≫ 仮想通貨・NFTのはじめ方

【短期トレード入門】短期、スイング・トレードする上でのたった1つの最低限ルールとその理由

このページでは、トレードを始めた頃に自分に真っ先に伝えたい内容です。

株式、FX、仮想通貨に共通した、トレードする上で最も大切にしている最低限ルールを共有させていただきます。

結論からいいますと、そのルールは『十分に引きつけてからトレードすること』です。

十分に引きつけてからトレードする

自然界のフードチェーンのトップに君臨するチーターも、適切な距離とタイミングを見極めて狩りをします。数少ないチャンスのタイミングを間違えると、いくら脚が速いとはいえ獲物に逃げられてしまいます。

十分に引き付けるという意味は、言い換えれば『自分の都合でトレードしない』ということです。自分の都合とは、買いたい時や売りたいとき、自分が気づいた時などに売買してしまうことを指しています。

その目的は、次の2つに集約されます。

損切り幅をなるべく小さくするため

メンタルを維持するため

つまりその時の感情に任せて、ガチャガチャしないということです。特に市場が不安定な時は、感情に任せたトレードをしていると残高は0になるでしょう。

日銀介入時のドル円チャート。その後もトレンド通りに力強く上昇

また、このルールをもっていることで、上のような急激かつ不可解な市場の値動きに翻弄されないようになり、無駄な損切りを減らすことにつながります。

メンタル8割:スキル2割

また、次のような心理学に裏付けされた行動原理は、ヘッジファンドなどのプロのトレーダーでも陥ってしまうものとして有名です。頭の片隅に置いておいて、冷静な判断につなげていきたい知識だと思います。

ハウス・マネー効果

ハウスマネー効果とは、あぶく銭を手にした時に、無駄な使い方をして無くしてしまう行動のことです。

ブレーク・イーブン効果

ブレークイーブン効果とは、損失を出したら無理なかけ方をして取り戻そうとする心理現象のことです。例えば、午前中に損を出したトレーダーは午後に無理をしやすいことが証明されているそうです。

なお、十分に引き付けるためには、どのタイミングでエントリーすべきかが分からないと実行できません。実行するためには、次のような、下準備が重要です。

  • あらかじめ長期か短期か決める
  • エントリータイミングの見極め
  • 利確、損切りの計画

エントリータイミングの見極め

主にテクニカルでは、1分足〜月足を見て全体感を把握しつつ、細かい値動きにも感度を持つことが重要だです。

例えるならば、1分足は表情、日足や週足は街並み、月足&年足は地球全体を観ているということで、それらの動きを同時に把握しているというイメージです。

トレードに必要な分析項目

見極めるには、抵抗線を引くことが最も基本的かつ効果的な手法です。

抵抗線、もしくは抵抗帯というのは水平線やトレンドラインのことを意味します。

様々なチャートに実際に引いてみると分かりますが、多くの場合これが驚くほど機能していることが分かると思います。これは、世界中のトレーダーや機関投資家、ヘッジファンドが同じ情報を共有しているためです。

水平線の例

上昇トレンド割れ→ダウントレンドの例

トレードには抵抗線を引きつつ他の要素も同時に見ていく必要があります。

それらを整理すると、

  1. (抵抗線の確認)
  2. 値動きの『勢い』
  3. 値固め(底値、天井)の有無
  4. 前回高値(安値)からの幅
  5. 時間帯の特性
  6. 経済指標や要人発言
  7. ほかの類似、関連通貨(株)の動向
  8. 長期時間足(俯瞰視)

これだけのことを把握して、状況に応じて利確、損切りを判断していきます。

利確、損切りの計画

プロトレーダーは必ず自分の得意な局面を持っています。、エントリー前にあらかじめ決めていることがあります。

  • いくらになったら『買い注文』『売り注文』を出すか
  • その後、いつ『損切り』するか

トレードにおいて適切な損切りをするということは最も大切なことです。その理由は、損切りは誰にも逃れられないものだからであり、ルール化していくことで失敗した時も次に活かすことができます。

失敗は成功の基です。

いかに損切りを最小化して利確を最大化することを常に厳格に管理することが、再現性を確保することにつながります。

空トレードで練習しても意味がない

実際のお金をかけずに、最初は仮想トレードで慣れるということを推奨することが多いですが、これで継続的に利益が出るようになったとしても、実戦では同様にいかないことが多いです。

その理由は、トレードは感情の要素が大きいためです。トレンドを見極められたとしても、自分の判断を信じてトレードすることがいかに難しいか、実戦でしか体験することができません。

実践を通じて習得していくためには、取引手数料が高く、取引制限も大きい株式取引よりも、10ドルからトレードできる仮想通貨がオススメです。

開設1分!最大30万円のボーナスゲットのキャンペーン中!/

Bybit(バイビット)を始めてみる(無料)

\実はカンタン便利で自由度高い!Bybit の使い方解説はこちら/

≫ Bybit(バイビット)口座開設完全ガイド(画像付き無料解説)

≫ レバレッジ取引完全ガイド(画像・動画付き無料解説)

はじめて入金するまでは億劫かもしれませんが、一度やってみれば実は簡単だと思います。また短期トレードには、多数のプロトレーダーにも愛用されている、Bybitがオススメです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました