個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【DOCS】ドクシミティーはアメリカ版エムスリー!?

この記事は約11分で読めます。
ドクシミティー(DOCS)社サマリー
  • 医療従事者に特化したSNSを運営
  • すでに米国の医者、医療従事者の80%(約180万人が会員
  • アメリカトップ20の製薬会社、病院・ヘルスケア会社が顧客でNRR(売上維持率153%
  • 21年売上は207Mドル、前年比+78%、すでに黒字化
  • 会員ユーザー数は多いがアクティブユーザー数は不明
  • ビジネスが、エムスリー「ビジネスモデル特許」と類似
シンノスケ
シンノスケ

次の4つの視点に着目して分析していきます。

テンバガー分析
  • 「時価総額」:今後の上昇余地は?
  • 「テクニカル」:IN/OUTタイミング?
  • 「テーマ性」:次世代期待のビジネスか?
  • 「業績」:決算の良否。売上と利益の成長率は?
スポンサーリンク

時価総額

企業概要

ドクシミティー(DOCS)はアメリカ、サンフランシスコに本社を置き、医療従事者向けにSNS提供する企業です。設立は2010年新しめでJeffrey Tangney氏が共同創業し、現在もCEOを務めています。

ティッカーDOCS [NYSE]
会社名Doximity, Inc.
セクター医療、ヘルスケア
SaaS
設立2010年
IPO(上場)2021年 6月
CEOJeffrey Tangney氏
時価総額9.84Bドル
本部サンフランシスコ
従業員数713人

単位:T=1兆、B=10億M=100万

IPO幹事構成

幹事はモルガンスタンレー、JPモルガン、ゴールドマンサックスです。

シェアホルダー

Source : Futubull
スポンサーリンク

テクニカル

バリュエーション

ドクシミティー(DOCS)2330万株を26ドルで値決め。レンジは20~23ドルでした。2021年6月24日から41.17ドルから取引開始しました。

価格帯別出来高

Source : Futubull

テクニカル指標

スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

マーケット

現在Doximityがアドレス可能な市場の合計は、 $ 18.5 B(約2兆円)と推定されています。

  • $ 7.3 B:医療従事者へのアメリカの医薬品マーケティング
  • $ 6.9 B:アメリカの医療システムのマーケティングと求人関係
  • $ 4.3 B:米国のソフトウェア遠隔医療

調査会社のIDCによると、米国のヘルスケアおよび製薬業界は、2025年に総広告費の38%をデジタルチャネルに費やすと予想されており、CAGR(年平均成長率)が28%(2020年から37%増加2025年)する見込みです。

医師は医療の主要な意思決定者であり、アメリカの医療費総額約$4T(440兆円)の73%以上を管理していますが、断片化された情報や時代遅れのテクノロジーによって引き起こされる課題に直面しています。

クラウドベースのソフトウェアは、多くの業界でネットワーク、通信、および作業の効率性を変革して来ましたが、医療関係は特殊な業界ということがあったり、医療従事者の特定のニーズに対応するのに時間がかかり、まだ十分に普及していない状況でした。

そのため医師が専門家や同僚と効果的につながったり関連する最新の医療情報に即座にアクセスしたり患者のケアを効率的に提供することが困難でした。

MerrittHawkinsの調査によると医師の78%は、自身の医療行為について満足できないため燃え尽き症候群を経験している状態のようです。

サービス・商品

NSはクラウドベースのプラットフォームで、医療従事者向けに特別に構築されたツールをメンバーに提供し、次のことを可能にします。

  • 同僚とのやりとり
  • 患者へのケアのコーディネート
  • ヴァーチャルでの患者訪問
  • 最新の医療ニュースや研究、学会の最新情報の入手
  • 求人情報など彼らのキャリア管理

ドクシミティー(DOCS)アプリはカンタンですがHIPPA(医療保険携行性説明責任法)に基づき保健社会福祉省(DHHS)の認める患者個人情報が保護されている通信を可能にしています。

製薬会社のMR(セールスマン)は新型コロナ以降、お医者さんのところへ営業に参上できなくなった。するとDOCSを利用するしかないという状況にあるようです。

3種のアプリ

医療従事者向けSNSProfessional Network

以下のように病院の所属やの連絡先情報、ライセンス、専門分野と臨床の専門知識、公開された研究レポート、臨床試験への参加、および授与された賞などをプロフィールとして登録します。

ほかの医療従事者とコミュニティで繋がったり、連絡を取ったりということが出来ます。Linked in の医療従事者版といったところですね。

2021年3月31日の時点で、5,600万を超える接続が行われ医師メンバーあたり平均50人を超える他のメンバーとの交流があったとのことです。

医学生向けのものもあり、アメリカの医学研修プログラムを透過的に確認し、医学生にツールを提供しています。

Newsfeed

メンバーがドクシミティー(DOCS)にサインインする際に、各メンバー向けにパーソナライズされたホーム画面として機能し、AIや機械学習を活用して、メンバーごとにパーソナライズされた厳選したニュースフィードが作成されます

Productivity

日々の業務を効率化するツールになります。

  • デジタルFAX
  • 電子署名
  • 同じ病院のメンバーでチャットグループを作る
  • 遠隔医療(診療)
  • ワンタップで医師との接続が可能

製薬会社、ヘルスケア会社、病院向けソリューション

次の3つを主にサブスクリプション形式で製薬会社、医療システム、医療求人会社に提供しています。

  • Marketing Solutions
  • Hiring Solutions
  • Telehealth Solutions
Marketing Solutions

ドクシミティー(DOCS)のメンバーに対して関連性の高いカスタマイズされた自社製品などに関するコンテンツを提供しています。

顧客企業は、専門分野、資格情報、場所などのコンテンツ対象の組み合わせを指定したり、 営業担当者との連絡、予約、製品サンプルの注文などのデジタル活動を可能にする モジュールを選択したりすることができます。

Hiring Solutions

医療システムと医療求人会社の両方に採用ソリューションです

AIがサポートするプラットフォームにより、顧客はさまざまな医療専門分野とサブ専門分野にわたってターゲットを絞った採用キャンペーンを実行できるとのことです。

Telehealth Solutions

遠隔医療ツールです。20年の5月に立ち上がったもので新しいサービスになります。

ビジネスモデル

医療従事者側の利用は無料で、収益源は主に製薬会社や病院向けへのプロダクトのサブスクリプション料が売上になります。

つまり、ドクシミティーのビジネスモデルの素晴らしい点は、おカネをたくさん持っている製薬会社やヘルスケアシステムからフィー(手数料)を「むしりとる方式」だということです。

アメリカトップ20の製薬会社、そしてトップ20の病院・ヘルスケア会社がドクシミティー(DOCS)のサービスを利用しているとのことです。

そのためか、NRR(Net Revenue Retenstion=顧客の売上継続率)は153%とかなり高めです。
ピカピカのSaaS企業でもNRRは120%くらいのことが多いようです。

利用者からの評価も上々のようでドクシミティー(DOCS)のアプリは、2021年3月31日現在、Apple AppStoreで100,000件を超えるレビューで4.8 / 5の星評価を獲得しています。

売上構成

Source : Futubull

地域

ドクシミティー(DOCS)のビジネスは現在アメリカのみとなっています。

Source : Futubull

ライバル・競合他社

遠隔医療のテラドック(TDOC)は一般企業の福利厚生プランのような形で患者に対してのアプローチですが、ドクシミティー(DOCS)は医師に対してのアプローチであり、それぞれ違う方向からの遠隔医療へのアプローチという違いがあります。

スポンサーリンク

業績

決算

アナリストはまだついていないようです。

Source : Seeking alpha
次回の決算日

2021/?

Source : Trading view

業績指標サマリー

指標
売上成長率(YtoY)+78%
PSR(LTM)52倍
PSR(NTM)
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
ROI(投資利益率)
Gross Margin(粗利率)85%
Operating Margin(営業利益率)-%
Profit Margin(純利益率)-%

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

アナリスト予想
https://app.koyfin.com/

会社の稼ぐ力

売上高成長

2021年のRevenue(売上)はYoY78%成長の207Mドル(約228億円)になっています。

会社の儲ける力

EPS(一株利益)

GAAP(米国会計基準):すべての損益を反映したEPS
non-GAAP(非米国会計基準):継続事業の利益を反映したEPS

利益率推移

以下がドクシミティー(DOCS)の純利益推移です。2021年度のGross profit(粗利)は176Mドル(194億円)の85%、Profit(純利益)は5021万ドルとすでに黒字です。

EBITDAについても年々上昇しており、非常に綺麗な推移になっています。

会社の経営の上手さ

キャッシュフロー

ドクシミティー(DOCS)の2021年度の営業キャッシュフローは8297万ドルでした。営業キャッシュフローは40.1%と高い数字です。

スポンサーリンク

DOCSに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット為替手数料購入手数料
SBI証券OK(SBIネット銀行との連携で)
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引NG
トレールストップ注文ができない
$1あたり片道25銭
(SBIネット銀行利用で片道4銭)
約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
マネックス証券OK取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引OK
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
外国株購入までに時間がかかる
(入金→外国株取引口座への資金振替はすぐだがドル転換は翌営業日の反映)
*円貨決済であれば5%の手数料で即日可能
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
楽天証券NG楽天ポイントとの連携ができる
◎時間外取引OK
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
$1あたり片道25銭約定代金の0.45%
(最低$0、上限$20)
スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました