分析記事《 米国個別株:110 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【OLO】Oloはレストラン向けにSaaSプラットフォームを提供する高利益率企業

この記事は約13分で読めます。
OLO社とは?
  • レストランブランド向け、クラウドベースのオンデマンド・コマース・プラットフォームを提供する企業
シンノスケ
シンノスケ

この株はテンバガー期待できるか?

次の4つの視点に着目して分析していきます。

テンバガー分析
  • 「時価総額」:今後の上昇余地は?
  • 「テクニカル」:IN/OUTタイミング?
  • 「テーマ性」:次世代期待のビジネスか?
  • 「業績」:決算の良否。売上と利益の成長率は?
スポンサーリンク

時価総額

企業概要

Oloは、ニューヨークで2005年に創業され、レストラン向けにエンタープライズグレードのオープンなSaaSプラットフォームを提供しています。

ティッカーOLO [NYSE]
会社名Olo Inc.
セクターレストラン
SaaS
設立2005年
IPO(上場)2021年 4月
CEO Noah Glass氏
時価総額5.01Bドル
本部アメリカNY
従業員数433人

単位:T=1兆、B=10億M=100万

IPO幹事構成

シェアホルダー

Source : Futubull
スポンサーリンク

テクニカル

バリュエーション

IPO後初値 32 ドルから、+ 6 %の価格帯で推移しています。

PSR推移

指標
PSR(LTM)37.9倍
PSR(NTM)30.5倍
Source :.koyfin.com

価格帯別出来高

直近のサポートラインは、32.5ドルとなっています。

Source :Futubull

テクニカル指標

アナリスト予想
Source :.koyfin.com
スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

マーケット

現在提供している製品と、主に米国内の企業向けレストランに焦点を当てていることから、当社の対応可能な市場機会の合計は70億ドルになると考えています。

この数字を算出するために、当社は企業向けレストランの拠点数と、拠点ごとに収益を上げることができる注文数を求めました。NPDグループが2019年に発表した資料によると、米国内のエンタープライズ・レストランの店舗数は約30万店です。

当社は、業界の調査に基づき、企業のロケーションごとの注文数を、その総売上高を米国内の平均注文額で割ることで決定しました。

次に、1ロケーションあたりの当社の機会を決定するために、暗黙の注文数にデジタル注文の割合を乗じ、注文1件あたりの当社の実際の平均料金を算出し、2020年12月31日時点での1ロケーションあたりの当社の実際の年間平均利用料を加えて、レストラン1ロケーションあたりの年間平均総収入の推定値を算出しました。この数字に企業の拠点数を乗じて、米国の推定値を算出しました。”

サービス・商品

Oloは、多店舗展開するレストランブランド向けに、クラウドベースのオンデマンド・コマース・プラットフォームを提供しています。

Olo社のプラットフォームは、レストランブランドのオンデマンドコマース業務を強力にサポートし、デジタルオーダーやデリバリーを可能にするとともに、レストランの消費者との直接的な関係をさらに強化・充実させます。

今日、消費者は、特にデジタルチャネルを通じたオンデマンドの利便性とパーソナライゼーションをレストランに期待していますが、多くのレストランは、費用対効果の高い方法でこの増加する需要を満たすための社内インフラや専門知識を持っていません。

Oloは、複雑なデジタルビジネスを管理し、顧客に対してより迅速でパーソナライズされた体験を可能にする、企業対企業、企業対消費者、エンタープライズグレードのオープンなSaaSプラットフォームをレストランに提供します。

レストランブランドは、Oloを利用することで、デジタルおよび店舗での売上を増加させ、収益性を最大化し、消費者との直接的な関係を確立・維持し、貴重な消費者データを収集・保護・活用することができます

From S-1

OLOのプラットフォームには3つのコアモジュールがあります。

Ordering

完全に統合されたホワイトラベルのオンデマンドコマースソリューションで、消費者はモバイル、ウェブ、キオスク、音声などのデジタルチャネルを介してレストランに直接注文し、支払いを行うことができます。

Dispatch

フルフィルメント・ソリューションで、レストランが価格、タイミング、サービス品質を最適化しながらダイレクト・デリバリーを提供、管理、拡大できるようにします。

Rails

アグリゲーターおよびチャネル管理ソリューションで、メニュー、価格、ロケーションデータ、在庫状況を管理・共有するとともに、サードパーティからの注文をレストランのPOSシステムに直接統合し、最適化することができます。

ビジネスモデル

当社のビジネスモデルは、サブスクリプションベースとトランザクションベースの両方の収益源を含んでいることから、トランザクション型SaaSモデルと呼ばれており、お客様の成功に合わせて設計しました。

当社は、注文モジュールからサブスクリプション収入を、RailsモジュールとDispatchモジュールからトランザクション収入を得ています。

当社の顧客は、レストランのロケーションごとに固定の月額利用料を支払い、当社の注文モジュールを利用しています。また、一部の顧客は、毎月の注文数を固定料金で購入し、超過した注文数に応じて追加料金を支払っていますが、これも利用料収入と考えています。

当社の取引収入には、RailsモジュールおよびDispatchモジュールから得られる収入が含まれます。当社のRailsモジュールおよびDispatchモジュールを利用するお客様は、トランザクションごとに料金を支払います。

ほとんどの場合、当社のエコシステムにおけるアグリゲータ、チャネルパートナー、およびその他のサービスプロバイダに対しても、当社のRailsおよびDispatchモジュールへのアクセス料を取引ごとに請求しています。

また、ブランドがマーケットプレイス以外のデジタルチャネルから注文を受けることを可能にする Network などの製品からも取引収益を得ています(例:Google Food Ordering、レストランが Google の検索結果やマップページから直接注文を受けることを可能にする)。こ

れらの製品は、主にパートナー企業とのレベニューシェア契約を通じて料金を得ています。2018年、2019年、2020年12月31日に終了した各年度において、プラットフォーム収益の93.2%、80.8%、56.7%がそれぞれサブスクリプション収益であり、6.8%、19.2%、43.3%がそれぞれトランザクション収益でした。

売上構成比

収益の大半は、サブスクリプション収益から得ています。

Source : Futubull

地域比

Oloのビジネスは現在アメリカのみとなっています。

Source : Futubull

SaaS銘柄ベンチマーク比較

LTM (Last 12 Months) 売上高($MM: millions)

ご覧のように、LTM収益が1億ドル未満のOloは、公開されているSaaS企業の中で最も小さい部類の企業となります。

LTM (Last 12 Months) 売上高成長 (%)

Oloは、最も急速に成長している公共のSaaSビジネスの1つになります。小規模ですが、その成長は並外れています。

LTM (Last 12 Months) GAAP 粗利率 (%)

Oloは平均以上の粗利率を誇っています。

LTM (Last 12 Months) GAAP 営業利益率 (%)

Oloは、GAAPベースの営業利益率がプラスであり、これは公開市場に参入して間もないSaaS企業ではめったに見られないことです。収益性の高いビジネスを構築した素晴らしいチームです。すべてのSaaS企業が同じことを言えるわけではありません。

NRR(Net Revenue Retention:顧客の売上継続率)

この指標は、1年前の顧客群の年間経常収益を取り、同じ顧客群の現在の年間経常収益と比較することで算出されます。

Olo社は正確な数字を公表していませんが、代わりに ”>120%” という数字を公表しています。

Gross Margin Adjusted CAC Payback period(顧客獲得コスト回収期間)

この指標は、顧客獲得に要したコストを顧客が回収するまでの期間(月単位)を示すものです。下のグラフでは、IPOに至るまでの4四半期の平均値を採用し、季節性や異常値を排除しています。また、ARRは四半期ごとのサブスクリプション収入×4と定義しています。

(前四半期のS&M) / (正味の新規ARR x Gross Margin) x 12

ARR(Annual Recurring Revenue)= 年間定額収益
 CAC (Customer Acquisition Cost) = 一顧客を獲得するためにかかったS&M費用

Oloの投資回収期間は非常に長いです。彼らは四半期ごとのサブスクリプション収益を開示していませんが(サブスクリプション+トランザクション収益を含むプラットフォーム収益を開示しています)、年間サブスクリプション収益(プラットフォーム収益に占める割合)を開示しています。今回は、直近の2四半期に年間サブスクリプション収入の割合を適用しました。

Oloは、S&Mの支出から非常に大きなレバレッジを得ていることがわかります。これは、SaaS企業の中でも最も低い水準です。

LTM S&M(Sales & Marketing)費用 ( LTM Revenue比率)

SaaS企業のコスト(営業費用)は、サービス提供に直接関連する費用の、「売上原価」と、「販管費」があります。

海外のSaaS企業は、どの会社も販管費を「R&D」「S&M」「G&A」の3つに分けて開示しています。

  • S&M(Sales & Marketing):営業部やマーケティング部門の人件費やマーケティング費用等が該当します。将来の売上高を増やすための費用です。
  • R&D(Research & Development):プロダクト開発等に伴う人件費等が該当します。
  • G&A(General & Administrative):管理部門の人件費やその他一般管理費が該当します。

OLOは、パブリッククラウド企業の中で最も低い比率でS&M(Sales & Marketing)に費用をかけています。

スポンサーリンク

業績

決算

EPS、売上高ともに、上場後初決算をクリアしています。

Source : Seeking alpha
2021年 Q2 決算決算良否予想実績
EPS
(ドル)
○パス0.010.03
売上高
(ドル)
パス31.7M36.12M
引用:Seeking Alpha
2021年 Q3 ガイダンス予想会社予想
EPS予想(ドル)0.01
売上高予想(ドル)34.18M
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/9/1

Source : Trading view

業績指標サマリー

指標
売上成長率(YtoY)+124.81%
ROA(総資産利益率)-1.63
ROE(自己資本利益率)-1.86
ROI(投資利益率)-1.85
Gross Margin(粗利率)82.13%
Operating Margin(営業利益率)9.47%
Profit Margin(純利益率)-8.88%

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

40%ルール(SaaS)

売上成長率+営業利益率で計算され、40%を上回ると優良

125%+9%=134%>40%

40%を大幅に上回っています。

40%ルール

赤字のベンチャー企業の株価を判断する有名な一つの指標として「Rule of 40(40%ルール)」があります。論理的な理由は説明されていませんが、求め方は次の式になります。

X = %(売上高の成長率YtoY前年同期比) + %(営業利益率Operating profit margin)

この指標は、「Xの値」40%以上だと良い40%以下だと悪いとされています。

下のチャートでは、LTM収益成長率とLTM FCFマージンを表示しています。Oloは、その収益性と高成長を考えると、かなり良いベンチマークとなっています。

収益性

売上高成長

引用 : マネックス証券
引用 : マネックス証券

売上高成長率

Olo社はCovidを通じて、より多くのレストランが業務のデジタル化やオンライン注文を行うようになったことで、収益の伸びが加速しました。

キャッシュフロー(CF)

C/Fでは主に安全性を確認できますが、3つのC/Fのうち最も重要なのは、営業C/Fです。健全な企業では営業C/Fの金額よりも当期純利益が低いのが一般的です。

投資C/Fは設備投資や株式投資をした場合にマイナスで現れます。そのため、マイナスになっているほうが積極的に投資をしている企業と言えます。

フリーC/Fは営業C/Fと投資C/Fを足したものをです。これがプラスの場合は投資に現金を使っていても、それ以上の現金を営業C/Fで稼ぎ出していることを意味します。

今後の業績見通し、リスクファクター

OLOの大きな特徴は、サブスクリプション・ビジネスの上にトランザクション・ビジネスを構築したことです。OLOには、今のとことエンタープライズクラスの真のライバルはいません。

これらの理由プラス優れた営業指標により、株価は40倍(時価総額:5Bドル)で取引されていると思います。

唯一の課題はTAMであり、長期的な成長を維持するためには、製品ポートフォリオと地理的な範囲を拡大する必要があります。

スポンサーリンク

に投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否
SBI証券OK
マネックス証券OK
楽天証券OK
スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました