個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【COIN】コインベース は世界最大の仮想通貨(暗号通貨)の取引所

この記事は約10分で読めます。

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

スポンサーリンク

企業について、サクッと把握

会社サマリー
  • サンフランシスコに本社を置く世界最大の仮想通貨(暗号通貨)の取引所
  • この市場で11%のシェアを持つ有力プレイヤー
  • 世界32ヶ国で、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム等の取引所サービスを提供
  • 2021年注目のIPO銘柄(IPO日:2021/4/14)
  • 会社ミッションは”Create an open financial system for the world(世界に開かれた金融システムを構築すること) “
  • 現在、100カ国以上の約4,300万人のリテールユーザー、7,000の金融機関、115,000のエコシステムパートナーがCOINのプラットフォームを利用
  • 2020年12月31日時点で、創業以来4,560億ドル以上の取引をCOINのプラットフォームで行い、900億ドル以上の資産をCOINのプラットフォームに保管
  • 創業以来、リテールユーザーの90%以上が、有機的に、あるいは口コミでCOINのプラットフォームを見つけており、営業やマーケティング努力を最小限に抑えて実現することが出来た
ティッカーCOIN [NASD]
会社名Coinbase Global, Inc.
セクターTechnology | Software – Application | USA
設立2012年 6月
IPO(上場)2021年 4月
CEOBrian Armstrong氏
時価総額45.85Bドル
本部アメリカ合衆国 デラウェア州 ウィルミントン
従業員数1249人

B = Bllion(10億ドル)

IPO後初値 381ドルから、▲40%の価格帯で推移しています。

ARK investも出資していることでも有名です。

業績サマリー

2021 Q1 ハイライト

  • 売上高:18.0億ドル(前年比 +843%)純売上高:16.0億ドル(前年比 +792%)トレーディング:15.4億ドル(前年比 +796%)
  • サブスク&サービス:5,640万ドル(前年比 +694%)
  • 純利益:7.7億ドル(前年比 +2309%)
  • EPS:3.05ドル(NM)
  • 調整EBITDA:11.2億ドル(前年比 +1931%)調整EBITDAマージン:70%
  • 営業キャッシュフロー:34.1億ドル(前年比 +625%)

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

業績
業績
売上成長率(YtoY)+792%
PER(LTM)47.4
PER(NTM)36.0
PSR(LTM)16.3
PSR(NTM)8.5
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
ROI(投資利益率)33.40%
Gross Margin(粗利率)89.40%
Operating Margin(営業利益率)46%
Profit Margin(純利益率)8.47%
2020/12決算時点

*3種類のPSRについて*

  1. PSR(TTMorLTM)= 過去12ヶ月売上ベース
    • 一般的にはこれが使われている。Yahoo Financeなど
  2. PSR(FWDorNTM)=アナリストの来年予測ベース
    • 未来のPSRを指し示す
  3. PSR(×4)=直近の売上 × 4 「=ARR(Annual Recurring Revenue))」
    • おそらく日本のローカルルール
    • 主にSaaS銘柄に使用
    • 決算後すぐに計算でき、早く動ける

ARRはMRR(四半期売上×4 or 月間計上収益を×12)から算出することができます。

決算

直近の決算では、EPS、売上高ともに、ミスしています。

引用:Seeking Alpha
2021年 Q1 決算直近決算良否予想サプライズ値実績
EPS(一株利益)×ミス– ドル→▲0.08 →3.05ドル
売上高×ミス-M ドル→ ▲16.83 →1.80B ドル
売上成長率(YoY)%
2021年 Q2 ガイダンスアナリスト予想会社予想
EPS予想2.72ドル
売上高予想1.73Bドル
売上成長率(YoY)+%
Source : Seeking Alpha

Trading View だと決算EPSはクリアしていることになっていますね。

Source : Trading view
次回の決算日

2021/9/1

Source : Trading view

スポンサーリンク

深掘り ■ ビジネス、業績について

以下のポイントに沿って、公式資料から抜粋して深掘りしていきます。

深掘り 内容

ビジネス、業績について

  • マーケット(ユーザー
  • ビジネスモデル(KPI)成長性
  • コンペティター(競合)
  • 売上成長、損益
  • バランスシート(B/S)
  • キャッシュフロー(CF)
  • 今後の業績見通し

*引用ボックス内は、目論見書(S-1)から引用しています。

マーケット(ユーザー)

仮想通貨市場は、右肩上がりで盛り上がりを見せていますが、2021年5月に天井をつけ、1日に▲30%をつけるなどボラティリティの大きいものになっています。

Source : https://www.sec.gov/

2021年Q1決算の内訳によると月間のユーザー数(月間取引稼働数)は約610万口座、全ての口座数は約5600万口座あります。

純利益は約7.3~8億ドルが見込まれており、調整後EBITDAは約11億ドルです。

コインベースの預かり資産は約2,230億ドルです。

これは全仮想通貨のシェア約11.3%になります。

サービス

Source : https://www.sec.gov/

コインベースが提供するサービス=ビジネスコンセプトは、”Create an open financial system for the world(世界に開かれた金融システムを構築すること) “

つまり、誰もが簡単に安全にビットコインを売買できる世界の実現です。

言い換えれば特定の企業や国の影響を受けない、世界共通の基準を設けた社会の実現とも言えるでしょう。

つまりコインベースが目指す姿は、暗号通貨経済圏の総合金融サービス会社といって間違いないでしょう。

Source : https://www.sec.gov/

現在、当社は15以上のブロックチェーンプロトコルと直接統合し、90以上の暗号資産の取引やカストディをサポートし、一連のサブスクリプション製品やサービスを提供することで、顧客価値の提案とプラットフォームの力を強化しています。

Source : https://www.sec.gov/

ビジネスモデル(KPI)

Source : https://www.sec.gov/
  • 認証ユーザー:5,600万(前年比 +65%)
  • MTU(月間トレーディング・ユーザー):610万(前年比 +369%)
    • MTUあたりの純売上高:87.4ドル
  • トレーディング・ボリューム:3,350億ドル(前年同期:300億ドル)
    • 小口投資家:1,200億ドル(前年同期:120億ドル)
    • 機関投資家:2,150億ドル(前年同期:180億ドル)
  • 仮想通貨別トレーディング・ボリューム割合
    • ビットコイン:39%(前年同期:50%)
    • イーサリウム:21%(前年同期:16%)
    • その他:40%(前年同期:34%)
  • プラットフォーム管理資産
    • 小口投資家:1,010億ドル(前年同期:110億ドル)
    • 機関投資家:1,220億ドル(前年同期:60億ドル)
  • 仮想通貨別プラットフォーム管理資産割合
    • ビットコイン:62%(前年同期:66%)
    • イーサリウム:14%(前年同期:10%)
    • その他仮想通貨:21%(前年同期:15%)
    • フィアット:3%(前年同期:9%)

コンペティター(競合)

コインベースの競合相手としてよく比較されるのは、世界最大の暗号通貨取引所バイナンスです。

また、近い将来「ビットコインETF」の登場によって新たな競争相手になり、これがコインベースの事業や株価へも少なくない影響を及ぼすはずです。

ビットコインETFの現状

現在、米国証券取引所(SEC)がウィズダムツリー・インベストメンツが申請しているビットコインETFの審査を開始しています。

その他にもビットコインETFの申請が続いており、SECへの申請件数は8件あると言われています。

今後SECがどれか1つでも承認したときに米国初のビットコインETFが誕生します。

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式のSec.gov資料

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

スポンサーリンク

COINに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない

コメント

タイトルとURLをコピーしました