未来予想図(2030-2040-2050年)
本ページはプロモーションが含まれています

【税金対策】仮想通貨(暗号資産)の課税のキホン|確定申告方法と5つの節税術

アフィリエイト広告を利用しています。

仮想通貨で得た利益をしっかり守り抜くためには、確定申告と節税術が不可欠です。仮想通貨の税金基本、確定申告の基本ステップ、そして節税術まで、これから読むこのページがあなたにとっての強力なツールになるでしょう。

仮想通貨の税金の課税リスク

引用:コインポスト

仮想通貨への投資は、最近のNFTの盛り上がりやイーロンマスクのツイート、ビットコイン ETF上場など話題が豊富で価格が上昇しましたが、無申告のまま放置しているケースが多いです。

仮想通貨はトランザクションが誰にでも確認その性質から、バレる可能性が高いです。

金額の多寡に関係なく無申告は脱税すなわち犯罪とみなされ、税務署からいつかバレて莫大な追徴課税を請求される可能性があります。

引用:読売新聞オンライン

上の画像の以前、読売新聞に掲載された記事によれば、年収900万円の会社員が仮想通貨の申告漏れにより追徴課税2億円超を受けたケースが報じられました。この会社員は現金化した部分については確定申告を行っていましたが、仮想通貨同士の交換に関しては申告しておらず、その結果巨額の追徴課税が発生しました。

仮想通貨は交換した時点でも課税対象となり、その後通貨が暴落すれば税金を納めるための資金ですら失われる可能性があります。しかし、税金は逃れることはできず詰んでしまう状況に陥ることが仮想通貨のリスクの一つです。

確定申告をせずに放ったらかしにしていたら、一定のタイミングで税務署から電話や直接訪問にて連絡が来ます。

暗号資産の管理のトータルサポートサービス

【クリプトリンク】

クリプトリンクは以下のような方におすすめです

・計算の時間が取れない方や、やり方がわからない方
・bot取引等、取引数が多い方

仮想通貨の税金基本

税金の世界は複雑ですが、仮想通貨における基本を知っていれば安心です。このセクションでは、税金の基本事項を分かりやすく解説します。

仮想通貨や海外FXは主に2つの課税の特徴があります。

仮想通貨(海外FX)の税金の2つの特徴

① 儲かるほど税率が上がる

② 利益に対して課税される

① 儲かるほど税率が上がる仕組み

収入が増えるにつれて税率が上昇する仕組みは、所得税と住民税を合算した税率を指します。具体的には、所得195万円までが15%で、超えると20%、30%、33%、43%と段階的に増加し、最高所得が4000万円を超えると55%に達します。

これが超過累進と呼ばれる仕組みで、他の収入と組み合わせて税率が設定されます。仮想通貨や海外FXの収益はこれに該当し、雑所得として扱われます。

「累進課税」とは所得や資産が増えれば増えるほど、課税額が高くなる制度のことです。 「単純累進課税」と「超過累進課税」の2種類がありますが、所得税では「超過累進課税」を用います。 「超過累進課税」とは、課税の対象額が一定額を超えた場合、超えた金額に対してのみ高い税率を適用する制度のことです。

雑所得について話す前に、株の売却益にかかる税金の歴史を振り返ります。かつては所得の合算課税が行われ、その後非課税時代が訪れました。しかし、特定口座厳選制度の導入で確定申告不要となり、さらに特定口座でのバブル期の深刻分離課税時代を経て、平成以降は制度が変遷しています。

現在、仮想通貨や海外FXは終戦直後の制度に近い状態です。深刻総合課税が適用され、他の所得と合算されて税金がかかります。ただし、国内業者を使用したFXや先物、オプションにおいては深刻分離課税が適用され、税率は20%です。株の売却益は深刻分離課税でも特定口座厳選制度があってもどちらでも選択可能です。

このように、制度は国から認められると進化する傾向にありますが、現在の仮想通貨や海外FXは国の認可を受けていないため、他の所得と同様に税金が課せられています。

2種類の雑所得

雑所得には実は総合課税と分離課税の2つの種類が存在します。まず、分離課税の雑所得には、先物取引などに関連するものがあります。

具体的には、国内業者のFXがこれに該当し、他の所得とは独立して20.315%の税金がかかります。損失が発生した場合は3年間にわたり繰り越せる特典もあります。一方で、総合課税の雑所得には3つのカテゴリーがあります。公的年金は国民年金や厚生年金を指し、業務は副業としてのアフィリエイトやウーバーイーツなどを含みます。

そして、雑所得その他は今回取り上げた仮想通貨や海外FXなどが該当します。これらは公的年金も業務もその他も含めて、超過額新稼ぎとして最低15%から最大55%の課税対象になります。なお、総合課税と分離課税では損益の通算ができないため、注意が必要です。

② 課税される「利益」とは?

次に、税金が利益にかかる仕組みについて説明します。個人の場合、1月から12月までの1年間における売却合計から購入価格や経費の総額を差し引いた金額が利益です。

この利益に対して税金が課されますが、注意すべきは実現損益のみが計算対象であり、含み損益は考慮されません。つまり、確定した損益に対して税金が発生する仕組みです。

利益が発生するタイミングの定義

仮想通貨の税金において複雑なのは、商品の購入や通貨の交換が利益発生のタイミングとなる可能性がある点です。具体的には、安価な時に購入したビットコインを使って商品を購入すると、その時点で価格の差額が利益として課税されます。

また、NFTの場合も、購入時よりも価格が上昇していればその差額が利益と見なされます。通貨の交換も利益発生の要因であり、例えばビットコインからイーササリアムに交換した場合、価格の上昇に応じて差額が課税対象となります。

マイニングや仮想通貨の相続、De-Fiやレンディング、ステーキングなども利益があれば所得税と住民税が発生します。

ただし、これらの利益には基本的に消費税はかかりません。利益の発生タイミングは基本的に売却や契約日となります。

利益と損失の計算方法

仮想通貨の取引で重要なのは、利益と損失の正確な計算です。 利益は取引で得た収益から取引にかかった費用を差し引いたもので、損失は損失を被った取引による損失を指します。

例えば、ビットコインを100ドルで購入し、150ドルで売却した場合、利益は50ドルとなります。しかし、この利益には手数料や取引所の利用料なども考慮する必要があります。 逆に、もし価格が下落して売却時に損失が発生した場合も、損失を正確に計算することが不可欠です。

国内FXと海外FXの税金の違い

同じFXでも国内業者と海外業者では税率が異なります。年収が400万から500万を超える場合、国内業者のFXは税率20%で、年収が400万から500万以下の場合は海外業者のFXが税率15%で済みます。ただし、大きな利益を狙う場合は国内業者の20.315%の税率が安くなります。

損益通算報告書とは?

仮想通貨の売買での利益損失の確認には、仮想通貨取引所から提供される1年間の損益をまとめた損益通算報告書があります。この報告書を基にして年間の確定申告を行い、納税が義務となります。

例えば、会社員の場合は年末調整後の厳選聴取票を基に雑所得を加算し、確定申告を行う流れになります。納税を怠ると脱税となります。

確定申告のスケジュールと期限

確定申告のスケジュールと期限は、焦らず計画的に進めるポイントです。例えば、仮想通貨の確定申告期限は通常3月15日までとなっています。具体的には、年度末に向けて早めに必要な書類を整え、計画的に申告手続きを進めましょう。ほかにも、早期に申告することで余裕を持ってトラブルに対処できるなど、期限に関する具体的なポイントを押さえておくことが重要です。

\ 仮想通貨の損益計算を平均10秒で完了できる! /
国内ユーザー数、通貨種類、取引種類ともにNo1

仮想通貨の税金節税術5選

税金の節税術を知っておくことで、得た利益を守りながら効果的な節税が可能です。このセクションでは、仮想通貨を利用した節税のポイントを探ります。

5つ目の方法は特に重要で、最大40%の節税につながります。

【仮想通貨の税金節税術】①経費を増やす

ますます、仮想通貨や海外FXの節税において経費を増やすことが重要です。手数料や通信費などの通常の経費に加え、勉強のための資料やセミナー、PCやモニターなども経費に計上できます。

ただし、仮想通貨や海外FXは雑所得として扱われるため、経費の計上は難しい場合があります。例えば、業務用に購入した机や椅子でも、プライベートで使えるものになると難しいです。判例ではプライベートで使用していたPCやモニターを経費として認めないというものもありました。

事業所得も難しい判断が求められます。FXの特性から長期にわたる安定収益は難しく、個人事業主としての認定が難しいとされています。

しかし、可能な節税項目があれば、きちんとレシートを取って確定申告の際に経費として計上するよう心がけましょう。

【仮想通貨の税金節税術】②税額控除

次に、節税の方法として考えられるのが「控除」です。控除とは、税金の計算において収入から経費を差し引いた所得に対して適用される特別な控除額のことです。雑所得の場合、経費を増やすことが難しいため、控除を活用することが有益です。

具体的な例としては、ふるさと納税やiDeCoなどが挙げられます。これらの控除は、所得を減少させ税金の軽減につながります。税制を理解し、有効な控除を利用することで、節税効果を最大限に引き出しましょう。

【仮想通貨の税金節税術】③損益計算

次に考えられる節税方法の3つ目は、「損益通算」です。損益通算は、利益が出た場合に他の損失と合算することで、純利益を減らす仕組みです。

例えば、仮想通貨や海外FXの場合、同じ雑所得同士であれば損益通算が可能です。つまり、ビットコインの利益とイーサリアムの損失を損益通算することができます。さらに、仮想通貨のプラスと海外FXのマイナスを損益通算することも可能です。

ただし、他の所得とは別扱いであり、給与や事業、株などは損益通算の対象外となります。国内FXもまた別の部類に入るため、注意が必要です。損益通算を上手に活用して、節税のメリットを享受しましょう。

【仮想通貨の税金節税術】④利益調整

節税の4つ目は「利益調整」です。この方法は、確定申告を回避し、税金を納めなくてもよい状態を目指すアプローチです。具体的には、利益がプラマイゼロか赤字の場合、確定申告が不要となります。したがって、年末に利益が出ている場合、含み損を確定させて損失を発生させ、利益をゼロ以下に調整することが可能です。

また、1年間の所得がないか、非課税枠である48万円以下の場合も、確定申告や納税が不要です。ただし、医療費控除やふるさと納税など他の控除を受ける場合は、仮想通貨やFXに1円でもで利益があれば、それも含めなければならないため、慎重に対応する必要があります。

【仮想通貨の税金節税術】⑤ 法人化

「法人化」これが最も効果的な節税方法となります。仮想通貨や海外FXで大きな利益を出している場合、法人化することで最大で税金が4割減少します。法人での取引は法人税がかかりますが、中小企業の場合は最高で約35%程度です。一方で、個人の場合は最高税率が55%であるため、法人化により税率がおおよそ4割低くなります。例えば、以前に2億円の追調を受けた会社員も法人化していれば、2億円の追調を受けずに済んでいた可能性があります。

法人設立には他にもメリットがあります。他の事業での損益通算が可能であり、仮想通貨での大きな利益と、事業での大きな損失を相殺することができます。また、赤字が出た場合でも繰り越し欠損金として10年間にわたり赤字を繰り越すことができます。経費の範囲も広がり、家族にお給料を支払うことも可能です。小規模企業共済や経営安全共済といった節税策も利用できます。

ただし、法人化にはデメリットも存在します。会社の運営費用がかかる他、含み損が期末に自己評価され、課税対象になるルールがあります。法人化するかどうか、またはいつ法人化するかについては、仮想通貨に詳しい税理士に無料相談することをお勧めします。

\ 仮想通貨の損益計算を平均10秒で完了できる! /
国内ユーザー数、通貨種類、取引種類ともにNo1

確定申告に使える損益計算ツール

確定申告は正確な計算が求められますが、損益計算ツールを使えば手軽に処理できます。このセクションでは、使えるツールのご紹介とその活用法を解説します。効率的な確定申告をするための一歩を踏み出しましょう。

国税庁提供の計算ツール

出典:国税庁

最に確定申告についてお話いたします。国税庁は仮想通貨の確定申告に関して、特定のエクセルシートを提供しており、これに基づいて総合課税法に従って計算を行うよう案内しています。

しかし、これは単純なケースを想定しており、複数の通貨で取引を行っている場合や複雑なやり取りがある場合は、自ら損益計算を行うのは困難を極めるので損益計算ツールを活用することがおすすめです。

上に、無償の損益計算ツールも利用できます。これらのツールを活用することで、正確で手軽な確定申告が可能となります。

無料の損益計算ツール

無償の損益計算ツールは、手軽に使えて経済的なメリットも大きいです。これを使えば、煩わしい計算作業が格段に楽になります。特に初心者にとっては、わかりやすいインターフェースがポイント。操作もシンプルで、専門知識がなくても簡単に確定申告ができます。手間いらずの損益計算を実現し、無駄な時間を省くなら、無償のツールがおすすめです。

確定申告におけるツール活用のポイント

確定申告におけるツール活用のポイントは、正確性と効率性にあります。ツールを使う際に注意すべきは、入力情報の正確性。誤った情報を入力することで誤った結果が生じますので、入力ミスには十分注意が必要です。また、ツールはあくまで助け手段であり、基本的な知識の理解が不可欠です。ツールを賢く使いながら、自身の理解を深め、確定申告のスキルを向上させましょう。

\ 仮想通貨の損益計算を平均10秒で完了できる! /
国内ユーザー数、通貨種類、取引種類ともにNo1

クリプタクトの特徴
  • 対応している仮想通貨の種類が8600種類と断トツ
  • 取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算が可能
  • 1秒単位の価格データを使用しているのでより正確に計算が可能

そのほかにも、仮想通貨に精通した担当者が迅速なサポート対応や、ユーザーからの要望に応えて随時機能アップデートされるなど、税理士にも多く利用される理由がここにあります。

結論

必ずしも50%の税金がかかるわけではない。

「仮想通貨の儲け+ほかの所得」で計算(累進課税)

仮想通貨の投資をして確定申告が必要な人

①給与の年収が2000万円超え

②1箇所から給与の支払いを受けている人で、給与所得および退職所得以外のいわゆる雑所得(副収入)が20万円を超えた場合

③2箇所以上から給与の支払いを受けている場合

仮想通貨の税金の注意点
  • 仮想通貨で得た所得が総合課税の対象で、雑所得に区分される
  • 仮想通貨投資で利益が出ていなくても、税金未納が発生しているかもしれない
  • 仮想通貨はボラティリティが大きく計算が大変
税申告が必要なケースの例
  • 個人事業主で1年間の所得が基礎控除額の48万円+社会保険料控除を上回る
  • 専業主婦や学生などで、株取引やFX、不動産などで1年間の利益が48万円を上回る
  • パチンコや競馬などで稼いで一時所得が50万円を超える
  • 天災の被害にあっており所得税が軽減・免除されている方
  • 公的年金を受給していて金額が所得控除額を上回る方
  • 退職所得の受給に関する申告書を提出していない

あくまで一例ですが、確定申告する必要があるケースは以上のとおりです。

「自分で計算できていたつもりでも、実は正しいルールをわかっていない場合が多く、 結果税金未納が発生しているかもしれません。

そんな面倒な損益計算が、簡単10秒で、しかも登録無料でできるってことをご存知でしょうか?

「暗号資産(仮想通貨)の自動損益計算」サービスを提供する株式会社クリプタクト (以下「クリプタクト」)は、DeFi(分散型金融)取引の損益計算に自動対応するサービスを2021年12月15日より開始しました。

クリプタクトの特徴
  • 対応している仮想通貨の種類が8600種類と断トツ
  • 取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算が可能
  • 1秒単位の価格データを使用しているのでより正確に計算が可能

\ 仮想通貨の損益計算を平均10秒で完了できる! /
国内ユーザー数、通貨種類、取引種類ともにNo1

そのほかにも、仮想通貨に精通した担当者が迅速なサポート対応や、ユーザーからの要望に応えて随時機能アップデートされるなど、税理士にも多く利用される理由がここにあります。

精神的な安らぎをと安眠を手に入れられるのが最大のメリットです!

暗号資産を貸して「複利」を得る方法

安心国内最高クラスの貸借料率の BitLending

USDT・USDC・DAIなどドル連動の暗号資産をガチホ(長期ホールド)する場合、貸出すことで安全に保管することができ、暗号資産の値上がりを待つ期間も高利率で複利をもらうことができます。

BitLending

国内での米ドル定期預金の年利がおおよそ0.01%程度ですが、最高1200倍の運用効果を得ることができます。最高1200倍の運用効果を得ることができます。

【貸出可能な暗号資産と貸借料率】※2024年2月更新
[BTC|ビットコイン]年利(APY)8%
[ETH|イーサリアム]年利(APY)8%
[XRP|リップル]年利(APY)6 % ≪NEW≫
[USDT|USテザー] 年利(APY)10%
[USDC|USDコイン]年利(APY)10%
[DAI|ダイ]年利(APY)10%

 おすすめハードウォレットLedger NanoS

Ledger(レッジャー) NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットは、ビットコイン、イーサリアム、その他のアルトコイン用のハードウェアウォレットです。長期保管する場合はネットから遮断されたハードウェアウォレットで安全に保管する事をお勧めします。

公式サイト以外からの購入は、ウォレットに何が仕掛けられてるか分かりませんので、安くても飛びつかないほうが良いと思います。↓ウィルスが仕掛けられてた例

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.