個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【SBLK】スター・バルク・キャリアーズ社(Star Bulk Carriers Corp.)バリュー銘柄分析

この記事は約5分で読めます。

免責:
当ブログに掲載している情報は担保していません。
どんな情報でも妄信せず、不安な方は情報ソースをご確認ください。
投資は全て自己責任でお願いします。

Star Bulk社サマリー
  • スター・バルク・キャリアーズ(Star Bulk Carriers Corp.)はギリシャに拠点を置く世界最大規模のバラ積み船企業
  • バラ積み船とは、鉄鉱石、石炭、穀物などの海運のこと
  • SBLKにとって重要なバルチック海運指数や中国の景気は上向き
バラ積み船イメージ
スポンサーリンク

Star Bulkについて

企業概要

ティッカー【SBLK】
会社名Star Bulk Carriers Corp.
カテゴリー資本財、海運
設立2005年5月
上場2006年
CEOPetros Pappas氏
時価総額838.69Mドル
本部ギリシャ マルーシ
従業員数183人

上場後の2007年には一時1100ドルを超える株価をつけていました。

Source : TradingView

『需要』市場・マーケット

海運が活発になればなるほど運賃は高騰しますから、船の運行あたりの利益が改善します。
たとえば、中国やアメリカのように輸出入が豊富な国の景気が良いと海運量は伸びるというわけです。

実際、特に近年は船賃の指数であるバルチック海運指数は中国の輸入額に影響をうけたシェイプをしています。
次のような指標から、コロナを底に海運指数や中国やアメリカの輸出入額は上向いています。

  1. バルチック海運指数
  2. 中国の輸出入額、製造業PMI
  3. アメリカの輸出入額、製造業PMI

バルチック海運指数

中国の輸出入額、製造業PMI

コロナが早期に終焉した中国は一足先に景気が上向いています。
2020年11月の製造業PMIは久々の高水準を記録しました。

中国輸出額
中国輸入額
中国製造PMI

source: tradingeconomics.com

アメリカの輸出入額、製造業PMI

アメリカも中国よりは軟調な回復ですが、着実に回復し、2020年11月の製造業PMIは久々の高水準を記録しました。

アメリカ輸出額
アメリカ輸入額
アメリカ製造PMI

source: tradingeconomics.com

Star Bulk社にとって重要なバルチック海運指数や中国の景気は上向いています。
中国を中心に、オーストラリアや米国の景気が戻り輸出入が活発になったときに1番恩恵を受けるのは、最大規模でバラ積み船を保有するStar Bulk社です。

これは当然に注目される理由になり、トレンドに乗る可能性があります。
トレンドに乗った銘柄は株価が伸びます。実際、足元の株価は強い回復基調です。

『供給』サービス・商品

海運会社であるスターバルクキャリア社は、世界中でドライバルク貨物の海上輸送を行っています。 同社の船舶は、鉄鉱石、石炭、穀物などの主要なバルクのほか、ボーキサイト、肥料、鉄鋼製品などのマイナーなバルクを輸送しています。

スポンサーリンク

株価

株価推移は日米貿易摩擦が激化した2019年に落ち込み、戻ってきたタイミングでコロナが直撃して大幅に下げました。
しかし、前述のとおり貿易量は回復しつつあります。目先のターゲットは12ドル、その次は15ドルまで上昇する可能性があります。

究極的には70ドルとかまで戻してもおかしくないと思うけど、当面的には12ドル、15ドルのことだけを考えてフォーカスしていきたい。

(2020/12/1, じっちゃまYouTube Live)

相場はまだ始まったばかりで、野球に例えるなら1回の表か裏あたり。

(2020/12/1, じっちゃまYouTube Live)
スポンサーリンク

SBLKに投資できる証券会社

(SBLK)株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券NGSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
ドル転換に時間がかかる(1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました