| 仮想通貨・NFTの売買方法|

【仮想通貨 BCH】Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは? [チャート分析とファンダメンタル解説]

このページでは、暗号通貨 BCH の特徴について解説していきます!

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴
  • レイヤー1(Bitcoin Cashのブロックチェーン)
  • 仮想通貨 (BCH)は、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のトークン
  • より高速で低コストな取引が可能なビットコインの派生通貨
  • 時価総額ランキングは 29位 (2023/2)

仮想通貨 (BCH)ビットコインキャッシュとは?

仮想通貨 (BCH)は、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のトークンです。

ビットコインキャッシュは、大容量ブロック、低い手数料、即時取引、分散型開発などが特徴であり、ビットコインと比較して、より高速で低コストな取引が可能です。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の特徴

  1. ビットコインの派生通貨:ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐した派生通貨のひとつです。ビットコインが大量のトランザクションを処理することに苦しんでいたため、ビットコインのブロックサイズを拡大し、トランザクションの処理能力を向上させることを目的として、ビットコインキャッシュが誕生しました。
  2. 大容量ブロック:ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも大きなブロックサイズを採用しており、トランザクション処理能力が向上しています。ビットコインキャッシュのブロックサイズは最大32MBまで拡大されるため、ビットコインよりも多くのトランザクションを処理することができます。
  3. 低い手数料:ビットコインキャッシュは、大容量のブロックサイズにより、より多くのトランザクションを処理できるため、手数料が比較的安くなっています。ビットコインキャッシュのトランザクション手数料は、ビットコインよりも低く、小額の取引に適しています。
  4. 即時取引:ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもスピーディーなトランザクション処理が可能です。ビットコインキャッシュは、スムーズなトランザクション処理のために、Segregated Witness(セグウィット)技術を導入しており、即時取引が可能となっています。
  5. 分散型開発:ビットコインキャッシュの開発は、分散型で行われています。コミュニティーが集まって、ビットコインキャッシュの開発を進めており、より良い仕組みを提供するために、様々な技術や機能が開発されています。

以上が、ビットコインキャッシュの特徴です。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の時価総額

仮想通貨(BCH)の時価総額ランキングは 29位 (2023/2)です。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のチャート

仮想通貨(BCH)のリアルタイムチャート(日足)です。

BCHは、長期的にはディセンディング・トライアングルを形成しており他の仮想通貨に比べて、現状では反発も限定的になっています。

仮想通貨(BCH)は、コインチェックで取引可能です。

>> コインチェック口座開設完全ガイド

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のロードマップ

Bitcoin Cashの将来ロードマップについては、公式サイトや開発者の発表などがあります。

  1. ソフトフォークの実施:2022年5月にソフトフォーク「Harmony」が予定されています。これにより、新しいスマートコントラクト機能が追加され、ネットワークがより効率的になるとされています。
  2. プロトコルのアップグレード:Bitcoin Cashでは定期的にプロトコルのアップグレードが行われています。将来的にも新しい機能や改善点が追加されることが予想されます。
  3. ブロックサイズの拡大:Bitcoin Cashは、ビットコインと異なりブロックサイズを8MBに拡大しており、今後も必要に応じてブロックサイズの拡大が検討される可能性があります。
  4. プライバシーの強化:Bitcoin Cashでは、トランザクションのプライバシーが弱いとされていますが、将来的にはプライバシーを強化するための取り組みが行われる可能性があります。

以上が、Bitcoin Cashの将来ロードマップの一例です。

公式HP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました