているため、短期的にはGoodRxの割引に匹敵する可能性はほとんどありません。 GoodRxは、キャッシュネットワークレートを提供するために互いに競合する13のPBMにアクセスできるため、より安い価格を見つける可能性が高くなります。

小売薬局とPBMも、Amazonとの提携に消極的である可能性があります。これは、PillPackを取得した後に起こったことと同様であり、GoodRxに近づく可能性があります。

最初のTwitterスレッドで述べたように、市場は発表に過剰に反応し、割引カードと通信販売は新しいものではなく、Amazonは両方の採用において重大なハードルに直面すると思います。

Amazonはその規模を通じて価格の不利を克服できるかもしれないが、GoodRxを数えるのは時期尚早だろう。結局、Amazonの参入は、すべての人の市場を広げるだけかもしれません。ダグは以前、彼らの本当の競争相手は、薬局間で価格が異なることに気付いていない消費者の70%であると述べました。

GoodRxの強み

GoodRxには大きく4つの強みがあります。

ネットワーク効果

GoodRxのユーザーベースが大きいということは、PBMにとってより魅力的なパートナーになることを意味します。その結果、ほとんどのデータポイントにアクセスできるため、競合他社よりも安い価格を見つけることができる可能性が高まり、ユーザーのさらなる成長が促進されます。

同じダイナミクスは、遠隔医療プロバイダーがGoodRxと提携し、ボリュームの増加を補うことを目的としてGoodRxユーザーに割引を提供することにより、ますます互いに競争する遠隔医療でも発生します。

ブランディング

GoodRxは、米国を代表する処方価格設定ツールであり、昨年のマーケティングに1億7700万ドルを費やしました。

これは、総収益の約45.6%に相当します。患者のNPSは+90、プロバイダーのNPSは+86であり、AppStoreとPlayストアでの評価は4.8 / 5.0で、レビュー数は743,000を超え、2番目に人気のある医療アプリであるため、GoodRxが大きなマインドシェアを確立していることは明らかです。

経済スケール

プロバイダーはGoodRxを積極的に支持しており、68%以上が以前にGoodRxを推奨しています。 GoodRxのブランドと低価格を組み合わせることで、8か月未満の投資回収期間で、競合他社の数分の1のコストでユーザーを獲得できます。

SingleCareとRxSaverに加えて、他のプログラムは同じ牽引力を得るのに苦労しており、GoodRxの価値提案に一致させるために、新しい新興企業はユーザー獲得と薬剤費の助成に多額の費用をかける必要があります。

カウンターポジショニング

薬局は、コアビジネスに損害を与えることなく現金価格を大幅に下げることはできず、GoodRxを独自の立場に置き、ますます多くの現金支払い患者にサービスを提供しています。

GoodRxは毎日、PBM、薬局、製薬会社、患者支援プログラム、およびMedicareからの1,500億の処方データポイントを集約して、消費者にとって常に最良の価格を見つけます。

GoodRxの最初のスケールの利点は、ここでは大きな”城壁の堀”です。価格情報の最大のデータベースを維持しているため、競合他社よりも一貫して低価格を見つけることができ、その結果、より多くの消費者とより多くのPBMを引き付け、より多くのデータを駆動に低価格を提供します。

儲けが上手いだけでなく、成長も両立させている

非常に儲かっている会社で財務上の自由度が極めて高いだけでなく、経営がうまい会社だと思います。最近のナスダック上場銘柄にしては珍しく、GAAP営業利益がIPO前で既に黒字です。加えて売上高もしっかり成長している、利益と成長をしっかりと両立できている稀有な会社です。

GoodRxの提供するサービスは、非常に高い顧客満足度を持っています。
シンプルで分かりやすく、ユーザーの懐に直結するサービスといえます。

グロース(成長)株か?バリュー(割安)銘柄か?

GoodRX社業績サマリー
直近決算結果(2020Q3)パス/ミス×
EPS
売上高

GoodRxは、2016年から2019年の間に安定した57%のCAGRで収益を伸ばしました。これは、月間アクティブ消費者(MAC)と総商品価値(GMV)がそれぞれ59%と52%のCAGRで成長したことによるものです。売上総利益率は前代未聞で、2016年から2019年にかけて調整後EBITDAが75%CAGRで成長し、すでにかなりの利益を上げています。

この株は未来の「GAFAM」のようなテンバガー株になりうるか!?
以下のグロース株5つのポイントに沿って確認してみましょう。

成長株を見分ける5つのポイント
  1. 増収増益か?
  2. 株価チャートが持続的な上昇トレンドか?
  3. 時価総額が比較的小さいか?
  4. PER(株価収益率)が高いか?
  5. 将来の「成長ストーリー」は良好か?

1) 決算が予想を上回っているか?

EPS(一株あたり利益)

Source:Seeking alpha

直近の2020年Q3決算では、EPSが予想EPSを「ドル」上回っています

2020年 Q3決算実績予想
EPS(一株利益)0.21ドル -0.32ドル
Q4ガイダンスコンセンサス予想
EPS(一株利益)-0.67 ドル
Source : Seeking Alpha

売上高成長率 

直近の2020年Q3決算では、売上高が予想売上高を「5.46Mドル」上回っています

2020年Q3決算実績予想
売上高140.45M ドル134.99M ドル
売上成長率YtoY%
Q4ガイダンスコンセンサス予想
売上高147.95Mドル
Source : Seeking Alpha

M=Mllion(100万ドル)

処方箋取引の収益は前年比30%増の1億2,440万ドル、その他の収益(サブスクリプション、製薬メーカー、遠隔医療事業ラインを含む)は前年比170%増の1,610万ドルでした。また、ブランド医薬品への拡大を続ける中で、30を超える新しいメーカーパートナーシップを開始しました。

そして、Kroger Rx SavingsClubパートナーシップの複数年の延長に署名しました。彼らは、2010年第4四半期に、前年比31%の収益成長、調整後EBITDAマージン30〜31%、MAC成長4〜5%のガイダンスを順次発表しました。

彼らは、収益の減速とMACの成長が、プロバイダーの訪問量に悪影響を及ぼし、したがって発行される処方箋の数に悪影響を与えるCOVID-19に起因すると考えていますが、80%以上の反復活動率はそれらを大幅な変動から排除するはずです。調整後EBITDAマージンの減少は、第3四半期からの支出のシフトに伴うS&Mへの投資の増加によるものです。

利益率(Margin)

GAAP営業利益率は2016年以降改善を続けており、直近の2020年6月時点で34%でした。

PINS
Gross Margin(粗利率)95.10%
Operating Margin(営業利益率)10.70%
Profit Margin(純利益率)3.90%
Source : Finviz.com

GoodRxは最近、2020年第3四半期の強力な結果を報告しました。彼らは1億4,050万ドルの収益(前年比+ 38%)を達成し、並外れた95.1%の粗利益を維持し、37.8%の調整後EBITDAマージンを達成し、純利益を前年比53%増加させました。

販売およびマーケティングへの支出は収益の43.3%で一貫していましたが、研究開発およびG&A(主にIPOによる)支出の増加により、調整後EBITDAマージンは前年比で460ベーシスポイント減少しました。彼らは記録的な月間アクティブ消費者を記録し、前年比29%増加しました(MACには処方箋の顧客のみが含まれます)。

  • 営業CFマージンも右肩上がりにあがっています。直近の営業キャッシュフローマージンは33%ととても高いです。
  • コロナの影響により直近のアクティブユーザーは落ち込んでいますが、安定してアクティブユーザーを増やすことに成功しています。
  • 一人当たり売上高も向上しています。おそらく、処方箋ビジネス以外のオンライン診断などの新ビジネスがアップセルに貢献していると考えられます。
注意点

COGS には固定費も変動費もそれぞれ混合されています。

卸売業や小売業であれば、変動費と COGS はほぼ等しい関係にあります。一方、サービス業や製造業では、人件費や工場経費が COGS に含まれるため、多くの固定費が COGS に入ります。

キャッシュフロー(CF)

投資の世界で営業キャッシュフロー・マージンが15パーセントから35パーセントぐらいある会社は、バランスシートもきれい。

★売上高から原材料費などの支出を引いたことによって得られる現金収支のことを営業キャッシュフロー。それを売上高で割り算した数字が、営業キャッシュフロー・マージン。

財務的にも安全でキャッシュマネージメントも上手

インタレストカバレッジレシオ (EBIT/ 金利費用) は5.5とこのフェーズの企業にしてはなかなか高く、財務が安定していると考えられます。

バランスシート、キャッシュフローを確認すると、コロナ下というGoodRXには非常に厳しい環境においても調達に過剰に頼ることなく、うまく支払いサイクルを伸ばすなどによりキャッシュをリッチにするなど、経営が狡猾な印象な印象をうけます。

2) 株価チャートが持続的な上昇トレンドか?

上値切り下げの下値保持の三角保ち合いを形成していましたが、11月にAmzonの処方箋参入発表により大きく株価を下げました。Amzonの影響が無いことがわかり、窓を埋めの上昇になっています。

3) 時価総額が比較的小さいか?

時価総額は21.64Bドル(2020/10月) → 14.83Bドル(2020/11月)

4) PER(株価収益率)、PSR(株価売上率)は割高か割安か?

