個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【YI】ワンワンワンじゃなくて、イー・イー・イー(Yi-Yi-Yi)です!

この記事は約17分で読めます。

111, Inc.は、中国語では(111集团、Yi-Yi-Yi、イー・イー・イー)と読むようです。

シンノスケ
シンノスケ

YIは、直近の上昇率がどんどん上がっています。なんと1日の中で、EH(イーハン)に続いて、中国銘柄熱いですね!

もしかして、WSBが加担していたのでしょうか?汗

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

スポンサーリンク

企業概要

会社サマリー
  • デジタル・モバイル・ヘルスケアプラットフォーム
  • 薬局、医療コンサルタント、電子処方箋、その他のヘルスケアサービスを中国国内に提供
  • 中国最大のオンライン薬局
  • 売上YoY100%以上
  • CEOは元Dell、アマゾンの社員
  • 中国では、医薬品のオンライン販売業界では、より多くの人々がMeituanとEleで医薬品を購入することを選択するという視点もある
ティッカー【YI】
会社名111, Inc.
セクターEコマース、薬局
設立2010年
上場2018年 9月
CEODr. Gang Yu
Junling Liu
時価総額1.33Bドル
本部中国上海
従業員数1932人

B = Bllion(10億ドル)

Source : http://corporate.111.com.cn/leadership_en.html

ワンワンワンはこの2人が率いています。Dr. Gang Yu氏は、元Dell Inc.のワールドワイド調達担当副社長、Amazon.comのワールドワイドサプライチェーン担当副社長という経歴を持っています。

アマゾンはこれまで、度々オンライン薬局に挑戦してきたようですが、その辺の知見がありそうです。

Junling Liu氏も、厚い肩書きの持ち主ですが、Dell Inc.の中国本土および香港の元グローバルVP兼社長だったので、ここでの出会いがこの会社の出発点だったのでしょうか。

株価は、ナスダックにIPO後始値16.75ドル→2.30ドル(▲86%)と、2年間ほど低迷していましたが、2021年に入り急に息を吹き返したように上昇しています。

業績サマリー
  • 売上成長率:YtoY 124 %
  • 粗利:4.40%
  • PSR(EV/Sales) :0.5倍
直近決算結果()パス/ミス×
EPS?
売上高?
引用:Seeking Alpha

過去の決算では、コンセンサス予想がないために決算をパスしているか、ミスしているかはわかりません。しかし、売上成長率では目をみはるものがあると思います。

2020年 Q 決算予想実績
EPS(一株利益)N/AN/A
売上高N/AN/A
売上成長率YoYN/A
Q コンセンサス会社予想
EPS予想N/A
売上高予想N/A
売上成長率YoY
Source : Seeking Alpha

M = Mllion(100万ドル)

B = Bllion(10億ドル)

Gross Margin(粗利率)4.40%
Operating Margin(営業利益率)-7.20%
Profit Margin(純利益率)-7.00%
Source : Finviz.com
シンノスケ
シンノスケ

利益率だけ見ると、成長力に対して比例していないようにみえます。

PSR(EV売上倍率)

1.1(LTM) → 0.5倍(NTM)

時価総額 / 年間売上高(予想)

Data souce :https://app.koyfin.com/

3種類のPSRについて
  1. PSR(TTMorLTM)= 過去12ヶ月売上ベース
    • 一般的にはこれが使われている。Yahoo Financeなど
  2. PSR(FWDorNTM)=アナリストの来年予測ベース
    • 未来のPSRを指し示す
  3. PSR(×4)=直近の売上 × 4 「=ARR(Annual Recurring Revenue))」
    • おそらく日本のローカルルール
    • 主にSaaS銘柄に使用
    • 決算後すぐに計算でき、早く動ける

ARRはMRR(四半期売上×4 or 月間計上収益を×12)から算出することができます。

スポンサーリンク

Form S-1(売出目論見書)

以下のポイントに沿って、公式資料から抜粋して深掘りしていきます。

S-1(売出目論見書) 内容

会社について

  • マーケット
  • 世界展開
  • テクノロジー
  • ソリューション
  • 業界評価

業績ついて

  • 業績サマリー
  • 売上成長(損益)
  • バランスシート
  • キャッシュフロー
  • 今後の業績見通し
スポンサーリンク

1)Business – Company over view

Our Mission

私たちの使命は、テクノロジーを活用した中国最大の統合オンラインおよびオフラインヘルスケアプラットフォームを構築することです。

中国の現在の医療制度が直面している問題

中国の現在の医療制度は、高まる医療需要を満たすために多くの体系的な課題に直面しています。

現在、病院は中国の主要な医療提供者であり、医療サービスの提供と投薬の中心となっています。次の図は、中国の現在のヘルスケアサービスシステムの主要なプレーヤーによって提供されるヘルスケアサービスと投薬の流れを示しています。

Frost&Sullivanによると、2016年には、外来患者の約41%が中国の病院で行われ、米国では、外来患者の約80%が病院外の診療所で行われました。 Frost&によると、中国の一般大衆は医療と薬の処方を病院に依存しているため、2017年の中国の小売薬局チャネルは小売医薬品の総売上高の約25%しか占めていませんでしたが、米国では82%でした。サリバン。ただし、以下で説明するように、医療システムは、病院中心のモデルから消費者中心のモデルへの移行の恩恵を受けます。

流通および小売市場における断片化と非効率性

製薬会社の限られた市場データとアクセス

質の悪いサービス

Company Overview

111のプラットフォームは、バリューチェーン全体のデータを活用して、eコマース、実店舗小売、物流を統合することで、販売や購買の効率化と顧客体験の向上を目指しています。

2010年、創業者は中国で最初のオンライン小売薬局の1つであるドラッグストアを立ち上げました。

今日、私たちは何億人もの消費者に、オンライン小売薬局を通じて直接、オフライン薬局ネットワークを通じて間接的に、医薬品や医療サービスへのより良いアクセスを提供しています。 Frost&Sullivanによると、1ドラッグストアはGMVの観点から2016年以来中国で最大の直接販売オンライン薬局です。 2016年には、インターネット病院である1クリニック(1 GRAPHIC)を通じてオンライン医療サービスを開始し、費用効果が高く便利なオンライン相談と電子処方サービスを消費者に提供しました。

私たちは、スマートサプライチェーン、クラウドベースのソリューション、ビッグデータ、医療の専門知識の分野でコアコンピタンスを構築し、新しい小売プラットフォームを使用して中国の医薬品バリューチェーンを再構築しています。 2018年6月30日現在、オンライン小売薬局を通じて直接消費者にサービスを提供するだけでなく、10万を超えるオフライン薬局が消費者により良いサービスを提供できるようにしています。オンライン卸売薬局であるドラッグストアは1つとして機能します。 -薬局のショップを止めて、幅広い品揃えの医薬品を調達します。この薬局のネットワークは、2018年5月18日の時点で、薬局の店舗数の点で世界最大の仮想薬局ネットワークを表しています。

Market Opportunity

中国の一般的な健康とウェルネス市場の概要について

Frost&Sullivanによると、中国の一般的な健康とウェルネス市場の規模は2017年に9兆8,350億人民元(1兆4,860億米ドル)であり、2022年には17兆4,110億人民元(2兆6,310億米ドル)に達すると予想され、CAGRは12.1%に相当します。 一般的な健康とウェルネス市場には、ヘルスケアサービス、医薬品、栄養と健康製品、医療機器、母子製品、および健康管理や高齢者ケアなどの他のサービスが含まれます。

中国では、次のようなヘルスケアサービスと製品の必要性を推進する複数の推進要因があります。

高齢人口

慢性疾患の有病率の増加

購買力とヘルスケアへの支出意欲の高まり

小売薬局は、消費者の医薬品へのアクセスにおいてより重要になります。

有利な政府の政策とマクロ経済環境の結果として、大きな成長の機会は小売薬局にあります。 Frostによると、中国の小売薬局を通じて販売される医薬品の取引額は、2017年の4,098億人民元(619億米ドル)から2022年には8,323億人民元(1,258億米ドル)に増加し、CAGRは15.2%になると予想されています。 &サリバン。小売薬局で販売された医薬品の全体に占める割合としての取引額は、同じ情報源に基づいて、2017年の25.4%から2022年には35.1%に増加すると予想されます。

B2C PharmaceuticalEコマースは大幅な成長の準備ができています。

PRCインターネットヘルスケア業界に不可欠な製薬B2Ceコマースビジネスは、大幅な成長が見込まれています。

Frost&Sullivanによると、B2C医薬品eコマースを通じて取引されるGMVは、2017年の291億人民元(44億米ドル)から2022年には3,235億人民元(489億米ドル)に増加し、CAGRは61.9%になると予想されています。 医薬品小売市場全体に占める割合として、eコマースを通じて取引されるGMVの割合は、2017年の1.8%から2022年には13.7%に増加すると予想されます。このような成長は、主にオンライン薬局の需要の増加によるものです。利便性、優れたユーザーエクスペリエンス、競争力のある価格設定、および有利な政府の方針。さらに、医薬品の電子商取引サービスの魅力は、処方薬のオンライン注文とオフライン支払い、またはオフライン薬局でのオンライン相談を通じて明らかになる、オンラインとオフラインのエクスペリエンスを組み合わせるという新しいトレンドによってさらに強化されます。

オンライン相談と電子処方箋はプライマリケアの提供を変革します

オンライン相談の費用対効果と利便性、および中国でのインターネット病院プラットフォームの開発により、中国でのオンライン相談の数は、2017年の2億3,750万人から2018年には3億7,210万人、さらには14億6,160万人に増加すると予測されています。 2022年には、相談全体のそれぞれ2.8%、4.3%、13.9%に相当します。

Our Value Propositions

私たちは、中国のヘルスケアエコシステムの統合されたオンラインおよびオフラインプラットフォームのさまざまな参加者に価値を創造します。

(i)医薬品やその他のヘルス&ウェルネス製品を購入し、医療サービスを求める消費者。
(ii)独立した薬局、薬局チェーン、および医薬品を購入し、当社のプラットフォームを通じて消費者と対話する診療所および私立病院内の社内薬局を含む薬局。
(iii)製薬会社や流通業者などのサプライヤー。
(iv)当社のプラットフォームを使用して配布するマーケットプレイスの売り手

Technology

新しい小売プラットフォーム

New Retailは、eコマース、実店舗での小売、ロジスティクスをバリューチェーン全体のデータと統合することにより、販売と購入の効率、およびカスタマーエクスペリエンスの向上を目指しています。 2016年には、スマートサプライチェーンとクラウドベースのソリューションを活用して、オンライン小売薬局とオフライン薬局ネットワークを統合し、純粋なB2Cビジネスから新しい小売プラットフォームへの変革を開始しました。このモデルにより、多数のトランザクションからデータを収集して分析することができます。これを使用して、スマートサプライチェーンの効率とクラウドベースのソリューションのインテリジェンスを継続的に向上させます。

高度なテクノロジーと管理の専門知識を適用して、医薬品サプライチェーンのフロントエンドとバックエンドを統合し、スマートサプライチェーンを形成します。これにより、医薬品の薬局への流れが変わり、消費者へのサービスが近代化されます。当社のオンデマンド在庫およびスマート調達サービスは、薬局の顧客が必要な最適な量と時間で製品ミックスを使用して在庫を調達するのを支援し、運転資本要件を削減し、市場の需要に迅速に対応できるようにします。当社の全国的なフルフィルメントカバレッジは、中国の主要経済地域にある4つの効率的なフルフィルメントセンターによってサポートされています。当社の小売および卸売事業は、フルフィルメントセンターの利用を最適化するために、同じ調達および在庫管理システムを共有しています。

また、プラットフォーム上に革新的なクラウドベースのソリューションの完全なスイートを提供し、エコシステムの参加者にオンデマンドのインターネットベースのソフトウェアサービスを提供し、ビジネスアプリケーションや顧客関係管理(CRM)などのサービスモジュールへの便利でカスタマイズされたアクセスを提供します。サプライチェーン管理、オンライン医療相談、電子処方箋、デジタル契約販売組織(CSO)、および精密マーケティング。スケーラブルなクラウドベースのプラットフォームにより、サプライヤと顧客をプラットフォームに迅速に登録し、エコシステムのすべての参加者を高効率でシームレスに接続できます。

私たちは、データの洞察を価値のあるビジネスインテリジェンスに変える業界で最初の動きだと信じています。製薬会社にテクノロジーとデータソリューションを提供し、製薬会社がスマートサプライチェーンを通じて販売された製品の販売量と価格を監視し、貴重な市場洞察を得ることができるようにします。一方、サービスを提供する各場所の製品フローに関するデータがあるため、特定の製品の需要にリアルタイムで遅れずについていくことができます。このような需要に関するデータにより、薬局の顧客に調達および在庫戦略を推奨し、薬局の顧客の調達手順を根本的に改善することができます。

消費者により良いサービスを提供するための戦略の重要な部分として、2018年6月30日現在、オンライン相談と電子処方箋サービスを提供するために、従業員である80人以上を含む2,000人を超える医療専門家のネットワークがありました。医療サービスと製薬サービスを接続することにより、消費者に多大な利便性とコスト削減をもたらす閉ループプラットフォームを作成します。

エコシステム

私たちは、薬局、製薬会社、医療専門家、消費者をエコシステムで結び付け、医薬品のバリューチェーンの効率と透明性を向上させます。

• 薬局が卓越した運用を実現し、調達と履行のコストを削減し、市場を拡大し、消費者により良いサービスを提供できる。

•  製薬会社に市場の需要に関する独自の貴重な洞察を提供し、製薬会社が流通チェーンをより適切に管理できる。

• ブランドを宣伝し、製品を顧客に配布するための効果的なプラットフォームも提供。

• 医療専門家がサービスの質を向上させ、より多くの情報に基づいた処方決定を行い、患者をより適切に管理できる。

•  消費者にエンドツーエンドの診断から治療までの医療サービスを提供し、店頭販売(OTC)薬と処方薬の両方を時間効率と費用効果の高い方法で利用できる。

Our Revenue Model

当社は現在、主に医薬品およびその他の健康およびウェルネス製品の販売および流通から収益を得ています。また、マーケットプレイスベンダーの手数料などのサービスモジュールからも収益を上げています。製薬会社などのブランドプロモーション、データ、その他のマーケティングサービス。

ビジネストランスフォーメーションの実施に成功し、2017年の収益は9億5,950万人民元(1億4,500万米ドル)、2018年上半期の収益は7億3,090万人民元(1億1,050万米ドル)に達し、そのうちB2Bセグメントからの製品収益とサービス収益はそれぞれ97.2百万人民元(14.7百万米ドル)および324.5百万人民元(49.0百万米ドル)。 B2B GMVは、2018年第1四半期の1億6,190万人民元(2,450万米ドル)と比較して、2018年第2四半期には2億3,310万人民元(3,520万米ドル)に達し、44.0%の増加となりました。一方、当社の純損失マージンは、2016年の41.6%から2017年には26.0%に改善し、2017年上半期の28.2%から2018年上半期には17.7%に減少しました。

Our Competitive Strengths

● 中国における統合されたオンラインおよびオフラインのヘルスケアエコシステムのイネーブラー
● クラス最高のスマートサプライチェーン管理
● 革新的でスケーラブルなクラウドベースのプラットフォーム
● 広範なタッチポイントからの貴重なデータインサイト
● 経験豊富な経営陣がサポートする先見の明のある創設者

Our Growth Strategy

● 中国のヘルスケア業界を新しい小売時代に導くヘルスケア

● エコシステムの規模を体系的に拡大する

● すべてのエコシステム参加者のユーザーエクスペリエンスを向上させる

● 戦略的パートナーシップと買収を追求する

Clients

消費者向け

● オンライン小売薬局
● 直接販売モデル
● マーケットプレイスモデル
● オフライン小売薬局
● 消費者への当社の製品提供 製品の価格と支払い 私たちのオンライン相談と電子処方箋サービス

薬局向け

10万を超えるオフライン薬局が消費者により良いサービスを提供できるようになりました。(2018年6月30日の時点)この薬局のネットワークは、薬局の店舗数で世界最大の仮想薬局ネットワークを表しています(2018年5月18日の時点)。 Frost&Sullivanによると。私たちがサービスを提供している薬局の顧客には、中国の30の州にまたがる、中小規模の小売薬局チェーン、独立した薬局、診療所や私立病院内の社内薬局が含まれます。

● オンライン卸売薬局
● 直接販売モデル
● マーケットプレイスモデル
● 支払い、交換、返品
● クラウドベースの在庫管理サービス
● クラウド処方サービス
● スマート調達サービス

製薬会社向け

● データサービス
● デジタル契約販売組織(CSO)サービス

医療専門家向け


● 電子医療記録と患者管理
● 薬局方

Competition

当社のビジネスモデルは独自のものであり、当社のサービスは医薬品のバリューチェーン全体を網羅していると信じています。私たちと直接競合する同等の企業はないと考えています。ただし、特定の事業セグメントおよび業種で激しい競争に直面しています。

従来のオフライン薬局やAliHealthやJD.comなどのオンラインプラットフォームを含む他の製薬小売企業と競合します。 また、多数のB2Bプラットフォームや従来の医薬品販売業者との競争にも直面しています。

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式の資料

↓その他ツールサイト

スポンサーリンク

YIに投資できる証券会社

YI 株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました