個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【EH】イーハン(億航)社(EHang Holdings Limited)は、空飛ぶクルマを造る中国のドローンインフラ会社

この記事は約19分で読めます。
イーハン社サマリー
  • イーハン・ホールディングスは、中国広州を本拠地にするドローンメーカー
  • 会社方針として、ドローン単体ではなくインフラ構築が使命
  • 時価総額が小さく市場形成はこれからの事業
  • 中国の有人ドローンの会社で、物流や消防活動に利用される
  • 北京オリンピックに向けて更に活躍の場が広がることに期待
  • Ehangがグリーンランド香港と空中観光サービスを開始 ・中国広東省の人気ツアーで、空中観光プログラムと空中メディアショーが含まれる
  • 今後もグリーンランド香港と共同でEH216(AAV)を使用した航空観光サービスを他都市で提供予定
シンノスケ
シンノスケ

この株はテンバガー期待できるか?

次の4つの視点に着目して分析していきます。

テンバガー分析
  • 「時価総額」:今後の上昇余地は?
  • 「テクニカル」:IN/OUTタイミング?
  • 「テーマ性」:次世代期待のビジネスか?
  • 「業績」:決算の良否。売上と利益の成長率は?
スポンサーリンク

時価総額

企業概要

ティッカーEH [NASD]
会社名EHang Holdings Limited
セクターeVTOL
UAM
工業、航空、防衛
設立2014年
IPO2019年 12月
CEOHuazhi Hu(ファージ・フー)氏
時価総額2.18Bドル
本部中国広州
従業員数227人

単位:T=1兆、B=10億M=100万

2020年12月時点では240人だった従業員数が、2021年7月時点では227人に減っていることが気になります。

IPO幹事構成

IPOは12.5ドルに値決めされており、幹事構成は以下になります。

シェアホルダー

Source : Futubull
スポンサーリンク

テクニカル

バリュエーション

2019年12月12日のIPOでは、発行価格は一株につき12.5USDで320万株を新規発行し、上場後の時価総額は6億6200万ドル(日本円で730億円)に達しました。まだまだ赤字が継続しており、ユニコーンと呼ばれるに至らなかったEHang(億航:イーハン)ですが今後の事業展開が楽しみである企業でもあります。

2021年2月には、米ショート会社「ウルフパック・リサーチ」による会計疑惑により▲60%の下落となりました。その後、このショートレポートに対する反論があるなど話題になりました。

価格帯別出来高

チャート的には、2021年2月からの約▲70%の下落となってもなお、含み損を抱えガチホ勢が多い銘柄となっており、いかに市場の期待が高いかを伺わせます。

Source: Futubull 2021/7/3
引用:楽天証券 2021/6/10

テクニカル指標

スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

会社ビジョン

会社方針として、世界初のパッセンジャー・グレードのドローンをローンチし、ドローン単体ではなくスマートシティでのインフラ構築が使命と説明されています。

『需要』市場・マーケット

イーハン(EH)のIPO幹事を務めたモルガン・スタンレーによるとUAM(Urban Air Mobility)TAM(将来期待マーケット規模)は徐々に拡大していき、世界で2040年には、1.5兆ドル〜2.9兆ドルが見込まれています。

先日、ヨーロッパにおけるエアモビリティの運用に関する会議で、EHangのヨーロッパ部門のマーケティングリーダーAndreas Perotti(アンドレアス・ペロッティ)氏は、エアモビリティの実験内容、ユースケースを共有しました。

現在、都市の人口は増加を続けており、それに伴う交通渋滞は深刻となっています。二酸化炭素を排除しつつ、快適な移動をすることは人類が解決しなければいけない問題です。この問題を解消するため、パッセンジャードローンは誕生しました。

マーケット

空を飛ぶクルマは、今後実現してくると思われますが、それを実現させるためには次の3つの課題をクリアしなくてはならないとされています。

  1. 騒音
  2. 安全性
  3. 価格

これらをクリアして、SF(サイエンス・フィクション)からSF(サイエンス・ファクト)になるために、次の技術が融合する必要があります。

  • AIディープラーニング(機械学習)
  • 材料科学
  • 3Dプリンティング
  • バッテリー技術

Frost&Sullivanによると、都市型エアモビリティ「UAM」の世界的なロジスティクス市場は、2023年までに460億USDに達する可能性があるとのことです。その中で、中国は2023年に世界最大の地域市場になると予測されており、世界のロジスティクスUAM市場の45%を占めます。

『供給』サービス・商品

イーハン社は主に2種類の自動運転ドローン(UAV)の製造・販売を行ない、それをコントロールセンターで統制するインフラシステムを構築しています。

  • パッセンジャー・ドローン(人を乗せ自動で空を飛ぶ車)
  • 無人運搬ドローン

パッセンジャー・ドローン

Source : EHang Holdings Limited

パッセンジャードローンの開発・商業化を手掛け、都市間の旅客輸送や運送を可能にすることを目標にしています。各種業界を対象に商用ソリューションを提供するほか、ドローンによるフォーメーションフライトを夜空に展開し広告やコンテンツを表示する航空メディアソリューションも扱っています。

EHang 216

主力製品は、パッセンジャードローン「EHang 216」です。

「EHang 216」は、広州合利創興有限公司と共同で2人乗りの都市観光用の自動で空飛ぶ車として、中国ではその性能を実証済みの製品です。

2019年11月30日には「EHang 216」を活用した珠江デルタ地域の観光飛行をスタートしています。

Source : EHang Holdings Limited

EHangの会長兼CEOのHu Huazhi(フー・ファージ)氏は、この試験飛行について次のように述べています。

現在、当社は独自の特許を持つ統合型AAV技術プラットフォームを開発している。ハードウェア、ソフトウェア、サプライチェーンの分野での経験と専門知識を活用。今後は、中・長距離飛行の需要に対応するため、積載量の異なるAAVモデルをより多くリリースしていく予定。

EHang創設者兼会長兼CEOのHuazhi Hu(ファージ・フー)氏

また、150ℓの水で消火活動が行える、高層消防用ドローン「EHang 216F」も展開しています(下画像)

Source : EHang Holdings Limited

2020年8月14日には、オーストリアのリンツにて、グローバル・アーバン・エアモビリティ(UAM)の試験運用をはじめると発表しています(下画像)

Source : EHang Holdings Limited

無人運搬ドローン

Source : EHang Holdings Limited

EHang216L(下動画)は、都市部と農村部の両方において短距離から中距離の航空ロジスティクスを実現する最大200kgのペイロードを誇るドローンです。既に中国広州での飛行実験にも成功しており、実運用が期待されています。

8つのアームと16のプロペラで構成される分散型電気推進構成を採用しており、安全な自動飛行が可能であり、迅速かつ効率的な輸送を実現するとのことです。

例えば、道路状況の悪い山岳地帯では農産物の輸送を実行し、地域経済を後押ししたり、災害時などでは救援や緊急物資輸送を可能にします。

「EHang216Fに続く、新たなEHang216シリーズのドローンを発表できたことを嬉しく思います。EHang216Lは、短距離から中距離の航空ロジスティクス向けドローンです。ペイロードと飛行範囲の増加に伴い、従来の地上輸送よりも効率的な輸送を実現します。様々な航空ロジスティクスのユースケースにおいて、顧客のニーズを満たすでしょう。」

EHang創設者兼会長兼CEOのHuazhi Hu(ファージ・フー)氏

そのほかに、ファルコンB、GD2.0X、V100など、小型・中型のノンパッセンジャーグレードのマルチローターAAVを提供しています。これらは、1,000メートル以下での運用を想定して設計されています。

以下の表は、現在生産されている当社の非乗客用AAVに関する情報の一部です。

AAVのオペレーティングシステムとインフラストラクチャ

イーハン(EH)は、AAVに搭載された独自の飛行中のオペレーティングシステムと、AAVが様々なシナリオで動作するように設計された地上のインフラを持っています。

このAAVオペレーティング・システムには、自動操縦・飛行制御システム、通信システム、バッテリー管理システム、安全管理システムなどがあります。

AAVオペレーティング・システムは、各AAVにインストールされ、自動操縦、ナビゲーション、リアルタイム制御と性能調整を可能にします。

人間による制御は、スマートフォン、タブレット、コンピューターを使って地上から行うこともできますし、当社のコマンド&コントロールシステムを使って行うこともできます。

オペレーター戦略の一環として、中国で「100のエアモビリティルート構想」を立ち上げる予定です。

この取り組みは、信頼性の高い統合技術、包括的な製品群、インテリジェントなシステム、拡大する顧客基盤、インフラ設計、拡大する生産設備に支えられています。

この取り組みは、まず中国の広東省・香港・マカオのグレーターベイエリアに焦点を当てて実施される予定です。

エアリアル・メディア・ソリューション

フロスト&サリバン社によると、イーハン(EH)は中国におけるエアリアル・メディア・ソリューションのリーディング・プロバイダーです。

独自のナビゲーション技術、オペレーションシステム、インフラを駆使して、スムーズで魅惑的なAAVのフォーメーション、同期した動き、二次元、三次元の構成、ブランドロゴなどを正確に表示することができます。

2020年、中国におけるエアリアルメディアソリューションの中心は、エアリアルメディアパフォーマンスサービスの提供から、エアリアルメディアソリューションパッケージの販売へと移行しました。

売上構成・ビジネスモデル

売上構成比

Source : Futubull

地域比

イーハン(EH)は、中国航空局のみでの認可となるため、現状のメインビジネスは中国マーケットになります。

Source : Futubull
地域別セグメント情報では、2018年度のアメリカ地域に対する売上がゼロ
Source : EHang Holdings Limited F-1

イーハン社の目論見書内で公表された地域別の売上状況を確認すると、2017年にはアメリカ向けの売上が21%占めていたが2018年にはゼロに急減少している点が確認できます。

米中貿易戦争の勃発により中国製ドローンの対米輸出規制が話題にのぼりますが、今回公表されたEHangの目論見書を見る限り、既に2018年度の財務諸表においてEHangとアメリカ企業との間の貿易取引は既に停止していた点を確認できます。

しかしながら、貿易取引が一時停止される一方で、その当事者であるEHangがアメリカのナスダックへと株式公開を実現している点もまた興味深いところです。

ライバル・競合他社

ドローン市場は巨大なため、すでにドローン産業に参画している企業は次のように膨大です。
今後、黎明期の自動車産業と同様に、企業の数が絞られていくと考えられます。

Souece : https://droneii.com/

経済産業省のレポートでは、世界のパッセンジャードローンが紹介されています。

イーハン(EH)は最新四半期で販売23機、売上は11億円ほどですが、 米Archer(ACIC)は、ユナイテッド航空から$1B(1050億円)規模の受注を受けています。

米Archerのタイムラインでは、〜2023年フライトテストの完了後フライトデータを収集し、実際に稼動できるのは2027〜28年とされています。

対して、イーハン(EH)はすでに量産段階を目前にしていることから、明らかにeVTOL事業のトップランナーであり、ほとんどの競合はまだ商品化から数年離れています。

地域ごとに航空認証が必要なことから、直接的な競争は直近では考えにくいと思います。

Source: Archer invester desk 2021

*パッセンジャー・ドローン(eVTOL関連の個別銘柄*

シンボル事業内容
EH世界初のパッセンジャードローン実用化(中国)
KTOS既に国防総省へ防衛ドローンを供給
EXPCヘリコプターのUber
2025年までにドローン(AAV)サービスを開始
ACICドローン通勤ストーリー
ACHR(予定)アーチャー(アメリカ)
RTP(SPAC予定)JOBY Aviation(アメリカ)
進捗、競合リード
Wisk、UAM(アーバン・エア・モビリティ)
LILIUM(ドイツ)
AIRBUS社
Beta Technologies社
中国Terrafugia社
ーーVertical Aerospace社(英国)
スポンサーリンク

成長ストーリー

EHang 216 AAVは、乗用型、消防型、物流型の3種類があり、今後の主要な収益の柱となることが期待されています。

事業拡大に向けて、2020年7月に、増加するAAVの市場需要に対応するため、広東省雲府市に新たな生産ラインを設置しています。

これは広州の既存設備を補完するもので、雲府工場は、現地政府の支援を受け、2021年前半に生産を開始する予定で、EHang 216Fを中心に年間600機の生産能力を見込んでいます。

Birdview of the industrial zone, where EHang Yunfu facility locates

雲府工場には、研究開発施設とエアモビリティのための訓練センターが併設され、中国でのAAV需要の増加に対応するために、イーハン社の能力を強化することが期待されるこの新しいプロジェクトに興奮しているとのことです。

Entrance to the EHang Yunfu facility 

2021年上半期に稼働予定の雲浮工場では、2Qの消防用ドローン特別認証に間に合えば大量の注文につながると予想されています。

政策や規制の面では、中国国務院は、消防用無人航空機の産業改良と実用化を加速させることも提案していて、そのプロセスを推し進めようとしているようです。

中国では、2018年に中国民間航空局から耐空証明パイロットと試験運用プログラムの承認を受けていて、最近、CAACは13都市を民間無人航空実験区として選定したことを発表しています。

中国国務院はまた、UAMの開発を国家戦略に含めるよう促していて、政府の支援と関連インフラのアップグレードにより、2021年にEHang 216の耐空証明書を取得し、商業運航サービスの提供を開始する予定だそうです。

UAMの商業化は予想よりも早く実現することは間違いないとのことですが、中国政府がテクノロジーの分野で世界の覇権を狙う中、この企業が政府からのお墨付を取り、国家戦略の一部として今後飛躍していくことも予想できます。

シンノスケ
シンノスケ

まだまだ収益性の目処が立っているとは言い難い状況であるものの、自立型空中車両の商業化は急速に展開しており、今後の事業展開が非常に楽しみな企業だと言えます。

スポンサーリンク

業績

決算

直近の2020年Q4決算は取りこぼしています。

2021年 Q1 決算決算良否予想実績
EPS
(ドル)
×ミス-0.01-0.03
売上高
(ドル)
×ミス9.27M8.37M
売上成長率(YoY)+8.9%
引用:Seeking Alpha
Source : Seeking alpha
2021年 Q3 ガイダンス予想アナリスト予想会社予想
EPS予想(ドル)
売上高予想(ドル)M
売上成長率(YoY)+%
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/8/17

Source : Trading view

業績指標サマリー

指標
売上成長率(YtoY)+8.9%
PER(LTM)
PER(NTM)171.4倍
PSR(LTM)81.3倍
PSR(NTM)114.4倍
ROA(総資産利益率)-18.60%
ROE(自己資本利益率)-30.10%
ROI(投資利益率)-31.50%
Gross Margin(粗利率)59.00%
Operating Margin(営業利益率)-50.70%
Profit Margin(純利益率)-48.70%

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

アナリスト予想
https://app.koyfin.com/

会社の稼ぐ力

売上高成長

イーハン(EH)は、まだ量産を開始していないため、現状は一部の機関向けにプロトタイプの販売が主になっています。最新四半期で販売23機、売上は11億円ほどにとどまっています。

引用 : マネックス証券
引用 : マネックス証券

会社の儲ける力

EPS(一株利益)

Source : Finviz

会社の経営の上手さ

キャッシュフロー(CF)

引用 : マネックス証券

投資の世界で営業キャッシュフロー・マージンが15パーセントから35パーセントぐらいある会社は、バランスシートもきれい。

★売上高から原材料費などの支出を引いたことによって得られる現金収支のことを営業キャッシュフロー。それを売上高で割り算した数字が、営業キャッシュフロー・マージン。

スポンサーリンク

今後の業績見通し、リスクファクター

成長ストーリー

政策や規制の面では、中国国務院は、消防用無人航空機の産業改良と実用化を加速させることも提案していて、そのプロセスを推し進めようとしているようです。

中国では、2018年に中国民間航空局から耐空証明パイロットと試験運用プログラムの承認を受けていて、最近、CAACは13都市を民間無人航空実験区として選定したことを発表しています。

中国民間航空局(CAAC)は、有人クラスのオートパイロット「EH.O」の認証プロセスをさらに進めるため、EH216認証チームを設立したことがアナウンスされています。

中国国務院はまた、UAMの開発を国家戦略に含めるよう促していて、政府の支援と関連インフラのアップグレードにより、2021年にEHang 216の耐空証明書を取得し、商業運航サービスの提供を開始する予定だそうです。

UAMの商業化は予想よりも早く実現することは間違いないとのことですが、中国政府がテクノロジーの分野で世界の覇権を狙う中、この企業が政府からのお墨付を取り、国家戦略の一部として今後飛躍していくことも予想できます。

競合・ライバル

世界の企業に先んじて商用化を実現できている点、世界で初めてUAM業界でIPOできた点は評価できますが、UAM業界では、ボーイング、エアバスのほか、テンセント出資のLiliumダイムラーが出資するVolocopte、グーグルが出資するKitty Hawk、Uberなども参入してきているので、今後競争が激化してくることが予想されます。

車体の安全設計について

地上を走る自動車でも、安全設計は最重要項目として各国基準が定められており、世界中どの自動車メーカーでも設計されています。

しかし、空飛ぶクルマ産業はまだ生まれたてであり自動車のような様々な基準はこれから設定されていくものと考えられます。

例えば、イーハンに限ったことではありませんが、ドローンのプロペラは剥き出しとなっており、稼動状態で人が近づいた時の危険性は容易に想像することができます。

ヘリコプターでも、小型のものはテールローターが剥き出しのものがありますが、未だに事故があるそうです。

また、もし飛行中にエラーが起こったら、どうなるのでしょうか?

ヘリコプターであれば、高度が200mあれば仮にエンジンが停止しても安全にランディングできる設計になっています。

パッセンジャードローンは、ヘリのような大方が玄人のユーザーではなく、一般的な人びとが多く利用するためには安全な設計は必須課題だと思います。

スポンサーリンク

EHに投資できる証券会社

(EH)株の取引ができる証券会社は、下記のようになっています。

証券会社取引可否◯ メリット× デメリット
SBI証券OKSBIネット銀行との連携で
◎ドル円転換がラクで最速、かつ最安
逆指値注文ができる
米株用のスマホ・アプリない
サイトがごちゃごちゃしていて見づらい
銘柄分析▲
資産推移が見れない
時間外取引できない
トレールストップ注文ができない
マネックス証券OK米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い銘柄が最多で最速対応
◎時間外取引ができる
◎逆指値/トレールストップ注文ができる
◯ある程度の銘柄分析できる(銘柄スカウター)
米株用のスマホ・アプリあり
資金移動、ドル転換に時間がかかる(中1営業日)
楽天証券OK楽天ポイントとの連携ができる
◎銘柄分析できる
米株用のスマホ・アプリあり
米株、中国株、IPO株の取引可能な取り扱い外国銘柄が少ない
時間外取引できない
シンノスケ
シンノスケ

私は、それぞれの証券会社特徴にあった口座の使い分けをしています。

  • 米国個別株 & ETF長期投資 → SBI証券
  • ETF・インデックス投資 → 楽天証券

スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました