| 仮想通貨・NFTの売買方法|

DigiDaigaku (デジダイガク)とは?持っているだけで稼げるゲーム母体のNFTプロジェクト 

このページでは、話題沸騰のNFTプロジェクトDigiDaigaku(デジダイガク)について解説します!

DigiDaigakuまとめ
  • NFTを持っているだけで、NFTエアドロが受けられる
  • フロア価格は10ETH以上
  • 創設者は、過去に著名なゲームを作ってきた実績がある

開設5分!いまなら1,500円分還元中!

>>無料で コインチェックを始めてみる

\こちらの記事で、手順を詳細に解説しています/

≫ コインチェック口座開設完全ガイド(画像付き)

DigiDaigakuとは?

DigiDaigakuとは、2,022体の女性アニメキャラクターPFPのNFTコレクションです。

これらのNFTを持っているだけで、今後無料のエアドロップを受け取り、内部からコミュニティを拡大する「工場」アセットとして機能します。

Source : Opensea
ローンチ2022年8月
コレクション数2022
チェーンETH(ERC-721)
オーナー数847

DigiDaigakuは、Limit BreakのGabriel LeydonとHalbart Nakagawaによる、NFTの無料のステルスミントとして始まりました。

最初に無料で配る理由は、STEPNのようなPlay To Earnゲームは、先にNFTを買ってからプレーする必要がありましたが、資金力がある人しか参加できないという問題意識から「Free To Own」という概念が提唱されました。

これは、最初に無料で配り、遊んでもらってコミュニティ形成をして、10%という2次流通手数料でビジネスを回すというモデルです。

これは、 日本で流行っている「激安ミント」と似てます。

しかし、現在のフロア価格は10ETH以上となっていて参入障壁が高いですが、これは過去に無料でエアドロップされたNFTに裏付けされたものです。

DigiDaigakuのNFTエアドロ歴

DD Spirits

ローンチ2022年9月
コレクション数2039→ 134

22年9月にGenesisホルダー向けに行われた初のエアドロです。 最初に配られたGenesisNFTとこのDD Spiritsを合体させると、新しいNFT(=Hero)が生成されます。

Heroesをミントする際にBurnされるため、現在は残り134体となっています。

23年2月時点で、フロア価格は4.4ETHです。

DD Heros

ローンチ2022年9月
コレクション数1834

22年9月にGenesis +Spiritsで完成するのがこのNFTです。

23年2月時点で、フロア価格は2ETHです。

合体させるGenesisNFTとSpiritのタイプによって、3つの血統に分類できます。

  1. ROGUE:Spiritのみ
  2. WARRIOR:異なるタイプのGenesisとSpiritが合体
  3. ROYAL:同じタイプのGenesisとSpiritが合体
Souce : DigiDaigaku

Castaways

ローンチ2022年10月
コレクション数2022

22年10月にエアドロされたNFTで、 これから出るゲーム限定イベントで「入場券」となる機能があります。

23年2月時点で、フロア価格は0.057ETHです。

DD Villains

GenesisNFTとHeroを合体させると生成される「悪役キャラ」のNFTです。 すでにホルダーにはエアドロされていますが、ホルダーでなくても6000名に当たるキャンペーンが行われています。

DD Villainsを手にいれる方法は明確な基準はありませんが、ファウンダーである@gabrielleydon が時々WLを配るキャンペーンをやっています。 (WLとは優先ミント権)

ファウンダーである@gabrielleydonのTwitter投稿リプ欄にスキャムリンクが投稿されて、それをクリックした人がNFTを抜かれるという詐欺がありました。十分にご注意ください!

「スーパーボール」関連

23年2月に開催されるアメリカ最大のスポーツイベントであるアメフト「スーパーボール」への広告も決定しています。 広告費は破格の650万ドル(=10億円)で、 なにかしら限定のNFTを無料エアドロされると噂されています。

DigiDaigakuの創設者

ガブリエルはWeb 3のゲーム開発者、パフォーマンスマーケターで、Machine Zoneの元CEOです。ハルバート・ナカガワは、Machine Zoneの元創設者兼CTOです。

彼らは合わせて2億ドル(=約300億円)を調達済みで、 BAYCの4.5億には及ばないが、ほかのブルーチップよりもはるかに高い金額です。

この資金から、Web3の次世代ゲームプラットフォーム「Limit Break」を構築し、その目的は、期待を裏切る多くのBCGとは対照的に、プレイヤーが心から楽しめるゲーム会社を作ることでした。

DigiDaigakuの創設者であるGabriel Leydon氏は、モバイルゲームスタジオMachine Zoneの創設者であり、Game of WarやMobile Strikeなど数々の大ヒットゲームを世に送り出し「ゲーム界の鉄の玉座に座る男」と呼ばれたこともあると言われています。

Source : App Lovin HP

MachineZoneは、過去に著名なゲームを作ってきた実績があります。

  • ファイナルファンタジーXV: 新たなる帝国
  • ゲーム・オブ・ウォー:ファイアーエイジ
  • モバイルストライク
  • ワールド・ウォー・ライジング

Machine Zoneの実績を見て、DigiDaigakuのポテンシャルを高く評価されているという側面もあります。

DigiDaigakuの価格推移

Source : Uniq.cx

Leydon氏は8月上旬、Machine Zoneの共同設立者であるHal Nakagawa氏とともに、Buckley Ventures、Standard Crypto、Paradigm Venturesなどの投資家から支援を受け、Web3ゲーム会社Limit Breakの立ち上げを公に発表しました。

数日後、レイドンはDigiDaigaku Genesis NFTを無料のステルスミントでリリースし、取引初日にはフロア価格が2ETHを超えるまでに急騰しました。

8月下旬には、2億ドルという途方もない額の調達条件が公開され、フロアプライスは16ETHまで上昇しました。

“Free to Play “ゲームを限界まで押し上げた10年の後、我々の創業者は過去1年間を費やして、web3を使ってF2Pに代わるLimit Breakを構築した “とLeydon氏はツイートしています。

DigiDaigakuの公式リンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました