【GOEV】→【CNOO】Canoo(カヌー)はTaaS(Transportation-As-A-Service:サブスク)特化型EVのベンチャー企業

この記事は約23分で読めます。

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

企業について、サクッと把握

会社サマリー
  • スケートボード・アーキテクチャーの技術をベースにしたEVの生産を2023年の発売に向けて開発中
  • スケートボード・アーキテクチャーは、様々な形態のクルマへの適用が可能
  • ビジネスモデルは、EVプラットフォーム提供とEVサブスクリプション(B2B、B2C)
  • AppleがCanooへの投資もしくは買収を検討中
  • EVピックアップは、2021年Q2にプレオーダー開始で、2023年初頭にデリバリ開始予定
シンノスケ
シンノスケ

テスラやリーフなどのガソリン車に似通ったカタチではなく、デザイン的にも構造由来の新しさを感じます!

自動車初期に馬車のカタチを引きずっていたのが、どんどん進化していった様に、EVも今後カタチやインテリアに大きな進化していくと思います✨

T型フォード
ティッカーGOEV [NASD]
会社名Canoo Inc.
セクターConsumer Cyclical | Auto Manufacturers |
 USA
設立2017年 12月
上場(SPAC)2020年 8月
CEOUlrich Kranz氏
2019年9月–
時価総額3.53Bドル
本部カリフォルニア州ロサンゼルス
従業員数370人(December 31, 2020)

B = Bllion(10億ドル)

CEO Ulrich Kranz氏の経歴
  • ドイツのラインラントプファルツ州にあるビンゲン大学で機械工学のDiplom-Ingenieurを取得
  • 1986年6月〜2016年12月:BMWAGでさまざまな製品および戦略のリーダー的役割
  • 2017年7月〜10月:電気自動車メーカーのFaraday&FutureIncで最高技術責任者
  • 2017年12月〜2019年8月:前CanooのCTO
  • 2019年9月〜2020年12月前:CanooのCEO
  • 2020年12月〜:新Canoo inc.のCEO

BMWでの30年間のキャリアの中で、クランツ氏は自動車メーカーの最も革新的な車両とイニシアチブのいくつかの開発を主導しました。

1990年代半ば、クランツ氏は、数々の賞を受賞した2人乗りのスポーツカーであるBMW Z3の製品、研究開発に取り組みました。
1998年、クランツ氏はBMWを新しい地形に移し、BMW初のSUVであるX5の開発を主導しました。
2002年から、クランツ氏は象徴的なBMWMINIブランドの活性化を監督しました。
クランツ氏は10年近くの間、BMWの電気自動車部門「プロジェクトi」を率いて、大都市市場の消費者のモビリティニーズに持続的に対応するように設計された電気自動車を開発しました。

シンノスケ
シンノスケ

BMWのEV「iシリーズ」に携わっていた経歴をもつ技術畑出身のCEOは強い味方ですね!

EVメーカーとしてNikola.、Fiske、Lordstown Motorsに続き4社目のSPAC上場となったCanooは、大手資産運用会社のBlackRockが管理するファンドや口座からの投資を含め、公開株式 (PIPE)への民間投資で3億ドル(約316億円)を調達、約6億ドル(約632億円)の資金を得ました。上場時の時価評価額は24億ドル(約2530億円)です。

この取引が完了した後、統合された事業会社はCanoo Inc.と名付けられ、引き続きNasdaq株式市場にティッカーシンボル「CNOO」で上場される予定です。

1度上場後の株価を吐き出したあと、11ドル付近が底値の様にして反発しています。

業績サマリー

深掘り

以下のポイントに沿って、公式資料から抜粋して深掘りしていきます。

深掘り 内容

ビジネス、業績について

  • Canooの歴史
  • マーケット、ビジネスモデル
  • ソリューションテクノロジー
  • コンペティター(競合)
  • 売上成長、損益
  • バランスシート(B/S)
  • キャッシュフロー(CF)

ビジネス、業績について

*引用ボックス内は、目論見書(S-1)から引用しています。

Canooの歴史

Canooは、電気自動車メーカーのFaraday Future(ファラデー・フューチャー)の幹部だったStefan Krause(ステファン・クラウゼ)氏とUlrich Kranz(ウルリッヒ・クランツ)氏が設立したEvelozcity(エヴェロズシティ)として2017年にスタートしました。

2019年春にCanooにリブランドし、昨年9月に初代車両をデビューさせました。サブスクリプションとしてのみ提供される最初のCanooの車両は、2021年までに公道デビューすると予想されていましたが、2020年8月18日のIPO時の発表内容によると、その計画は2022年に変更されたようです。

マーケット、ビジネスモデル

Canooは、次の3つのマーケットを対象にしています。

  • EVエンジニアリング技術の提供
  • B2B(企業間ビジネス)
  • B2C(顧客ビジネス)

ENGINEERING AND TECHNOLOGY SERVICES

EVエンジニアリング開発および技術サービスにおける実質的な機会

近年、多くの確立されたOEMが、将来のモビリティの需要を満たすための大胆な新しいイニシアチブと重要な資本コミットメントを発表しました。これには、ゼネラルモーターズが発表した次世代の電気自動車と自動運転車に200億ドルを投資するというコミットメントや、現代自動車グループが発表した350億ドルを高度な自動車および新しいモビリティテクノロジーに投資する計画が含まれます。

多くのOEMは、従来、排出量の少ないゼロエミッション車を「コンプライアンスカー」と見なしており、すでに不足している代替車開発プログラムをハイブリッドパワートレインまたは低価格の高性能EVに集中させてきました。

電化に関する社内のノウハウと経験が不足しているため、これらのOEMの多くは、EVに対する消費者の需要の高まりに対応し、拡大する規制要件を満たすために、社内のEVテクノロジーを超えて検討することを余儀なくされています。

Source : Canoo inc.

一部のOEMは、独自のEVテクノロジーの社内開発を優先していますが、EVプラットフォームの購入、ライセンス供与、構築、または共同開発のパートナーを見つけるために、かなりの数のOEMが市場に出回っています。

AlixPartnersによると、自動運転の開発には、2019年から2023年の間に推定750億ドルが投入されると予測されています。

特に自動運転と関連技術は、ステアバイワイヤシステムを利用し、高度な自律システムの進化に合わせてシームレスに統合するために必要な電気およびコンピューティングインフラストラクチャを使用して構築されたスケートボードにとって理想的な機会です。

B2B — COMMERCIAL VEHICLES

Significant Growth Anticipated in the Last-Mile Delivery Market

Canooは消費者向けの製品だけでなく、B2B向けの車両も提供することを目指しています。

「CanooのEVはすべて同じスケートボードをアーキテクチャを共有し、異なる座席やトップハット(ブレーキディスクをホイールハブに備え付ける部分)などを組み合わせてユニークな車両を作ることができる」とCanooは主張しています。

同社は2023年の供給を目標に設計された最初のB2B車両の生産を目指しています。このB2B車両は、密集した都市環境での運行を想定して設計されており、ラストマイル配送に重点を置いたものになるということです。

eMarketerによると、北米のeコマース市場は13%のCAGR(2020 – 2022E)で成長し、2022年までに約1兆ドルに達すると予測されています。

これにより、輸送サービスとロジスティクスの種類が同等に増加しました。 eコマースをサポートするプロバイダー。電子商取引の成長と効率の向上はまた、消費者の期待に変化をもたらし、電子商取引プロバイダーは、パッケージの2日以内の配達から数時間以内の配達へとますますプッシュしています。

この変化により、より少量でより頻繁な配送ルートを効率的に実行できる小型配送車両の需要が高まることが予想されます。その結果、TechNavioによると、北米のラストマイルデリバリー市場も2022年までに510億ドルに達し、CAGRは14%(2020 – 2024E)になると予想されています。

今日のEV普及率は比較的低いため、フリート所有者は、二酸化炭素排出量を削減するという消費者や規制機関からの高まる圧力に対応する必要があるため、大きな成長の機会が存在します。

ラストマイル・デリバリーについて
Source : Canoo inc.

最近、多くのEV企業が配送車両の生産計画を発表しましたが、ラストマイル配送市場は、大型および中型の配送車両やトラックとはまったく異なるセグメントおよび車両の分類です。

ラストマイル配送車両は、一般に小型商用車セグメントからのものであり、その多くはクラス1車両であり、さまざまなユースケースで主に都市環境で動作します(したがって、コンパクトなサイズと操作性が必要です)。

クラス1車両は、乗用車に要求されるのと同じ厳しい規制および衝突試験要件を備えており、クラス1車両用に特別に設計され、乗用車と共有されるスケートボードは、これらの衝突要件をサポートすることが検証されています。これらの同じ衝突要件は、中型および大型の商用車には適用されません。

したがって、これらのより重い商用セグメント用の車両を製造する多くの新規市場参入者にとって、参入障壁が高くなります(包括的な衝突試験では、まったく新しいシャーシの開発が効果的に必要になるため)ゼロから始めました)。

同様に、より重い商用車開発の専門知識は、乗用車および小型車の衝突試験要件を満たすことができる車両の製造に直接変換されません。私たちのスケートボードは、乗客および小型の商業スペースでの複数の車両プロファイルの衝突要件をサポートするように特別に設計されています。

スケートボードがLifestyleVehicleプログラムで衝突検証を通過することで、完全な衝突要件を満たす能力は、多くの潜在的な競合他社の間でラストマイルの配達スペースで大きな利点を提供します。

Source : Canoo inc.
シンノスケ
シンノスケ

ラストマイル・デリバリーは他にもAYROがありますが、Canooは、デザインも含めて総合的にレベルの違うところにいると思います。

Source: Ayro.com

B2C — PASSENGER VEHICLES

Highly Attractive Passenger EV Market in the United States

当社の車両開発パイプラインには、現在、消費者向けの2台の車両が含まれています。

ライフスタイル・ビークルは、2022年半ばに発売される予定であり、スポーツ車両は、現在2024年または2025年に発売される予定です。

出典:ライフスタイル・ビークルイメージ(Canoo inc.)
出典:スポーツ車両イメージ(Canoo inc.)
シンノスケ
シンノスケ

スポーツ車両については、画像を見る限り四人乗りなので、スポーツカーというよりは、ドライビング・プレジャーに振った車両に見えます。現在の車でいうと、セダンやTeslaのModel3に近いですね。

Bloomberg NEFによると、新しい乗用車EVの世界販売は、2020年の全車両販売の2.7%から2025年と2040年にはそれぞれ10%と58%に増加すると予想されています。

気候変動の脅威の高まりに直面し、EV範囲の改善とEV充電インフラストラクチャの広範な拡大に自信を持つ消費者は、次の車両としてEVをますます求めています。特に都市部の消費者は、最も高いレベルの需要を示しています。

Source : sec.gov

EVAdoptionによると、特に米国での乗用車EVの需要は、26%のCAGR(2019年から2028年)で急速に成長し、2028年までに300万台を超えるEV台数に達すると予想されています。

Bloomberg NEFのデータによると、乗用車の年間総売上高に占めるEVの普及率は、2022年も3%未満であると予想されているため、乗用車セグメントの大幅な上昇が続いています。

カリフォルニア州の巨大な市場シェアとEVに優しい顧客ベースのため、私たちは消費者向け車両製品の最初の展開をカリフォルニア州に向けています。

バッテリーとバッテリー関連のコストはEVの最も高価なコンポーネントであり、Bloomberg NEFによると、リチウムイオンバッテリーの価格の下落は、将来のEV普及に影響を与える最も重要な要因です。

リチウムイオン電池の平均価格は2010年から2019年にかけて87%下落して156ドル/ kWhになり、ブルームバーグNEFのデータによると、リチウムイオン電池のコストは2030年までに61ドル/ kWhまで下がると予想されています。

バッテリー価格の下落により、EVは、ほとんどのセグメントで2020年代半ばまでに同等の内燃車と同等の初期車両価格に達することができます。

Source : sec.gov

スケートボードプラットフォームのスケーラブルな設計とモジュール性により、市場投入のタイミングを加速しながら、より低い開発コストでさまざまなB2Cに焦点を合わせた車両キャビン構成を導入する機能が強化されます。スケートボードプラットフォーム上に構築された当社の初期および将来のB2C車両は、乗用車EVの大きな需要を活用する強力な機会を提供します。

スケートボード・アーキテクチャーについて

私たちは、効率的で都市に優しいサイズのフットプリントで最大の貨物量を提供する全電気ソリューションを通じて、これらのマクロ追い風と市場のニーズを活用するのに適した立場にあります。

私たちは、スケートボードとライフスタイルビークルプログラムからの直接エンジニアリングキャリーオーバーを利用して、多目的デリバリービークルを開発しました。これには3つの明確な競争上の利点があると私たちは感じています。

1)バッテリーモジュール構成と独自のパワートレインシステムにより、優れたレンジ効率が実現します。

2)当社独自のスケートボードアーキテクチャとステアバイワイヤテクノロジーにより、複数のキャビン構成と優れた収納スペースが可能になると同時に、車両の寸法に比べてより大きな貨物容量をサポートできます。

3)私たちのスケートボードと多目的配送車両は、商用車市場の運転条件に必要な耐久性を念頭に置いて設計および設計されました。

Canooのビジネスモデルとスケートボードのアーキテクチャと技術に賭けており、声明の中で「韓国・現代自動車(ヒュンダイ)グループとの提携などの重要なパートナーシップによってすでに検証されている」

HCAC(Hennessy Capital Acquisition Co)のDaniel Hennessy(ダニエル・ヘネシー)氏 会長兼CEO

伝統的な電気SUVというよりはマイクロバスのように見えるCanooの初代車両の心臓部は、車のキャビンの下のシャーシにバッテリーと電気ドライブトレインを収容する「スケートボード」アーキテクチャーになっています。

このアーキテクチャは、今年初めに現代自動車の関心を集めました。現代自動車は2月に、新興企業のスケートボードのデザインに基づいたEVプラットフォームをCanooと共同開発する計画を発表しました。

スケートボード・アーキテクチャーは、自動運転車テクノロジー企業がハードウェアスイートとソフトウェアスタックを簡単に統合できるように設計されており、迅速な開発と商品化の取り組みを促進します。

私たちのスケートボードは非常に用途が広く、さまざまな車両設計を可能にし、今日の道路で最も人気のある乗用車および小型商用車の構成の約75%に取り付けることができます。

真新しいEVまたはEVプラットフォームの開発には数十億ドルの費用がかかり、完了するまでに数年かかる可能性があるため、実績のあるチームとのパートナーシップと当社のテクノロジーへのアクセスにより、OEMは市場投入までの時間を大幅に短縮し、リスクと必要な支出を削減できます。

このプラットフォームは、現代自動車と起亜自動車の将来の電気自動車や、同グループのいわゆる「目的別自動車」に使用される予定です。

シンノスケ
シンノスケ

スケートボード状のアーキテクチャーの元祖はGMのコンセプトカーで2002年に世の中に登場しましたが、これを実現させたっていうのがCanooのすごいところだと思います。

Source : GM

ちなみに、ヒュンダイ自動車は、Uberの空飛ぶタクシー(SA-1)とのパートナーシップとの提携をCES2020で発表しています。S-A1は電動垂直離着陸型(eVTOL)で、パイロットを含めて5人乗りだ。Uber Elevateの商用化初期段階では有人飛行となるが、将来的に無人運転を目指しています。

Uberとヒュンダイが共同開発、生産するエアモビリティのコンセプトモデルç(出典:monoist)

また同時公開されたPBV(Purpose Built Vehicle)は、ポッドのような乗り物で、レストランや診療所などの交通機関でさまざまな機能を発揮できると説明されています。

空を移動した後に乗り継ぐ陸のモビリティ「PBV」出典:monoist)

2021年3月には、ピックアップトラックのEVを発表。2021年Q2にプレオーダー開始で、2023年初頭にデリバリ開始するようです。

Source : Canoo inc.

製造戦略について

Source : sec.gov

私たちは、最初の車両プログラムの直接車両生産業務を世界クラスの車両受託製造パートナーにアウトソーシングすることにより、資産が少なく柔軟な製造戦略を活用することを計画しています。

シンノスケ
シンノスケ

これは、MAGNAなどの製造特化型企業に受託生産での量産を計画しているということです。

私たちと潜在的な委託製造パートナーは、2018年の初めから、製造可能性と生産計画のための車両設計に協力してきました。委託製造業者と協力することで、先行投資を大幅に削減し、繰り返し発生する固定費とオーバーヘッドを排除したいと考えています。

自律運転技術

Lifestyle Vehicleは、7台のカメラ、5台のレーダー、6台の超短距離レーダーベースのセンサー、および次のような拡張ジオロケーション機能で構成される、クラス競争力のあるADASセンサースイートを利用しています。

Lifestyle Vehicleは、発売時にレベル2.5の自律性を備え、ADASと車載ドライバーの監視およびアラート機能(「ドライバー監視システム」)の両方を統合します。

発売時のライフスタイルビークルのADASシステムには、次のものが含まれると予想されます。

(i)自動緊急ブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、自動ステアリングコントロール、自動車線変更、予測歩行者保護などのアクティブな運転制御。

(ii)ブラインドスポットモニター、衝突警告、車線逸脱警告、前後の交差点警告、ハンドオフホイール検出、交通標識認識などの警告と警告。

(iii)自動セルフパーク、監視付きリモートパーク、一般的な駐車場の事故を防ぐための仮想バンパーなどの駐車支援機能。

一方、当社のドライバー監視システムは、車両のADAS警告の全体的な有効性を高めることを目的としています。ユーザーが繰り返し車両警告をオフにすることがよくあることを認識しています。これにより、事故のリスクと車両の損傷率が高まり、車両(特にサブスクリプション車両)の寿命が短くなる可能性があります。

当社独自のドライバー監視システムは、最先端の視線追跡と機械学習を利用して、ドライバーの焦点と注意力を追跡し、警告を無視したか、眠りに落ちているなどドライバーが間違った方向を向いている場合など、最も必要な場合にのみアラートを配信します。

Canooのサブスクリプションについて
For a consumer, subscription consists of five easy steps:
Source : sec.gov

当社のライフスタイルビークルは当初、サブスクリプションサービスを通じて消費者に提供されることを目的としています。

私たちのユニークなサブスクリプションオファリングは、基本的に、車両を提供するパッケージ化されたエクスペリエンスに対する消費者の好みの変化に対処することを目的とした車両リースの基本的な再適応であり、単一の月額料金でメンテナンス、保証、登録、保険へのアクセス、および車両の充電すべてが含まれています。

当社のサブスクリプションビジネスは、資本集約的であるか、または拡張された専門知識の開発を必要とするビジネスの要素について、サードパーティとのパートナーシップに焦点を当てたアセットライトモデルからさらに恩恵を受けます。

これにより、先行投資が削減され、消費者に提供する製品の品質が向上します。これらの要因の結果として、当社のサブスクリプションプログラムは、ライフスタイルビークルの存続期間にわたって一貫したキャッシュフローと強力な資本利益率を生み出す可能性があると考えています。

また、車両を所有することで、従来のモデルにはないアップサイドの可能性を秘めています。 EVには、サブスクリプションモデルの下で存続するように特別に設計され、専門的に保守され、保守と修理に継続的な資本投資が行われた、長寿命の資産があります。古い車両をライドシェアモデルに入れる場合でも、代替サブスクリプションパッケージに入れる場合でも、耐久性があり、高品質で、古いEVを利用することで、モデルにはさらにメリットがあります。

Transportation-as-a-Service」(TaaS)のメリットについて

「Transportation-as-a-Service」(TaaS)の成長により、新しいモビリティソリューションの需要が高まっています。

Rethinkによると、TaaSの導入により、個人の所有に比べて消費者のコストが約4〜10倍削減されます。この認識されたコスト差は、TaaS採用の継続的な推進力となり、今後数年間で劇的に拡大すると予測されています。

2030年までに、TaaSは、新しいモビリティソリューションの魅力的な機会を反映して、道路上の米国の乗用車の60%、走行距離の95%を占めると予想されています。

UberとLyftは最近、プラットフォームを通じて提供されるすべての車両を2030年までに電気自動車にする意向を発表しており、ライドシェアリングアプリケーションに適したEVの必要性は明らかです。

小さな設置面積で最大のスペースを提供できるEVは、都市部での運転における機動性と組み合わせて、より多くの乗客スペースの需要を満たすのに適した位置にあります。

サブスクリプション形式は現代のリース形式の進化版

リースは、米国の消費者にとってますます魅力的になっています。 CB Insightsによると、コストがこの傾向の1つの要因である可能性があり、米国の新車の平均価格は2019年に過去最高の37,401ドルに達しました。

同時に、米国運輸省のデータによると、リースの量は過去10年間で倍増し、リースの普及率も上昇しています。この上昇傾向にもかかわらず、従来のリースモデルには多くの特徴があり、それでも大勢の消費者には魅力的ではありません

かなりの頭金、複数年のコミットメント、および宣伝されている「月々の低額支払い」以外の隠れたコストにより、リースは消費者にとって望ましくなく、管理が困難になります。

対照的に、私たちのサブスクリプションプログラムは、現代の消費者の好みに応えるように設計されており、柔軟な使用契約とシームレスなデジタルエクスペリエンスを提供し、隠れたコスト、頭金、長期的な財政的コミットメントのない単一の包括的な月額料金を提供します。

Compelling EV Early Mover Opportunity

このラストマイルデリバリーセグメントは、魅力的で柔軟なEVオプションに対する強い需要がある未開拓の市場を表していると私たちは信じています。さらに、マッキンゼーによれば、既存および新規のラストマイル配送車両のすべてのEVへの移行は、短期的には重要な傾向になると予想されています。

Bloomberg NEFによると、ラストマイル配送車などの小型商用車は、中型および大型商用車と比較して、電気自動車に移行する最初の商用車になります。

Source : sec.gov

さらに、Bloomberg NEFによると、小型商用車用のドライブトレインも、すべての商用車の中で電気ドライブトレインの需要が最も急増するでしょう(かなりの差で)。独自のコンパクトなパワートレインの開発により、このセグメントで将来のライセンス供与の機会が提供されます。

Source : sec.gov
環境政策について

多くの重要な要因が、小型商用車セグメントの成長傾向に貢献しています。小売業者、物流会社、およびその他の企業は、顧客から二酸化炭素排出量の削減を奨励されているため、これらの企業は、既存の車両または新車の購入をEVに移行するように強く奨励されます。

さらに、多くの都市、州、国の規制も、化石燃料を動力源とする車両からの移行を奨励しており、場合によっては禁止しています。これらの規制の初期の多くは、バス、トラック、配送車両を対象としています。

米国では、州と市町村の両方が燃焼機関を禁止する法律を施行し始めており、カリフォルニア州知事のギャビンニューサムは、2020年9月に、新しい乗用車とトラックの州内販売の100%をゼロにすることを義務付ける執行命令に署名しました。

2035年までに排出量があり、州内で販売および運用されている中型および大型車の100%が2045年までにゼロエミッションになります。

デンマーク、アイスランド、アイルランド、オランダ、スロベニア、スウェーデンはすべて、これらの立法の追い風は、すでに一部のレガシーOEMを電化に向かわせ始めており、モジュール式で柔軟性があり、費用対効果の高いEV製品に対する強いニーズを生み出しています。

さらに15の米国の州とワシントンDCは、カリフォルニアの主導に従い、すべての大型トラック、バン、バスを電気で走らせるように切り替える意向を発表しました。今後数年間でさらに追随する可能性があります。

コンペティター(競合)

出典:日経新聞

自動運転タクシー事業を計画している巨人Teslaを筆頭に、それぞれ特徴のある米中EV新興ベンチャーが多く、アップルなどのIT企業も参戦し激戦区となっています。

売上成長(損益)

Source : sec.gov

バランスシート

Source : sec.gov

キャッシュフロー

Source : sec.gov

この記事の情報ソース

↓公式の資料

↓その他ツールサイト

GOEVに投資できる国内オンライン証券会社

(GOEV)株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券NGSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券NG楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました