分析記事《 米国個別株:110 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【米国株に強い国内オンライン証券会社】それぞれの特徴とオススメの使い分け方を紹介します!(マネックス証券、DMM.com証券、SBI証券、楽天証券)引き出しを分けて、整理すれば、投資効率にも貢献します

この記事は約3分で読めます。
こんな方に向けて
  • 情報が多すぎてどの証券会社を選べば良いか、いまいち分からない
  • 長期投資のつもりが、つい売ってしまった。。
  • 短期投資のつもりが、いつの間にか塩漬け(長期含み損)になっている。。
シンノスケ
シンノスケ

私は、長期でほったらかしにしたい銘柄を

不意にポチポチさわってしまわないように(笑)

次の3つの証券会社を特徴別に使い分けています。

  • マネックス証券 → 米株スイングトレード
  • DMM.com証券 → 米国CFD取引
  • SBI証券 → 米株NISA、長期
  • 楽天証券 → 米国ETF・インデックス投資

下の表は、それぞれの証券会社の機能の比較です。

証券会社個別株売買
手数料
為替
手数料
時間外
取引
逆指値トレール
ストップ
短中期画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3a4dbd97-0e61-42e6-a9fd-61b764e74899.png4,000
以上
0.45%
($0〜$22)
片道25銭/1$
短中期画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dmmcom-1.jpg934無料片道25銭/1$×××
中長期画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 64571251-be55-4a2c-ba39-f5fb44b5b4e7.png4,000
以上
0.45%
($0〜$22)
片道25銭/1$
(SBIネット銀行
経由片道4銭
×
中長期画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: efc520d2-484f-4d0c-8d2f-d60a2ec25fb2.png約3,6000.495%
($0〜$22)
片道25銭/1$×××
スポンサーリンク

マネックス証券

何といってもマネックス証券の最大のメリットは、米株アプリの優れた使い勝手にあります。

  • 業界初の米国株アプリで最も進んでいる
    • リアルタイムで損益が一覧できる(合計値含む)
    • 売買がスムーズに行える
    • トレールストップ機能など、取引ツール最多
      (上昇を取りつつも、もしもの急落でも安心して寝れる笑)
  • 銘柄スカウターが便利
  • 会社姿勢がユーザー目線

マネックス証券は、社長自らTwitterをされていて、頻繁に情報を発信されています。

ここが便利

米株用のスマホ・アプリが最も使いやすい
取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引OK
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)

ここが不便

外国株購入までに時間がかかる
(入金→外国株取引口座への資金振替はすぐだがドル転換は翌営業日の反映)
*円貨決済であれば5%の手数料で即日可能

スポンサーリンク

DMM.com証券

DMM.com証券の最大魅力は、ほかの証券会社にはない米国株の取引手数料が無料ということです。

また、「口座開設のしやすさ」も特徴です。最短で翌日から取引を始めることができます。

1つのスマホアプリで「国内株」「米国株」の両方の取引ができる点も便利です。

ここが便利

米国株の取引手数料が無料
口座開設がしやすい(最短)
米株と日本株が一つのスマホ・アプリでOK

ここが不便

銘柄分析×
資産推移が見れない
逆指値できない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない

スポンサーリンク

SBI証券

SBIネット銀行連携とのスムーズな資金移動(円←→ドル)が可能なため、買いたいときにすぐに最安でドル転換できるのが、最大の特徴です。
また、Tポイントを使った投資もできます。

ここが便利

◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安(SBIネット銀行との連携で)
逆指値注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり

ここが不便

PCサイトがごちゃごちゃしていて見辛い、使い辛い
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引NG
トレールストップ注文ができない

スポンサーリンク

楽天証券

楽天証券の特徴は、楽天銀行とのスムーズな連携による取引が可能ということです。
具体的には、資金移動をしなくてもそのまま米国株購入可能(円建て)、楽天ポイントで投資できます。

私は、自動積立設定をして

ここが便利

楽天ポイントとの連携ができる
◎時間外取引OK
◯ある程度の銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり

ここが不便

米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない

コメント

タイトルとURLをコピーしました