仮想通貨・NFTのはじめ方ガイド

エリオット波動入門を分かりやすく図解

株式投資やFX、仮想通貨などの投資に慣れている人にとって、エリオット波動は聞きなれた用語かもしれませんが、初心者トレーダーにとってはなじみが薄いかもしれません。

エリオット波動は、トレンドの転換点を見極めるために使われるテクニカル分析の1つです。この記事では、エリオット波動について初心者トレーダーにもわかりやすく説明し、取引方法についても詳しく解説します。

エリオット波動とは

エリオット波理論は、米国のアナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオットによって開発されたもので、株式市場や外国為替市場、仮想通貨などのすべての金融市場の短期〜長期的なトレンドや方向性を予測するための分析手法です。

この理論は、自然界に存在する波の形状を模倣することで、一連の波のパターンに従って発生するとされる価格変動を分析しトレードに応用することを目的としています。

エリオット波理論では、市場は波の形で動いていると考えられ、これらの波は、それぞれが大きな波の一部であると見なされます。これらの波は、5つの「上昇波」と3つの「下降波」から構成されており、このパターンが連続することで、価格変動が予測されます。

5波はトレンドを表し、3波は反転を表します。5波が完了すると、3波の反転が起こります。これをエリオット波動理論で「サイクル」と呼びます。エリオット波動を理解することで、市場のトレンドがどのように動いているかを理解し、そのトレンドに沿って取引することができます。

エリオット波動のトレンドの見極め方

エリオット波動を使ってトレンドの転換点を見極めるには、まず市場のチャートを見ることが必要です。エリオット波動では、5波のトレンドがある時には、1, 3, 5波が上昇になります。2, 4波が下降になります。3波目が最も強いトレンドになります。また、3波目が上昇トレンドの場合は、2波目が下降トレンドになります。逆に、3波目が下降トレンドの場合は、2波目が上昇トレンドになります。

このように、エリオット波動は、市場のトレンドを長期的に予測することができます。しかし、トレードする際には、短期的なエントリーポイントを見つけることも重要です。そのためには、エリオット波動の特定の波の形状を見て、その後の動きを予測する必要があります。

エリオット波動の数え方の説明

エリオット波動を数えるには、一連の価格変動が大きな波の中に位置しているか、小さな波の中に位置しているかを判断する必要があります。大きな波は、長期的な価格変動に対応し、小さな波は短期的な価格変動に対応します。

具体的には、価格変動が上昇している場合、5つの上昇波があり、それぞれ3つの下降波が交互に現れます。反対に、価格変動が下降している場合、3つの下降波があり、それぞれ5つの上昇波が交互に現れます。これらの波は、それぞれが大きな波の一部であると見なされ、波のパターンが繰り返されることで、価格変動が予測されます。

大きな波と小さな波の違いと、その取引への影響についての説明

エリオット波動において、大きな波と小さな波の違いは非常に重要です。大きな波は長期的な価格変動に対応しており、小さな波は短期的な価格変動に対応しています。

大きな波は、一般的に市場の主要な方向性を反映しており、長期的なトレンドを表します。これは、株価が数年から数十年で大幅に上昇または下降する場合に適用されます。小さな波は、長期的なトレンドに沿った短期的な価格変動を表しています。これは、株価が数日から数週間で上昇または下降する場合に適用されます。

チャートを見ながらのエリオット波動の数え方の解説

エリオット波動を数えるには、実際のチャートを見ることが重要です。チャート上で、価格変動が大きな波と小さな波のどちらに位置しているかを判断することが必要です。

大きな波を特定するには、長期的なチャートを使用します。例えば、日足や週足のチャートを使用することができます。一方、小さな波を特定するには、短期的なチャートを使用します。例えば、15分足や1時間足のチャートを使用することができます。

エリオット波動を数える手順

STEP 1

最初に、大きな波を特定します。大きな波は、5つの上昇波と3つの下降波の交互に現れます。このパターンが確認された場合、これが大きな波であると見なされます。

STEP 2

次に、大きな波の中に小さな波が現れるかどうかを確認します。小さな波は、5つの上昇波と3つの下降波の交互に現れます。このパターンが確認された場合、これが小さな波であると見なされます。

STEP 3

小さな波の中にさらに小さな波が現れるかどうかを確認します。これらの小さな波は、同様に5つの上昇波と3つの下降波のパターンで構成されます。

価格変動が大きな波と小さな波のどちらに位置しているかを判断し、波の数を数えます。

2番目の波の特定の重要性についての解説

エリオット波動では、2番目の波が非常に重要な役割を果たします。2番目の波は、通常、価格変動が最も急激に変化する波です。また、この波は、価格変動が大きな波の中に位置するか、小さな波の中に位置するかに関係なく、重要な役割を果たします。

2番目の波が非常に重要な理由は、トレンドの方向性を決定するために使用されることがあるためです。たとえば、価格変動が上昇している場合、2番目の波が下降する場合、これはトレンドが変わる可能性があることを示唆しています。

エリオット波動の三波の特定方法とトレード方法

3波目を特定するためにの前の2つの波を特定する方法

エリオット波理論において、最も価格が伸びる3波目は利益を得る上で非常に重要な位置を占めています。3波目は、一般的に最も勢いのある波であり、価格が急激に上昇する場合があります。したがって、3波目を正確に特定することが、投資家やトレーダーにとって非常に重要です。ここでは、3波目を得るための2つの波を特定する方法を紹介します。

a. 大きな押し戻しを特定する

最初に、大きな押し戻しを特定することが重要です。一般的に、市場はトレンドに従って移動するため、価格が上昇している場合は、押し戻しがあった後にさらに上昇する可能性があります。この場合、大きな押し戻しを特定することで、次の上昇トレンドの始まりを正確に特定することができます。

b. クリーンなトレンド内の押し戻しを特定する

次に、クリーンなトレンド内の押し戻しを特定することが重要です。クリーンなトレンドとは、価格の上昇や下降が比較的安定している状態を指します。この状態で、価格が下落するときには、上昇トレンドの再開の可能性があります。この場合、クリーンなトレンド内の押し戻しを特定することで、3波目が始まる可能性が高くなります。

環境意識に基づいて3波と5波を特定する方法

3波はトレンドの逆転を示し、5波はトレンドの継続を示すとされていますが、単純に3波と5波を特定するだけでは、市場の状況によっては利益を得ることができない場合があります。このため、環境意識に基づいた3波と5波を特定する方法があります。

環境意識に基づいた3波と5波を特定するためには、まず市場の状況を正確に把握することが必要です。市場が上昇トレンドにある場合は、上昇トレンドに沿って取引を行うことが重要です。一方、下降トレンドにある場合は、下降トレンドに沿って取引を行うことが必要です。

また、市場が変動しやすい場合には、トレンドを特定することが困難になる場合があります。この場合は、複数のエリオット波の時間枠を利用して、より長期的なトレンドを特定することが有効です。

エリオット波動のトレードにおけるエントリー方法

 エリオット波動のトレードにおいて、3波を特定することが非常に重要です。3波は最も強いトレンドであり、利益を得るチャンスが最も高い波です。3波の特定には、市場のチャートを見て、価格が上昇しているか下降しているかを確認する必要があります。

上昇トレンドの場合、最初の上昇の後に価格が下落してきたところで、3波の上昇トレンドが始まると予測することができます。この場合、エントリーポイントは3波の始まりの価格よりも少し下の値段で設定することができます。また、トレードを行う際には、ストップロスを設定し、リスクを最小限に抑えることが重要です。

一方、下降トレンドの場合、最初の下降の後に価格が反発し、その後再び下落するところで3波の下降トレンドが始まると予測することができます。この場合、エントリーポイントは3波の始まりの価格よりも少し上の値段で設定することができます。また、ストップロスを設定してリスクを最小限に抑えることも重要です。

一般市場へのエントリーメソッド

 一般市場へのエントリーメソッドは、1波が確定した後にエントリーポイントを見つけることが重要です。

エントリーポイントを見つけるためには、上昇トレンドの場合は、1波の上昇が確定した後に価格が下落し始めるところでエントリーポイントを見つけることができます。この時、3波は1波よりも伸びる特性を利用します。

下降トレンドの場合は、1波の下降が確定した後に価格が反発し始めるところでエントリーポイントを見つけることができます。

また、画像のように3波だと思っていたら5派だったということも「事前に」想定して、ストップロス、損切り設定はエントリー前に設定することが重要です。

ダブルトップのエントリーメソッドとその決済位置について(ショート)

 ダブルトップは、価格が2回同じレベルに達した後、下落トレンドに転換する形で現れます。この時、ダブルトップの下のラインをブレイクすると、下落トレンドが始まると予測することができます。

エントリーポイントは、下落トレンドが確定した後、下のラインをブレイクしたところで設定することができます。この場合、ストップロスはラインの上に設定し、リスクを最小限に抑えることが重要です。また、決済位置は、トレードの利益を確定するターゲットを設定することが重要です。

ラストプッシュライン上のラインをブレイクエントリーする方法について

ラストプッシュラインとは、市場が急激な動きを見せ、大きな上昇または下降トレンドの始まりを示すラインのことです。ラストプッシュライン上のラインをブレイクすると、トレンドの転換点を示す可能性があります。エントリーポイントは、ラインがブレイクしたところで設定することができます。

この場合、ストップロスはラインの上に設定し、リスクを最小限に抑えることが重要です。また、決済位置は、トレードの利益を確定するターゲットを設定することが重要です。

フィボナッチとエリオット波動の関係

 エリオット波動のトレードにおいて、フィボナッチリトレースメントは非常に重要な指標です。フィボナッチリトレースメントは、エリオット波動の上昇または下降トレンドの中で、価格が戻る可能性のあるレベルを示します。フィボナッチリトレースメントを使って、トレンドが転換するポイントを見極めることができます。

例えば、上昇トレンドの場合、エントリーポイントは、価格がフィボナッチリトレースメントの下限をブレイクしたところで設定することができます。この場合、ストップロスは下限の上に設定し、リスクを最小限に抑えることが重要です。また、決済位置は、トレードの利益を確定するターゲットを設定することが重要です。

エリオット波動の注意点

エリオット波動のにおける不確実性

エリオット波動は、将来の価格変動を予測するためのツールとして使用されることがあります。しかし、エリオット波動による予測は完全に正確ではなく、信頼性には限界があります。

一つの問題は、波の数やパターンの識別における主観性があることです。トレーダーの個人的な意見や解釈によって、同じ価格変動に対して異なる波の数やパターンが識別されることがあります。

また、エリオット波動は価格変動に対する一定の前提条件に基づいています。たとえば、市場が自由であり、参加者が理性的に行動していること、情報が完全に流通していることなどが挙げられます。しかし、実際の市場はこれらの前提条件を満たしているとは限りません。

さらに、エリオット波動は、価格変動が繰り返される一定のパターンに従っているという前提に基づいています。しかし、市場の変動は多くの要因によって引き起こされるため、これらのパターンが継続することが保証されているわけではありません

したがって、エリオット波動を使用する際には、過去のパターンが将来の市場変動に完全に適用されるわけではないことを理解し、他の分析手法と併用することが重要です。

チャート分析における柔軟性の重要性についての解説

エリオット波動の数え方は、チャート分析において非常に重要ですが、その適用には柔軟性が必要です。エリオット波動の数え方は、完璧にパターンが合致することはありません。また、価格変動の波の数やパターンは常に同じではありません。

例えば、下のイメージのように1波が来て、3波が来ると思ったら伸びないこともあります。

そのため、トレーダーはエリオット波動の数え方を使用する際に、柔軟性を持つ必要があります。必ずしも完全な波の数やパターンが必要ではなく、波の大まかな数や方向性が分かれば、それがトレードの意思決定に役立つことがあります。

エリオット波動入門まとめ

エリオット波理論は、市場のトレンドを分析するための有用な手法です。使用者次第で、投資家やトレーダーにとって非常に重要になることは間違いありません。

大きな押し戻しを特定することや、クリーンなトレンド内の押し戻しを特定することが、3波目を得るために重要な手法です。また、環境意識に基づいた3波と5波を特定することも、市場の状況に応じて利益を得るために重要です。

このように、 エリオット波動は、市場のトレンドを長期的に予測することができるため、トレーダーにとって非常に有用なツールです。

しかし、エリオット波動のトレードには、チャートの見方や波の特定方法など、幅広い知識が必要です。初心者トレーダーは、まずは基本的な知識を学び、慣れてからトレードを開始することをおすすめします。また、トレードを行う際には、リスクマネジメントをしっかりと行い、トレードプランを立てることが重要です。

デモトレードの重要性とサポートのお願い

初心者のトレーダーにとって、デモトレードは非常に有用なツールです。デモトレードでは、リアルな相場環境で仮想の資金を使ってトレードを行うことができます。これにより、リスクを負わずにトレードの経験を積むことができます。デモトレードを通じて、エントリーポイントや利益確定のタイミングの判断力を養いましょう。

そして、最後に皆さんへのサポートをお願いします。トレードは常に学びと成長のプロセスです。私のエントリー手法や戦略を参考にしていただき、デモトレードを通じて実践していただければ幸いです。一緒により強くなるために、お互いにサポートし合いましょう。

初心者向け FXプラットフォーム

DMM FX

DMM FXは、MT4およびMT5プラットフォーム上でCFDやビットコインなどの暗号通貨を含む様々な金融商品を提供するFXブローカーです。

DMM FXは、全通貨ペアのスプレッドが業界最狭基準で、初心者でも低コストで取引を始められる点が特徴です。DMM FXは、FX初心者から上級者、幅広く選ばれている、国内で高い人気を誇るFX会社の一つであり、知名度も非常に高いです。

DMM FX 5つの特徴

①『スマホでスピード本人確認』の利用なら最短1時間で取引開始(※弊社休業日を除く)

② 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③ カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④ 安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理」

⑤ 業界初!『時事通信社』ニュース配信
 「充実の為替情報でFX取引の参考に」

\スマホで本人確認【最短1時間で取引】スタート!/

>>DMM FXを始めてみる(無料

松井証券

松井証券は、FX取引をはじめるなら業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料で、100円から取引可能なので、はじめての方にも安心です。

松井証券は、FX(外国為替証拠金取引)に対応したスマートフォン向け高機能トレーディングアプリ「松井証券 FXアプリ」も提供しています。また、松井証券FXの6つのあんしんとして、1通貨単位から取引できる、業界最狭水準のスプレッド、取引手数料が無料、選べるレバレッジ率、長時間のサポート体制、システム、松井証券の信頼性が挙げられています。

\専用スマホアプリで少額からエントリーできる!/

>>松井証券 FXを始めてみる(無料

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました