分析記事《 米国個別株:110 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【IONQ】量子コンピュータ・ハードウェアのリーディングカンパニーIonQとはどんな会社?

この記事は約10分で読めます。
IonQ社サマリー
  • IonQとは量子コンピュータ・ハードウェア専業メーカー
  • 量子コンピュータ会社として世界初の上場(2021年10月1日IPO)
  • 3大クラウド(アマゾン、Google、マイクロソフト)と提携
  • 常温で動作可能
スポンサーリンク

企業概要

IonQは、SPAC企業のdMY Technology Group, Inc. III,とNY証券取引所に2021年12月7日までにSPAC上場予定です。(2021年3月8日締結後9ヶ月以内

2021年10月1に、量子コンピュータ会社として世界初の上場を果たしました!

量子は次世代コンピューティングの象徴であり、信頼性の高いハードウェアが製造され広まるにはまだ何年もかかると思われますが、IonQ(IONQ)の業績は市場がこの技術の可能性をどのように見ているかを示す指標となるはずです。

ティッカー【DMYI】SPAC

【IONQ】NYSE
会社名IonQ, Inc.
セクター量子コンピューター
クラウド
設立2015年
IPO(上場)2021年10月
CEOピーター・チャップマン氏
(Amazonの元幹部)
時価総額
(ドル)
320M
本部メリーランド州
College Park
従業員数 52名
(2021/10時点)

設立から現在までの経緯

Christopher Monroe氏(当時、国立標準技術研究所NISTのスタッフリサーチャー)は、デビッド・ワインランド氏(ノーベル賞受賞者の物理学者)と共同で、イオントラップ(電場や磁場を組み合わせて荷電粒子を捕捉する装置)を用いたチームを率いて、量子コンピューティングの研究を始めました。

この、Monroe教授(メリーランド大学)のイオントラップの研究と、Jungsang Kim教授(デューク大学)のスケーラブルな量子情報処理と量子通信ハードウェアの研究を組み合わせて、「Scaling the Ion Trap Quantum Processor」と題した論文を『Science』誌に寄稿しました。

この研究提携がきっかけで、2015年、Monroe教授とKim教授によりIonQ(IONQ)は共同創業されました。

Source : IonQ HP

量子コンピューターは革命的な技術であり、ビジネス、社会、そして地球をより良い方向に変えるものであり、IonQはこの革命の最前線にいます。

IonQは25年以上の学術研究を経て、2015年にChris MonroeとJungsang Kimによって設立されました。その後の3年間で、GV、Amazon Web Services、NEAからさらに2,000万ドルを調達し、世界で最も精度の高い量子コンピューターを2台構築しました

2019年には、SamsungとMubadalaが主導するラウンドでさらに5,500万ドルを調達し、MicrosoftおよびAmazon Web Servicesとのパートナーシップを発表して、当社の量子コンピュータをクラウド経由で利用できるようにしました。

現在、私たちは、次世代のハードウェアを実現し、世界中のパートナーに提供するために、懸命に取り組んでいます。

IonQ HP [about company]

保有投資家

IonQ(IONQ)の上場は、特別目的買収会社(SPAC)との合併によるものですが、同社には以下の会社が出資し、非公開企業としての最初の6年間で8,200万(82M)ドルを調達した後、上場後は6億3,500万(0.635B)ドルを調達しています。

  • シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルであるNew Enterprise Associates
  • Googleの親会社であるAlphabetのVC部門である米GV
  • Amazon.com
  • ビル・ゲイツの気候変動対策基金Breakthrough Energy
  • The SoftBank Vision Fund 2からの出資(2021年6月3日)

投資家の保有比率は次のようになっています。

シェア
Traditional
investment
manager
伝統的な投資運用会社1.16%
otherそのほか98.84%
Source :Futubull
Source :Futubull
Source :Futubull (2021/10/7時点)
スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

サービス・商品

Amazonの元幹部でIonQのCEOを務めるピーター・チャップマン氏
Amazonの元幹部でIonQのCEOを務めるピーター・チャップマン氏

IonQ(IONQ)の量子マシンは「数年後には世界最速のスーパーコンピュータに匹敵する」

Source : IonQ HP

IonQ(IONQ)は、ソフトウェアを一切手がけない、「量子コンピュータ・ハードウェア専業メーカー」です。

実績
  • すでに22量子ビットの量子コンピューターを製造
  • 金融大手フィデリティがIonQのハードウェアを利用
  • 金融大手ゴールドマンサックスも株価分析に利用

同社の11キュービットシステムは、「Amazon Braket」と「Microsoft Azure」上で利用可能となっています。

また、IonQは現在32キュービットのシステムも有しており、2023年にはネットワーク接続によって機能強化していける、モジュラー型の小型なサーバーラックマウント可能な量子コンピューターを構築する計画です。

また、2021年現在、世界の最先端の米国では「イオントラック方式」が流行っているようです。

イオントラック方式のメリット
  • ばらつきが少ない
  • 消費電力が小さい
  • 冷やす必要がない(常温で動作)
  • 小型化することができる
Source : IonQ HP

これまでの、量子コンピューターは、シャンデリアのようにつらされてたような形をしていて、中を絶対零度まで冷やすことで安定して動作する「超電導方式(画像左)」が主流でしたが、IonQの「イオントラック方式」は原子を使って動作します。

事業形態

量子コンピュータ業界は、「ハードウェア設計・製造からソフトウェアも手がける垂直統合型」とIonQのような「水平分業型」の企業に分かれます。

IonQのような水平分業型の企業は、量子コンピューター業界では珍しいタイプになります。

垂直統合型には、次のような企業があります。

  • D-wave(カナダ)
  • リゲッティ(アメリカ)
  • IBM(アメリカ)
  • Google(アメリカ)

ソフトウェアをつくるということは、マーケットリサーチやソフトウェア開発にも力を入れなければなりません。

このソフトウェア事業はパートナーに任せて、ハードウェアを専業することにより、ハードウェアに集中することにより他のメーカーより格段に性能の高い量子コンピュータを提供できます

ビジネスモデル

IonQ(IONQ)は、2020年代中頃に事業が急速にエスカレートし、収益が2024年の6,000万ドルから2026年には5億2,200万ドル(CAGR150%!!)に跳ね上がると予測しています。

この収益予想は量子アプリケーションの開発に試験的にお金を出した企業が、本格的に量子アプリケーションを使い始めたときに、2024年から顧客の利用形態が拡大し、加速度的に増収増益が起きるとの予測に基づいたものです。

Source : IonQ Investor presentation.

 また、IonQ(IONQ)は様々なユースケースに拡大すると予測しています。

Source : IonQ Investor presentation.

現在、クラウドが世界的に広まりつつありますが、クラウド事業の世界ランキングは1位Amazon、2位マイクロソフト、4位がGoogleとなっています。

IonQはすでに3大クラウド(アマゾン、Google、マイクロソフト)と提携し、計算量を卸売りすることにより儲けるビジネスを展開しています。

面白いのが、Googleは自社で超電導量子ビットを開発しているにもかかわらず、IonQを採用したことです。

Source : IonQ HP

ライバル・競合他社

IonQとは違う種類の量子コンピューターを提供する企業のD-wave(カナダ)は、Amazonのみと提携しています。

今の所、IonQの量子コンピューターを客観的に評価する「量子ボリューム」については、まだ正式な発表はありません。

発表されている量子ボリュームで一番大きいのが、Honeywell(ハネウェル)社の「512」になります。(2021年3月時点)

HoneywellもIonQと同じくイオントラック方式を採用していますが、IonQはこれまでとは桁の違う「推定400万」という数値をアナウンスしていますので、今後実機が出てきたときにそれがどれくらい正確なのかというのを測る必要があります。

Source : IonQ HP
今後期待値の高い量子コンピューター会社
  • Honeywell(ハネウェル)社
  • IonQ社

投資リスク

CEOチャップマン氏によると、これまでの研究では、機械学習モデルの学習時間を短縮するために量子コンピュータを使用することが注目されてきたが、これらのアルゴリズムを実行できる量子システムは、科学実験から大規模な生産へと移行するには至っていないとのことで、この技術が通常の株式市場での投資よりもはるかに高いリスクを伴うことを認めています。

IonQは株式公開によって調達した資金を、2023年末までに64量子ビットのチップを製造するための資金に充てる計画です。

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式HP

↓公式HP

↓公式IRページ

↓その他ツールサイト

スポンサーリンク

DMYIに投資できる国内オンライン証券会社

現在国内主要オンライン証券会社では取り扱いがありません。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット為替手数料購入手数料
SBI証券NG(SBIネット銀行との連携で)
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引NG
トレールストップ注文ができない
$1あたり片道25銭
(SBIネット銀行利用で片道4銭)
約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
マネックス証券NG取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引OK
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に
時間がかかる(中1営業日)
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
楽天証券NG楽天ポイントとの連携ができる
◎時間外取引OK
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)

コメント

タイトルとURLをコピーしました