分析記事《 米国個別株:110 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【HUBS】ハブスポット(HubSpot)ロビンフッターに人気の銘柄

この記事は約8分で読めます。

企業概要

HubSpot 社サマリー
  • 売上高サブスク率90%以上
  • 若い投資家ロビンフッターに人気の銘柄
ティッカー【HUBS】
会社名HubSpot, Inc.
カテゴリーSaaS
設立2006年
上場2014年 10月
CEOブライアン・ハリガン氏
時価総額30.77Bドル(億円)
本部アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ケンブリッジ
従業員数3981人

B = Bllion(10億ドル)

業績サマリー
直近決算結果(2020Q3)パス/ミス×
EPS
売上高

以下のグロース株5つのポイントに沿って、確認していきます。

成長株を見分ける5つのポイント

会社について

1)時価総額が比較的小さいか?
2)将来の「成長ストーリー」は良好か?

業績ついて

3)決算は良好か?
4)今の株価(バリュエーション)は、割高か割安か?
5)株価チャートが持続的な上昇トレンドか?

スポンサーリンク

会社について

『需要』市場・マーケット

人々は、情報の消費方法、製品やサービスの調査方法、購入決定の方法、意見や経験の共有方法を変革しました。

今日、コールドコール、迷惑メール、破壊的な広告など、従来のマーケティングおよび販売のプレイブックからの戦術をブロックしています。

顧客は、検索エンジンやソーシャルメディアを使用して製品やサービスを調査するなど、購入プロセスをより細かく制御しています。

変革にもかかわらず、ほとんどの企業は、10年前と本質的に同じ今日の古いマーケティングおよび販売のプレイブックを使用しています。効果的に競争するには、企業は顧客を引き付け、引き付け、喜ばせるための新しい戦略とテクノロジーを採用することにより、インバウンド体験を提供する必要があると考えています。

ユーザー

70か国以上に11,624の顧客がいて、多くの業界を代表しています。 2011年、2012年、2013年、または2013年と2014年6月30日に終了した6か月間で、収益の1%を超える顧客は1人もいませんでした。代表的な顧客のリストを以下に示します。

『供給』サービス・商品


HubSpot社は、企業が見込み客や顧客にインバウンド体験を提供できるように、オールインワンプラットフォームをゼロから設計しています。

HubSpot社のプラットフォームの中核となるのは、顧客のライフサイクル全体を通じて顧客の活動をキャプチャする、ビジネスごとの単一のインバウンドデータベースです。

HubSpot社のプラットフォームは、一元化されたインバウンドデータベースを使用して、パーソナライズされたソーシャルメディアアラート、パーソナライズされたWebサイト、パーソナライズされた電子メール、営業担当者向けのターゲットアラートなど、顧客とのよりパーソナライズされたインタラクションを作成できるようにします。

HubSpot社は、企業がインバウンド体験を提供できるようにするクラウドベースのマーケティングおよび販売ソフトウェアプラットフォームを提供しています。

インバウンドマーケティングと販売の経験は、従来のマーケティングと販売の戦術よりも関連性が高く、より有用で、よりパーソナライズされ、邪魔にならないことで、顧客を引き付け、引き付け、喜ばせます。

HubSpot社のソフトウェアプラットフォームは、企業が訪問者をWebサイトに引き付け、訪問者をリードに変換し、リードを顧客に近づけ、顧客を喜ばせるのに役立つ統合アプリケーションを備えているため、それらのビジネスのプロモーターになります。

これらの統合アプリケーションには、ソーシャルメディア、検索エンジン最適化、ブログ、Webサイトのコンテンツ管理、マーケティングの自動化、電子メール、分析、およびレポートが含まれます。

ビジネスモデル

プラットフォームはサブスクリプションベースで販売しています。

  • 総収益は2011年の2,860万ドルから、2012年には5,160万ドル、2013年には7,760万ドルに増加し、2012年には81%、2013年には50%増加しました。
  • 2013年および2014年6月30日に終了した6か月間の純損失は、2011年に2,440万ドル、2012年に1,880万ドル、2013年に3,430万ドル、1,630万ドルおよび1,770万ドルでした。
スポンサーリンク

投資リスク

ライバル・競合他社

HubSpot社は、マーケティングソフトウェアおよびその他の関連アプリケーション、ならびに社内で開発されたソフトウェアを提供する、既存および新規の企業との激しい競争に直面しており、新規顧客の追加、既存顧客の維持、および事業の成長に悪影響を与える可能性があります。

競合他社は、次のような特定の機能を提供するさまざまなポイントアプリケーションを提供しています。

  • クラウドベースのマーケティングオートメーションプロバイダー
  • 電子メールマーケティングソフトウェアベンダー
  • 大規模なエンタープライズスイート
  • クラウドベースのマーケティングオートメーションプロバイダー
  • 電子メールマーケティングソフトウェアベンダー
  • 大規模なエンタープライズスイート
スポンサーリンク

業績について ■

引用:楽天証券

1) 決算が予想を上回っているか?

EPS、売上高

引用:Seeking Alpha

これまでの決算では、一度も取りこぼしなくクリアしています。

直近の2020年Q3決算では、EPSが予想EPSを「0.15ドル」、売上高が予想売上高を「17.52 Mドル」上回っています

2020年 Q 決算予想実績
EPS(一株利益)0.13ドル 0.28ドル
売上高210.86M ドル228.38M ドル
売上成長率YoY+31.54%
Q コンセンサス会社予想
EPS予想0.23ドル
売上高予想234.22Mドル
売上成長率YoY+2.55%
Source : Seeking Alpha

M = Mllion(100万ドル)

B = Bllion(10億ドル)

利益率(Margin)

Gross Margin(粗利率)81.00%
Operating Margin(営業利益率)-7.60%
Profit Margin(純利益率)-9.80%
Source : Finviz.com

キャッシュフロー(CF)

投資の世界で営業キャッシュフロー・マージンが15パーセントから35パーセントぐらいある会社は、バランスシートもきれい。

★売上高から原材料費などの支出を引いたことによって得られる現金収支のことを営業キャッシュフロー。それを売上高で割り算した数字が、営業キャッシュフロー・マージン。

2) 株価チャートが持続的な上昇トレンドか?

理想的な右肩上がりのチャートを示しています。

下のチャートは、価格帯別出来高(上段左灰色グラフ)になります。

引用:楽天証券
引用:楽天証券

3) 今の株価(バリュエーション)は、割高か割安か?

PSR(株価売上倍率)

22 (TTM)

Data souce : Trading View

3種類のPSRについて
  1. PSR(TTM)= 過去12ヶ月売上ベース
    • 一般的にはこれが使われている。Yahoo Financeなど
  2. PSR(FWD)=アナリストの来年予測ベース
    • 未来のPSRを指し示す
  3. PSR(×4)=直近の売上 × 4 「=ARR(Annual Recurring Revenue))」
    • おそらく日本のローカルルール
    • 主にSaaS銘柄に使用
    • 決算後すぐに計算でき、早く動ける

ARRはMRR(四半期売上×4 or 月間計上収益を×12)から算出することができます。

※重要ルール

  • 同じデータソースを使う(Yahoo Finance、Finviz、その他でちょっと違う)
  • PSR種類を必ず揃える (TTMが標準)
  • 同じ性質の会社と比べる (EコマースとSaaSは違う)
  • 利益(EPSが+)が出ていないグロース企業のみに適用できる (目安は100B以下、米グロースは利益の多くを先行投資する傾向のため)
    • 利益(EPSがー)の場合はPERを使う。日本企業の場合が多い。
スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式の決算資料

スポンサーリンク

HUBSに投資できる証券会社

(HUBS)株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました