未来予想図(2030-2040-2050年)
本ページはプロモーションが含まれています

トレードにおけるプライスアクションの重要性と確認方法

アフィリエイト広告を利用しています。

FXでトレードをする際、数多くのテクニカル分析手法があります。その中でも、特に人気が高いのがプライスアクションという手法です。プライスアクションとは、株価や為替相場などの価格変動をそのままの形で分析し、トレードの判断に用いる手法です。

本記事では、初心者トレーダーにも分かりやすく、「プライスアクション」について詳しく解説していきます。

> Trading viewの使い方

FXのプライスアクションとは?

プライスアクションとは、スキャルピングなどの短期取引をこなすFXでよく使われる価格変動を基にしたトレード手法のことです。この手法では、テクニカル分析で使われる多くのツールや指標を使わず、価格の変動の形を直接読み取ってトレードを行います。

スキャルピングとは、分足などの短時間で取引を繰り返すトレード手法で、小さな利益を繰り返し積み重ねることを目的としています。

例えば、ローソク足の形状や価格帯、動きのスピードやレンジ幅など、価格変動のパターンや性質を見ていくことで、相場のトレンドや転換点を把握し、トレードのエントリーや利確、損切りなどの判断を行います。

プライスアクションで重要なローソク足については、こちらで解説しています。

FXからプライスアクションを学ぶメリット

FXからプライスアクションを学ぶメリット1・市場のトレンドをつかみやすい

プライスアクションは、価格変動の形から相場のトレンドを捉えることができます。そのため、長期的なトレンドや短期的なトレンドを的確につかむことができるため、トレンドフォローのトレードに向いています。

FXからプライスアクションを学ぶメリット2・ダマシに陥りにくい

プライスアクションは、価格変動の形を見ることによって、相場の本質的な動きを捉えることができます。そのため、相場のノイズやダマシに惑わされることが少なく、クリーンなチャートでトレードを行うことができます。

FXからプライスアクションを学ぶメリット3・トレンド転換のタイミングがわかりやすい

プライスアクションは、価格変動の形から相場のトレンド転換のサインを捉えることができます。そのため、トレンド転換のタイミングを的確に捉えることができ、トレンド転換時に利益を確定することができます。

FX流プライスアクションの注目ポイント

プライスアクションの注目ポイント1・逆振り

「逆振りのプライスアクション」は、はトレンド方向に進む前に逆方向に振れる動きであり、その後トレンド方向に進むというものです。

この動きはどのチャートパターンにも基本的に根底にあるものであり、時間枠が短ければ短いほど見やすくなる傾向にあるため、1分または5分足のプライスアクションを見るのが最適です。

上は実際のチャートですが、このようなチャートはよく目にすることができますので、ぜひ見つけてみてください。

負けているトレーダーこそこれまでの、短期のプライスアクションに対する考え方を変えることが重要で、このプライスアクションの仕組みであるアマトレーダーの損切りとプロトレーダーのロングが重なることで、強い燃料になって上昇継続することが、勝利トレーダーの視点として重要です。

プライスアクションの注目ポイント2・サポートライン接触時の反発

サポートラインにタッチしたときのプライスアクションとしては、次の3パターンがあります。

サポートライン接触時の反発プライスアクション1:水平ラインに触れた後の上昇

このプライスアクションは、水平ラインに触れた後に価格が上昇することを指します。初心者トレーダーは、この水平ラインに触れたという理由だけで売りに出ることが多いため、戻り売りをすることができず、勝敗がバラバラになることがあります。

このプライスアクションは、価格が急上昇することが予想されるため、新規のロング(買い)ポジションを取ることができます。

サポートライン接触時の反発プライスアクション2:水平ラインに触れた後の横ばい

このプライスアクションは、水平ラインに触れた後に価格が横ばいになることを指します。水平ラインに沿って複数のキャンドル足がある場合、多くのトレーダーが売りポジションを解消し、新規のロング(買い)ポジションを取ることが予想されます。

このプライスアクションは、勢いがある場合には戻り売りをすることが難しいため、ロング(買い)ポジションを取ることができます。

サポートライン接触時の反発プライスアクション3:重要水平ラインにおけるダブルボトム

このプライスアクションは、重要な水平ラインでダブルボトムが形成された場合を指します。多くのトレーダーが、水平ライン以上の価格で売りポジションを持っており、損切りをするために決済していることが予想されます。同時に、新規のロング(買い)ポジションを取るトレーダーも多いため、価格が上昇することが予想されます。このプライスアクションは、基本的にはロング(買い)ポジションを取ることが望ましいですが、他の理由がある場合にはエントリーすることもできます。

プライスアクションの注目ポイント3・レジスタンス接触時の反発

上昇トレンド時にレジスタンスにタッチしたときの3パターンのプライスアクションについて言及されています。

レジスタンス接触時のプライスアクション1・

このパターンは、青色の水平線が破られたが、戻ってきたというものです。このパターンは、1時間足以上の足で見ると、単なる上昇局面に終わることが多く、この地点からロングに入ることは非常に困難です。このパターンが現れた場合は、ロングポジションを手仕舞いする方が良いでしょう。

レジスタンス接触時のプライスアクション2・

2番目のパターンは、ダブルボトムが現れたものです。この場合、ロングに残ることが良い選択肢かもしれませんが、すでにダブルボトムが破られているため、後で青いラインが破られる可能性が高いです。チャートパターンを見ているだけだと、問題があるかもしれません。

レジスタンス接触時のプライスアクション3・

3番目のパターンは、3つのパターンの中で最も強力なものです。このパターンが現れた場合は、ロングに入るべきです。

このパターンでは、青い水平線が触れられ、上下に動き、最後に4番目のポイントで抜け出します。これまで抵抗線として機能していた青いラインが、今度はサポートラインとして機能するため、このような抵抗線・サポートラインの転換をよくあります。

エントリータイミングの判断方法

プライスアクションでは、エントリータイミング(建て値)が全てを左右します。

エントリータイミングは、ロングやショートなどトレードを行うタイミングを指します。

プライスアクションでは、これまで説明したようなローソク足のパターンやレジスタンス、サポートラインを参考にして、エントリーポイントを判断します。

FX流プライスアクションで気を付けるべき注意点

プライスアクションの注意点は次の点があります。

プライスアクションとは、チャートの価格変動を分析する手法のことで、主にサポートラインやレジスタンスラインの分析に用いられます。しかし、注意すべき点があります。

プライスアクションで注意するべきこと1・市場環境や価格を確実に予測することはできない

プライスアクションは、過去の価格変動をもとに未来の値動きを予想する手法です。しかし、市場環境の急激な変化や予想外の出来事が起こることもあり、価格を確実に予測することはできません。

プライスアクションで注意するべきこと2・だましに遭う可能性

プライスアクションによる分析では、価格変動によって形成されたサポートラインやレジスタンスラインを重要視しますが、時にはそのラインを破り、逆方向に動いてしまうこともあります。これを「だまし」と呼び、予想とは異なるトレードになることもあります。

プライスアクションで注意するべきこと3・プライスアクションだけで判断しない

プライスアクションは、主に価格変動に着目するため、その他の要因を見落としてしまうこともあります。経済指標や政治的要因などのマーケット情報を正確に捉え、分析に取り入れることが大切です。

プライスアクションで注意するべきこと4・プライスアクションの理解不足

プライスアクションの理解が不足していると、正確な分析ができず、トレードに失敗することがあります。プライスアクションの基本的な考え方や分析方法をしっかりと理解することが必要です。

以上がプライスアクションの注意点です。プライスアクションは、価格変動を分析する手法の一つであり、その特徴を理解して効果的に活用することが大切です。

FX流プライスアクションで利用するツール

プライスアクションで利用するツール1・ボリンジャーバンド

プライスアクションでは、ボリンジャーバンドというツールを利用することがあります。ボリンジャーバンドは、価格変動の波動を可視化するためのツールで、相場の方向性や転換のサインを読み取ることができます。

プライスアクションで利用するツール2・移動平均線

プライスアクションでは、移動平均線も利用することがあります。移動平均線は、過去の価格データの平均値を表示するツールで、トレンドやレンジ相場の判断に役立ちます。

–>

FX流プライスアクションの実践方法

プライスアクションの実践方法1・バックテストの重要性

プライスアクションの実践にあたっては、まず過去のデータを使ったバックテストを行うことが重要です。バックテストとは、過去のデータを使ってトレードのシナリオを立て、その結果を検証することです。バックテストによって、トレードシステムのパフォーマンスや勝率、損失率を把握することができ、トレードプランの改善につながります。

プライスアクションの実践方法2・ マネーマネージメント

プライスアクションでは、マネーマネージメントが非常に重要です。マネーマネージメントとは、トレードでのリスクやリターンを管理することで、資金を守りながら収益を上げるための手法です。例えば、トレードごとにどれだけのリスクを許容するか、どの程度の利益を狙うかなどを明確に設定することで、資金の効率的な運用が可能になります。

FX流プライスアクションのトレード例

プライスアクションのトレード例1・ エントリータイミングの判断方法の具体例

プライスアクションでは、エントリータイミングを判断するために、キャンドル足のパターンやレジスタンス、サポートライン、移動平均線、ボリンジャーバンドなどを利用します。

例えば、レジスタンスラインや移動平均線がブレイクした時にエントリーする、ボリンジャーバンドが狭まっている時にエントリーするなどの方法があります。

プライスアクションのトレード例2・トレンド転換時の対応策

プライスアクションでは、トレンド転換時に対応することが重要です。トレンド転換時には、利益を確定するか、ポジションを持ち越すか、ポジションを反対に持つかなどの対応策を取ることが必要です。トレンド転換時には、チャートパターンやサポート、レジスタンスラインの変化に注意することが重要です。

プライスアクションのトレード例3・ポジションの利確方法

プライスアクションでは、ポジションの利確方法を選択することが重要です。ポジションの利確方法には、トレイリングストップやターゲットリワードなどがあります。

トレイリングストップは、ポジションが利益を出し始めた時点から、一定の価格幅を確保しながらストップ注文を追従させることで、損失を最小限に抑える方法です。ターゲットリワードは、一定の利益を目標として設定し、その目標利益に達したら利確する方法です。

どちらの方法を選択するかは、トレードスタイルや相場状況によって異なります。しかし、どちらの方法もトレードにおいて非常に重要な役割を果たしています。

FX流プライスアクションの準備

プライスアクションの注意点1・リスクマネージメントの重要性

プライスアクションによるトレードでは、リスクマネージメントが重要です。リスクマネージメントは、損失を最小限に抑えるための方法やポジションサイズの設定などを考えることです。

リスクマネージメントをしっかりと行うことで、トレードでの損失を最小限に抑え、長期的なトレードの成果を出すことができます。

プライスアクションの注意点2・相場環境の変化に対応できる力の養成

プライスアクションによるトレードでは、相場環境の変化に対応できる力が重要です。相場環境は常に変化しており、トレンド相場からレンジ相場への変化や、急激な相場の動きなどが起こることがあります。

相場環境の変化に対応できる力を養成するためには、相場観察やテクニカル分析の研究、トレード日誌の作成などが役立ちます。

プライスアクションの注意点3・トレードプランの立て方

プライスアクションによるトレードでは、トレードプランを立てることが重要です。トレードプランは、エントリーのタイミング、ポジションサイズ、ストップロス、利確の目安などを明確にすることで、トレードを行う際の方向性や目的が明確になります。

トレードプランを立てる際には、相場観察やテクニカル分析の結果を踏まえた上で、冷静に判断することが重要です。

FXから学ぶプライスアクションの使い方まとめ 

プライスアクションは、相場の動きを価格変動の形から読み取ることで、トレンドや転換のサインを捉えるトレード手法です。

プライスアクションを利用することで、ノイズやダマシに惑わされることが少なく、トレード精度を高めることができます。また、ボリンジャーバンドや移動平均線といったツールを活用することで、相場の傾向を把握しやすくなります。しかし、トレンド転換時やポジションの利確時には、注意深く対応することが重要です。

デモトレードあるFX初心者向けプラットフォーム

初心者のトレーダーにとって、デモトレードは非常に有用なツールです。デモトレードでは、リアルな相場環境で仮想の資金を使ってトレードを行うことができます。

これにより、リスクを負わずにトレードの経験を積むことができます。デモトレードを通じて、エントリーポイントや利益確定のタイミングの判断力を養いましょう。

そして、最後に皆さんへのサポートをお願いします。トレードは常に学びと成長のプロセスです。私のエントリー手法や戦略を参考にしていただき、デモトレードを通じて実践していただければ幸いです。一緒により強くなるために、お互いにサポートし合いましょう。

初心者向け FXプラットフォーム

DMM FX

DMM FXは、MT4およびMT5プラットフォーム上でCFDやビットコインなどの暗号通貨を含む様々な金融商品を提供するFXブローカーです。

DMM FXは、全通貨ペアのスプレッドが業界最狭基準で、初心者でも低コストで取引を始められる点が特徴です。DMM FXは、FX初心者から上級者、幅広く選ばれている、国内で高い人気を誇るFX会社の一つであり、知名度も非常に高いです。

DMM FX 5つの特徴

①『スマホでスピード本人確認』の利用なら最短1時間で取引開始(※弊社休業日を除く)

② 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③ カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④ 安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理」

⑤ 業界初!『時事通信社』ニュース配信
 「充実の為替情報でFX取引の参考に」

\スマホで本人確認【最短1時間で取引】スタート!/

>>DMM FXを始めてみる(無料

松井証券

松井証券は、FX取引をはじめるなら業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料で、100円から取引可能なので、はじめての方にも安心です。

松井証券は、FX(外国為替証拠金取引)に対応したスマートフォン向け高機能トレーディングアプリ「松井証券 FXアプリ」も提供しています。また、松井証券FXの6つのあんしんとして、1通貨単位から取引できる、業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料、選べるレバレッジ率、長時間のサポート体制、システム、松井証券の信頼性が挙げられています。

\専用スマホアプリで少額からエントリーできる!/

>>松井証券 FXを始めてみる(無料

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.