≫ 仮想通貨/NFT/メタバースの始め方はこちらから

【初心者向け】NFTの買い方ガイド

NFTアートを手に入れるまでの手順
  • 仮想通貨取引所の口座を作成する
    コインチェック
  • ウォレットを作成する
  • イーサ(ETH)の購入(コインチェック)
  • 仮想通貨取引所からウォレットに入金する
  • OpenSeaに新規アカウント開設
  • 好きなNFTアートを見つける ♪

NFT

NFTとは唯一無人性を「証明」することができるメタバース内のブロックチェーン・ベースの技術のことでデジタルであれば全てのものに適用できます。

最近、ナイキやディズニー、H&Mなど世界的に有名な企業がこぞって参入してきており、今後のマーケットの拡大が期待されています。

一般にアートって聞くと絵画や像の美術品のイメージがあり高額に思うかもしれませんが、NFTアートマーケットには、漫画や動画、アバターや建築など様々なものがあり、意外と数百円から購入できます(ガス代除く)。

NFTを買うとどんなメリットがあるの?

NFTを購入するメリットとして

現時点ではこのようなことが言えます。

NFTを買うメリット

① まだ黎明期なので実際のアートと同じように、値上がりが期待できる
② VRのアバターとして使えることもある
③ スマホやスマートウォッチの壁紙、SNSのアイコンにできる
④ メタバース内に展示できる
⑤ 特定のNFT購入者のみが受けられるサービスやイベントがある

NFTを買うデメリット

① 仮想通貨自体の価格変動が大きい
② 買ったNFTが売れなくなる可能性もある
③ 売買にガス代(手数料)がかかる(イーサ)
④ まだまだ日本語情報が少ない

仮想通貨やNFTへのアクセス経路は自体まだ黎明期で、分かりにくいインターフェースであったり複雑ため、なかなか始めにくい状況になっています。(インターネットでいうとWindows95より前くらい)

しかし、実はポイントだけ押さえて手順を踏んでいけば意外と簡単です。

NFTアートを手に入れるまでの手順

仮想通貨取引所のアカウントを作成する

コインチェック

最近話題のNFTアートやNFTゲーム、今後拡張されていくメタバース経済圏を楽しむ最初の壁が仮想通貨の購入です。

こちらの記事で、「取引所アカウントの作り方〜仮想通貨を買うまで」の手順を紹介しています。

色々な取引所を使ってきましたが、現時点でオススメの国内取引所は下の2つです。

\ マネックス証券傘下で安心!アプリダウンロード数No1 /

>>コインチェックを見てみる

\入出金 送金手数料無料 (最安)!/

>>GMOコインを見てみる

ウォレットを作成する

仮想通貨ウォレットとはOPENSEAなどのマーケットプレイスでNFTを買ったり、NFTゲームをはじめる上で必須のお財布のようなものです。これさえあれば、いろいろなマーケットプレイスへアクセスすることが可能になります。

仮想通貨取引所では、コインチェックやバイナンス、パンケーキ・スワップなどは資金が一ヶ所に集まっています。(中央集権型)

それに対して仮想通貨ウォレットは、ブロックチェーン上の分散型ネットワークにコインが記録されています。(非中央集権型)

* 詐欺サイトはGoogle検索やディスコードからの流入が多いです。URLが微妙に違っていたりしますので、必ず信頼のおけるURLアドレスか確認してからアクセスして下さい。

正しいURLアドレスは以下こちらです。

▶︎ メタマスク公式サイト   https://metamask.io/

*ほとんどのNFTマーケットはメタマスクに対応していますが、対応していないマーケットプレイスでは違うウォレットが必要になってきます。

③ イーサリアム(ETH)の購入

NFTの売買には、主にイーサリアム(ETH)という仮想通貨が使われています。

注意点としては、販売所では手数料が高いため「取引所」で買うようにしてください。

  • 販売所 ‥ 店舗購入のイメージ(B to C)
  • 取引所 ‥ メルカリやヤフオクのイメージ(C to C)

仮想通貨に慣れていて、スマホから最安で売買や海外送金されたい場合は、手数料無料のGMOコインがオススメです。

④ 仮想通貨取引所からウォレットに送金する

仮想通貨を送金するときは、基本的に「受け取り側のウォレットアドレスをコピーして送り元に登録」します。

*ここで最も注意しなくてはいけないのはGOX(送金ミス)です。次の手順を守れば大丈夫です。

イーサリアム(ETH)を送る場合

  1. ウォレットアドレスは必ずコピー
  2. ネットワークは「ERC20」を選択
  3. 1度目は少額でテスト送金する
  4. 着金を無事確認できたらまとめて送る

ガス代について

* NFTを購入するにはイーサリアム(ETH)を使う必要がありますが、ガス代がかかります。ガス代はネットワークの混み具合によって変わってきます。混み具合このサイトで確認できます。

https://ethgasstation.info/

20〜100 : ガス代が安いとき

100〜300 : ガス代が高いとき

Gas Price (legacy) の数値が200を超えているときは、下がるまで待ってみるといいと思います。

OpenSeaで発生するイーサリアムのガス代は、刻々と変化し数分待つと安くなったり高くなったり変動します。(直近だとお正月が一番安かったです)

送金手数料(参考)

 ABC
1
暗号資産単位
(各通貨)
円換算
(2022/1月)
2
BTC
(ビットコイン)
0.0005¥2,404
3
ETH
(イーサリアム)
0.005¥1,810
4
XRP
(リップル)
0.15¥13
5
LTC
(ライトコイン)
0.001¥15

引用:コインチェックHP

⑤ OpenSeaなどのNFTマーケットにログインする

NFTマーケットプレイスには、こちらの記事のように様々なものがあります。

今回は、世界で最大のマーケット・プレイスであるOpenSeaへのログイン方法を解説します。

▶︎ Opensea公式サイト   https://opensea.io/

MetaMaskとOpenSeaをコネクト

NFTマーケットへのログインは、これまでのWeb2.0時代と違って「ウォレットを繋ぐだけ」でアカウント作成&ログインできます。

OpenSeaの例
  • Createをクリック
  • ウォレットを選択(ex.メタマスク )
  • ウォレットを接続1(ex.メタマスク )
  • 接続2(ex.メタマスク )
  • 接続完了
  • ログイン完了
国内初!取引所NFTプラットフォーム「Coincheck NFT」
引用:コインチェック

2021年3月、コインチェックでもNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」の提供を開始しました。仮想通貨取引所が運営するNFTプラットフォームは国内初で、前衛的な取り組みと言ます。

Coincheckの口座をお持ちの方はどなたでも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるガス代(ネットワーク手数料)は無料です。

引用:コインチェック

コインチェックのNFTマーケットはベータ版ということもあり、Coincheck NFT(β版)で売買できるものは次のものに限られていますが、今後に期待です。

引用:コインチェック

Coincheck NFTの出品作品を閲覧するには、口座開設が必要です。無料で簡単にできます。

\ 国内初取引所マーケットプレイスCoincheck NFT

⑥ 好きなNFTアートを見つける ♪

お疲れ様でした!これで、NFTマーケットプレイスで購入できる準備ができました!

日々たくさんの活動に溢れる脈動をぜひ見てみてください。

ハマりすぎ、使いすぎ注意です(笑)

海外仮想通貨取引所

NFTやメタバースの仮想通貨の世界的流行にも関わらず、日本の取引所ではその多くの仮想通貨を購入することはできず、購入には海外取引所を使う必要があります

  1. 国内取引所で円→仮想通貨
  2. 国内→海外取引所へ送金

▶︎(取引高世界一)Binance(バイナンス) 

▶︎(日本語サポート)Bybit(バイビット)

*登録は、スマホでメアド入力のみ数分で完了(無料)
*クレジットカードでの購入も可能です。

NFTおすすめ本

足立明穂さんによって書かれたこちらの本は、NFT入門としてとても分かり易くて情報も多いのでおすすめです。

こちらのNFTの教科書は「読者が選ぶビジネス書籍グランプリ2022」にノミネートされたようで、NFTの購入、売却に関する税金の考え方が整理されています。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました