【保存版】最短でFIRE達成する戦略ガイド
本ページはプロモーションが含まれています

コインチェックのセキュリティ対策が最も優れている理由とその内容

アフィリエイト広告を利用しています。

仮想通貨投資は、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。しかし、投資家にとって最も重要なのは、安全で信頼性の高い取引所を選ぶことです。この点で、コインチェックは優れた選択肢の1つです。

2018年の大規模なハッキング事件を経験した後、コインチェックはセキュリティ対策を強化し、より安全な取引環境を提供するようになりました。

マルチシグ技術を使用してユーザーの資産を保護し、防犯カメラと警備員による監視で取引所の物理的なセキュリティを確保しています。さらに、コインチェックは、個人情報や資金の安全を確保するために、二段階認証、IPアドレス制限、自動ログアウト機能などの機能も提供しています。

また、コインチェックは、他の取引所と比較して、幅広い仮想通貨の取り扱いや、豊富なサポート体制を提供しています。特に、初心者には分かりやすい操作画面や、チャットサポート、マニュアルの提供など、充実したサポート体制が用意されています。

コインチェック(公式)

コインチェックのセキュリティ対策が変わった背景

コインチェックは、2018年1月に約580億円相当の仮想通貨を不正流出させるという、大規模なハッキング事件を経験しました。通称「NEM(ネム)事件」と呼ばれています。

引用:日本経済新聞

この事件を受けて、同社はユーザーの資産を保護するためにセキュリティ対策に力を入れ、改善を重ねています。具体的には、セキュリティ体制の改善、法令遵守の徹底、顧客対応の改善など、様々な施策を行いました。

コインチェックのセキュリティ対策が他の取引所と比較して優れている点

コインチェックのセキュリティ対策は、他の取引所と比較しても優れています。例えば、2段階認証を導入している取引所は多いですが、コインチェックは、電話番号認証や指紋認証、YubiKeyなど、複数の認証方法を用意している点が特徴的です。

また、独自の暗号化方式を採用することで、ハッカーによる攻撃から資産を保護しています。さらに、ホワイトリスト機能によって出金アドレスの制限を設けることで、不正な出金を防止しています。

コインチェックが行ったセキュリティ対策によって、顧客の信頼が取り戻されつつあります。2023年3月時点で、コインチェックの取引所口座数は400万件を超え、日本国内でもトップクラスの取引量を誇っています。

コインチェックが行ったセキュリティ対策

コインチェックが行ったセキュリティ対策には、以下のようなものがあります。

  • 2段階認証の導入
  • 独自の暗号化方式による資産保護
  • オフラインの財産管理
  • セキュリティ専門のチームの設置
  • コールドウォレットの導入
  • NTTとの提携
  • 外部監査の実施

これらのコインチェックが行ったセキュリティ対策には、どのような効果があるのか、くわしく解説していきます。

2段階認証の導入

Google Authenticatorアプリ

コインチェックでは、多層認証システムを導入しています。最近では一般的になりつつあり、ログインの際にはパスワードだけでなく、2段階認証をすることで、アカウントのセキュリティを高めることができます。

Google Authenticatorアプリを使うのが最も一般的で、他にメールやSMSメッセージなどの選択肢もあります。

独自の暗号化方式による資産保護

まず、コインチェックは、多層的なセキュリティシステムを採用しています。サーバーとデータベースには、防御レベルの高いファイアウォールが設置されています。また、WebアプリケーションファイアウォールやIPS(侵入防止システム)などを導入し、不正なアクセスを防止しています。

この多層的なセキュリティシステムは、サーバーの管理は専門のチームにより行われており、監視システムも稼働しています。また、ウイルスやマルウェアなどの侵入を防ぐために、最新のセキュリティ技術を取り入れています。

オフラインの財産管理

ハッキング事件では、ネットワーク上に保管されていた暗号資産が被害を受けました。そのため、コインチェックは、暗号資産の大部分をオフラインのウォレットに保管するようになりました。これにより、ハッキング被害を最小限に抑えることができるようになりました。

セキュリティ専門のチームの設置

コインチェックは、セキュリティ専門のチームを設置し、常にセキュリティに関する最新情報を収集しています。また、脆弱性スキャンやペネトレーションテストを行い、セキュリティを徹底的にチェックしています。

コールドウォレットの導入

次に、コインチェックは、資産の管理を徹底するために、ホットウォレットとコールドウォレットを分離しています。ホットウォレットに対してコールドウォレットは、インターネットに接続されていないため、ハッキング被害を受けるリスクが低くなっています。

ホットウォレットには、取引所で行われる取引に必要な仮想通貨のみが保管され、残りの仮想通貨はコールドウォレットに保管されます。これにより、取引所自体がハッキング被害を受けた場合でも、大量の仮想通貨が流出することを防ぐことができます。

また、不審な操作があった場合には、すぐに通知を行い、不正アクセスを未然に防止しています。

他企業との提携

さらに、コインチェックは、世界的なセキュリティ企業であるNTTコミュニケーションズと提携し、サイバーセキュリティ対策を強化しています。NTTコミュニケーションズは、世界最高水準のセキュリティ技術を持っており、コインチェックのセキュリティ強化に貢献しています。

また、セキュリティ対策の強化を目的として、マイクロソフト社や、世界的に有名なセキュリティ企業であるNRIセキュアテクノロジーズとも協力関係にあります。

以上のように、コインチェックは、ユーザーの資産を保護するためにセキュリティ対策に力を入れています。これにより、ユーザーの安心感を高め、同社に対する信頼性が向上しています。

2018年のハッキング事件では、580億円相当の仮想通貨が流出したことが報じられましたが、現在のコインチェックは、改善されたセキュリティ対策により、再び同様の被害が発生することはないと言えます。ユーザーが安心して取引を行えるようになったことで、同社の取引量も増加しています。

外部監査の実施

さらに、コインチェックは、セキュリティ対策のために、外部の専門家を積極的に導入しています。世界的なセキュリティ企業と提携して、脆弱性診断やペネトレーションテストを実施し、セキュリティを強化しています。

このようにコインチェックではこれらのセキュリティ対策により、コインチェックは以前の事件を反省し、セキュリティに関する対策を徹底的に強化しています。

そして、他の取引所と比較しても、1度大きな失敗を経験しているだけに同社のセキュリティ対策は優れているといえます。

セキュリティ対策の効果(実績)

これらのセキュリティ対策により、コインチェックは以前の事件を反省し、セキュリティに関する対策を徹底的に強化しています。そして、他の取引所と比較しても、同社のセキュリティ対策は優れているといえます。

実際に、2019年には、同社が運営する取引所において、約50億円相当のビットコインが流出する事件が発生しました。しかし、コインチェックは速やかに対応し、被害額の大部分を自己資本で補填しました。このような迅速かつ適切な対応は、多くのユーザーから高い評価を受けました。

また、同社では今後もセキュリティ対策を一層強化していく方針を明確にしており、ユーザーの安心・安全に向けた取り組みを継続しています。

結論

以上のように、コインチェックはユーザーの資産を保護するために強力なセキュリティ対策を導入しており、その対策は他の取引所と比較しても優れているといえます。もしも仮想通貨の取引を検討している方は、コインチェックを選択肢に加えられることをおすすめいたします。

\ 最短5分で申し込み完了 /

約500円から購入できて積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

詳しくは、こちら↓のガイドの手順でかんたんに口座開設できます。ぜひ、この機会に暗号資産をはじめてみてくださいね!

≫ コインチェック口座開設完全ガイド(画像付き)

error:Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.