≫ 暗号資産、NFTのはじめ方まとめ

【運動で稼ぐ!】STEPN(ステッピン)進化版!?完全無料からできて室内運動でも稼げる「エクササイズ to Earn 」アプリ WIRTUAL(バーチャル)のはじめ方

この記事はこんな方にオススメ
  • STEPN(ステッピン)を始めたいけど二の足を踏んでいる方
  • 運動、スポーツ、エクササイズなど身体を動かすことが好きな方
  • 室内での運動・活動がメインの方(屋外もOK)

WIRTUAL(バーチャル)とは?

WIRTUAL(バーチャル)とは、エクササイズ をお金に変えることができるExercise to Earnアプリです。

STEPN(ステップン)との違い

STEPN(ステッピン)は、優秀な運営やちゃんと稼げることが強みのMove to Earnアプリで、期待値が高くGMT、GSTコインも強いです。

しかし場所にもよりますが、都会だと歩く・走る以外のエクササイズは意外とハードルが高くて、室内運動の需要は満たせていませんでした。

STEPN(ステッピン)は、GPSとモーションセンサーの情報のみを元に計測しているため、このような仕様に限られていると思われますが、他にも初心者にとってはいくつか障壁があります。

STEPN(ステップン)を始めるための障壁
  • 稼げる分、初期投資が大きい
  • 日常的に走れる環境が身近にない
  • 現在は屋外で歩く、走るのみの運動が対象
  • 室内で歩き回る場合やジムや格闘技、ヨガ、ダンスなどに対応していない
  • 雨の日には稼げない

WIRTUAL(バーチャル)は、初期投資無料から稼げて、スマホの生体データと連携することでこの弱点を克服しているアプリです。

GPSデータだけでなく、心拍数・歩数などのデータからカロリー消費で換算するので、STEPN(ステッピン)と違って建物の中での活動にも使うことができます

また、モバイル通信が途切れてしまうような山奥でのトレイルランや、登山でも使うことができます。

WIRTUAL(バーチャル)のEarnシステム

WIRTUALは、無料でプレイすることもできますが、無料でプレイした場合の報酬は0.1WIRTUAL(僅かな金額)ですがWIRTUALコインを内部ウォレットに保有することで、1日あたり0.5 〜 3WIRTUAL獲得することができるようになります。

  • 日々のエクササイズ・データを連携することで、「0.1WIRTUALコイン」が報酬としてもらえます。(運動データは1日1回のみ)
  • WIRTUALコインを一定数アプリのウォレットに保有することで、上記0.1WIRTUALよりも報酬が増える
保有量による稼げる量の変化
  • デフォルト(Default)= 0 WIRTUAL保有 → 0.1WIRTUAL獲得
    • スターター(Starter)= 100WIRTUAL保有 → 0.5WIRTUAL獲得
    • シルバー(Silver)=200WIRTUAL → 1WIRTUAL獲得
    • ゴールド(Gold)=500WIRTUAL → 1.5WIRTUAL獲得
    • ビジネス(Business)= 1500WIRTUAL → 2WIRTUAL獲得
    • プラチナ(Platinum)=5000WIRTUAL → 2.5WIRTUAL獲得
    • エメラルド(Emerald)=10000WIRTUAL → 3WIRTUAL獲得
    • マスター(Master)– 未公開
  • アプリ上で行われるスポーツイベントに参加することで、メダルやシャツなどの記念品など、楽しい賞品を獲得するチャンスがある。
  • 今後発売されるウェアなどのNFTを購入することで、1日に送信データを複数送れたり、報酬が増える。

1 WIRTUALコインの価値は、次のようになっています。

WIRTUAL(バーチャル)で稼げるエクササイズ
  • Running(ランニング)
  • Walking(ウォーキング)
  • Cycling(サイクリング)
  • Swimming(水泳)
  • Dancing(ダンス)
  • Working Out(ジム運動)

RunningとWalkingについてはSTEPNと同時にできるので、併用でやってみるのもいいかもしれません。

WIRTUAL(バーチャル)のロードマップ

バージョン1.0を1年以上テストした後、最新バージョンであるバージョン2.0では、アバターが追加され、追加機能のアンロックと連動しています。

ランニングだけでなく、ウォーキング、スイミング、ダンス、ワークアウト、サイクリングなど、さまざまなチャレンジが可能です。

さらに、Eコマースや暗号通貨にも対応し、ソーシャルメディアをベースとしたバージョン3.0の基礎ができました。

WIRTUAL(バーチャル)ホワイトペーパー

ロードマップは2022年4月現在、2022年Q3までの公開となっています。

WIRTUAL(バーチャル)のはじめ方

まずは初期設定をしていきます。

⓪ 端末の準備

対応端末は、次の通りです。

  • 「スマホのみ」
  • 「スマホ + スマートウォッチ 」
  • 「Garmin +心拍計」
  • 「Fitbit」

Heart Rate(心拍数)データが承認時(Sbubmit)に必要になるので、心拍数を測定できるデバイスが必要になります。

スマホ + スマートウォッチ

こちらでは 「Stravaアプリ」を使った次の方法があります。

  • ワークアウトアプリ(Apple Watch 専用アプリ)→Stravaアプリに連携
  • Apple WatchにStravaアプリを直接インストール
  • 生体データを測定可能なスマートウォッチ(Andoroid)→Stravaアプリに連携

Garmin +心拍計の場合

こちらでは 2通りの方法があります。

  • Garminスマートウォッチ
  • Garminのデバイス+心拍計(自転車等)

Fitbitの場合

こちらでは シンプルに1通りです。

  • Fitbitスマートウォッチ

WIRTUALアプリの設定

デバイスの準備ができたらアプリをダウンロード・設定します。

今回は、Apple Watch 使用例を紹介します。

① WIRTUALアプリ・ダウンロード、アカウント作成

WIRTUALアプリ自体は無料です。

認証方式は、電話番号のみになっています。

② Stravaアプリ・ダウンロード

Stravaアプリは、数年前にスタートアップしたエクササイズSNSアプリです。

途中から課金システムになりましたが、無料でもさまざまなエクササイズデータが取得できます。

③ Stravaとヘルスケアデータの連携設定

この設定をやっておけば、WIRTUALアプリに自動的にワークアウトデータを連携できます。

  1. 右下の「あなた」をクリック
  2. 右上の「設定」をクリック
  3. 「アプリケーション、サービス、デバイス設定」をクリック
  4. Apple watchの場合→ “新しいデバイスを Stravaに接続する” を選択
  5. ヘルスケアにつなげるを選択して接続

④ WIRTUALアプリとStravaの連携設定

  1. 画面右下の「Menu」→「MyApp」をタップ
  2. 「Connect」をタップ
  3. Stravaをタップしてログイン
  4. オンになったことを確認

この設定は、最初うまく接続できませんでしたが、何回かリトライしたらできました。

⑤ エクササイズの種類を選択

エクササイズする前に、WIRTUALアプリ内でチャレンジをする運動チケット購入(無料or有料)します。

  1. Challengeをタップ
  2. チャレンジするエクササイズを選択
  3. チャレンジするイベントを選択
  4. Joinをタップし、右上のカートに追加
  5. カートボタンをタップ
  6. Checkoutボタンで購入
  7. Proceedをタップ
  8. 完了

*個人的に、運営の健全性、将来性が確認できるまで課金やNFTの購入はしないことをオススメします。(NFA、DYOR)

エクササイズの種類によって利用できる計測アプリが違います。

Stravaアプリと連携できるのは、次の通りです。(2022年4月)

  • ウォーキング
  • ランニング
  • サイクリング

WIRTUAL(バーチャル)アプリの使い方

初期設定ができたら、早速エクササイズしていきます。

① 運動データをStravaに送信

エクササイズした運動データをStravaに取り込みます。

Apple watch(Stravaアプリ)

  • Start → 開始 → 保存 → 完了

Apple watchワークアウト

Apple watchワークアウトの場合は、一度Stravaにワークアウトデータを反映する必要があります。

  • 開始 → 終了 → Stravaアプリ設定で ✔️

② WIRTUALアプリでデータを承認

最後に、WIRTUALアプリで承認(Submit)して完了です!

これをしないと報酬がウォレットに反映されません(1日1回のみ)

  1. 「Submit Result」をタップ
  2. エクササイズの種類を選択
  3. チャレンジ項目を選択
  4. データを選択
  5. 送信するデータを選択して、「Submit」をタップ

③ WIRTUALコインを受け取る

最後に、WIRTUALコインを受け取って完了です!

最初の7日間は転送手数料がかかり、30%から毎日5%ずつ減少します。7日目以降は無料ですので、それ以降に「Claim」をクリックして完了です。

WIRTUAL のウォレットについて

Internal Wallet

WIRTUALコインはインターナルウォレットに転送することができますが、最初の7日間は転送手数料がかかり、30%から毎日5%ずつ減少します。7日目以降は無料です。

External Wallet

プラットフォーム外への転送はガス代がかかります。

WIRTUALコインを他のコインと交換するために、内部ウォレットから外部ウォレットにWIRTUALコインを移動させることができます。

また、外部ウォレットにあるWIRTUALコインを使用して、他の取引所で発生する活動など、プラットフォームの外で他の金融活動に従事することもできます。

WIRTUALプラットフォームから外部プラットフォームへコインを転送する、外部ウォレットの使用に関わるこれらの活動には、すべてガス代がかかります。

$WIRTUAL を日本円にする方法、NFTアイテムの買い方

WirtualのNFTアイテムを買うためには次のステップが必要です。また、逆の手順を踏むことで、WIRTUAL コインを円に換金することができます。

NFTアイテムを買うステップ

公式サイト

ホワイトペーパー https://wirtual.co/documents/about

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました