【NVDA】NVIDIA(エヌビディア)のCEOは現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ!?

米国株・ETF【長期】
この記事は約6分で読めます。

CEO Jensen HuangCEOのジェンセン・ハン, he is out of this world.彼は、この世のものとは思えない(くらいすごい)

He’s an engineer技術者, he’s a builder構築者, he’s a leaderリーダー, he’s an artistアーティスト.

This guy is a modern da Vinci彼は現代のダヴィンチだ.

Jensen, man, I gotta hand it to you.貴方に敬意を評します

— ジム・クレイマー at Mad money TV show.
NVIDIA(エヌビディア)社サマリー
  • GPU(グラフィックボード)に特化した、半導体メーカー
    • GPUとは、サーバーやパソコン、ゲーム機などの画像処理用の集積回路
  • ライバルのAMDは、CPUも作っていてインテルと競合メーカー
  • CEOは、現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ!?
  • 2020/9/1 新製品「GeForce RTX 30シリーズ」を発表。
    • 発売は9月下旬
    • フォートナイトにも採用。

NVIDIA社について

事業概要

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社です。

サービス・商品

同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成されます。

GPU製品ブランド

ゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDがあります。

Tegraブランド

コンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進しています。

同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発しています。

世界的なAIニーズ(機械学習ニーズ)の高まりによって、データセンターのサーバーに多くの計算が可能なGPUを載せたいというニーズがかなり高まってきていて、今後も需要は右肩上がりでしょう。Nvidiaはそういったサーバー用のGPUとしてのシェアはNo1です。

顧客

サーバークラウドのシェアトップのAWS Azureをはじめ、ゲーム業界、映画業界、自動車業界など多岐に渡ります。

ライバル・競合他社

ライバルのAMDとは、GPUの特性にそれぞれ売りがあります。

懸念点として、前々からARMを買収するのではないかという噂があります。これが実現した場合に、リスクの1つとしては覚えておく必要があります。

グロース(成長)株か?

この株は未来の「GAFAM」やTSLA、NVDAになりうるか!?
以下のグロース株5つのポイントに沿って確認してみましょう。

成長株を見分ける5つのポイント
  1. 増収増益か?
  2. 株価チャートが持続的な上昇トレンドか?
  3. PER(株価収益率)が高いか?
  4. 時価総額が比較的小さいか?
  5. 将来の「成長ストーリー」は良好か?

1) 増収増益か?

2020年 Q2決算

エヌビディア(NVDA)の2Q決算は良好です。

2020年 2Q決算実績予想
EPS(一株利益)2.18ドル1.68ドル+0.5ドル
売上高38.7億ドル
( +50% YtoY)
36.6億ドル+2.1億ドル
売上成長率+50.1%
粗利率(GAAP)58.8%
粗利率(Non GAAP)66%
(前年同期は60.1%)
営業利益率(GAAP)16%
( YtoY 14%)
営業キャッシュフロー15.66億ドル
(前年同期は9.36億ドル)

粗利率60%を維持しつつ、営業利益率をGaapベースで14%伸ばしつつ、38億ドル(約4000億円)の売上を50%もYtoYで伸ばすのは、素晴らしい経営手腕だと思います。

この規模の企業であれば、20〜30%成長でもすごいというのが普通です。

データセンター売上高
  • 前年比+167%の17.5億ドル
  • 世界のサーバ・メーカーがエヌビディアの新製品「A100」を搭載した製品を発表
ゲーミング売上高
  • 前年比+26%の16.5億ドル
プロフェッショナル・ビジュアライゼーション売上高
  • 前年比-30%の2.03億ドル
自動車向け売上高
  • 前年比-47%の1.11億ドル

2020年 Q3ガイダンス予想

Q3ガイダンス新ガイダンス予想
売上高43.12〜44.88億ドル39.7億ドル

業績ガイダンスとは、上場企業が決算発表において明らかにする「今期の業績見通し」のこと

2) 株価チャートが持続的な上昇トレンドか?

3) PER(株価収益率)が高いか?

PER 233倍=508ドル(株価)/2.18ドル(EPS)

9月の調整後においても、期待値織り込みの高い水準と言えます。

仮に2Qの決算が通期で続くと考えると、

PSR 20.9倍=3235億ドル(時価総額)/38.7億ドル×4(年間売上高)

4) 時価総額が比較的小さいか?

時価総額は、3235億ドル(約34兆3254億円)と超巨大です。

5) 将来の「成長ストーリー」は良好か?

8/11

バンカメは、NVDAのPTを460→520ドルに引き上げた。Q2決算では、データセンタ向けの需要が引き続き堅調となる一方で、自動車関連需要がやや落ち込むと予想。クラウドの分野における在庫消化の動きも予想されるが、新製品やゲーム端末向けの需要が追い風となることを期待

8/18

オッペンハイマーは目標株価を400→500ドルに引き上げた。Q2決算発表では、データセンタ部門が追い風となり、良好な内容になると予想。今年年末にかけて、データセンタの伸びは鈍化すると予想する一方で、新製品がけん引することでゲーム向けが好調となるとの見方を示した。

サスケハナが目標株価を450→540ドルに引き上げた。2020年後半に対する期待の低さにより来るべき「7nmゲームGPU」展開の位置づけが良好である。更に、これはデータセンターでのリスクを解消させ、会社全般の業績を後押しするだろう。

9/3

NVDA(エヌビディア )が一時6.6%高。前日発表した画像処理半導体の新製品「GeForce RTX 30シリーズ」の評価が高く、バンカメが目標株価を$600→$650に引き上げ。中核のRTX3080と3070は価格が予想より安いうえ、ゲームの性能を劇的に改善させると評価。既存製品の75%が置き換わると予想

エヌビディアは、10月5~9日に「GTCテクノロジー・カンファレンス(GTC)」をオンラインで開催すると発表した。同イベントでは、直近のAIや、データサイエンス、グラフィックスなどに関するイノベーションについて特集される見込み。

コメント

タイトルとURLをコピーしました