個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【2021年9月版】今後の市場動向、ホットな6セクターと個別銘柄

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

トレンドとリスクについて

2021年9月の相場観まとめ

S&P500が最高値続伸なのに日経平均、上海,香港市場などは下がっている。こういう不均衡は永久には続かない。

9月相場は用心して、いつ下がってもいいように挑む。

FRB(連邦準備制度理事会)の今後の予定

8/28 ジャクソンホール会合 ← 市場の反応ほぼ無風(無事通過)

9/1(水) ISM製造業景況感指数

9/3(金) 日本時間 PM9:30 
8月雇用統計(85万人の雇用増が確認されたらテーパリング開始可 by FRB)

(参考)市場予想予想レンジ前月実績
雇用者数
(非農業)
72.8万人増37〜100万人増94.3万人増

 → テーパー発表されたら相場荒れる

9/6(月 レイバーデー休場(夏のバカンス・シーズンの終了節目が変わるか?

9日木 欧ECB理事会

10日金 メジャーSQ

11日土 9.11

9月21~22日:FOMC

10月8日:雇用統計9月

11月2~3日:FOMC

11月5日:雇用統計10月

12月3日:雇用統計11月

12月14~15日:FOMC

11月は雇用統計よりもFOMCが先に来てしまうから、その結果を盛り込めない。となると12月のFOMCでテーパリングを決定して1月開始の方が可能性が高いかもしれない。

11月までに仕込み。9月10月相場がギクシャクした時に仕込みがいがあるのはIPOしたばかりで、やられてる銘柄か好決算のSaaS系かも(じっちゃま)

金利

米国10年債利回りは、1.3%あたりを横ばっています。(2021/8/27時点)

Source : Trading View

市況

テーパリング動向

2021年8月28日のジャクソンホールでのFRBパウエル議長は、質疑応答をうまく切り抜け、市場に好感され(マーケット織り込み済み)、利上げ懸念により暴落することなく株価は堅調に推移しました。

米FRBパウエル議長
米FRBパウエル議長
  • テーパリングは年内開始を考えている
    (9月、10月、11月あたり?)
  • テーパリングの条件
    1)物価 → 十分に回復
    2)雇用 → 不十分(回復はしているが、デルタ株懸念)
  • テーパリングと利上げは切り離して考えている

おそらく11月のFOMCあたりからテーパーがはじまると思う。

もし9月の第1週に発表される雇用統計の数字が強ければ前倒しの可能性あり。

次の雇用統計は重要。数字が強ければマーケットは荒れるので覚悟して臨んでください。

(じっちゃま’s YouTube Live2021/8/29)

参考:前回(2013〜2014年)のテーパリング時の株価の動き

機関の動向

2021年8月現在、機関のキャッシュ比率は多めになっており、逆に個人投資家のキャッシュ比率が低くなっています。

次は業績の良い大型株への投入の可能性もありますが、債券市場の下落にともなう株式市場の下落の予兆である可能性もあります。債券市場の動向で説明)

債券市場の動向

債券市場というのは株式市場よりも大きく、株式市場よりももっと重要なものです。
株式市場から債券市場へ影響を与えることはありませんが、債券市場から株式市場への手がかりは得られます。

2021年8月24日のジムクレイマー のマッドマネーでのラリー・ウィリアムズのチャート分析によれば、債券価格がこれから2〜3ヶ月の間に下落していく可能性が高いと、次の理由をもとに説明されています。

  • シーズナル・パターン(サイクル)
  • Small spec(小口投資家)とCommercials net(大口投資家)の乖離
  • オンバランス・ボリューム(出来高をならしたもの)が横ばいなのに、債券価格は上がっている(フェイク上昇)

つまり、債券が下がると金利が上がる局面にあるということです。金利が上がると株式は下がるということです。しかし、昨今の事情は通常のそれとは違うということも言われています。

セクターローテーション

現在は、2月以降の長期的な調整期間を経て、上がっている株もあれば下がっている株もあり、業績相場へ転換しつつあります(2020年度は金融相場)。

2021年8月時点
2021年8月時点

2021年8月末時点の相場観

  • バイデン政権はクリーンエネルギー推しだが、燃料電池やEVなどは株価低迷
  • ヘルスケアセクターも上昇中
  • BNPL(バイナウ・ペイレイター)に話題が集中

ジムクレイマー(2021年8月25日Mad money)によると、これから6つのマーケットがホットになるようです。

  • 半導体
  • ハウジング
  • ファイナンシャル
  • リテール(小売)
  • アグリ・カルチャー(農業)
  • レスポンシブル(環境配慮)・エナジー
スポンサーリンク

ホットな6セクターと個別銘柄

半導体・セクター

ティッカー事業内容
NVDAGPU(画像処理半導体)市場で最大手。
2位のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)を大きく引き離す。
同社のGPUはAIのディープラーニング(深層学習)や
自動運転車のシステムなどに幅広く用いられる
AMDインテル(INTC)と同様にCPUを手掛ける他、エヌビディア(NVDA)と同様に
GPUも手がける。「Ryzen」シリーズのCPUは業界で圧倒的な地位にあった
インテルに対する有力な対抗馬となっている
ザイリンクスを買収できるかどうかがカギ(byジムクレイマー )
MUDRAMやNANDなどのメモリを販売し、2019/8期Q1(9-11月)時点で
DRAMが売上の68%、NANDが売上の28%を占める。
スマートフォンや、クラウドの普及がメモリ需要を押し上げてきた
AMAT世界最大の半導体製造装置・ディスプレイ製造装置メーカー
世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイの製造にかかわり、
世界各国で約12,500件の特許を保有。
INTCCPU市場で圧倒的なシェアを誇る、世界最大級の半導体メーカー
CPUの他にGPUも手がける他、AIの処理に特化したプロセッサーも展開。
傘下に先進運転支援システムを手がけるモービルアイ社もある。
TSM台湾セミコンダクター(TSMC)ファブレスの半導体メーカー
MRVLハイパフォーマンス・コンピューティングと5G関連半導体
NXPI自動車関連半導体
AMBAファブレス半導体設計会社
HIMXファブレスの半導体メーカー(台湾)
QCOM携帯電話の通信技術およびモバイル半導体の設計開発を行う米企業
QRVOコルボはガリウムひ素を素材にした爆速半導体を製造。
人工衛星のソーラー・パネルなどにも使われている。
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

ハウジング

10年以上も家を建てる速度が遅かった(人口207Mの時、1年2Mの新築。2020年は331Mで、1.3Mの新築)で。今、家不足が深刻化していてミレニアル世代が家を建てている。

ジムクレイマーによると、「今、ハウジング銘柄はシクリカルから “長期的” なグロース銘柄になっていく」とのことです。

ティッカー企業名
DHIDRホートン
RHリストレーション・ハードウェア・ホールディングス
LENレナー
MTHメリテイジ・ホームズ
TOLトールブラザーズ(高級住宅)
CBRECBRE Group, Inc.
KBHKBホーム
Z ジロー・グループ
(不動産オンライン・マーケットプレイス)
AZEKThe AZEK Company Inc.(次世代建材)
BLDRBuilders FirstSource, Inc.(住宅用建材)
◆ CARRCarrier Global Corporation(空調機器、HVAC)
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)
シンボル企業名
◆ WSMウィリアムズソノマ
業績◎、キッチン、家具
ホームファニシング業界の大手企業)
Wウェイフェア(家具オンライン販売)
HDホームデポ(家具)
LOWロウズ(高級家具)
SWKスタンレー・ブラックアンドデッカー(工具)
BBYベストバイ(家電大手小売りチェーン)
BBBYベッド・バス・アンド・ビヨンド
(ミーム株、ショート比率AMC11%<BBBY22%)
WHRワールプール・コーポレーション(家電)
SWKStanley Black & Decker, Inc.(工具)
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

リテール・セクター

緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

ファイナンシャル・セクター

ティッカー企業名
● GSゴールドマン・サックス(歴史的にまだまだ安いbyジムクレイマー)
MSモルガン・スタンレー(ベストなんじゃないかbyジムクレイマー)
● JPMJPモルガン(歴史的にまだまだ安いbyジムクレイマー)
BACバンク・オブ・アメリカ
(長短金利差で一番恩恵を受けると言われているbyじっちゃま)
WFCWells Fargo & Company
(最も悪い銀行だったが、
2021年5月現在、銀行株の中で最も安価byジムクレイマー )
● RFリージョンズ・ファイナンシャル
(金融持株会社いわゆる地銀、米国南部、中西部、東部)
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

アグリ・カルチャー(農業)セクター

ティッカー企業名
MOSモザイク(肥料)
DEディアー
(農業機器、建設機器、Ark銘柄)
AGCOアグコ(農業機器で第2位)
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

レスポンシブル・エナジー・セクター

ティッカー企業名
DVNデボン・エナジー
(北米最大級の独立探鉱、生産会社の一社
生産量の70%が石油と天然ガス液で、残りは天然ガス)
PXDパイオニア・ナチュラル・リソーシズ
(独立系探鉱生産会社、
石油と天然ガス液が正味生産量の81%)
DENデンベリー
(独立系のエネルギー企業、炭酸ガス圧入による
原油増進回収法(CO2 EOR)や新興する
炭素回収・貯留(CCUS)産業に焦点を当てている点で差別化)
GLNGGolar LNG Limited
(液化天然ガス運搬)
緑色はジムクレイマー 推奨(2021/8/24-25 Mad maney)

以上です!

ご検討をお祈りします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました