個別株データベース《 米国個別株(米国市場):98銘柄 / 中国個別株(香港市場):5銘柄 》

【LPRO】Open Lending Corporationは米国の自動車ローン融資プラットフォーム

この記事は約9分で読めます。

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

スポンサーリンク

企業について、サクッと把握

会社サマリー
  • 米国の自動車ローン融資プラットフォーム
  • 独自のデータに基づく意思決定分析を活用し、金融機関及び自動車ローン市場向けに融資支援プラットフォームを提供。
  • 同社のプラットフォームはカーディーラー、金融機関、保険会社を含む多様なパートナーエコシステムの価値を引き出す。
ティッカーLPRO [NASD]
会社名Open Lending Corporation
セクターFinancial | Credit Services | USA
設立2000年
IPO(上場)2020年 6月
CEOジョン・フリン氏 (2000年4月–)
時価総額4.43Bドル
本部アメリカ合衆国 テキサス州 オースティン
従業員数104人

B = Bllion(10億ドル)

バリュエーション

IPO後初値 14.76ドルから、+150%の価格帯で推移しています。

業績サマリー
  • 決算ピカピカ銘柄

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

業績
業績
売上成長率(YtoY)+152.8%
PER(LTM)
PER(NTM)40.5倍
PSR(LTM)33.7倍
PSR(NTM)19.1倍
ROA(総資産利益率)-40.00%
ROE(自己資本利益率)322.10%
ROI(投資利益率)27.20%
Gross Margin(粗利率)91.00%
Operating Margin(営業利益率)-%
Profit Margin(純利益率)-97.20%
2020/12決算時点

*3種類のPSRについて*

  1. PSR(TTMorLTM)= 過去12ヶ月売上ベース
    • 一般的にはこれが使われている。Yahoo Financeなど
  2. PSR(FWDorNTM)=アナリストの来年予測ベース
    • 未来のPSRを指し示す
  3. PSR(×4)=直近の売上 × 4 「=ARR(Annual Recurring Revenue))」
    • おそらく日本のローカルルール
    • 主にSaaS銘柄に使用
    • 決算後すぐに計算でき、早く動ける

ARRはMRR(四半期売上×4 or 月間計上収益を×12)から算出することができます。

決算

Seeking Alphaによると、EPS、売上高ともに、オールOKです。

引用:Seeking Alpha
2021年 Q1 決算直近決算良否予想サプライズ値実績
EPS(一株利益)○パス– ドル→0.02 →0.15 ドル
売上高パス-M ドル→ 3.75M →44.01M ドル
売上成長率(YoY)+152.8%
Source : https://investors.openlending.com/node/7596/pdf

しかし、Trading Viewによると、EPSオールNGです。

Source : Trading view
Source : https://investors.openlending.com/node/7596/pdf
2021年 Q2 ガイダンスアナリスト予想会社予想
EPS予想0.17 ドル
売上高予想48.92Mドル
売上成長率(YoY)+11%
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/8/17

Source : Trading view

スポンサーリンク

2021 Q1 Earnings Supplementより

Recent Accomplishments

オープンレンディングとパートナーの強力なポジショニング
  • 信用組合や銀行の金融機関は資本力があり、流動性も十分にある
  • 保険会社は、他の業界に比べて影響が小さく、2020年には利益が出る見込み
  • 低金利環境、伝統的な金融機関の撤退、通勤者の公共交通機関からの移行
  • 低金利環境、伝統的な金融機関の縮小、通勤者の公共交通機関離れなどが好ましい傾向を示している
OEM 可能性
  • OEM #1
    • 2020年第1四半期と比較して164%の認証件数の増加を経験
    • 全4地域でクレジットスコアの提供を拡大(619~679)。
  • OEM #2
    • 2020年10月にオンライン化されて以来、成長を続けている
    • 2020年第4四半期と比較して、認証件数が60%増加
    • すべての販売店で新車・中古車ともに積極的に展開
    • 将来に向けて、他のOEMとのパイプラインを構築中
最近のビジネスハイライト
  • 第1四半期に新たに7社の借り換え先金融機関と提携
  • 第1四半期に新規顧客と14件の契約を締結
  • 今後60日以内に本番稼動を予定している10件の導入が進行中
  • 新たな保険会社の開拓を継続中

Well Defined Growth Plan

Near Term Growth Strategy(短期的成長戦略)
  1. コアビジネスの拡張
    • ウォレットシェアの拡大と顧客の増加によるローンボリュームの増加浸透
    • 貸し手の拡大
  2. OEM可能性
    • 幅広いクレジット・スペクトルへの対応によるOEMキャプティブの普及拡大とサブコンベンション機能の展開
    • OEMとの話し合いで大きな成果を上げる
  3. CECL 救済
    • CECL緩和によるレンダーへの価値提案の強化
    • プライムオートに近い金融機関の収益性向上
  4. 借り換えの可能性
    • 借り換えプログラムに重点を置き、サーティファイド・ボリュームを増加させる
    • お客様との距離が縮まり、アクセスしやすくなった
Longer Term Growth Strategy(長期的成長戦略)
  1. 提供する商品の幅を広げる
    • Prime Decisioning SaaSソリューション
    • 他の消費者資産クラスへの拡大
  2. 新たなチャネルへの進出
    • 隣接する資産クラスへの拡大(例:リース)
    • 広範な自動車プラットフォームの確立(例:ハブ&スポーク)

Q1 2021 Key Performance Indicators

(1) 当該期間に組成された認定ローン1件あたりの平均プロフィット・シェア収益を表し、過去のヴィンテージに関連して当該期間に認識されたプロフィット・シェア収益の影響は含まれていません。

過去のヴィンテージに関連して期間中に認識されたプロフィット・シェア収益の影響を除く。

ヒストリカルヴィンテージの推定値の変更に関連するプロフィットシェア収益の影響は2021年3月31日に終了した3ヵ月間および2020年3月31日に終了した3ヵ月間において、ヒストリカルヴィンテージの推定値の変更に関連するプロフィット・シェア収益の影響は、それぞれ510万ドルおよび(12.0)百万ドルでした。および2020年3月31日に終了した3ヵ月間で、それぞれ510万ドルおよび(120万ドル)でした。

Q1 2021 Financial Update

(1) 一般管理費には、組織の強化にともなう従業員の報酬および福利厚生の増加、ならびに上場企業としての内部統制および報告義務の遂行にともなう専門家およびコンサルティングの費用が含まれます。


一般管理費は、組織の強化にともなう従業員の報酬および福利厚生の増加に加え、上場企業に求められる内部統制、コンプライアンス、および報告義務の遂行にともなう専門家およびコンサルティング費用の増加を反映しています。

Reconciliation of Net Income to Consolidated Adjusted EBITDA

(1) 2021年3月19日の負債の借換に関連して償却された、未償却の繰延金融費用を反映しています。
2021年3月19日の負債の借り換えに関連して償却された未償却の繰延金融費用を反映しています。

Total Current Share Count

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式のSec.gov資料

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

LPROに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OK(SBIネット銀行との連携で)
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引NG
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引OK
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎時間外取引OK
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない

シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました