貧乏人こそ知っておくべき、お金の基礎知識【投資の威力】

投資ノウハウ
この記事は約7分で読めます。

最初に知っておくべき、お金に必要な知識

「毎日毎日頑張っているけど、お金も時間もない」

「稼ぎを増やしたいけど、どうやっていいか分からない」

シンノスケ
シンノスケ

「ここから抜け出す方法がどこかにあるはずだ」

自分自身、裕福な家庭に育ったとはいえず、節約に関しては幼少期から癖になっていました。

なので、いつも下記のことを10代の頃から実践してきましたが、なかなか答えにたどり着くことができずにいました。

これまで実践してきた節約
  • 家賃を極力下げる(会社の寮利用、駅から離れた物件など)
  • 食費を極力下げる(ほぼ毎日自炊、昼も冷凍食品でお弁当か社食など)
  • 買い物もオンラインショッピングで時間とお金を節約
  • クルマ・バイクの整備スキルをプロから学んで自分で点検・整備
  • 都内では、自転車・バイクにのって移動時間を短縮(電車利用時以外)
シンノスケ
シンノスケ

無駄遣いを極力減らして(時には、幸せもたくさん我慢して)生きてきましたが、1番の無駄使いは「投資をしない」ということでした。

節約して貯金という手法しか知らなかった私にとっては、投資の威力は目から鱗でした。

投資の威力
  • 年利10%で4,400円/月を30年積み立てると1000万円になる
  • 年利10%で15,700円/月を20年積み立てると1000万円になる
  • 年利10%で50,000円/月を10年積み立てると1000万円になる
  • 4,400円/月×30年間(360ヶ月)= 158万円
  • 15,700円/月×20年間(240ヶ月)= 376万円
  • 50,000円/月×10年間(120ヶ月)= 600万円

実際の積み立て額からは想像できない金額が増えていることがわかります。

しかも、この年利10%というのは過去100年以上において安定して発揮されていることが、下記の表からわかります↓

出典:https://mymoneywizard.com/

やり方によっては利回りを10%以上に上げることも可能です。


また、株式にはこの様な「キャピタルゲイン」以外にも、1億円以上の株式資産を形成して年間300〜500万円(配当利回り3〜5%)の配当金だけで生活できる様な「インカムゲイン」という収入も得ることが可能です。

配当利回りと投資対象は下記の関係になっています。

○=使える△=使おうとすれば使える×=使えない、もしくは不要

配当利回り2.5〜3%3〜4%4〜5%5%以上
債権ETF××
高配当ETF×
個別株式

下に行くほどリスクが高くなってきます。債権ETFが最も低リスク・ローリターンでになります。

配当利回り3〜4%以内であれば、投資に不慣れな初心者でもお手軽に達成できる水準で、5%以上を狙うのであればリスクをとって個別株式を組み合わせる必要があります。

個別株式は、投資初心者のうちだと買い集める(分散する)のに手間も時間もかかり、知識も必要なため難易度高めです。

この様なことを知ったときに、なぜお金に余裕が出ないのかに辿り着きました。

お金に余裕がでない理由
  1. 給料(収入)があまり上がらない
  2. 物価上昇インフレ
  3. 税金、社会保険料の上昇
  4. 人口減少からの内需減少
  5. マネーリテラシーが足りない
シンノスケ
シンノスケ

1〜4の項目は自分にはなかなか変えられませんが、5つめの項目は自分の行動次第でなんとでもなります。

マネーリテラシー

マネーリテラシーの定義は下記のとおりです。

引用元:Wikipedia

例えば、人生にかかる最大コストは、家賃や家の購入費用だと思われがちですが、実はリタイヤ費用になのをご存知でしょうか?

子供にかかる支出が約2600万円、家の支出約2800万円に対してリタイアにかかる支出は約7500万円と斗出していることがわかります。

これは2016年の米データと少し古いですが、世界的にこの比率はあまり変わりないと思います。

世界は今後良くなっていく

今後の世界経済はこれまでと同様に右肩上がりで、加速度的に良くなっていくと言われています。

下の表(Global wealth report) は世界のミリオネア(資産1億円以上)の現状と2024年までの展望を示しています。

日本では今後もミリオネアが300万人から500万人に増加すると考えられ、世界でもその増加率は斗出しているのです。

引用元
Global wealth report 

この様に、知ることで視界が変わり、今後の行動に大きく影響していきます。


Liberty lifeでは、下記のコンセプトで記事をまとめていきます。

ブログコンセプト

マネーリテラシーの本質最短で学ぶ

本質 → マネーリテラシーは一生モノの英知になります。それどころか、子供や孫まで受け継いでいくことができます。

最短 → ネットやSNSによる情報過多/情報格差の時代。厳選した情報をイラストなどで直感的に理解することで、いらない情報に「やる気」や「時間」を奪われず人生の時間を有効活用できます。

シンノスケ
シンノスケ

マネーリテラシーを効率よく理解する土台として、以下の全容を把握しておいてください。

『お金の流れ』

お金の流れは下のイラストのようになっています。自由になるためには、まずこのお金の流れをコントロールするチカラを身につけていく必要があります。

『お金のチカラ』

お金の流れをコントロールする為に必要なチカラは、大きく3つに分類できるんです。それぞれの関係がわかるように、イラストで全体像を把握してください。

シンノスケ
シンノスケ

それぞれのチカラには、それぞれの役割があり必ず循環させる必要があります。
①稼ぐと②貯めるの往復だけでは、ただの貯金マシンになってしまい、何のために生きているのかわからなくなってしまいますね。

それぞれのチカラを少しずつでも行動して、向上させていくことが必要です。

幸せはお金じゃない!?

大切なのは、お金と心とカラダのバランス

よく幸せはお金で買えると言いますが、その通りで人間満たされていると、不平不満が出にくくなるものですが、お金さえあれば幸せなのかと言うとそうではありません。

私自身、子供の頃からそう考え、『好きなこと、得意な事を仕事にする=世の中に最大限に役に立ちかつ幸せな人生』だと考え行動してきました。


しかし、「働いても働いても豊かにならないな」という事をいつも考えていました。

  • やりたいことができない
  • 欲しいものが買えない
  • 働くほど時間がなくなる

これが、真の幸せかと言えるのか?と。


そんな中、髄膜炎という病気にかかり「今日、死ぬかもしれない」ということを経験しました。幸い後遺症もなく復帰できたのですが、この経験が人生を見つめ直す大きなキッカケになりました。

そして、色々調べていくうちに、資本主義社会においては自分が負け組だという事に気づきました。

豊かで幸せな人生を生きていくためには、経済的豊かさ(余裕)が必要不可欠

幼少期から経済的に苦労してきた方で、学生時代も常にアルバイトをしながら学業に励んでいた私は、他の人よりマシだと思っていました。
しかし、私自身も含め日本人は、世界の中でもマネーリテラシーの低い国民。

これまでの時代は就職して働いているだけで良かったのですが、先行の悪い日本経済に生きるいちサラリーマンやOLの会社員など庶民にとっては、今後深刻な問題となってきます。

これからの時代は特に、富裕層にならい資本主義のシステムを上手に使い生きていくことが大切です。

シンノスケ
シンノスケ

幸い、今時代はインターネットやSNS、YOUTUBEなど優秀なプラットフォームにタダ乗りできる恵まれた時代(環境)なのです!これを利用していかない手はないですね!

時短の大切さ

あれを知りたい。これを知りたい。と思って調べていくうちに、いつの間にか余計な事にたどり着き、時間ばかりが過ぎていってしまっている事ってありませんか?

世の中には、Google検索をはじめYoutubeやTwitterなどのSNSなど情報源が多岐にわたります。
また、ネット上の情報発信者もプロアマ問わず、情報を整理できる人できない人さまざまです。

私は、下記のように考えて行動しています。

「やみくもに大量の無駄な知識を取得しても、それは騙されているのと一緒」

「騙されてお金を失っても、人生の一部を失っているのと同じこと。だけど、騙されるのが怖くて、行動できないのも人生を失っているのと同義」

このブログでは、そういった世の中に溢れかえる情報を厳選の上、ミニマム化しシンプルにお伝え(1記事だけで、全体像を把握し実践できる最短ステップを構成)することで、情報に惑わされずに、誰でも目的地に素早くできる限り正確に辿り着けるよう設計しています。

時間はとても貴重なものです。無差別に雑学を学びたいのなら別ですが、必要な知識をさっさと吸収して自分の好きな人といる時間や好きなことをやる時間に当てた方が、よっぽど幸せだと思っています!



また、これからの時代は、情報格差による人生の格差がますます広がっていきます。行動力があっても、まずは気づかなければ動き出せず、考えることも始まりません。



シンノスケ
シンノスケ

やはり行動や失敗の経験は早ければ早いほどいいので、少しでも早く気づきを得て、人生の限りある時間を有効活用して豊かな自由を手に入れていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました