分析記事《 米国個別株:110 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【BKSY】宇宙事業を手がけるブラックスカイはリアルタイムの地理空間情報、画像、データ分析のリーディングカンパニー!

この記事は約6分で読めます。
ブラックスカイ社サマリー
  • リアルタイムの地理空間情報、画像、データ分析のリーディングカンパニー
  • 垂直統合型の小型衛星の設計・製造も手がける
  • 顧客のほとんどがNASAとかペンタゴンなどの政府機関
  • TAM(市場機会)=〜40Bドル
  • 粗利益2021年黒字予定
  • 粗利率75%のビジネスモデル

スポンサーリンク

時価総額

ティッカー【SFTW】
変更後予定【BKSY】
会社名BlackSky Holdings, Inc.
セクターSaaS
宇宙・航空・防衛
設立2014年
IPO(上場)
CEOブライアン・オトゥール氏
時価総額1.1B
本部
従業員数

2021年2月18日、リアルタイムの地理空間情報、画像、データ分析のリーディングカンパニーであるBlackSky Holdings, Inc.は、Osprey Technology Acquisition Corp.(NYSE:SFTW)との間で企業結合契約を締結しました。との間で事業統合契約を締結しました。新会社は、新しいティッカーシンボル “BKSY “でNYSEに上場する予定です。

合併によるプロフォーマの時価総額は、1株あたりの価格10.00ドルで1.5Bドル近くになると予想されています。

単位:T=1兆、B=10億M=100万

ブラックスカイの経営メンバー

スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

会社ビジョン

Our vision of providing our customers with a ‘first-to-know’ advantage.

お客様に “最初に知る “という優位性を提供すること

ラックスカイのCEOであるブライアン・オトゥール氏

BlackSkyはリアルタイムの地理空間情報の価値を次のように定義しています。

  • リアルタイム地球観測の先陣を切る -先駆者
  • 独自のスモールサットのセンサーとソフトウェアの統合アーキテクチャ -広い堀
  • 拡大する大きな市場機会 -TAM=〜40Bドル
  • 近い将来、目に見える形でのパイプラインと収益の成長が期待できる -1.7Bドル
  • 高い利益率とスケーラブルな財務体質 -粗利率75%
  • 宇宙ベースのデータと分析の未整備な商業市場 -TAMの拡大

マーケット

サービス・商品

2014年に設立されたBlackSkyは、小型衛星コンステレーションの革新的な性能と経済性を活用して、リアルタイム地球観測のファーストムーバーとして、高再訪のグローバルモニタリングソリューションを提供しています。

シンノスケ
シンノスケ

簡単に言うと小さい人工衛星を低地球軌道にたくさん打ち上げて、星座みたいに配置して地球をモニターし、衛星写真を収集し、ノイズを除去し、いろんなエンドユーザーに販売できるようにしています。

BlackSkyの人工知能/機械学習を活用した分析プラットフォームは、衛星コンステレーションに加えて、宇宙、IoT、地上のさまざまなセンサーやデータフィードから独自の洞察を導き出します。

BlackSkyは、世界的なイベントや活動を監視し、世界中の商業および政府機関の顧客に強化された状況認識を提供しています。.

例えば、羽田空港の利用状況検出へのアプリケーションが紹介されています。この例では、頻繁に利用される駐車場と、ほとんど利用されない駐車場を検知しています。

また、ブラックスカイは、タレス・アレニア・スペース社との合弁会社レオステラを通じて、垂直統合型の小型衛星の設計・製造能力を確立しています。

BlackSkyは現在、5機の衛星を商業的に運用しており、2021年にはさらに9機の衛星をコンステレーションに追加する予定です。最終的にBlackSkyは、昼夜を問わず30分ごとに地球上の場所を監視できる30機の高解像度マルチスペクトル衛星のコンステレーションを構築することを目指しています。

ビジネスモデル

ブラックスカイは、米国および世界各国の複数の政府機関と契約を結んでいます。BlackSkyのパイプラインは、過去12ヶ月間で11億ドル増加し、現在17億ドルに達しています。

契約内容はFIXEDになっていて、今年の場合だと売上の90%ぐらい契約が確定しています。来年も70%ぐらいはできたも同然のようです。

ライバル・競合他社

スポンサーリンク

業績

スポンサーリンク

SFTWに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否
SBI証券OK
マネックス証券NG
楽天証券NG
スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

免責事項:
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました