未来予想図(2030-2040-2050年)
本ページはプロモーションが含まれています

損切り方法徹底解説

アフィリエイト広告を利用しています。

「トレード成功のカギは損切りにある」と言われるように、損切りはトレードにおいて非常に重要なスキルです。しかし、初心者にとっては損切り方法が難しく、失敗してしまうことも少なくありません。

この記事では、初心者トレーダーが正しい損切りラインを設定するためのポイントについて解説します。

現在、キャンペーンで、なんと最大70%オフになっています。年間で契約すれば、毎年同じ時期にセールがあるので毎年格安で使うことができます

さらに、↓こちらのリンクからのご登録で15ドル獲得できますので、この機会にぜひフル活用してみてくださいね

> Trading viewの使い方

> Trading viewの使い方

損切りにおけるトレード初心者がおちいる一般的な間違い

トレード初心者が陥りがちな間違いの一つが、損切りを行わないことです。初めは損切りを行わなくても、ポジションがプラスになることがありますが、長期的には大きな損失を被ることになります。また、逆に損切りを早めすぎてしまうことも問題です。良いトレードは、損切りを行うタイミングを見極めることが重要です。

ラフで感情的なエントリーによる損切り

損切りには、ストップロスポイントと呼ばれる価格を設定する方法があります。ストップロスポイントは、損失が許容範囲を超えた時に、自動的にポジションを手放すためのラインです。

初心者トレーダーがストップロスポイントを設定する際に陥りがちな一つの間違いは、ストップロスポイントを設定せずにポジションを持ち続けることです。また、ストップロスポイントを設定しても、設定したラインを守らないことも問題です。

損切り幅の大きさが自身のリスク許容度に合っていない

損切り幅を小さくするためには、自身のリスク許容度を正しく把握することも必要です。リスク許容度を超えた投資は、知らず知らずのうちに精神的なプレッシャーとなり、正常な判断を妨げます。

また損失を出すことになれば、トレードを続けることができません。損切り幅を小さくすることによって損失を最小限に抑えることができますが、同時に勝率も下がることになります。損切り幅を小さくしすぎると、小さな価格変動でもストップロスポイントがトリガーされ、トレードが終了することになります。

損切りルールの設定方法

ストップロスの設定はあらゆる取引戦略において不可欠な要素であり、トレーダーだけでなく投資家においても取引で被る可能性のある損失額を制限するために使用されるリスク管理ツールです。

ストップロスポイントを決定するためには、自分がどの程度の損失を許容できるかを考えることが必要です。また、チャートの形状やボラティリティの大きさなども考慮する必要があります。これらの要素を総合的に考慮して、ストップロスポイントを決定することが重要です。

また、ストップロスを設定する正しい方法は一つではなく、トレーダーによって経験や専門知識に基づいた好みの方法がりますが、ここでは損切りのラインを決定する際の、ポジションの取り方、ポジションの保有期間、リスク許容度、市場状況などを考慮したいくつかの実践的な考え方をご紹介します。

損切りルール1:ポジションを持つ前に決めるべき

トレードにおいて損切りは、トレード成功のために欠かせないスキルです。ポジションを持つ前に、必ずどの水準で損切りをするかを決めておくことが大切です。

なぜなら損切りは、自分自身が決めたルールに従って行うことが大切で、このようなルールを守ることで、「感情的にならずに」損失を抑えることができます。

しかし、ストップロス幅を変更することが必要になることがあります。例えば、新しい情報や市場状況によって、ストップロス幅を変更する必要がある場合は、慎重に判断し、十分な理由がある場合に限定するべきです。

ストップロス幅を変更する場合、ストップロスライン自体を変更するのではなく、「ロット数や数量」を調整することが重要です。このように調整することで、リスクをコントロールしながらトレードを続けることができます。

ただし、トレードプランに合わせてストップロス幅を変更することが必要であり、ランダムにストップロス幅を変更することは避けるべきです。

損切りルール2:ダウ理論が崩れたとき

ダウ理論は、価格のトレンドを分析する上で非常に有用な考え方の一つですが、完全に正確な理論ではありません。市場の状況が変化すると、ダウ理論がうまく機能しなくなる場合があります。そのような場合、トレーダーは損切ルールを適用する必要があります。

具体的には、トレーダーはポジションを取る前に、損失を許容できる最大額を決定し、その額を超えた損失が発生した場合には、自動的にポジションを決済する損切り注文を入れることが重要です。ダウ理論が崩れたときにも同様の考え方が適用されます。

例えば、トレンドラインがブレイクし、ダウ理論の流れが逆転した場合、トレーダーは早期に損切りを行う必要があります。

具体的には、トレーダーは、ポジションを取る前に損失を許容できる最大額を決定し、その額を超えた損失が発生した場合には、自動的にポジションを決済する損切り注文を入れることが重要です。また、トレーダーは、損切り注文の価格を、トレンドラインのブレイクポイントや重要な水平線の近くに設定することで、損失を最小限に抑えることができます。

損切りルール(ベーシック)3:押し目の下、戻り高値の上に置く

損切りルールの一つ目の方法は、ブレイクダウンの少し下、戻りの少し上に損切りを設定する教科書的なルールです。

この方法は、プロフェッショナルやコンスタントな勝者たちによく用いられる方法であり、トレンドフォローにおいても用いられます。

また、このルールではチャートの形状やボラティリティの大きさによって、適切なストップロス幅を決定する必要があります。

たとえば、相場が上昇トレンドにある場合、下降トレンドの場合よりも、ストップロス幅を広く取ることができます。また、ボラティリティが高い場合には、ストップロス幅を広く取ることが必要です。ただし、ストップロス幅を広く取りすぎると、損失が大きくなる可能性があるため、慎重に判断する必要があります。

損切りルール(ベーシック)4:リスクリワード設定でエントリーする方法

リスクリワードは、トレードにおけるポジションのリスクとリターンのバランスを考慮した取引戦略です。トレードにおけるリスクリワード比率は、損切ラインと利益確定ラインの距離に基づいて決定されます。

例えば、1ドルのリスクを取って、2ドルの利益を狙うと決めた場合、リスクリワード比率は1:2となります。このように、リスクリワード比率を設定することで、ポジションの損益バランスを考慮し、より有効なトレード戦略を構築することができます。

損切りルール(ベーシック)5:トレードを継続するにつれて学んでいくべきこと

損切りを行った後には、必ずエントリーポイントを再度確認し、新たなポジションを取る際には再度ストップロスラインを設定することが重要です。このようにすることで、失敗したトレードから学び、同じ失敗を繰り返さないようにすることができます。

損切りルール(アドバンス)6:リスクをエントリーで限定化する

5つめの損切ルールは、一般的なブレークアウトでエントリーするのではなく、より短期足の動向を確認することで、重要な水平線やチャネル、レジスタンスやトレンドラインの近くにエントリーを設け、損切りの水準を下げる方法です。

この手法は一般的なブレークアウトと違い、素早いポジショニングを行うトレーダーに使われるこの手法で難易度は高いですが、リスクリワード限定化を考慮して損切りを狭めることができます。

これらは、リスクリワードが非常に良くなるため、一度に多くのマージンを増やすことができます。

スキャルピングは初心者向きではない理由

スキャルピングは、短時間で小さな利益を積み重ねるトレード手法です。しかし、初心者にはおすすめできない方法です。

スキャルピングは、短時間での取引が多く、細かい値動きに敏感に反応する必要があります。そのため、短時間で多くの取引を行うことになり、ストレスがたまりやすくなります。また、小さな値動きで利益を積み重ねるため、手数料やスプレッドなどのコストも大きくなることがあります。

初心者には、長期的な視点でのトレードや、スイングトレードなどの方が、ストレスを抑えながら取引をすることができます。

具体的な損切の実践方法

トレンドフォローにおける損切り方法:下降トレンドが継続する場合の対処法

トレンドフォローは、相場が上昇している場合には買い、下降している場合には売りというトレード方法です。トレンドフォローをする場合、下降トレンドが継続する場合には、どのように損切りをすればよいでしょうか。

トレンドフォローの場合、損切りはトレンドの方向に設定します。下降トレンドであれば、ロングポジションを持つ場合には、トレンドラインを下抜けした場合に損切りをすることが一般的です。トレンドラインは、下降トレンドが継続している場合にも、上昇トレンドの場合と同じように重要な役割を果たします。

また、下降トレンドが継続している場合には、トレンド転換が起こるまで売りポジションを維持することが重要です。ただし、損切りのポイントを見極めることができずに、損失を出し続けてしまうこともあるため、トレーダーは注意が必要です。

ブレイク手法における損切り方法:プロが使う損切り方法

ブレイク手法は、サポートラインやレジスタンスラインを突破した場合に、その方向にトレードをする手法です。ブレイク手法を行う場合、損切り方法も非常に重要になります。

プロトレーダーが使うブレイク手法における損切り方法は、ブレイクしたラインの反対側に注目し、そのラインを下回った場合に損切りをエントリー前に設定することです。これは、ブレイクが偽物であった場合に、損失を最小限に抑えるために有効です。

また、ブレイクしたラインには、サポートラインやレジスタンスラインなど、重要なラインが多くあります。そのため、ブレイクしたラインに戻ってくることが予想される場合には、そのラインを切り下げたラインに損切りを設定する方法もあります。

重要な水平線、チャネル、トレンドラインを利用した損切り方法

重要な水平線、チャネル、トレンドラインなどは、相場の重要なサポートやレジスタンスとなります。これらを利用した損切り方法もあります。

この損切り方法は、サポートラインやレジスタンスラインを設定し、そのラインを下回った場合に損切りをするラインをエントリー前に設定することです。また、チャネルを利用した損切り方法は、チャネルのラインを下回った場合に損切りをすることです。

トレンドラインを利用した損切り方法の最大のメリットは、トレンドラインの下に位置する場合に損切りを設定することで、ギリギリまで引きつけることができ、相場の重要なポイントを把握し、エントリーのタイミングを見極めることができることです

損切りはトレード成功のために欠かせないスキル

損切りは、トレード成功のために欠かせないスキルです。損切りの方法によって、トレードのリスクをコントロールすることができ、トレードの安定性を高めることができます。

ポジションを持つ前に損切りの設定をすることで、トレードにおける心理的な負担を軽減することができます。また、トレードにおいては、勝率よりもリスクリワード比の方が重要であることを覚えておくことが大切です。

トレードにおいて、損切りをすることは損失を抑えるだけでなく、トレードの安定性を高め、トレード成功のために欠かせないスキルであることを再確認しましょう。

損切り方法徹底解説まとめ

今回は、トレードにおいて欠かせないスキルである「損切り方法」について詳しく解説してきました。ポジションを持つ前に決めるべき損切りや、スキャルピングにおける損切り方法、トレンドフォローにおける損切り方法、ブレイク手法における損切り方法、そして重要な水平線、チャネル、トレンドラインを利用した損切り方法について説明しました。

損切りは、トレードにおいて欠かせないスキルであり、大切なリスクマネジメント手法です。トレードで利益を上げるためには、損切りをきちんと設定し、リスクを最小限に抑えることが大切です。

しかし、損切りをすることがトレードの成功に繋がるということは、逆に言えばトレードに失敗することもあるということです。トレードは常にリスクが伴いますので、慎重に判断し、十分な知識と経験を身につけることが必要です。トレードを楽しみながら、効果的な損切り方法を身につけて、安全にトレードを行いましょう。

デモトレードあるFX初心者向けプラットフォーム

初心者のトレーダーにとって、デモトレードは非常に有用なツールです。デモトレードでは、リアルな相場環境で仮想の資金を使ってトレードを行うことができます。

これにより、リスクを負わずにトレードの経験を積むことができます。デモトレードを通じて、エントリーポイントや利益確定のタイミングの判断力を養いましょう。

そして、最後に皆さんへのサポートをお願いします。トレードは常に学びと成長のプロセスです。私のエントリー手法や戦略を参考にしていただき、デモトレードを通じて実践していただければ幸いです。一緒により強くなるために、お互いにサポートし合いましょう。

初心者向け FXプラットフォーム

DMM FX

DMM FXは、MT4およびMT5プラットフォーム上でCFDやビットコインなどの暗号通貨を含む様々な金融商品を提供するFXブローカーです。

DMM FXは、全通貨ペアのスプレッドが業界最狭基準で、初心者でも低コストで取引を始められる点が特徴です。DMM FXは、FX初心者から上級者、幅広く選ばれている、国内で高い人気を誇るFX会社の一つであり、知名度も非常に高いです。

DMM FX 5つの特徴

①『スマホでスピード本人確認』の利用なら最短1時間で取引開始(※弊社休業日を除く)

② 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③ カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④ 安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理」

⑤ 業界初!『時事通信社』ニュース配信
 「充実の為替情報でFX取引の参考に」

\スマホで本人確認【最短1時間で取引】スタート!/

>>DMM FXを始めてみる(無料

松井証券

松井証券は、FX取引をはじめるなら業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料で、100円から取引可能なので、はじめての方にも安心です。

松井証券は、FX(外国為替証拠金取引)に対応したスマートフォン向け高機能トレーディングアプリ「松井証券 FXアプリ」も提供しています。また、松井証券FXの6つのあんしんとして、1通貨単位から取引できる、業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料、選べるレバレッジ率、長時間のサポート体制、システム、松井証券の信頼性が挙げられています。

\専用スマホアプリで少額からエントリーできる!/

>>松井証券 FXを始めてみる(無料

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.