個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【GLBE】Global-e Onlineはグローバル・クロスボーダーEコマースのプラットフォーマー!

この記事は約13分で読めます。

次の4つの視点に着目しています。

  1. 「時価総額」:今後の上昇余地
  2. 「チャート」:テクニカル分析
  3. 「テーマ性」:事業の将来性
  4. 「業績」:決算の良否、成長率
社まとめ
  1. 「時価総額」◎11.3Bドル(小型株)
  2. 「テーマ性」◎グローバル・クロスボーダーEC(長期的な成長テーマ)
  3. 「業績」◎ 初回決算クリア(2021Q1)
  4. 「チャート」△ IPO後継続的な上昇トレンド。高いバリュエーションPSR40倍

総合評価

評価 :2/3。

★ 宝くじ、ギャンブル性強い 
★★ 将来性に期待したい
★★★ 初心者にもおすすめできる

スポンサーリンク

企業について、サクッと把握

会社サマリー

  • Global-eは、グローバルな消費者向けクロスボーダーECの成長を可能にし、加速させるプラットフォーム
    *クロスボーダー=国境を越えた
  • 小売業者やブランドは、世界の200以上の都市の顧客にシームレスなローカライズされたショッピング体験を提供できる
時価総額11.3Bドル
ティッカーGLBE [NASD]
会社名Global-E Online Ltd.
業種Eコマース
設立2013年
IPO(上場)2021年 5月
CEOAmir Schlachet氏
本部🇮🇱イスラエル
従業員数289人
2021/ 時点
単位:T=1兆、B=10億、M=100万

業績サマリー

決算

アナリストはまだついていません。

Source : Seeking alpha
2021年 Q2 決算決算良否予想実績
EPS
USドル
○パス
売上高
USドル
パスM
引用:Seeking Alpha
2021年 Q3 ガイダンスコンセンサス
(市場予想)
ガイダンス
(会社予想)
EPSUSドル
売上高USドルM
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/8/16

Source : Trading view

業績指標一覧

指標
売上成長率(YtoY)+122.97%
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
ROI(投資利益率)-18.50%
Gross Margin(粗利率)32.60%
Operating Margin(営業利益率)
Profit Margin(純利益率)

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

スポンサーリンク

深掘り

会社ビジョン

世界はよりデジタル化されつつあり、E-コマースはまだ十分に成長余地が残っている巨大な世俗的成長テーマです。

これまでのところ、E-コマースの発展は断片的なものでした。小売市場は国ごとに花開いており、国際的な境界線を越えた取引は孤立しています。

2021年5月IPOしたGlobal-e(GLBE)は、この状況を変えようとしています。

オンライン小売業者が世界のどこからでも、またどこへでも販売できるようにし、シームレスにブランドを世界に広げることを可能にする。

source: Global-e Online

マーケット

海外で商品を購入するということは、一見単純なことのように思えますが、商人と消費者の双方が直面する課題は少なくありません。

例えば、言葉の壁、為替レート、税法の不確かさ、支払い方法、さらには詐欺の可能性など、様々なハードルがあります。

これらのサービスは、世界中の電子商取引市場を効果的に融合させる重要なインフラとなっています。

その結果、Global-e Onlineのサービスは好評を博し、プラットフォーム上の商品総価値(GMV)は急速に増加しました。

また、2020年にはCovidの恩恵を受け、GMVが102%増の7億7,400万ドルに達し、1億3,630万ドルの売上を計上しました(テイクレートは17.6%)。

  • 2020年4月は前年同月比7%増
  • 5月は前年同月比42%増
  • 1月から6月中旬までの米国の越境ECの成長率は10.2%

一方、高級品は、海外旅行や店舗での体験がほとんどなくなったため、流行の影響を最も大きく受けていますが、売上を伸ばすためにグローバルなクロスボーダーEC戦略に最も大きく依存しており、4月と5月にはそれぞれ前年同期比39%の伸びを記録しました。

今後、世界の消費者がより簡単に越境ECに参加できるようになれば、Global-e Onlineの加盟店にとってもより多くのチャンスが生まれます。世界のクロスボーダーEC市場は、現在7,000億ドル以上で、2026年には4.8兆ドルにまで拡大する可能性があります。

Global-e(GLBE)の2020年のGMVは7億7,400万ドルで、市場への浸透率は0.01%に過ぎず、これからの成長の滑走路は何年も続く可能性があることを明らかにしています。

2021年第1四半期の業績では、GMVは2億6700万ドルとなり、前年同期比で133%増加しました。また、売上高は4,620万ドルで、134%の増加となりました。

source: Global-e Online

このように良いニュースが相次いでいますが、Global-e Onlineのストーリーはまだ始まったばかりです。長い成長の道のりを考慮すると、投資家が心に留めておくべきいくつかの懸念事項があり、これらが深刻化した場合、株価に大きな影響を与える可能性があります。

サービス・商品

Global-e(GLBE)は、VersaceやHugo Bossなど約400社のeコマース企業やブランドが、世界中で簡単に商品を販売できるように、ウェブサイトの現地語への翻訳、配送、関税、外貨、返品などの処理を行っています。

Global-e(GLBE)のエンド・ツー・エンドのeコマース・ソリューションは、世界中のブランドや小売業者と協力し、彼らが200以上の市場に向けて、国境を越えた消費者への直接販売を可容易にしています。

  • クラス最高のローカリゼーション機能
  • ビッグデータを活用したベスト・プラクティスのビジネス・インテリジェンス・モデル
  • 合理化された国際物流、豊富なクロスボーダーの経験

Global-e(GLBE)の調査では、各国でローカル版のeコマースサイトを提供するだけの場合と比較して、顧客の売上転換率が60%向上したということです。

ビジネスモデル

売上構成比

収益の63%は梱包サービス、37%は手数料になっています。

Source : Futubull

地域比

99%がイギリス、アメリカ、EU圏のシェアとなっています。

CEOの Amir Schlachet氏によると、Global-e(GLBE)はさらにグローバルに、特にアジア太平洋地域を中心に、グローバルに事業を展開していく予定と述べています。

Source : Futubull

ビジネスパートナー

Global-e(GLBE)は世界に7つのオフィスを持ち、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの数百の小売業者やブランドから選ばれています。

SHOPとの関係

Global-e (GLBE)のプラットフォームの価値を認めたのは、Eコマース大手のShopify(SHOP)です。

Shopify(SHOP)は、IPOにも参加して約6.5%の株式を取得しています。

スポンサーリンク

業績

収益性

売上高成長

収益とは、企業が商品やサービスの販売と引き換えに顧客から受け取る金額と定義できる。収益は、損益計算書の最上位項目であり、そこからすべての費用と経費を差し引いて純利益を算出します。

Global-e Onlineの2020年から2021年までの年次/四半期ごとの収益の推移と成長率です。

  • 2021年3月31日に終了した四半期におけるGlobal-e Onlineの収益は、前年同期比でINF%増加し、0.046億ドルとなりました。
  • 2021年3月31日までの 12 ヶ月間の Global-e Online の収益は $0.066B でした。
  • 2020年のGlobal-e Onlineの年間収益は、$0.136Bで、2019年と比較して107.09%の増加となりました。

会社の安全性

キャッシュフロー(CF)

キャッシュフローはファンダメンタルズを重視する機関投資家などが現金創出力や投資効率など企業分析を行う際に使っています。

キャッシュフローには下記の3種類があり、それぞれ示すものが異なります。

3つのCF(キャッシュフロー
  • 営業CF → 本業の営業活動で稼いだ現金の増減
  • 投資CF → 将来の利益につながる活動に使った現金の増減
  • 財務CF → 増資や配当、金融機関に対する借入・返済などによる現金の増減

C/Fでは主に安全性を確認できますが、3つのC/Fのうち最も重要なのは、営業C/Fです。健全な企業では営業C/Fの金額よりも当期純利益が低いのが一般的です。

投資C/Fは設備投資や株式投資をした場合にマイナスで現れます。そのため、マイナスになっているほうが積極的に投資をしている企業と言えます。

フリーC/Fは営業C/Fと投資C/Fを足したものをです。これがプラスの場合は投資に現金を使っていても、それ以上の現金を営業C/Fで稼ぎ出していることを意味します。

過去3年間のキャッシュフロー推移です。

スポンサーリンク

チャート分析

テクニカル

上場後間もないので、長期的なトレンドは形成されていませんが、短期的には強い上昇トレンドが形成されています。

この積極的な価格変動はリスク要因であり、5週間前に取引が開始されて以来、わずか1ヶ月で2倍以上になっています。

Shopify社はその規模にもかかわらず、3桁の成長率で収益を伸ばし続けています。フォワードベースでは、Shopify社のEV/売上高倍率は40倍となっています。

一方、Global-e Onlineは、売上高に対するPSRが38倍となっており、同様の評価を受けています。

投資家は、Global-eの規模の小ささ(成長余地の大きさ)が同程度の評価に値するのか、それともこのような高い倍率に値するためには、自らを証明し、マージンを拡大し、テイクレートを維持する必要があるのかを判断する必要があります。

Global-e Onlineがこれらを実現できれば、この高額な評価も将来的には割安になるでしょうが、このレベルでは安全マージンがないのも確かで、トラブルが発生した場合には、かなりの下落が予想されます。

Source : Trading view (GLBE)

価格帯別出来高

2021年8月13日時点では、83.5%が含み益となっています。ボリュームの平均値は61.5ドルです。

Source :Futubull

PSR推移

指標バリュエーション
PSR(LTM)– 倍
PSR(NTM)37.9倍
スポンサーリンク

リスク

良いニュースが相次いでいますが、長い成長の道のりを考慮すると、投資家が心に留めておくべきいくつかの懸念事項があり、これらが深刻化した場合、株価に大きな影響を与える可能性があります。

利益について

  • Global-e Onlineは、プラットフォームを利用したビジネスモデルのため、利益率が低い。2021Q1の売上総利益率は33.3%で、Shopifyの売上総利益率である約53%には遠く及ばない。

粗利益率の低さは理にかなっており、Global-e Onlineが提供するプラットフォームには、多くのリソースが投入されていますが、その中には手間のかかる機能も含まれています。

返品や為替などの機能が細分化されているため、Global-e Onlineではこれらの機能に高いコストがかかっていると思われます。

これは、Global-e Onlineが規模を拡大し、ビジネス全体で十分な量を生み出すことで、これらのコストを継続的に相殺できるようになるはずです。この点については、GMVの増加に伴って粗利益率が拡大しており、進展が見られます。

Gross margin by year:

  • 2018: 22.2%
  • 2019: 28.3%
  • 2020: 31.9%
  • Q1 2021: 33.3%

テイクレートについて

Global-eの収益性に影響を与えるもう一つの要因は、テイクレートです。17.6%のテイクレートは、テイクレートが2.6%のShopifyと比べて非常にアグレッシブです。

これについては、いくつかの考え方があると思います。まず、Shopifyのような会社は、競合製品を提供しても儲からない競合プラットフォームを締め出すために、テイクレートを下げているのかもしれません。

一方、Global-e Onlineのクロスボーダービジネスは、eコマースのニッチな分野での痛みを伴う問題に対応しているため、より「価値がある」(あるいは、少なくともより高いテイクレートを正当化する)と考えられます。

いずれにしても、Global-e Onlineがこのテイクレートを長期的に維持できるかどうかが課題です。規模が大きくなればテイクレートを下げることができるかもしれません。

しかし、それが実現するまでは、高いテイクレートは投資家が注目すべきものである。テイクレートが大幅に圧縮されれば、Global-e Onlineの収益は大きく落ち込むことになります。

スポンサーリンク

GLBEに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否
マネックス証券OK
SBI証券OK
楽天証券OK

米国株の取引ができる国内証券会社のそれぞれの特徴は、下記の記事で解説しています。

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓IR資料

↓その他ツールサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました