【XPEV】NYにIPO(上場)する中国のEVメーカーXpengとは

米国株・ETF【長期】
この記事は約7分で読めます。

Xpeng、ティッカーシンボル:XPEVは中国では「シャオペン」と発音される中国を代表するスマートEVメーカーの一つです。中国に本拠を置くXPengは、中国でプレミアムオール電気自動車を開発および販売するために設立されました。

ニューヨーク市場で8500万株を11~13ドルで売出し、10億ドルを調達する予定。幹事構成はクレディスイス、JPモルガン、BofA。IPOは2020年8月27日を予定しています。

経営陣は、共同創設者で会長兼CEOであるXiaopeng He氏が率いており、XPEVは非常に競争の激しい市場で、高い営業損失とキャッシュバーンを生み出しながら、IPOに高い価格を求めているようです。

Xpeng(シャオペン)サマリー
  • 中国でEVを設計および製造
  • ターゲット車格は、中間~ハイエンド・セグメント
  • 3rdモデルが2021年に登場予定
  • カタール政府系ファンドやアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の政府系ファンドが出資
  • Alibaba(阿里巴巴、アリババ)とXiaomi(小米科技、シャオミ)も出資
  • 「NIO」「LI」 に続き、「XPEV」 上場でチャイナEVは三つ巴

Xpeng社業績

XPengの最近の財務サマリーは次のとおりです。

  • 直近の期間の不均一なトップライン収益
  • ほぼ損益分岐点の粗利益
  • 高い営業損失がマイナスの営業利益を削減
  • オペレーションで使用される不均一だが多額の現金

2020年6月30日の時点でXPengは、2億9,990万ドルの現金と8億8,620万ドルの負債を抱えていました。 2020年6月30日までの12か月間のフリーキャッシュフローはマイナス5億8,250万ドルでした。

以下は、財務諸表から抜粋した内容です。

Total Revenue
PeriodTotal Revenue% Variance vs. Prior
Six Mos. Ended June 30, 2020$ 141,944,000-21.6%
2019$ 328,547,00022917.9%
2018$ 1,427,353
Gross Profit (Loss)
PeriodGross Profit (Loss)% Variance vs. Prior
Six Mos. Ended June 30, 2020$ (5,112,000)-92.6%
2019$ (79,000,000)22653.1%
2018$ (347,206)
Gross Margin
PeriodGross Margin
Six Mos. Ended June 30, 2020-3.60%
2019-24.05%
2018-24.33%
Operating Profit (Loss)
PeriodOperating Profit (Loss)Operating Margin
Six Mos. Ended June 30, 2020$ (202,174,000)-142.4%
2019$ (535,106,000)-162.9%
2018$ (249,210,882)-17459.7%
Net Income (Loss)
PeriodNet Income (Loss)
Six Mos. Ended June 30, 2020$ (112,639,000)
2019$ (522,523,000)
2018$ (205,709,265)
Cash Flow From Operations
PeriodCash Flow From Operations
Six Mos. Ended June 30, 2020$ (171,643,000)
2019$ (504,274,000)
2018$ (231,281,618)
Source: Company registration statement

XPengは、Simplicity Holding、Taobao China、IDGエンティティ、Efficiency Investment、GGV Capitalなどの投資家から少なくとも16億ドルを受け取りました。

EV製品

XPengの製品はテクノロジーに詳しい中産階級の消費者を対象としており、価格は約22,000ドルから50,000ドルです。

同社の主な製品は次のとおりです。

G3 (SUV)

引用:https://en.xiaopeng.com/

コンパクトSUVカテゴリーの中で、「最長の航続距離」を売りにしています。

価格は、RMB149,800〜196,800(21,700〜28,600ドル)です。

460〜520kmの航続距離を持ちながらこの価格なので、ガソリン車に対抗できる価格設定だと思います。

最近の中国車は、スタイリッシュなデザインで好感がもてるね!

シンノスケ
シンノスケ

ここ最近は、欧州出身のカーデザイナーが手がけたり、カルフォルニアやロンドンのカーデザイン学校ではたくさんの中国人かーデザイナーが排出されているためだと思います。

P7(4ドアセダン)

引用:https://en.xiaopeng.com/

こちらも、インテリジェントEVとロングレンジ(700km)を売りにしています。

価格はRMB229,900〜349,900(33,560ドル〜50,770ドル)です。

安全性能

引用:https://en.xiaopeng.com/

世界基準であるC-NCAPの最高ランクとなる5つ星を獲得しています。日本車も、うかうかして入られませんね。

8月24日、中国で最も多くの資金を調達した電気自動車スタートアップのひとつであるBlackBerryは、Xpeng(小鹏、シャオペン)のレベル3自動運転ドメインコントローラー開発にソフトウェアを提供することを発表しました。

これにより、Xpengのインテリジェントコックピットには、QNXと呼ばれるBlackBerryのオペレーティングシステムが搭載されます。

「車の運転状況」の計算を行い「周囲の環境をリアルタイムでモニターし安全な運転判断を行う360度全方位の感知システムを提供する」処理ユニットが搭載されるとのことです。

最近流行の、自動ブレーキや自動運転追従、パーキングアシストなども当たり前のように装備しています。

顧客

オムニチャネル販売モデル、オンラインマーケティング、および販売サービスセンターのネットワークを通じて顧客に販売しています。

XPEVは、多くの店舗をショッピングモール内のTier 1およびTier 2の都市に配置して、ブランド認知度を高め、顧客のトラフィックを引き付けています。

以下の図が示すように、収益の増加に伴い、総収益に対するパーセンテージとしてのG&A費用は減少しています。

Selling, G&AExpenses vs. Revenue
PeriodPercentage
Six Mos. Ended June 30, 202079.7%
201950.2%
20186620.0%
Source: Company registration statement

次の表に示すように、直近のレポート期間で、販売、G&A支出の各ドルによって何ドルの追加の新しい収益が生み出されると定義される販売、G&A効率率は、-0.3倍に低下しました。

Selling, G&AEfficiency Rate
PeriodMultiple
Six Mos. Ended June 30, 2020-0.3
20192.0
Source: Company registration statement

マーケットと競合他社

TechSCI Researchによる2019年の市場調査レポートによると、全EVの中国市場は2018年に約740億ドルと評価され、2024年までに3,300億ドルに達すると予想されています。

これは、2019年から2024年までの予測CAGRが28%を超えることを表しています。

この成長の主な推進力は、環境汚染に対する懸念の高まりと、提供される電気自動車の価格の上昇です。

また、以下のグラフは、さまざまな種類のEVの過去および将来の予測成長軌道を示しています。

引用:TechSCI Research

中国市場における競合他社

中国市場における主な競争またはその他の業界の参加者は次のとおりです

  • Yadea Group
  • AIMA Technology Group
  • Zhejiang Luyuan Electric Vehicle
  • Geely Automobile
  • Dongguan Tailing Electric Vehicle
  • Jiangsu Xinri E-Vehicle Co.
  • Shandong Incalcu Electric Vehicle
  • Tesla (TSLA)
  • BAIC International
  • NIO (NIO)

3つの米国上場EV競合メーカー

  • LI (中国)時価総額= 129億ドル
  • NIO (中国)時価総額= 166億ドル
  • NKLA (アメリカ)時価総額= 165億ドル

NIOは、過小評価されており、遅かれ早かれ時価総額に反映された真の値が表示されると言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました