仮想通貨・NFTのはじめ方ガイド

【仮想通貨のレバナス】初心者向けレバレッジトークンの解説

レバレッジドトークンの概要を説明します。レバレッジドトークンは、トレーダーが証拠金や清算のリスクを負うことなく、レバレッジのメリットを享受できる短期投資手段です。本記事では、レバレッジドトークンについて詳しく解説します。

実践的なトレードを習得するために、少額からできて追証(借金)のリスクがない本格的なトレードプラットフォームを備えたBybitは最適解です。口座開設も数分の作業でできますのでこちらのリンクからぜひご参加ください!

\開設3分!取り扱い銘柄数1000以上!/

数百円から購入できて本格的な仮想通貨トレードも可能!
日本でも人気No.1*の大手海外取引所です。

※2022年当サイト調べ

\実はカンタン便利で自由度高い!Bybit の使い方ガイドはこちら/

Bybit(バイビット)口座開設完全ガイド(画像付き無料解説)

レバレッジ取引完全ガイド(画像・動画付き無料解説)

レバレッジドトークンとは何か?

レバレッジドトークンとは、簡単に言えば、トレーダーが証拠金を預けずにレバレッジをかけてトレードできる投資商品で、現物とデリバティブ取引の中間のリスクリターンです。

株取引ではレバナスなど、指数にレバレッジをかけた商品が有名ですが、性質的には同じなので、バレッジドトークンは仮想通貨界のレバナスと言えます。違いは、レバナスは指数を基にしていますが、仮想通貨には指数がまだ無いためレバレッジドトークンはBTCやETHなど固有の通貨を基にしています。

Bybitでは2023年現在『60種類以上』の仮想通貨のレバレッジドトークン取引ができます。

レバレッジドトークンの特徴や仕組みについて詳しく解説します。

レバレッジトークンは、仮想通貨の価格変動に応じてトークンの価値が変化する仮想通貨の投資商品です。レバレッジトークンは、仮想通貨のレバレッジ取引とは異なり、仮想通貨自体を所有する必要がありません。

レバレッジトークンは、3つの異なるタイプがあり、それぞれ異なるレバレッジ倍率を持っています。レバレッジトークンの購入には、トークンが対象とする仮想通貨の購入よりも低い価格で行うことができます。一方、レバレッジトークンを購入する際には、資金がリスクに晒される可能性があることに留意する必要があります。

レバレッジトークンは、市場の価格変動に応じて、短期間で大きな利益を得ることができますが、リスクが高いため、慎重に取引することが重要です。また、投資前にはリスクや特定の取引に関する情報を充分に理解することが必要です。

レバレッジドトークンの仕組み

レバレッジドトークンの仕組みは、永久契約の市場価格変動に連動して動くように設計されています。市場が有利な方向に動く限り、レバレッジで利益を最大化できる可能性があります。市場がお客様のポジションに反して動いた場合、レバレッジをかけたトークンは損失を最小限に抑えることができます。

レバレッジドトークンの特徴

Bybitのレバレッジドトークンの特徴は、以下の通りです。

・証拠金や担保を必要としない

・清算のリスクがない

・短期間で大きなリターンを得られる可能性がある

・減衰が組み込まれているため、長期投資には向かない

レバレッジドトークンのリスク

レバレッジドトークン投資には以下のようなリスクがあります。

・価格の急激な変動によって、投資元本を失う可能性がある

・レバレッジがかかっているため、小さな価格変動でも大きな損失を被る可能性がある

・市場の流動性不足によって、価格が実際の価値から乖離する可能性がある

・オプションと同じように、時間経過によって価値が減少するため、長期保有には向かない

・トークン発行者が悪意のある行動をとった場合、投資元本を失う可能性がある

これらのリスクを理解した上で、レバレッジドトークンを取引することが重要です。また、投資前には十分な調査や情報収集を行い、リスクマネジメントを行うことも大切です。

市場が有利な方向に動く限りは。通常の現物とは異なり、レバレッジドトークンは証拠金や担保を必要とせず、清算のリスクもありません。市場があなたのポジションに有利に動いた場合、レバレッジで利益を最大化できる可能性があります。

また、市場がお客様のポジションに反して動いた場合、レバレッジをかけたトークンは損失を最小限に抑えることができます。

ただし、レバレッジをかけたトークンは、短期間の投資にのみ適しています。

短期間の投資にのみ適している理由

レバレッジをかけたトークンは、短期間の投資にのみ適しています。

具体例のほうがわかりやすいので、例を見てみましょう。

強気市場において、4日間で、BTC USDT永久契約の価格は37.17%上昇しました。レバレッジ3倍でBTC USDT永久契約のロングポジションを建てた場合、ROIは111.51%に達します。

代わりにレバレッジをかけたトークンBTC 3Lのロングポジションを開設していた場合、ROIhは117.27%になり、BTC USDT永久契約を保有するよりも高いリターンを得ることができます。

これに対して、BTC USDT永久契約のショートポジションで強気市場に賭けていた場合、ROIはマイナス100%となります。そして、あなたのポジションは清算され、維持証拠金は失われたことでしょう。

一方、代わりにレバレッジトークンBTC 3Sでショートポジションを保有していた場合、清算や証拠金の損失がなく、ROIはマイナス70.38%に抑えられます。

このように、すべてのレバレッジドトークンには減衰が組み込まれています。変動が激しく横ばいの市場では、内蔵減衰がトータルリターンに悪影響を及ぼす可能性があります。

別の例を見てみましょう。

ボラティリティの高い市場では、BTC USDT永久契約の価格は毎日大きく変動し、5日間の終わりには0%の純増となったとします。

BTC USDT永久契約のロングまたはショートポジションを3倍のレバレッジで保有した場合、ROIはゼロに等しいでしょう。

一方、レバレッジをかけたトークンBTC 3Sでショートすると、ROIはマイナス13.34%、BTC 3Lでロングすると、ROIはマイナス8.35%になります。モメンタムムーブメントがない場合、レバレッジトークンを保有すると、永久契約を保有するよりも低いリターンをになります。

内蔵減衰の影響を最小限に抑えるため、Bibitsレバレッジドトークンはトレーダーに透明なリバランスメカニズムを提供しています。

Bybitのレバレッジドトークンの可変レバレッジの計算方法は次のとおりです。短期間で価格が大きく変動した場合、リバランスによって原資産のポジションが調整され、目標とするレバレッジ範囲にとどまります。

例えば、BTC 3LとBTC 3Sは、レバレッジが2以下、4以上の場合にリバランスが発動します。この仕組みにより、損失を抑え、利益を最大化することができます。証拠金不要で清算のリスクもないレバレッジ付きトークンは、ポートフォリオを多様化できる方法です。

より詳しくは bybit でご確認ください。

実践的なトレードを習得するために、少額からできて追証(借金)のリスクがない本格的なトレードプラットフォームを備えたBybitは最適解です。口座開設も数分の作業でできますのでこちらのリンクからぜひご参加ください!

\開設3分!取り扱い銘柄数1000以上!/

数百円から購入できて本格的な仮想通貨トレードも可能!
日本でも人気No.1*の大手海外取引所です。

※2022年当サイト調べ

\実はカンタン便利で自由度高い!Bybit の使い方ガイドはこちら/

Bybit(バイビット)口座開設完全ガイド(画像付き無料解説)

レバレッジ取引完全ガイド(画像・動画付き無料解説)

レバレッジドトークンの取引方法

レバレッジドトークンの取引方法について解説します。また、レバレッジドトークンを取引する際のメリットやデメリットについても詳しく説明します。

レバレッジドトークンの取引方法について、一般的な流れを以下に示します。

取引所にアカウントを開設する

レバレッジドトークンは、一部の取引所でのみ取引可能なため、まずは取引所にアカウントを開設する必要があります。

レバレッジドトークンを選択する

取引所でレバレッジドトークンを選択し、取引するトークンを選択します。一般的には、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を対象としたレバレッジドトークンが多く取り扱われています。

取引量とレバレッジ倍率を選択する

レバレッジドトークンは、レバレッジ倍率に応じて、大きなリターンを得ることができますが、同時に損失も大きくなる可能性があるため、取引量とレバレッジ倍率を選択する必要があります。

取引を行う

取引量とレバレッジ倍率を設定した後、取引を行います。取引所によっては、オーダーブックやチャートを利用して、相場の状況を確認しながら取引を行うことができます。

決済を行う

レバレッジドトークンは、一定期間が経過すると自動的に決済されます。また、利益が出た場合は手動で決済することもできます。

以上が、一般的なレバレッジドトークンの取引方法になります。ただし、取引所によっては、取引方法や手数料などが異なるため、取引前に必ず取引所の取引ルールを確認することをおすすめします。

レバレッジドトークンのリスク管理

レバレッジドトークンのリスク管理について解説します。レバレッジドトークンは、高いリターンを生み出す可能性がある一方で、取引に伴うリスクも高いという特徴があります。以下に、レバレッジドトークンのリスク管理についていくつかのポイントを説明します。

レバレッジ倍率の設定

レバレッジドトークンの取引において、どの程度のレバレッジ倍率を設定するかが重要です。レバレッジ倍率が高すぎる場合、価格の急激な変動によりトークンの価値が急落し、損失が発生する可能性があります。一方で、レバレッジ倍率が低すぎる場合、投資家は目標リターンを得ることができない場合があります。適切なレバレッジ倍率を設定するためには、市場の状況や自身の投資目的を考慮して、慎重に計画する必要があります。

リスク分散

レバレッジドトークンのリスク分散も重要なポイントです。投資家は、単一のトークンに全ての資金を投資するのではなく、ポートフォリオを複数のトークンに分散させることで、リスクを分散することができます。また、異なる市場やトークンに投資することで、リスク分散ができます。

リスク管理ツールの活用

レバレッジドトークンの取引には、リスク管理ツールを活用することができます。例えば、ストップロス注文やテイクプロフィット注文を設定することで、トレードのリスクを最小限に抑えることができます。また、レバレッジ倍率を自動的に調整することができるトレードボットを使用することもできます。

リスク管理の計画

レバレッジドトークンのリスクを最小限に抑えるためには、リスク管理の計画を立てることが重要です。投資家は、自身の投資目的やリスク許容度に合わせたリスク管理計画を策定し、それに従って取引を行うことが必要です。リスク管理計画には、どのような状況でも冷静に判断できるような心理的な準備が必要です。

情報の収集

レバレッジドトークンのリスク管理において、情報収集は非常に重要な要素です。投資家は、レバレッジドトークンを取引する前に、市場情報を注意深く収集する必要があります。

情報収集の方法は多岐にわたりますが、以下は一般的なものです。

ニュースやブログの閲覧:仮想通貨に関するニュースサイトやブログを読むことで、市場のトレンドや最新情報を得ることができます。有名なニュースサイトには、CoinDeskやコインテレグラフなどがあります。

チャートの分析:レバレッジドトークンの価格チャートを分析することで、過去の価格動向や将来の動向を予測することができます。チャートの分析には、テクニカル分析やファンダメンタル分析などの方法があります。

SNSのフォロー:仮想通貨関連のSNSアカウントをフォローすることで、トレーダーの意見や市場の動向に関する情報を得ることができます。有名なSNSアカウントには、TwitterやRedditなどがあります。

専門家の意見:仮想通貨に詳しい専門家の意見を聞くことで、市場の動向やレバレッジドトークンに関する情報を得ることができます。専門家には、投資家やアナリスト、トレーダーなどがいます。

これらの情報収集の方法を組み合わせることで、より正確な情報を得ることができます。ただし、情報収集においては、偏った情報やフェイクニュースに注意する必要があります。信頼できる情報源から情報を収集することが重要です。

実践的なトレードを習得するために、少額からできて追証(借金)のリスクがない本格的なトレードプラットフォームを備えたBybitは最適解です。口座開設も数分の作業でできますのでこちらのリンクからぜひご参加ください!

\開設3分!取り扱い銘柄数1000以上!/

数百円から購入できて本格的な仮想通貨トレードも可能!
日本でも人気No.1*の大手海外取引所です。

※2022年当サイト調べ

\実はカンタン便利で自由度高い!Bybit の使い方ガイドはこちら/

Bybit(バイビット)口座開設完全ガイド(画像付き無料解説)

レバレッジ取引完全ガイド(画像・動画付き無料解説)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました