個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【年収アップ転職方法まとめ】転職活動がめんどくさくても、最低限の労力で転職を成功させるためのステップと、4パターンのやり方を紹介します!

この記事は約6分で読めます。

転職って大変そうで、めんどくさいよね。

シンノスケ
シンノスケ

初めての転職でしたが、少しずつ行動すれば、案外大変じゃないんです。

私は「最低限の労力」で転職を成功させたことで、プライベートも犠牲にせずに、さらなるキャリアアップができました!

転職活動のステップ
  1. とりあえず調べてみることが大切
    • 自分の相場を知ることで、自然とモチベーションが上がります!
  2. 4パターンの転職活動方法
スポンサーリンク

とりあえず調べてみることが大切

転職活動は、よほどやる気があるか危機感があるときでないとガンガン行動していく気になれませんね。でもとりあえず初めてしまうと、意外と進むものです。後から「もっと早くやっておけばよかった」と思わないようにしたいですね。

転職活動が面倒な理由
  • プライベートが少なくなる
  • 今の快適な環境が大きく変わる
  • 仕事で気力がなくなる
  • 危機感がない

しかし、転職を考えているということは、何かしら今の職場に不満があるからです。収入や人間関係や職場環境などの環境は、実は仕事の内容よりもどんどん重要になってきます。

なぜなら、日本の場合40、50と年齢を重ねると、転職しづらくなるからです。

シンノスケ
シンノスケ

不満を蓄積させて我慢していると、自分の能力だけでなく

やる気や心も小さくなって、悪いスパイラルに陥ってしまいます。

悪いスパイラルに深く落ちる前に、「なるべく早く行動すること」が自分の人生にとっても、とても大切です。そのためには、なるべく早いタイミングで有益な情報を得ることが大切です。

例えば転職して年収が上がる秘訣は、異業種転職です。
製薬業界の営業マンがIT業界の営業マンに転職するといったパターンです。

転職活動のメリット
  • 自分の相場を知るだけでも、自然とモチベーションが上がる
  • 職場環境が変わることで得られるたくさんのメリットが分かる
スポンサーリンク

自分の相場を知ることで、自然とモチベーションが上がる

転職する方法は大きく4つあります。

  • 転職エージェント(分業型)→ 年収600万以下
  • 転職エージェント(両面型)→ 年収600万以上
  • 直接応募する
  • SNSを使う

転職エージェント(分業型)

一まず一番先に取り組むべきは、転職エージェントを使うことです。エージェントを使うことで、仮に転職が成功しなくても「自分の相場」が分かり、他の転職方法でも有利な情報になり得るからです。

転職エージェントには分業型と両面型があり、分業型は応募者側と企業側のコンサルタントが別人で対応されるタイプです。これによって起こるデメリットは「人格、社風といった重要なファクター」の伝達が難しいことです。

引用:株式会社ジェイエイシーリクルートメントHP

多くの企業の人事部が人材紹介会社に登録していて、採用が決まったら会社から成功報酬が支払われる仕組みなので、無料で相談ができます。

採用担当LAB

【採用担当LAB】は様々なメディアを取り扱っており、より多くの案件に対応しているのが特徴です。

引用:採用担当LAB HP

就職Shop

またリクルート社が運営している就職Shopは、20代の利用者が9割の新規採用をメインとしています。

引用:株式会社リクルート (就職Shop) HP

転職エージェント(両面型)

両面型の転職エージェントは、分業型と違って応募者側と企業側ともに一人のコンサルタントが対応しているため、転職希望者の人格と採用企業の社風をマッチングさせやすく、レスポンスが早い特徴があります。

また、専任している企業が多いため他の転職エージェントが持っていない採用情報を持っていたりします。

両面型転職エージェントを利用する目的
  • 自身の市場価値がわかる
  • 現時点、未来のの軸の第三者意見が確認できる
  • 自身のキャリアが異業種に活かせるかどうかがわかる
  • 伸びている産業、斜陽産業がわかる
  • 無料相談ができる(採用企業より成功報酬を受け取るビジネスモデル)

オススメのエージェントは以下になります。

JAC Recruitment

シンノスケ
シンノスケ

JAC Recruitmentはリベ大の両学長がYoutube動画で

オススメしたことでとても有名になりましたね!

JAC Recruitmentは管理職や技術職、専門職の転職に強みを持っていて、ハイクラス案件(年収600万円以上)も取り扱っています。

利用者の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方を輩出しています。

とわ言え、最近ではTikTokのバイトダンスなども若いSEを好むため、対象を拡大し20代の実績も増えてきているようです。

また、国内大手をはじめ、外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。

引用:株式会社ジェイエイシーリクルートメントHP

ヒューレックス

ヒューレックスは地域密着型のエージェンシーで、地方の優良企業へのアプローチに強みを持っています。

地方には埋もれている優良企業や好条件の仕事が多くありますが、全国各地域の金融機関との提携による独自ネットワークにより、地元優良企業の非公開求人を数多く所有しているようです。

引用:ヒューレックス株式会社 HP

直接応募する

直接応募するというのは、狙っている企業がある場合、その会社のHPの人事採用情報を確認して、募集がある場合のみ直接申し込む方法です。

一般的に中途採用の活動にはサイクルがあり、1月と10月が繁忙期、5月と12月が閑散期となります。希少性の高い専門職などは、通年で募集しているケースもあります。

この場合、報酬を節約できるといった会社側のメリットはあるものの、初めての転職活動では、自身の価値は分からず、年収は同程度が求められることが多いため、応募者側のメリットは少ないと言えます。

SNSを使う

LinkedIn(リンクトイン)を使った方法です。

LinkedInは、世界最大級のビジネス特化型SNSで、欧米では50%以上の人が使っている主要な転職ツールです。

以前は外資系のみが対象のようなイメージがありましたが、最近では、日本でも利用している人が多くなり、私の周りでも日系企業へステップアップ転職を成功させた人もいます。

使い方は、Facebookと同じで、アカウントを作り写真や自己紹介、職歴、スキルを入力します。繋がりをつくり、DM(ダイレクトメッセージ)でやり取りすることができます。

また転職に利用するだけではなく、Facebookとは違いビジネスの業界に興味のある人が利用している傾向にあり、そんな人たちと出会うことができる確立は圧倒的にFacebookよりもLinkedinの方が高いでしょう。

メリット
  • ビジネス間のネットワークづくりができる
  • 他人からの評価を自分のページに載せることにより社会的信用度が増す
  • 他人の情報を参考にできる
  • ヘッドハントの誘いがくる
  • 結果的に、自分のマーケットバリューがわかる
デメリット
  • 多かれ少なかれ個人情報が他人に見られる
  • ヘッドハンターからDM(メッセージ)が面倒くさい
  • 会社へバレる可能性はゼロではない

*Linkedinの情報を公開する企業を当然ながらブロックすることもできます。そのため日系企業の人事部が利用することは今のところ考えにくいのですが、同部署経由などで個人間で間接的にバレる可能性はあります。

しかし会社にバレても、仮に自分がLinkedinに登録しているからといって、必ずしも転職を希望しているとは限りません。他人のプロフィールを覗いてみたかった、外国人の友達に誘われて一応登録してみた、などなんとでも言い訳はできます。

シンノスケ
シンノスケ

個人的には正直転職活動には多少のリスクは付きものです。

それに、転職=浮気Linkedinへの登録=転職の意思と捉えるのは

古いので、そういった会社からはさっさと去っていくほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました