未来予想図(2030-2040-2050年)
本ページはプロモーションが含まれています

【ドル円】相場の展望と今後の投資戦略(チャート分析)

アフィリエイト広告を利用しています。

「ドル円の相場展望」について気になっていませんか?

円安(円の価値低減)が急速に進む昨今、ドル円の動向は日本に住んでいて円で所得をもらっているすべてのヒトに重要な要素です。

為替は以下のような色んな要因で決まると言われています。

  • 購買力平価説(均されるであろう)
  • 金融政策(日銀によるコントロール)
  • 貿易収支
  • 投資家のマインド

そんななかでも、短期的にはドル円はある程度の高値圏での横ばいが続く可能性が高いと考えられます。ただし、一時的な調整も考慮しておくべきだと思います。

このページでは、その理由を「チャート分析から」分かりやすく解説していきます。では、早速見ていきましょう!

【ドル円】未来予測と長期展望

未来の相場を予測し、長期的な展望を描くことは投資家にとって欠かせません。このセクションでは、過去のデータをもとにした未来予測の手法や、長期展望を立てる上でのポイントを解説します。これを読むことで、将来の動きを予測し、賢い投資判断を行う手助けになるでしょう。

セットパターンの陰線に基づく警戒

セットパターンの形成が進む中、陰線の出現が目立ちます。具体的に、これは短期的な下落のシグナルとも受け取れますが、特に注視すべきはその形成速度と展開の鈍りです。

例えば、似たような状況では、急激な下落が予想されたものの、最終的にはだらだらとした水準で持ち合いが続くケースがありました。このような具体例からも、注意が必要であり、慎重な姿勢が求められます。

長期的な円安トレンドの可能性

ドル円の長期展望

過去のデータを元に円安トレンドの可能性が浮かび上がっています。例えば、132円のレジスタンスを実体ベースで抜けたことで、160円台までの上昇も現実味を帯びてきました。

現在のチャートパターンから長期的な視点で見ると、形成していたの三尊が機能せず、逆に高値を否定しに向かっている状態です。

半年足ベースでは、上髭ピンバーを形成しながらもインサイドしており、その上髭の方向に動いています。

もし半年足が年末まで陽性の下髭ピンバーで高値を維持し、年足も陽性の実体を大きく残す展開になれば、来年以降も円安トレンドが続く可能性があります。

特に年足で131~132円の長期レジスタンスを実体ベースで上抜けたことは、過去にない変化であり、これが高値圏を維持する展開になるとネックラインやレジスタンスの上抜けが意識され、相場に参入するトレーダーが増える可能性があります。

ただし、現在の水準が160円まで上昇すると考えるには、チャートパターン的には三尊やダブルトップを否定する必要があります。これまでのパターンから、力強い上昇が続く場合でも、しばしば三尊やダブルトップを挟んでの動きが見られます。

したがって、下のチャートのような感じで、160円までの上昇が限界で、そこからの切り返しや調整が起こる可能性があることは頭に置いておいてください。

年足を見ると、4年連続で実体を大きく残して確定した相場は過去になく、これまでの相場は3年連続が限界でした。

これを踏まえると、現在の相場が力強い上昇で確定しても、4年目以降には切り返しや横ばいの可能性が高まります。そのため、長期的な視点で相場の優位性を判断し、2024年以降の展望を考える必要があります。

【ドル円】プライスアクションから分かる短期的な傾向

ドル円の未来を予測するには、まずはプライスアクションの変遷を理解することが肝心です。このセクションでは、相場の軸となる重要なポイントを取り上げ、なぜそれが重要なのかをわかりやすく解説していきます。

ドル円の短期的な上値の重さ

最近の動向から見ると、ドル円の短期的な上値には重い要素が絡んでいます。
トレンドラインの変遷が示すところによれば、現在の水準での持ち合いが見込まれ、これが続く可能性が高まっています。前回同様の状況では、短期的な上昇が期待されるものの、それには慎重な投資判断が必要です。

プライスアクションから読み解く相場の優勢

プライスアクションは相場の本質を捉える鋭いツールです。具体的に、最近の価格変動では〇〇パターンが形成されています。特に、このようなプライスアクションの変化が相場のトレンド転換を示す場合、これを見逃すことはできません。投資家は常にプライスアクションを注意深くモニタリングし、未来の相場動向に備えるべきです。

トレンドの弱まりの兆候(月足)

トレンドが示す未来の相場展望において、その弱まりの兆候を見逃してはいけません。 強固なトレンドが弱まり始めるサインは、相場の転換点を教えてくれるかもしれません。

たとえば、長期にわたって安定していた上昇トレンドが急速に上昇勢いを失い、トレンドラインが曲線を描き始めると、相場の方向性が変わる可能性があります。

月足を見てみると、陽線を3ヶ月続けた後に4ヶ月目で一時的な調整が入るという一定の周期制が見られます。

2023年12月も同様のパターンが見られます。要線を3ヶ月形成した後に4ヶ月目での調整が予想されるため、陰線を挟んで調整フェーズに入る可能性が高まっています。

さらに、数年単位で付き足の推移を見ると、2014年以降、4ヶ月連続で要線を形成した相場は一度もなく、通常、3連続の陽線の後に大きな調整が入る傾向があります。

今回も3連続の要線形成後に調整を入れており、周期的にも一時的な調整を経て、12月は陰線が確定する可能性が高いです。

したがって、一時的な調整は付き足の確定を見越して折り込む必要があるでしょう。

トレンドの弱まりの兆候(週足)

週足を見ると、7月以降の上昇トレンドで新たな弱さが見られます。過去の調整では短期的に下落しても最終的には買われ、陰性の実態を残さずに上昇していましたが、矢印の週は陰性の実体が大きく残りました

これは高値圏での変動が若干弱まっていることを示しています。先週の大陽線が打ち消される大陰線により、売りが入りやすくなり、大きな調整が迫っている可能性があります。

これにより、ロングポジションを維持することが難しくなり、上昇しても売りが強まる傾向があります。状況を慎重に見極めつつ、今後は相場が重くなる可能性が高まっています。

トレンドの弱まりの兆候(時間足)

4時間足を見ると、151円からの売り圧力が依然として強いです。1回目と2回目の上昇にも関わらず、力強い売りが続いています。

ただし、2回目の方が上昇に比べて下落の効率が向上しており、パワーバランスに若干の変化が見られます。この変化から、下落が強まっていることが分かります。

従って、大陰線のプロセスを考慮すると、一定の反発があっても短期的には売りが優勢となりやすく、上根抵抗として機能する可能性が高まります。

【ドル円】トレンドラインの変遷と相場の軸

今年の上昇トレンドにおいて、下落・調整の特徴は、斜めベースのトレンドラインを抜け、横軸ベースで高値圏で持ち合い、その後横軸ベースでネックラインを形成してから力強い調整に移行していることです。

短期的なトレンド推移

現在の短期的なトレンド軸は上昇トレンドラインで、これまではヒゲで割り込んでもすぐに変わる展開が続いていました。

しかし、最近では初めて実体ベースで明確にトレンドラインを割れています。つまり、過去に比べて上昇トレンドの軸を支えていたトレンドラインの変わる圧力が初めて弱まりつつあることが分かります。

また、現在のトレンドラインに加えて、週足ベースで形成されつつある横軸の実体伏目も注目されます。

週足ベースで実体で抜けにくい水準が形成中で、これが抜けると下降トレンドが進む可能性が高まります。

年初からの地合いが強いため、トレンドラインを割っても変わりやすい状況が続くかもしれませんが、水準に何度か反発してネックラインが明確化されると、調整や下落の勢いが強まる可能性があります。

横軸ベースのネックライン

これまでの持ち合いを詳しく見ると、1回目の大きな下落も同様に、トレンドラインを割り込んでから横軸ベースでネックラインを形成し、その抜けた段階でポジション解消の動きで上昇の起点まで下落しています。

現在の相場も同様に、斜めベースのトレンドラインを割り込んで横軸ベースでネックラインを形成中。チャートパターン的にもスケールを拡大し、過去同様にネックラインが定まれば、ポジション解消の動きが引きやすくなり、調整下落が来やすくなる可能性があります。

節目と横軸の重要性

相場の中で節目や横軸がどのように発生するかを理解することは、投資家にとって極めて重要です。

例えば、節目が発生した際には、市場が急激な変動を避ける動きを見せることがあります。これは、投資家にとっては慎重になるべき時点であることを意味します。

逆に、横軸が発生すると、市場が一時的な停滞状態に入ることがあります。たとえば、大型イベント前の相場が横軸を描くことがあり、これは市場が方向転換の前触れとなることがあります。これらのポイントを見逃さないことで、相場の微細な変化も見逃さず把握できます。

【ドル円】プライスアクションの分析

相場の魅力は、チャートパターンとプライスアクションの中にあります。このセクションでは、具体的な事例を挙げながら、チャートパターンとプライスアクションの分析方法を紹介します。これを読むことで、未来の相場の動きに対する洞察が深まり、投資判断がしやすくなります。

ダブルトップ形成の可能性

相場の分析において注目すべきは、ダブルトップ形成の可能性です。これは相場が一時的な天井をつけ、その後再び同じレベルで反発する様子を指します。

これは相場が一時的な天井をつけ、その後再び同じレベルで反発する様子を指します。このパターンが形成されると、相場が転換する可能性が高まります。

最近の日足チャートでは、価格が151円に達した後、再び同じ水準で反発している兆候が見られます。

投資家は特に、このダブルトップの形成を見逃さず、同様の動きが現れた場合には慎重な対応が求められます。

ダブルトップの過去のサンプル

過去のダブルトップのサンプルを挙げると、例えば上記のチャート(週足)で、同様のパターンが見られました。この後、相場は下落し、投資家にとって厳しい局面となりました。

ただし、これは上記のチャートのようなパターン形成後の翌週、翌々週の大陰線があったので、同じようになるのか、それとも反発するのかは今後の展開を踏まえて見極めていかなければなりません

このような過去の事例を振り返り、同じパターンが再び現れた場合には慎重な投資判断を行うことが不可欠です。

まとめ【ドル円】相場の見通しと投資戦略

最後までお読みいただきありがとうございます。ドル円相場の展望や分析手法について理解していただけたことでしょう。トレンドラインの変遷やチャートパターンの読み解き方、未来予測と長期展望の着眼点を押さえ、今後の投資戦略を構築する手助けになります。これらのポイントを念頭に置きつつ、相場の波に乗ることで、将来的な利益を追求することができるでしょう。

ドル円相場は複雑な要素が絡むものの、しっかりと学び取り、冷静な判断力を身につければ、投資家としてのスキル向上に繋がります。相場の変動には常にリスクが伴いますが、知識と情報の武装を欠かさず、冷静な判断を心がけてください。未来の相場に立ち向かうあなたに、成功と安定した収益が訪れることを心より願っています。

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.