PERはEPSがマイナスのためN/A
替わりにPSRを確認します。

PSR

28.9倍 

=( 時価総額:14.83億ドル / LTM売上:0.514億ドル )

LTM=(直近12か月間(1年間)の業績)

GoodRxは、2021年の収益見積もりの​​22倍で高額な取引のようですが、収益性と、ほとんどの企業が夢見ている粗利益との強力な収益成長のまれなブレンドにより、かなりのプレミアムに値すると思います。処方箋提供のトランザクションの80%が繰り返しの活動から来ているため、強力な保持もあります。これは、大規模なTAMを備えたコア処方ビジネスの明確なリーダーであり、他の収益がますますトップラインの成長を促進するため、重要なオプションがあります。

これらの算出方法については、下の記事で解説しています。

5) 将来の「成長ストーリー」は良好か?

GoodRxへの投資リスク

GoodRxは、3つの主要なリスクに直面しています。それは、PBMの集中、ミックスシフトの増加によるマージンの縮小からマージンの低い遠隔医療サービスへの移行、およびヘルスケア改革です。

GoodRxの上位3つのPBMパートナーは、2019年の55%から2018年上半期の収益の48%を占め、現在、合計で12を超えるPBMと連携しています。ただし、GoodRxは、薬局ネットワークと交渉したキャッシュネットワークレートを活用してGoodRxのユーザーベースにアクセスできるため、これらのPBMにとって付加価値があります。したがって、GoodRxを使用しない理由はあまりなく、PBMパートナーを失ったことはありません。 GoodRxが競合する業界が統合の増加を確認した場合、サプライヤーが交渉力を獲得するため、GoodRxのテイクレートに対する脅威になります。

GoodRxの遠隔医療サービスは、処方箋ビジネス(HeyDoctor at breakeven)よりも大幅に低い貢献利益で運営されており、大幅に急速に成長しているため、利益率に圧力がかかります。

GoodRxが顧客ベースをさらに収益化し、プラットフォームを患者と医師の両方にとってより粘着性のあるものにすることができるので、投資はそれだけの価値があると私は信じています。さらに、価格が全面的に下落し始めると、GoodRxの必要性が減少し始めるため、コア処方ビジネスは長期的にはそれ自体に逆らいます。

遠隔医療市場は急速に発展しており、依然として土地取得モードにあるため、これは現在GoodRxの利益率を低下させ続けますが、長期的にはより強力な収益成長につながります。また、遠隔医療は20年上半期に他の収益の約17%、総収益の2%しか形成しなかったため、非常に早い段階であることに注意してください。メーカーソリューションの貢献利益も80%と大幅に高く、処方箋ビジネスに匹敵するため、遠隔医療と比較してどれだけ急速に成長するかを考慮することが重要です。

最後に、処方薬の価格設定の改革は選挙ごとに頻繁に行われる問題ですが、実質的な変更は達成されていません。ダグは、政府がこれを解決することを望んでおり、GoodRxが存在する必要はないとさえ言った。

処方薬の費用をカバーするメディケアパートDは、2006年にジョージW.ブッシュによって制定され、政府が製薬会社と価格を交渉できないために反対に直面しましたが、これを廃止する努力は横ばいになっています。それに加えて、トランプは最近、薬価を下げることを目的とした4つの大統領命令に署名しました。

  1. 他の先進国が支払う料金、「最恵国待遇」に基づいて、特定の薬のメディケア償還レベルを設定します
  2. 薬局や医薬品卸売業者が価格の安いカナダから医薬品を輸入できるようにする
  3. 連邦資格のあるヘルスセンターに、インスリンとエピペンの割引を患者に渡すように指示する
  4. メディケアパートDに基づいて処方薬をカバーしている人々に対して、製薬会社がPBMや保険会社に割戻しを提供することを禁止し、それらの割引を消費者に直接渡すこと

しかし、これらの命令に署名することは、これらの変更を実現するための最初のステップにすぎず、裁判所で激しい反対に直面し、実施されたとしても、薬価に実質的な違いはありません。たとえば、製薬会社は、患者に自社のブランド薬を選択するよう促すことを目的として、より良いカバレッジを得るためにPBMとリベートを交渉します。

患者がその薬を購入した場合、PBMは保険会社と共有する割戻しを受け取ります。リベートを禁止する提案は、保険会社のコストの増加、患者の保険料の増加、および政府によるメディケアの支出の増加につながるため、当初は却下されました。

さらに、私が述べたように、ブランド薬は歴史的にGoodRxの収益基盤の5%しか形成していません。全体として、GoodRxのビジネスモデルに重大な混乱が短期的に発生する可能性は低いです。

ヘルスケア業界の今後

これまでヘルスケア業界は、自由市場のように機能していないため、歴史的に混乱に抵抗してきました。これは、現金払いの顧客向けの製薬業界で特に顕著です。

薬局の価格設定は主に支払人によって決定されるため、前のセクションで説明したように、薬局のビジネスのほとんどはそこから派生しているため、現金払いの消費者の小さな基盤に競争力のある価格設定を導入することはできません。

この不整合により、Hims&Hers、Ro、GoodRxなどの新しいプレーヤーが、独自のカウンターポジションでこのセグメントに効果的にサービスを提供する機会が生まれました。

保険のない消費者がプロバイダーとのオンデマンド遠隔医療相談を設定し、処方箋を届けることができるデジタル薬局は、既存のプレーヤーにはない手頃な価格、利便性、透明性をもたらします。


Teladocは、仮想ケアプラットフォームを使用して、医療計画、自己保険の雇用者、および医療システムにコストを削減し、結果を改善する権限を与えていますが、GoodRxは消費者に直接行き、医療をより手頃な価格にしています。

処方箋の20%から30%が薬局のカウンターに残される主な要因はコストであり、その結果、米国では4分ごとに死亡し、年間最大3,000億ドルの医療費が増加します。アメリカ人は変化を望んでおり、62%がヘルスケアが最も重要な問題または2番目に重要な問題であると述べています。しかし、薬価はすべての米国選挙で一貫して話題になっていますが、ほとんど進展がありません。

2017年だけでも、アメリカ人は処方薬に3,340億ドルを費やし、2007年から41%増加し、他の国を大幅に上回りました。さらに、消費者はコストの負担が大きく、家族保険の平均保険料は過去10年間で54%増加しており、労働者の賃金やインフレを大幅に上回っています。

また、2010年のアフォーダブルケア法(ACA)の施行により、保険の対象となるアメリカ人が大幅に増加しましたが、その傾向は近年逆転しています。 2019年には、65歳未満のアメリカ人の10.9%が無保険であり、73.7%が手頃な価格の欠如を主な要因として挙げています。

Source: KFF

アメリカ人が解決策を望んでいることは明らかですが、透明性が大幅に欠如しているため、一般的に意識は低くなっています。前述のように、GoodRxによると、消費者の70%は、処方箋の価格が薬局間で大きく異なる可能性があることを知りません。同じ薬で100倍以上になることもあります。

一般的な医療サービスと外科的処置も価格が大きく異なる可能性があり、同様の地域内の同じサービスで最大39倍の違いがあります。ベンチャーキャピタルのゼネラルカタリストのマネージングディレクターであるヘマントタネジャは、彼の著書UnHealthcareでこれに触れています。

誰が治療を決定し、誰が治療にお金を払い、誰が利益を得るかというインセンティブの不整合はすべて異なります。その結果、ヘルスケアに特有の消費者の透明性が完全に欠如しています。プロバイダーの訪問や必須医薬品に対して同じことができないのに、なぜスマートフォンのケースのように取るに足らないものでAmazonで買い物をすることができるのでしょうか。


DougとTrevorは、米国で主要な消費者中心のデジタルヘルスプラットフォームを構築する使命を帯びています。ユーザーがPBMの交渉料金と遠隔医療サービスをフィルタリングできるようにすることで、他のすべての業界と同じように消費者の手に力を戻し、あらゆる健康の旅の最初の砦になります。

アメリカの医療はかつてないほど手ごろな価格であり、COVID-19は何百万人もの人々を報道せずに残すことで問題を悪化させました。政治的な行き詰まりと強力な業界の利害関係者による重大な変化に対する激しいロビー活動の結果として政府の手が縛られ続けているとき、GoodRxはかつてないほど重要になっています。

そのビジネスモデルは、PBM /保険会社、医療消費者、プロバイダーにとって双方にメリットがあり、文字通り人命を救います。この使命の重要性は、4.6 / 5.0 Glassdoorの評価と共同CEOの98%の承認を得て、会社全体に響き渡っていることは明らかです。

IPO以前に既に黒字という稀有な銘柄ということやGross Margin 95%, GAAP営業利益率30%強という圧倒的な収益性、市場基盤を固めることができたら凄まじい安定感になる事が予想されます。

広い堀、巨大なTAM、および先見の明のある管理の組み合わせをもつ銘柄を見つけるのは困難であり、高い収益性と相まって強力な収益成長は、彼らが実行方法を知っていることを証明しています。

ヘルスケアは、耐え難いコストとウェルネスへの新たな焦点に刺激され、GoodRxのようなテクノロジープラットフォームによって強化された新世代の患者として、この10年間で最もエキサイティングな業界の1つであり、消費者中心の未来を形作ると信じています。

例え、ハイパーグロース、Stay at home系銘柄が崩れたとしてもGoodRXは堅調に株価をあげてきそうな気がします。是非注目してみてはいかがでしょうか。

GoodRx(GDRX)に投資できる証券会社

GoodRx(GDRX)株を取引できる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
ドル転換に時間がかかる(1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました