【シクリカル銘柄】コロナ・パンデミックV字回復から出遅れた優良企業たちの紹介〜株価回復リカバリーの兆し13のヒント〜

この記事は約7分で読めます。

免責:
当ブログに掲載している情報は担保していません。
どんな情報でも妄信せず、不安な方は情報ソースをご確認ください。
投資は全て自己責任でお願いします。

2020年9月、11月とこれまでハイテク株を中心に急成長してきた米国株市場は、急激な調整を見せました。PTON、SE、FVRRなどのハイテクやステイアットホーム銘柄が売られた一方で、BAやDISなどのこれまで回復に出遅れてきた銘柄たちが買われました。

Source : Trading View
引用:finviz.com/map

バリュー株は、基本的に業績がよくない(or 回復まで時間がかかる)ため、ボックス相場の中で短期的に相場に乗る方法が適しています。

長期でみると分かりづらいですが、実は短期的に底辺のボックス相場の中だけでみるとその上昇幅は大きいです。

Source: Trading View

下が点線枠内の拡大(短期)になります

Source: Trading View

バリュー株へ長期投資する場合には、以下のことに注意して下さい。

未来が見えない限り、株式市場のボトムを予測するのは不可能です。

暴落の中、大きなポジションを積極的にとるのは愚かな行為です。
これは、インデックス投資においても同じことで、下がっているからといって、下落途中で買っていくいわゆるナンピン買いをすることも推奨されません。

だからと言って、暴落しているからと全てを諦めるのもまた、愚かな行為です。
投資家はこの不確実性を受け入れながら、ホームワークをこなして投資の準備を進めるべき格好の機会です。

ビジネス・サイクルの法則

ビジネス・サイクルには下図のような山(Peak)と谷(Trough)を繰り返すような特性があります。

コロナショック後にほぼ全ての個別株価が下がり、その後の上昇トレンドのなかでハイテク株に代表される「Stay at home関連銘柄」や「Remote work関連銘柄」つまりCOVID-19の勝者株はしばらくの間爆上がりを見せてきました。つまりこれが山(Peak)です。

しかし、ビジネスサイクルの「Peak(山)が来たら必ずTrough(谷)が来ること」と「株式市場のなかに投資されているお金には上限がある」ことを考えるとCOVID-19の勝者株から他のセクターへローテーションすることが考えられます。


つまり、ワクチンの先行きが不透明でコロナの影響が未だに色濃く残っているが、経済活動が完全に再開後に復活するような安値で放置されている銘柄への投資も重要です。
今回は、それらの銘柄たち(出遅れリカバリー銘柄)を紹介します。

出遅れバリュー株がリカバリーするタイミングを示す13のポイント

2020年9月、11月の暴落は出遅れリカバリー銘柄へローテーションすることの兆しなのでしょうか?

出遅れ株がリカバリーするタイミングを示す13のヒント(byジムクレイマー )をご紹介します。

リカバリーの兆しのヒント13つ
  1. ゴールドの価格が急落する
  2. 実質金利の上昇(経済の回復か政府による経済刺激策の動きを示す)
  3. 原油の価格が40ドル代前半(アメリカの石油会社が生き残れる価格帯)
  4. 旅行関連銘柄の業績(決算)が悪いのに、株価が上がっている
  5. 広告(コマーシャル)の月極め価格の上昇
  6. 車業界の回復
  7. ボーイング【BA】の業績が悪いのに株価が上がっている
  8. ハニウェル【HON】の業績が悪いのに株価が上がっている
  9. 3M【MMM】の業績が悪いのに株価が上がっている
  10. キャタビラー【CAT】の業績が悪いのに株価が上がっている
  11. 銀行の復活【JPM】【BAC】【WFC】
  12. アパレルの先導者NIKE【NIKE】の上昇
  13. 荷物の輸送銘柄の上昇【UPS】【FDX】

シクリカル(出遅れリカバリー)銘柄

出遅れリカバリー銘柄には、下記のセクターがあります。

  • インダストリアル(製造業)
  • 素材産業
  • トラベル・レジャー(航空・旅行・トラベル)
  • 不動産
  • 店舗販売・レストラン
  • リゾート・カジノ
  • 食品
  • 金融・銀行
  • 石油
  • 宇宙航空・防衛
  • その他

インダストリアル(製造業)

  • 【CAT】キャタピラー
  • 【MMM】3M
  • 【NIKE】ナイキ
  • 【GM】ゼネラル・モーターズ
  • 【GOOS】カナダ・グース・ホールディングス
  • 【WHR】ワールプール・コーポレーション(家電)
  • 【HON】ハニウェル
  • 【DD】Dupont(車の塗料)
パンデミック後デジタル化を推進している銘柄例

素材産業

  • 【RIO】Rio Tinto(金鉱山)
  • 【FCX】フリーポート・マクモラン(金鉱山)
  • 【SHW】シャーウィン・ウィリアム(塗料)
  • 【VALE】ブラジルの鉄鉱石の生産会社 *

トラベル・レジャー(航空・旅行・トラベル)

  • 【CCL】カーニバル
  • 【NCLH】ノルウェジアン・クルーズ
  • 【RCL】ロイヤル・カリビアン
  • 【SBLK】スター・バルク・キャリアーズ
  • 【UAL】ユナイテッド・エアライン
  • 【AAL】アメリカン・エアライン
  • 【DAL】デルタ・エアライン(←航空の中で1番バランスシートがきれい)
  • 【LUV】サウスウエスト・エアライン
  • 【BA】ボーイング
  • 【UPS】UPS
  • 【FDX】FedEX
  • 【DIS】ディズニー

リゾート・カジノ・ホテル

  • 【WYNN】ウィン・リゾーツ・リミテッド
  • 【RICK】 RCI Hospitality Holdings, Inc.
  • 【DHI】ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス
  • 【H】HYATT HOTELS CORP
  • 【MAR】マリオット・インターナショナル

不動産

  • 【DHI】DRホートン
  • 【RH】リストレーション・ハードウェア・ホールディングス
  • 【LEN】 Lennar Corporation
  • 【MTH】メリテイジ・ホームズ
  • 【TOL】Toll Brothers, Inc.

店舗販売・レストラン

  • 【RH】リストレーション・ハードウェア・ホールディングス
  • 【CAKE】Cheesecake factory
  • 【M】Macys inc.
  • 【LAD】Lithia Motors Inc.(自動車販売)
  • 【COST】コストコ
  • 【WMT】ウォールマート
  • 【LOW】Low’s Campanies,Inc.

食品

  • 【KO】コカコーラ
  • 【PEP】ペプシコ
  • 【MKC】マコーミック
  • 【CAG】コナグラ・フーズ
  • 【STZ】コンステレーション・ブランズ
  • 【TSN】タイソン・フーズ(精肉)
  • 【CMG】チポトレ
  • 【YUM】 Yum! Brands, Inc.
  • 【CPB】キャンベルスープ

金融

  • 【JPM】JPモルガン
  • 【BAC】バンク・オブ・アメリカ
  • 【WFC】ウェルス・ファーゴ
  • 【CB】Chubb limited
  • 【V】VISA
  • 【MA】Mastercard

石油

  • 【CVX】シェブロン
  • 【PXD】Pioneer Natural Resources Company

2020年11月、石油株に厳しい大統領の誕生で、低迷が続く可能性があるため注意が必要です。
ジムクレイマー 曰く上記2銘柄以外は売りとのことです。

宇宙航空・防衛

  • 【RTX】レイセオン・テクノロジーズ (Raytheon Technologies Corporation) 
  • 【LHX】L3ハリス・テクノロジーズ(防衛関連)*
  • 【LMT】ロッキード・マーティン
  • 【NOC】ノースロップ・グラマン

その他

  • 【BMY】(製薬会社)*
  • 【ANTM】(民間健康保険会社の大手)*
  • 【CVS】 CVS Health Corporation(アメリカ最大薬局チェーン) *
  • 【UBER】ウーバー(ライドシェア、食品デリバリー)
  • 【LYFT】LIFTリフト(ライドシェア)
  • 【SPGI】S&P Global(S&P500指数の算出で知られる高収益企業=バリュー安定)

=じっちゃま推奨(2020/12/18)

オンライン証券会社3選

米国株の取引ができる証券会社の特徴は、下記のようになっています。

証券会社◯ メリット× デメリット
SBI証券SBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました