【VMW】割安なうちに仕込むべきか?シェア世界一のクラウド銘柄VMware, Incの分析

米国個別株【グロース】
この記事は約3分で読めます。

VMware, Incは、アメリカカリフォルニア州パロアルトに本拠を置くIT企業である。ITの仮想化市場において世界一のシェアを誇る製品やサービスを開発・販売しており、ソフトウェアベンダー全体としても世界第5位の売上高である。 引用:ウィキペディア

業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォーム「VMware vSphere」の導入により、顧客は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、セキュリティーの強化の実現が可能となります。主なブランドとしては「VMware」などがある。

シンノスケ
シンノスケ

現在はクラウドを使う時のコンサルみたいな感じになっています。クライアントがクラウドを使うのに、全てがスムーズか、セキュリティは大丈夫か、デジタル基板から助けています。

株価VMW (NYSE) $138.92 -0.32 (-0.23%)
設立1998年
業種情報・通信、クラウド
CEOパトリック・P・ゲルシンガー (2012年9月1日–)
従業員数24,200人 (2019年)
引用:wikipedia

直近の業績

従業員数31,000(2020年)
時価総額58.4億ドル-約6,150億円
売上高10.8億ドル-約1,100億円(2020年)
営業利益4.18億ドル – 約441億円(2020年)
純利益3.86億ドル – 約408億円(2020年)
総資産28.4億ドル – 約3,000億円(2020年)
引用データ:トムソン・ロイター提供

2021会計年度第1四半期決算(2020年5月1日締め)では、VMware、Inc.の収益は12%増加し、27億3,300万ドルになりました。サブスクリプションとSaaSの売上高が前年同期比39%増となり、予想を上回る内容となりました。

純利益は2%増加し、3億8,600万ドルになりました。収益は米国セグメントの14%増の13億6,600万ドルを反映、国際セグメントは9%増加して13億7,000万ドルになりました。純利益は研究開発により一部相殺されました。

事業内容による売上利益比率は、ライセンス料およびサブスクリプションとSaaSが43.1%(2019年)→45.1%(2020年)。ソフトウェアメンテナンスおよびその他のサービスが、56.9%(2019年)→54.9%(2020年)


R&D開発費は、11%増加し5億5,000万ドル。販売およびマーケティング費用は、4%増加して7億4,500万ドル。

引用:SBI証券

単位: USD百万ドル(一株あたりの項目を除く)

引用:Investing.com

コロナ前には売上を伸ばしていましたが、コロナの影響を受けて成長率が1時的に悪くなっています。次の第二期四半期決算(2020年8月28日)で好業績であれば、株価は上抜けする可能性が高いでしょう。

引用:Investing.com
引用:Investing.com

一株あたりの利益(EPS)と、悪くは無い水準になっています。直近の財務体質改善による、CFの最適化が進んでいるように見えます。

直近の値動き

上のチャートは、直近1年間の値動きです。2020年7月あたりから、ボラティリティが収束してきて、8/28の決算を待って、上か下に抜ける公算が大きいと思います。

シンノスケ
シンノスケ

長らく株価は低迷していますが、長期保有目的であれば買いだと思います。

コメント

  1. Good watch, thanks,

タイトルとURLをコピーしました