個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【NFLX】Netflix(ネットフリックス)の強さは恐ろしいくらい極限を追求する企業文化!

この記事は約12分で読めます。
Netflix社サマリー
  • TV・DVDに対する破壊的イノベーションとして台頭してきたライブストリーミングサービスのNo.1に君臨
  • 先進的な企業文化!

次の4つの視点に着目して紹介していきます。

  1. 「時価総額」:今後の上昇余地
  2. 「テクニカル」:バリュエーション
  3. 「テーマ性」:事業の将来性
  4. 「業績」:決算の良否、成長率
スポンサーリンク

時価総額

企業概要

Netflixは、S&P500に採用される2000億ドルを超える大型株です。

時価総額238.4Bドル
ティッカーNFLX [NASD]
会社名Netflix, Inc.
業種オンライン動画配信
設立1997年
IPO(上場)2002年 5月
CEOテッド・サランドス氏 
(2020年7月16日–)
 リード・ヘイスティングス氏
 (1998年9月–)
本部アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロス・ガトス
従業員数9400人
2021/ 時点
単位:T=1兆、B=10億、M=100万
スポンサーリンク

テクニカル

バリュエーション

IPO後初値 1.16 ドルから、+ 40,000 %の価格帯で推移しています。最近は、少し前のGAFAMと同様半年間ほどヨコヨコしています。今後分厚い雲を抜けて上昇できるかに注目です。

価格帯別出来高

引用:楽天証券

直近のサポートラインは、517ドルとなっています。450以下の上昇局面のホルダーは、ほぼ利確が終わり450〜560ドルのボリュームゾーンが形成されています。

Source :Futubull

PSR推移

指標
PER(LTM)65.7倍
PER(NTM)52.8倍
PSR(LTM)9.5倍
PSR(NTM)8.1倍
アナリスト予想
Source :.koyfin.com
スポンサーリンク

テーマ性(事業内容)

会社ビジョン

Netflixには、とても恐ろしいくらいすごい企業文化があります。

Netflixは、2001年ごろに経営危機に陥って、社員の半分くらいをレイオフ(クビ)にして、そこからめちゃくちゃ会社の業績を拡大して、大きく躍進していきました。今のNETFLIXの強みを形成したのは、次のような企業文化を戦略的に形成したことだったようです。

  • 極限の能力主義
  • 極限のコミュニケーション
  • 極限の権限委譲
  • 極限の透明性

例えば、日本の「王様は裸」だと言えない、体質とは大違いで、会議とかでもこれは違うと思ったら言わないということは、NETFLIXではいわゆる「裏切り行為」として捉えられます。

このような、優秀ないろんな社員が色んなことを言い合えるような空気作りは、組織を強くするカルチャーとして注目されている「心理的安全性」に通づるところもあります。

NETFLIXでは、末端の社員にも自由な権限が与えられています。それを可能とするのが上記のような徹底的な企業文化の浸透だと言えます。

例えば、通常はいちいち言われなくても「服を着て」出社することが当たり前だと思います。ちゃんとしたいい社員であれば、変なルールを作らなくてもまっとうに動く、といった理念を通底させているのがNETFLIXなのです。

シンノスケ
シンノスケ

この本はサラリーマンが読とある種、危険とも言えます。
これを読んでしまうと、自分の会社ってなんだろう‥ってなって

しまいます。

私は、どちらかというとスッと入ってきましたが、

もし読まれるのであれば覚悟されたしです(笑)

マーケット

サービス・商品

Netflixは、実はDVDレンタルの時代からネットで予約⇒自宅にいつでも配送のオンデマンドスタイルを取っていました。

そして、テクノロジーの進化と共にそのリードタイムを極限まで縮めたストリーミングサービスへと変わってきました。

今日のNetflixのビジネスモデルは、非常にシンプルなサブスクリプションベースで構成され、TVドラマ・映画・バラエティ番組のストリーミングサービスを見放題で提供しています。

3つのサブスクプラン

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

ビジネスモデル

Netflixのビジネスモデルでは、大きく2つのセグメントでお金を稼いでいますがその99%がストリーミング配信によるものです。

  1. ストリーミング動画配信
  2. DVDレンタル
    (アメリカ国内で展開しているDVDの郵便レンタルのメンバーシップ)

Netflixは、元々DVDの郵便レンタルからスタートした会社で途中から動画を配信し、ユーザーが払うサブスクリプション費用を徴収するビジネスを追加ことで成長してきた企業です。ですから、サブスクリプション契約者が増えれば増えるほど利益も増えるという動画配信の専業ビジネスです。

Netflixの他のオンライン動画配信サービスとの差別化および成長戦略は、「オリジナルコンテンツ」の制作です。

Netflixとしては、そのコンテンツを見終わったあともサブスクリプションを継続してほしいので、随時新しいオリジナルコンテンツをリリースします。

ここで、重要になってくるのが制作費です。

契約者を引き止め続けられる高品質のコンテンツを大量に作るには、最高の制作陣と俳優が必要だからです。Netflixのオリジナルの質の高さは、アメリカでアカデミー賞・ゴールデングローブ賞などで数々の賞にノミネート・受賞していることが証明しています。

また、Netflixは世界中でサービスを提供しているので、ハリウッド的なドラマや映画だけでなく、その地域にあったコンテンツにも制作費が回されていることも見逃せません。

サブスクリプションモデルのデメリット

一般的にサブスクリプションモデルは、単純な売切りビジネスよりもセールスが難しく・長期化すると言われています。

登録は簡単でも、常に良いコンテンツを配信し、システムメンテナンスを行い、顧客サポートを充実させないと、すぐに解約されてしまうためです。

安直にサブスクであれば安定的に楽に稼げる、というわけではないということです。

サブスクだからこそ、会員登録後のカスタマーサクセス・サポート、顧客を継続的に満足させる仕組みづくりに大きな労力やコストが必要となるのです。

売上構成比

収益の99%は、ストリーミングビデオ配信(サブスク)

Source : Futubull

地域比

Source : Futubull

ライバル・競合他社

同様の事業を世界展開するライバルは、アマゾンのAmazonプライム・ビデオですが、そのビジネスモデルは大きく異なります。

NetflixAmazon
収益の99%が
サブスクリプション
プライム会員の特典の
一部として
動画配信サービスを提供
190以上の国と地域200以上の国と地域
スポンサーリンク

業績

業績指標サマリー

指標
売上成長率(YtoY)+23.3%
ROA(総資産利益率)9.70%
ROE(自己資本利益率)34.50%
ROI(投資利益率)14.80%
Gross Margin(粗利率)43.90%
Operating Margin(営業利益率)21.20%
Profit Margin(純利益率)14.20%

M = Mllion(100万)
B = Bllion(10億)

投資用語のかんたん解説集

指標の意味と見方については、次の記事で解説しています。

決算

EPS、売上高ともに、オールOKです。
しかし、2020年度は全てEPSを取りこぼしています。

Source : Seeking alpha
2021年 Q2 決算決算良否予想実績
EPS
(ドル)
○パス2.993.75
売上高
(ドル)
パス7.11B7.16B
引用:Seeking Alpha
2021年 Q2 決算決算良否予想実績
EPS(ドル)○パス
売上高(ドル)パス
売上成長率(YoY)+%
営業キャッシュフロー(ドル)
引用 : マネックス証券
2021年 Q3 予想コンセンサス
(アナリスト予想)
ガイダンス
(会社予想)
EPS予想(ドル)3.15
売上高予想(ドル)7.32BM
Source : Seeking Alpha
次回の決算日

2021/7/20

Source : Trading view

収益性

売上高成長

Netflixは収益性の高いビジネスです。

2018年のNetflixの当期純利益は12億ドル、2019年は18.7億ドル、そして2020年には約27.6億ドルの利益を計上し、前年より47.91%増加しています。

ストリーミング市場全体の成長やコロナのStayHomeの影響もあり、登録者数、利益ともに毎年大幅に向上していることがわかります。

引用 : マネックス証券
引用 : マネックス証券

キャッシュフロー(CF)

C/Fでは主に安全性を確認できますが、3つのC/Fのうち最も重要なのは、営業C/Fです。健全な企業では営業C/Fの金額よりも当期純利益が低いのが一般的です。

投資C/Fは設備投資や株式投資をした場合にマイナスで現れます。そのため、マイナスになっているほうが積極的に投資をしている企業と言えます。

フリーC/Fは営業C/Fと投資C/Fを足したものをです。これがプラスの場合は投資に現金を使っていても、それ以上の現金を営業C/Fで稼ぎ出していることを意味します。

高い利益水準を持つNetflixですが、キャッシュフローを見てみると、実はずっとマイナスとなっていましたが、2020年に営業CFが黒字転換しています。

この理由は、オリジナルコンテンツの制作とコンテンツのライセンシングにコストを費やしているためです。

将来を見据えて持続的に顧客を獲得・維持するために特にオリジナルコンテンツの制作にはここ数年間大規模な投資を行っています。動画ストリーミング市場の競争が激しくなるにつれて、他と差別化するためにNetflixでないと見れないコンテンツを用意することが大きなカギとなるためです。

スポンサーリンク

NFLXに投資できる国内オンライン証券会社

証券会社取引可否
SBI証券OK
マネックス証券OK
楽天証券OK
スポンサーリンク

この記事の情報ソース

↓売り出し目論見書

↓公式のIR資料

↓その他ツールサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました