個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【VUZI】ARグラス老舗メーカーVUZIXの事業内容と業績について

この記事は約19分で読めます。

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

スポンサーリンク

企業について、サクッと把握

会社サマリー
  • 1997年創業の老舗スマートグラス専業メーカー
  • 独自技術ウェーブガイド技術のリーディングカンパニー
  • グラスを作ることからできるのが強み
  • アプリサブスク収益も可能
  • 特許数 : 184
ティッカーVUZI [NASD]
会社名Vuzix Corporation
日本HP)
セクターTechnology | Consumer Electronics 
USA
設立1997年
上場2011年 1月
CEO兼創始者Paul Travers氏
時価総額831.66Mドル
本部アメリカ合衆国
従業員数88人

B = Bllion(10億ドル)

Vuzixのスマートグラスは、スマホのようにアプリをインストールしてさまざまなシーンで使用できます。

出典:Vuzix.jp

Vuzix Corporation(当社)は、デラウェア州の法律に基づいて1997年に設立され、ニューヨーク州ウェストヘンリエッタ(ロチェスターの郊外)に本社を置いています。

(AR)メガネ、スマートグラス、拡張現実の形で、ヘッドマウントディスプレイ(またはHMD、ニアアイディスプレイとも呼ばれます)とも呼ばれる拡張現実ウェアラブルディスプレイおよびコンピューティングデバイスの設計、製造、マーケティング、および販売に従事しています。

当社のARウェアラブルディスプレイデバイスは、眼鏡のように着用するか、頭に装着したマウントに取り付けます。これらのデバイスには通常、カメラ、センサー、およびユーザーがコンピューターデータ、インターネット、ソーシャルメディア、エンターテインメントアプリケーションなどのビデオおよびデジタルコンテンツを表示、記録、および操作できるようにするコンピューターが含まれます。

当社のウェアラブルディスプレイ製品は、マイクロディスプレイ技術と高度な光学系を統合して、対角0.5インチ未満のコンパクトな高解像度ディスプレイエンジンを生成します。スマートグラス製品を通して見ると、コンピューターと同等のサイズの仮想画像が作成されます。

当社が製造するウェアラブルディスプレイ製品は、外出中のユーザー向けのARや、エンターテインメントやソーシャルメディアで使用するモバイルディスプレイなど、さまざまな企業および商用ユーザーやアプリケーションに使用できます。当社の製品はさまざまな機能を備えており、単眼ディスプレイシステムとして提供されています。

IPO後+150%付近の株価を推移しています。

Company Stock Performance

次のグラフは、当社の累積総株主利益、NASDAQ USベンチマークTRインデックス、およびS&P500情報技術インデックスの5年間の比較を示しています。

グラフは、2015年12月31日に当社の普通株、ナスダック総合指数、S&P500情報技術指数のそれぞれに100ドルが投資されたと想定しています。

グラフのデータポイントは年次です。過去の価格パフォーマンスは必ずしも将来のパフォーマンスを示すものではないことに注意してください。

業績サマリー
  • 売上成長率:YtoY 117%
  • 粗利:17%
  • PSR :倍
シンノスケ
シンノスケ

上場して間もないグロース企業ですので、決算がコンセンサス予想を上回っているかどうかは、今後要チェックですね

直近決算結果()パス/ミス×
EPS
売上高
引用:Seeking Alpha

過去3回の決算では、EPS、売上高ともに、オールOKです。

直近の2020年Q4決算では、EPSが予想EPSを「ドル」、売上高が予想売上高を「Mドル」上回っています

しかし2020年Q3決算では、EPS「▲0.01ドル」売上高「▲-0.38Mドル」決算を取りこぼしています。

2020年 Q 決算予想実績
EPS(一株利益)– 0.11ドル-0.09 ドル
売上高4.01M ドル4.23 M ドル
売上成長率YoY+117%
セクター別売上比率売上高YoY
Products87%3.69M ドル+113%
Engineering Services13%0.55Mドル+146%
コンセンサスアナリスト予想会社予想
EPS予想-0.54ドル– 0.53ドル
売上高予想11.3M ドル11.6ドル
売上成長率YoY+74%
Source : Seeking Alpha
シンノスケ
シンノスケ

決算は、売上高、EPS、ガイダンスだけの「過去の結果」だけではなく、未来にもつながっているという意識で確認することが大切です。

M = Mllion(100万ドル)

B = Bllion(10億ドル)

Gross Margin(粗利率)17%
Operating Margin(営業利益率)-%
Profit Margin(純利益率)-%
Source : Finviz.com
PSR(株価売上倍率)

106 (LTM) → 52 倍(NTM)

Data souce :https://app.koyfin.com/

3種類のPSRについて
  1. PSR(TTMorLTM)= 過去12ヶ月売上ベース
    • 一般的にはこれが使われている。Yahoo Financeなど
  2. PSR(FWDorNTM)=アナリストの来年予測ベース
    • 未来のPSRを指し示す
  3. PSR(×4)=直近の売上 × 4 「=ARR(Annual Recurring Revenue))」
    • おそらく日本のローカルルール
    • 主にSaaS銘柄に使用
    • 決算後すぐに計算でき、早く動ける

ARRはMRR(四半期売上×4 or 月間計上収益を×12)から算出することができます。

スポンサーリンク

深掘り ■ ビジネス、業績について

以下のポイントに沿って、公式資料から抜粋して深掘りしていきます。

深掘り 内容

ビジネス、業績について

  • マーケット
  • テクノロジー
  • コンペティター(競合)
  • ビジネスモデル
  • パートナー
  • 売上成長(損益)
  • バランスシート(B/S)
  • キャッシュフロー(CF)

*引用ボックス内は、目論見書(S-1)から引用しています。

マーケット

ARK社によると、TAM(Total Addressable Market)は2030年に向けて急拡大することが予想されています。

Ark invest : Big Ideas 2021

スマートグラスのマーケットは2020Q1から急激な成長を見せています。

Vuzixはグローバル展開していて、TOP3は、アメリカが38%、日本22%、フランスが7%の国別シェアとなっています。

Source : https://ir.vuzix.com/

テクノロジー

https://ir.vuzix.com/
Major technologies that we employ in our products include:

Micro-display Optics:

”テレビは、私たちと展示物のディスプレイで表のディスプレイを表表示。続きのディスプレイ光学電子と訪問は、コレクションはウェアラブルゲートオプと比較して、人間に改善されたと私たちがモニターをされたものします。”

See-Through Waveguides: 

”当社は、シースルー導波路、パッシブ、ダイナミック、および回折光学ベースの導波路を中心に、さまざまな特許および特許を申請中です。これらは、将来のスリムウェアラブルディスプレイARおよびスマートグラス製品の基礎となります。

私たちは、ディスプレイからの光を拡大してユーザーの目に焦点を合わせるための超小型マイクロディスプレイエンジンの開発に取り組んでいます。これらの導波管を使用した開発目標は、快適さ、サイズ、重量、人間工学など、ほとんどすべての点で、今日の従来のサングラスと実質的に区別がつかないように見えるARベースのウェアラブルディスプレイを作成することです。”

Nano imprinting:

”当社は、導波路光学系で使用するためのナノインプリントに関する企業秘密と専門知識のポートフォリオを開発し続けています。

これらの技術は、ファッショナブルな眼鏡スタイルのスマートグラスを作るための基礎であると信じている厚さ約1.2mmのシースルーレンズの製造に不可欠であると信じています。当社は、導波路の設計と製造のための技術を開発しました。これには、ツールの設計と作成、格子構造とレイアウト用のカスタム設計ソフトウェア、リソグラフィプロセス、高屈折率低収縮ポリマーおよびその他の材料、金型処理、自動化装置、テスト/ QAプロセスと手順が含まれます。

Custom Display Engines: 

”マイクロDLPディスプレイエンジンに関する知的財産に関する特許および特許出願中です。また、導波路光学ソリューション用に特別に設計されたレーザー変調エンジンとMicroLEDエンジンにも取り組んでいます。

現在、MicroLEDエンジンについて複数のパートナーと協力しており、一部のパートナーや潜在的なOEM顧客に内密に見せ始めたデモンストレーションシステムがあります。

また、スキャンした画像をホログラムに駆動するレーザーベースのエンジンの研究開発も行っており、100度以上の視野が可能な次世代の導波路を提供することを目指しています。”

当社は、競争上の優位性を維持するために、研究開発に多額の投資を行うことが重要であると考えています。
当社の技術に関連する知的財産権の開発および調達は、当社の事業戦略の重要な側面です。

現在、現世代の仮想ディスプレイおよびディスプレイコンポーネントの重量、人間工学、光学性能、シースルー機能、輝度、電力効率、コンパクトさ、視野、および解像度を改善することが技術的に実現可能であると考えています。

当社独自の技術の範囲は、当社に大きな競争上の優位性をもたらすと信じています。

当社の技術は、パッシブおよびアクティブシースルーイメージング導波路、マイクロプロジェクションディスプレイエンジン、高解像度スキャニングディスプレイ、ウェアラブルディスプレイおよびコンピューター用の専用ソフトウェアドライバーおよびアプリケーションを含む高度な光学システムに関連しています。

また、石英モールド基板を使用したナノインプリンティング、ナノ構造エンボス加工、および回折導波路光学系の設計と製造のためのエンジニアリングツールセットに関する企業秘密と専門知識のポートフォリオもあります。

また、スキャンした画像をホログラムに駆動するレーザーベースのエンジンの研究開発も行っており、100度以上の視野が可能な次世代の導波路を提供することを目指しています。

ウェアラブルディスプレイの商品化には、ディスプレイエンジンも重要であると考えています。

当社は独自のマイクロデジタルライトプロセッシング(DLP)ベースのエンジンを開発し、導波路光学ソリューション用に特別に設計されたmicroLEDエンジンに取り組んでいます。

現在、microLEDの分野で複数のパートナーと協力しており、一部のパートナーに内密に見せ始めたデモンストレーションシステムがあります。

これらの次世代導波管とディスプレイエンジンにより、アセンブリ全体を縮小して、一般的な既製のスポーツサングラスで利用できるスペースに収めることができました。

2011年8月にノキアコーポレーションと射出瞳拡張(EPE)光学技術の技術ライセンス契約を締結しました。

この契約は2017年10月に修正され、サブライセンスと望ましいロイヤルティ条件の柔軟性が向上しました。 EPEテクノロジーは、回折ベースの導波路光学テクノロジーの重要な基盤です。

2017年10月、当社は、「拡散媒体を介した画像および波動場の投影」のためのホログラフィック光学およびディスプレイエンジンに関連する特定のIPおよび特許出願を発明者/販売者から取得しました。

この技術はまだ活発に開発されており、私たちは最初の機能ソリューションに向けて進歩を遂げています。

競合(コンペティター)

当社が事業を展開しているニアアイウェアラブルコンピューターまたはパーソナルディスプレイおよびモバイルデバイス業界は、競争が激しく、急速に進化しています。

スマートフォンやタブレットの「直視型ディスプレイ技術」と「ウェアラブルディスプレイ技術」の両方と競合しています。

パーソナルディスプレイ業界の主な競争要因には、画像サイズ、画質、画像解像度、電力効率、製造コスト、重量と寸法、機能の実装、AR機能、人間工学、スタイル、ハンズフリー機能、そして最後にディスプレイシステム全体のインタラクティブ機能があります。

Competition – Binocular Wearable Display Products

Vuzix AR Smart Glassesの競合他社には、マイクロディスプレイを使用した双眼ウェアラブルディスプレイとバーチャルリアリティシステムが含まれます。

このような企業の例には、Carl Zeiss、Seiko Epson(Epson)、Sony Corporation、Microsoft Corporation、Avegant Corp.、Osterhout Design Group(ODG)、Oculus / Facebook、HTC Corporation、RazerIncなどが含まれます。

これらの企業の多くは取り組みを中止しましたが、HTC、HP、LenovoなどのVRビューアを導入した企業もあります。これらの競争力のある製品は、かさばり、ユーザーフレンドリーでないデザインであるため、限られた顧客の受け入れしか受けていないと考えています。

製品開発が完成品または光学およびディスプレイエンジンを備えたコンポーネントのいずれかで完了したときにこの市場に参入する意向を表明した他の企業は、Lumus、WaveOptics、Digilens、およびMicrovisionCorporationです。

マイクロディスプレイベースのヘッドマウントディスプレイシステムの代替として、ほとんどのメーカーは、スマートフォンに通常見られるより大きなディスプレイパネルの使用に移行しています。

これらのVRゴーグルの拡張バージョンと、パフォーマンスの向上と価格の引き下げを備えたシステムは、PCに接続する必要のない新しいモデルを含め、これらの企業やその他の多くの企業から定期的に導入されています。 FacebookのOculusグループは、これらのモデルの最近のリーダーです。

さらに、多くのメーカーが、VRアプリケーションで使用するように設計されたスマートフォン用の頭に装着するゴーグルアタッチメントを提供しています。

これらのデバイスには、ユーザーがスマートフォンをデバイスに挿入し、電話の画面を目の近くで見ることができるシンプルな光学系が含まれており、互換性のあるスマートフォンの所有者がバーチャルリアリティを体験するための安価な方法を提供できます。

これらのユニットはすべて安価ですが、着用者の頭に比べて非常にかさばり、制限はありますが、各眼の解像度が向上し、多くの場合、表示領域全体の光学性能が明確ではないと考えています。市場が成長し成熟し、技術がより洗練されるにつれて、より多くの企業が私たちと競争する可能性があると私たちは期待しています。

Competition – AR Glasses

さらに、多くのメーカーが、VRアプリケーションで使用するように設計されたスマートフォン用の頭に装着するゴーグルアタッチメントを提供しています。

これらのデバイスには、ユーザーがスマートフォンをデバイスに挿入し、電話の画面を目の近くで見ることができるシンプルな光学系が含まれており、互換性のあるスマートフォンの所有者がバーチャルリアリティを体験するための安価な方法を提供できます。

これらのユニットはすべて安価ですが、着用者の頭に比べて非常にかさばり、制限はありますが、各眼の解像度が向上し、多くの場合、表示領域全体の光学性能が明確ではないと考えています。市場が成長し成熟し、技術がより洗練されるにつれて、より多くの企業が私たちと競争する可能性があると私たちは期待しています。

Competition – Monocular Smart Glasses and Wearable Display Products

単眼ウェアラブルディスプレイを製造している企業もありますが、その製品の販売は限られていると考えています。これまで、ナイトビジョン製品以外の単眼製品の市場機会は、大規模な商業的大量購入ではなく、主にトライアルテストとエンタープライズ市場での小規模な展開に限定されていました。

これらの市場の競合他社には、Liteye Systems、Inc.、Lumus、Shimadzu Corporation、Sony Corporation、Kopin Corporation、Zebra Technologies(以前はMotorolaの一部であったビジネスユニットを含む)、Creative Display Systems、Brother、Google、Garmin、 BAE Systems、Six-15 Technologies、LLC(防衛部門の購入者)、Lenovo、Optinvent、RealWear、Focals by North、およびRockwellCollinsがあります。

Google Glassという名前のGoogleのウェアラブルディスプレイデバイスは、M100スマートグラスと同様の形状と機能を備えたヘッドセット製品でした。 Googleは2019年にGoogleGlass 2 for Enterpriseを発表しましたが、販売は元々ソフトウェアとシステムインテグレーターに限定されていました。

日立製作所、村田製作所、ソニー株式会社、ウエストユニティス、オリンパスなど、日本のエレクトロニクス企業数社が、業界向けの単眼スマートグラスシステムを発表または発表しており、過去2年間で多くの企業が事業から撤退しました。

レノボを含む単眼スマートグラス製品を展示している中国を拠点とする企業もいくつかありますが、これまでのところ、販売活動はやや限定的であり、アジアに焦点を当てています。将来的には、主要な家電企業や防衛用途向けの画像および情報製品のサプライヤーとの競争に遭遇することが予想されます。

大企業から中小企業まで、私たちが製造するすべてのタイプの製品で競争があります。これらの製品の主な競争ポイントには、価格、製品のパフォーマンス、サポートアプリケーションの可用性、特定の企業の経験とブランド名、およびそのような製品の取引履歴が含まれます。

Competition – Waveguides and Display Engines

導波路光学系(Waveguides)のメーカーは限られており、すべてARおよびスマートグラスのOEMメーカーを対象としています。

当社の導波管製品の競合製品には、Lumus、WaveOptics、Digilens、Optinventなどがあります。中国のいくつかの新しい導波管メーカーは、最近の見本市でソリューションのデモンストレーションを開始しました。

ビジネスモデル

売上構成は下の表の様になっています。

  • Smart Glasses
  • OEM products
  • Waveguides & Display Engines
  • Freight out
  • Engineering service

2020年は、「Smart Glasses」のシェアが86%、「Engineering service」が13%で、「OEM products」「Waveguides & Display Engines」の売上が0になっています。

パートナー

出典:Vuzix.jp

売上成長(損益)

2018-2019

2019-2020

同社の総収益は、スマートグラス、OEM製品販売、導波管およびディスプレイエンジン販売、エンジニアリングサービスの4つの主要な製品ラインで構成されています。

バランスシート

2020年を終えたVuzixのバランスシートは、これまでにないほど強固になりました。

▷ワラント行使収益は、 過去30日間で合計2800万ドル以上

▷会社の最後に報告された現金に基づく 2020年9月30日現在の2490万ドルのポジション、 1月中旬現在のキャッシュポジション 現在、合計で約52.9M

▷現在のキャッシュポジションは 運営と私たちの計画に資金を供給するのに十分 少なくとも今後2年間の成長

キャッシュフロー

当社の標準製品販売には、12か月の保証タイプの製品保証が含まれています。ただし、一部の消費者向け製品では24か月になる可能性があります。(特定のヨーロッパ諸国を除く)

当社のOEM製品および導波管販売の場合、最大18か月の標準製品保証が含まれるものもあります。 2018年に、お客様への延長保証の提供を開始しました。これにより、製品販売の標準製品保証がさらに12か月延長されます。

2020年12月31日に終了した事業年度において、合計123,000ドルが、当社の延長保証義務について2019年12月31日現在存在していた残りの履行義務の収益として認識されました。 2020年12月31日現在、延長保証に対する未払いの履行義務はありませんでした。

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓公式の資料

↓その他ツールサイト

スポンサーリンク

VUZIに投資できる国内オンライン証券会社

(VUZI)株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました