個別株データベース《 米国個別株(米国市場):98銘柄 / 中国個別株(香港市場):5銘柄 》

【CDXS】Codexisは製薬、食品、医療用途向けの酵素の開発、生産、ライセンスの会社(プレゼンテーション資料完全翻訳)

この記事は約17分で読めます。

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

  1. 企業概要
  2. 会社について
    1. ビジネスモデル
    2. *Corporate Presentation May 2021から
      1. コーデックスの酵素:合成生物学の可能性を広げる
      2. CodeEvolver® 酵素工学プラットフォーム
      3. 堅実な基盤と魅力的なアドレス可能な市場
      4. サステイナブル・マニュファクチャリング
      5. サスティナブル・マニュファクチャリング 堅調な成長基盤
      6. サステイナブル・マニュファクチャリング 深くて広いパイプライン
      7. サステイナブル・マニュファクチャリング・ケーススタディ Islatravir カスケード
      8. ライフサイエンスツール
      9. ライフサイエンスツール:ハイグロース
      10. ライフサイエンスツール:急成長が示す価値提案
      11. mRNAの合成を向上させるエンジニアリングRNAポリメラーゼ
      12. バイオセラピューティック:パイプラインの迅速な拡大と検証
      13. バイオセラピューティック:アンメットな患者ニーズに応えるパイプライン
      14. 遺伝子治療のケーススタディ ファブリー病とポンペ病
    3. コンペティター(競合)
  3. 会社の業績
      1. 成長を牽引してきた実績
      2. 成長のためのポジショニング
      3. 2021年の企業目標とカタリスト
      4. 同時進行で進む成長アクセラレータ
      5. 付録:ケーススタディ
      6. 持続可能な医薬品製造
      7. グローバル・ファーマ・リーダーとの革新的なパートナーシップ
      8. 食品・飲料のケーススタディ ステビア
      9. NGSのワークフローを改善するためのDNAリガーゼの設計
      10. メッセンジャーRNAを合成するための人工的なRNAポリメラーゼ
      11. 次世代シーケンサ用に設計されたDNAポリメラーゼ
      12. 診断用に設計された逆転写酵素
      13. 酵素的DNA合成のための人工的なTdTポリメラーゼ
      14. オーラルバイオロジクスのケーススタディ CDX-6114のPKU治療薬
      15. 付録 最新のパイプラインのスナップショット
      16. Codexis社のパイプラインのスナップショット – 2020年6月30日
      17. Codexis Pipeline Snapshot – 成長トレンド
    1. 今後の業績見通し
  4. この記事の情報ソース
  5. CDXSに投資できる国内オンライン証券会社
    1. 関連
スポンサーリンク

企業概要

会社サマリー
  • 製薬、食品、医療用途向けの酵素の開発、生産、ライセンスの会社
  • 2つの事業部門
    • パフォーマンス・エンザイム
    • ノベル・バイオセラピューティクス
  • 製品とサービスには、スクリーニング・アンド・エボリューション・サービス、酵素、スクリーニングキットなどがある。また、Codevolver、Ketoreductase、Transminase、Imine reductaseなどのタンパク質工学や生体触媒プラットフォームも開発
  • ネスレや武田薬品と提携している
  • パフォーマンス・エンザイム部門から最大の収益を生み出している
  • 地理的には、アジア太平洋地域からの収益が大半
ティッカーCDXS [NASD]
会社名Codexis, Inc.
セクターHealthcare | 
Biotechnology | USA
設立2002年
IPO(上場)2010年 4月
CEOジョン・ニコルズ氏
 (2012年6月13日–)
時価総額1.32Bドル
本部アメリカ合衆国 カリフォルニア州
レッドウッド・シティ
従業員数181人

B = Bllion(10億ドル)

バリュエーション

IPO後初値 13ドルから、+50%の価格帯で推移しています。

価格帯別出来高

引用:楽天証券

テクニカル指標

業績サマリー
決算

Seeking Alphaによると、売上高OKです。

2021年 Q1 決算直近決算良否予想サプライズ値実績
EPS(ドル)○パス
売上高(ドル)パスMM
売上成長率(YoY)+22.92%
引用:Seeking Alpha
2021年 Q2 ガイダンス予想アナリスト予想会社予想
EPS予想(ドル)-0.14
売上高予想(ドル)18.03M
売上成長率(YoY)+%
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/8/10

Source : Trading view

業績
業績
売上成長率(YtoY)+22.92%
PER(LTM)
PER(NTM)
PSR(LTM)16.3倍
PSR(NTM)13.4倍
ROA(総資産利益率)14.30%
ROE(自己資本利益率)-19.60%
ROI(投資利益率)-14.30%
Gross Margin(粗利率)78.70%
Operating Margin(営業利益率)34.90%
Profit Margin(純利益率)35.10%
2020/12決算時点

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

アナリスト予想
https://app.koyfin.com/snapshot/s/eq-eaxnv4
スポンサーリンク

について

ビジネスモデル

公式プレゼンテーション資料から抜粋して深掘りしていきます。

*Corporate Presentation May 2021から

コーデックスの酵素:合成生物学の可能性を広げる

世界経済への物理的投入物の60%は、原理的には生物学的に生産できる。
原理的には生物学的に生産可能である

CodeEvolver® 酵素工学プラットフォーム

常に加速する酵素の発見と商業化のエンジン
全世界で1600件以上の特許および特許出願

Scale:15以上の酵素探索プロジェクトを同時進行
ML/AI:酵素予測の精度が向上
Speed:目標達成までの時間を常に短縮
Results:優れた酵素のパフォーマンスレベルを達成
Proven:Merck、GSK、Novartisに採用されたプラットフォーム

堅実な基盤と魅力的なアドレス可能な市場

サステイナブル製造業 :$10 B
ライフサイエンスツール :$38 B
バイオ治療薬 :$14 B

サステイナブル・マニュファクチャリング

歩留まりの高いプロセスを推進するとともに設備投資、エネルギー使用量、廃棄物発生量を削減

医薬品製造:プロセス技術としての生体触媒 テクノロジー
フード&ニュートリション:サステイナブルでクリーンなラベル、高純度の製品
インダストリアル・バイオケミストリー:新しい分野での革新と実行バーチカル

サスティナブル・マニュファクチャリング 堅調な成長基盤

% 2020年パフォーマンス・エンザイムの売上高合計

48百万ドル 2020年パフォーマンス・エンザイムの総売上高

製品売上高22% 5年間のCAGR

主要顧客
製薬会社上位25社のうち21社
Tate & Lyle、その他の大規模産業の新興企業
15社の顧客が2020年の四半期平均売上高10万ドルを超える

成長ドライバー
新しい市場の拡大 – 食品、工業製品
製品化までの期間が短く、対象製品が大きい
より高い製品粗利益率
CodeEvolverのライセンス供与 100%マージンのバックエンド

Q1’21 開発状況

COVID-19抗ウイルス剤の製造のための新規酵素
迅速な承認申請を目指して、2つの候補品が急速に臨床開発を進めている
迅速な承認申請を目指して
コーデックス社の酵素は、両候補薬の合成の鍵となっている
の合成の鍵となる

サステイナブル・マニュファクチャリング 深くて広いパイプライン

プラットフォームライセンス 3
商用API 11
フェーズII/IIIのAPI 19 マルチパートナー
研究および早期臨床 >50社以上の複数のパートナー
食品・栄養
栄養学
天然甘味料 2
F&B Ingredients 2 非公開パートナー
産業界
生化学
リサイクル・アップサイクル 2 非公開パートナー
バイオマテリアル 1 非公開パートナー
コンシューマーケア 2 非公開パートナー
動物飼料

サステイナブル・マニュファクチャリング・ケーススタディ Islatravir カスケード

イスラトラビル、抗ウイルス剤候補化合物


16ステップのプロセスを3ステップに変換

3段階のプロセスに変換
9つの酵素カスケードで実現
歩留まりと資本効率の向上

ライフサイエンスツール

次世代酵素のエンジニアリング
次世代のライフサイエンスツール

シーケンスと検出
精度、スピード、堅牢性を向上させる
NGSおよび診断ワークフローの
ワークフローの改善

DNA・RNA合成
オリゴヌクレオチド合成の歩留まり、
オリゴヌクレオチド合成のスピード、コストの向上

ヘルスモニタリング
人間や環境のための新しいバイオセンサーを
人間と環境のヘルスモニタリング

ライフサイエンスツール:ハイグロース

2020年パフォーマンス・エンザイムの収益合計
ライフサイエンスツール:8%


2018年の収益0ドルから2020年には360万ドルへ
3つの商業用酵素

複数のお客様に販売されている酵素
主要ターゲット:次世代シーケンサーユーザー
よりエンドマーケットに近い
厳選されたパートナーシップ ロシュ、アルファザイム、モレキュラー・アセンブリー

成長ドライバー
商業用酵素の顧客による採用
新製品の追加発売
アーリーステージの民間企業とのパートナーシップによる投資機会

ライフサイエンスツール:急成長が示す価値提案

シーケンス 検出
T4 DNAリガーゼのパートナー Roche
Codex® HiFi DNA Polymerase 複数のお客様を対象としています。
複数のお客様を対象とした逆転写酵素
新製品 完全子会社
非公開のパートナー

DNA/RNA 合成
コーデックス® HiCap RNAポリメラーゼ 複数の顧客を対象に
酵素DNA合成のパートナー MOLECULAR ASSENBLIES
新製品 全面的に所有する

健康モニタリング
血中アルコール検知用酵素 完全子会社化
新しいバイオセンサーのための酵素 非公開のパートナー
医療機器用酵素 非公開パートナー

mRNAの合成を向上させるエンジニアリングRNAポリメラーゼ

コーデックス® HiCap RNAポリメラーゼ
mRNAのキャッピング効率を向上させるために設計された

主な特徴と利点
●低い5’キャップ濃度でも高いキャッピング効率を実現
●完全にキャップされたmRNA製品の収率が向上(2倍に増加
●高価なキャッピング試薬の使用量が減少(5倍に増加
●不要な二本鎖RNAの合成が減少
●dsRNAが減少したことにより、負の免疫反応が減少
●dsRNA製品を除去するための精製コストの削減
●多くの市販の5’Capsやカスタム5’Capsで高い効果が得られる
●野生型RNAPの代わりに使用できるように設計された酵素

現在の状況
●2021年に複数の顧客に最初の商業販売を実施
●他の複数のmRNAメーカーと様々な段階で顧客トライアルを実施中

バイオ治療薬

エンジニアリングされたタンパク質の力を利用して
価値のある治療薬のパイプラインを発見・開発する治療薬

経口バイオロジクス
最適化されたタンパク質により、安全で効果的な
安全で効果的なGI治療薬を可能にする
アドレス可能な市場規模=100億ドル

遺伝子治療
強化された導入遺伝子、デリバリーベクター
ベクター製造
アドレス可能な市場規模=40億ドル

バイオセラピューティック:パイプラインの迅速な拡大と検証

主要なパートナーシップ
ネスレヘルスサイエンス
武田薬品

成長ドライバー
加速する候補者数
臨床試験開始の加速
マイルストンやロイヤルティを生み出す提携先のロイヤルティの獲得
パイプライン資産のコーデックス社所有権の増加
臨床試験が完了していない資産を保有
将来のPoC

バイオセラピューティック:アンメットな患者ニーズに応えるパイプライン

経口バイオ医薬品

CDX-6114(フェニルケトン尿症
CDX-7108(胃腸障害
CDX-6512 (IEAAM)
グルテンマネジメント
炎症性腸疾患
新規プログラム(20年2Q開始
新規プログラム(20年3月期)開始

遺伝子治療

CDX-6311(ファブリー病
ポンペ病
血液凝固因子異常症
Novel Transgene Program 全面的に所有する
遺伝子治療技術

遺伝子治療のケーススタディ ファブリー病とポンペ病

武田薬品のファブリー病およびポンペ病の遺伝子治療薬に最適な遺伝子を発見するための提携
ファブリー病、ポンペ病に加え、未公表の血液因子欠乏症の遺伝子治療薬のための最適な遺伝子を発見するための提携

ポンペ病のリード候補化合物の進展
野生型α-グルコシダーゼ(GAA)の限界を超える
現在までに9回のCodeEvolver®酵素工学試験を実施。
19,000以上のGAAバリアントを評価

現在までにプレ臨床で実証された改善点

半減期の延長を可能にする目標pHにおける酵素の安定性
o アクセスしにくい細胞への時間依存的な取り込みの向上
o 予測されるT細胞エピトープが40%減少し、免疫原性リスクの低減を実現
o 免疫原性リスクの低減
発表者:レイチェル・ボーサム博士、世界のLSD、2021年2月11日

ファブリー病治療薬CDX-6311
前臨床PoCで優れたGb3削減効果を実証

コンペティター(競合)

引用:楽天証券

スポンサーリンク

会社の業績

成長を牽引してきた実績

サステイナブル製造業ライフサイエンスツール
パフォーマンス・エンザイム

✔︎2015年~2020年の製品売上CAGR22%の達成トップ25社のうち21社に販売
✔︎製薬会社21社、プラットフォーム3社ライセンシー
✔︎成長率の高い食品や産業用分野に拡大

✔︎わずか3年で高成長のエントリーと能力を確立
✔︎シーケンス ロシュとの契約+2つのより多くの酵素が広く提供される
✔︎プリムドRNAおよびDNA合成の商業化

バイオ治療薬

✔︎CDX-6114の臨床安全性とMoA; 検証された経口バイオロジクス
✔︎技術的なトランスジーン改良型遺伝子治療を可能にする
✔︎遺伝子治療の改善につながるネスレヘルスサイエンス社、武田薬品とのパートナーシップ

成長のためのポジショニング

2021年の企業目標とカタリスト

サステイナブル製造業
製薬会社での採用が引き続き拡大し、顧客がCodeEvolverプラットフォームの新規案件に進む
フェーズ2/3の製薬プロセス用酵素が商業化され、新たな経常的製品収益につながる
最近商業化されたTate & Lyle社の甘味料からの100万ドル以上の食品酵素収益
他の食品や工業用途にも拡大

ライフサイエンスツール
最近商業化されたCodex® DNAおよびRNAポリメラーゼによる100万ドル以上の製品売上
逆転写酵素の発売、2022年の発売に向けてDNA合成酵素のエンジニアリングを終了その他の新製品開発およびSynBio Innovation Acceleratorの発表

バイオ治療薬
消化器系疾患を対象としたCDX-7018の臨床開発を開始
完全所有のパイプラインの前臨床試験での概念実証データの取得
ネスレヘルスサイエンス社および武田薬品工業社との戦略的パートナーシップの実現

同時進行で進む成長アクセラレータ

発揮する回数 ↑100%ディスカバリー能力(R&Dチーム数
塁に出る選手が増えた ↑200% プレコマーシャル・パイプラインのプログラム
1イニングあたりの走行 ↑200+% 3年以内に商品化可能なプログラム
ツーベース、3ベース、ホームラン ↑500% ピーク時の収益が1,000万ドル以上のプログラム

付録:ケーススタディ

持続可能な医薬品製造

製薬会社トップ25社のうち21社と取引

コーデックス社の酵素が可能にするメリット
・不純物の低減
・歩留まり向上
・少ないプロセスステップ
・大気圧、CMOポータブル
・廃棄物が少ない
・エネルギー効率

グローバル・ファーマ・リーダーとの革新的なパートナーシップ

GSK
MERCK
NOVARTIS

PORTON

食品・飲料のケーススタディ ステビア

より美味しい甘味料を効率的に生産するための革新的なパートナーシップ美味しい甘味料を効率的に生産する

ステビア甘味料「Tasteva®M」:砂糖の200倍の甘さ。砂糖の200倍の甘さ、天然由来、高い競争力。コストインユーズ

DOLCIA PRIMA® Allulose: 砂糖のような機能性と食感。
食感、低カロリー、低グリセミック指数

NGSのワークフローを改善するためのDNAリガーゼの設計

Next Gen Sequencingのための改良型二本鎖DNAリガーゼ。
ライゲーション効率を最適化した差別化酵素

主な特徴と利点
サンプルからシーケンス可能なDNAの数が増える→検出確率の向上
コーデックス社の酵素は、クラウディング剤(PEG)の有無にかかわらず、ネイティブのT4リガーゼよりも優れた性能を発揮する。—> 差別化と汎用性

2019年後半にRoche Sequencing Solutions社からライセンスを取得
契約一時金、マイルストーン、ロシュ社製品の売上に応じたロイヤルティ

現在の状況
技術移転完了
ロシュ社が発売前に自社のNGSライブラリ・プレップ・キットに搭載

メッセンジャーRNAを合成するための人工的なRNAポリメラーゼ

コーデックス®ハイキャップRNAポリメラーゼ

大幅に高いキャッピング効率と5’キャップ濃度を大幅に低減

不要な二本鎖RNAが減少合成
野生型RNAポリメラーゼのすべての主要特性が維持または向上ドロップインソリューションとして設計されている
21年第1四半期に最初の販売を開始

次世代シーケンサ用に設計されたDNAポリメラーゼ

Codex® Hifi DNA Polymeraseシーケンス忠実度の向上とGCバイアスの低減を目的とした設計

主な特徴と利点

ネイティブのTaqポリメラーゼの400倍以上の忠実度
市場をリードするハイフィデリティDNAポリメラーゼの2.5倍のフィデリティ
シーケンスエラーの低減 —> 少ないリード数と短い時間でより良い結果が得られる
GCバイアスの大幅な減少 —> 精度とカバレッジの向上
現在のNGS試薬キットに組み込むことが可能

現在の状況

コーデックス®ハイファイDNAポリメラーゼのマスターミックス製剤を商品化
現在、数十人のお客様と試験運用中

診断用に設計された逆転写酵素

コーデックス®逆転写酵素
プロセス性と感度を向上させるために設計された

酵素は現在、PCRベースの診断薬と、それ以外の診断薬をターゲットに開発中です。
Point-of-Care診断

Targeted 診断用途での主な特徴と利点。
熱安定性 —> 加工性と感度の向上
耐インヒビター性 —> より汚れたサンプルへの柔軟性

今後の応用として、RNA-Seq – KPIを改善していく。
長文トランスクリプトの変換

現在の状況
21年下半期の商業生産開始に向けて準備中

酵素的DNA合成のための人工的なTdTポリメラーゼ

末端デオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ(TdT)の
安定性と変換速度の向上のために設計された

TDTは、DNAの3’末端にヌクレオチドを付加する触媒である。
鋳型を必要とせずにDNAの3’末端にヌクレオチドを付加する(cDNA)。

コーデックス社が開発したTdTポリメラーゼは、既存の有機化学的なプロセスを凌駕するものです。有機化学をベースとした既存のプロセスを凌駕する

MAIが目指すのは、より迅速なターンアラウンドとゲノム長のカスタムDNA合成

現在の状況:20年3月期第3四半期にプロジェクトを開始して以来、非常に大きな酵素の改善が見られた。酵素工学の完成は21年下半期の予定。


オーラルバイオロジクスのケーススタディ CDX-6114のPKU治療薬

経口投与可能なGI活性型酵素である
フェニルアラニンを分解する

ネスレヘルスサイエンス社にライセンス供与
2つのフェーズ1試験が完了
最大3億3,500万ドルのマイルストンとロイヤルティ

付録 最新のパイプラインのスナップショット

Codexis社のパイプラインのスナップショット – 2020年6月30日

Codexis Pipeline Snapshot – 成長トレンド

今後の業績見通し

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

CDXSに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット為替手数料購入手数料
SBI証券OK(SBIネット銀行との連携で)
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引NG
トレールストップ注文ができない
$1あたり片道25銭
(SBIネット銀行利用で片道4銭)
約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
マネックス証券OK取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引OK
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に
時間がかかる(中1営業日)
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎時間外取引OK
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)

コメント

タイトルとURLをコピーしました