【保存版】最短でFIRE達成する戦略ガイド
本ページはプロモーションが含まれています

フィナンシェトークン(FNCT)とは? [チャート分析とファンダメンタル解説]

アフィリエイト広告を利用しています。

このページでは、暗号通貨 フィナンシェトークン(FNCT) の特徴について解説していきます!

仮想通貨フィナンシェトークン(FNCT)の特徴
  • 株式会社Financieが発行した国産トークン
  • 時価総額ランキングは 圏外 (2023/ 3)

フィナンシェトークン(FNCT)とは?

フィナンシェトークン(FNCT)は、分散型取引所(DEX)「Financie」を運営する渋谷区に本社がある株式会社Financieが発行したトークンです。FNCTは、Financieの生態系において様々な役割を果たしています。

まず、FNCTはFinancieの取引手数料に対する割引やキャッシュバックなどの特典を受けることができます。さらに、FNCTはFinancie上で取引が行われる際に、売買の一方の当事者がFNCTを保有している場合には、その取引において優先的に約定することができます。これにより、FNCTの保有者は取引手数料の割引だけでなく、よりスムーズかつ高速な取引が可能となります。

また、FNCTはFinancie上でのイベントへの参加や、新規トークンの上場に対する投票権を持っています。これにより、FNCTの保有者はFinancie生態系の中でより積極的に参加することができ、Financieの発展に貢献することができます。

さらに、FNCTはFinancieの生態系におけるDAO(分散型自治組織)の運営にも関与しています。FNCTの保有者は、Financieの生態系の中での方針や方向性を議論し、投票することができます。

総じて、FNCTはFinancieの生態系において非常に重要な役割を担っています。FNCTの保有者は、Financie上での取引において優遇されるだけでなく、Financieの発展や運営に関わることができます。

フィナンシェトークン(FNCT)のメリット・デメリット

フィナンシェトークン(FNCT)のメリットとデメリットを整理すると次のようになります。

メリット

  1. 取引手数料の割引:FNCTの保有者は、Financie上での取引手数料が割引されたり、キャッシュバックされたりするなど、優遇されます。
  2. 優先取引権:FNCTの保有者は、Financie上での取引において、売買の一方の当事者がFNCTを保有している場合には、その取引に優先的に約定することができます。
  3. DAOによる参加:FNCTの保有者は、Financieの生態系の中での方針や方向性を議論し、投票することができます。
  4. 投票権:FNCTの保有者は、Financie上でのイベントへの参加や、新規トークンの上場に対する投票権を持っています。

デメリット

  1. 価格変動のリスク:FNCTは仮想通貨市場において流動性が低く、価格変動が激しく、大幅な価格下落リスクもあるため、投資する際にはリスク管理が必要です。
  2. トークン発行者リスク:FNCTは、発行者であるFinancieによって発行されたものであるため、Financieの経営状況によっては、FNCTの価格に影響を与える可能性があります。
  3. 関連プラットフォームに依存するリスク:FNCTは、Financieの生態系に依存しており、Financieの経営状況によっては、FNCTの保有者にとって不利益が生じる可能性があります。

フィナンシェトークン(FNCT)の時価総額

フィナンシェトークン(FNCT)の時価総額ランキングは 圏外 (2023/ 3)です。

フィナンシェトークン(FNCT)は現在、コインチェックのIEOプログラムでのみ取引可能です。(2023/3)

\ 最短5分で申し込み完了 /

約500円から購入できて積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

詳しくは、こちら↓のガイドの手順でかんたんに口座開設できます。ぜひ、この機会に暗号資産をはじめてみてくださいね!

≫ コインチェック口座開設完全ガイド(画像付き)

フィナンシェトークン(FNCT)のロードマップ

Financieは、現在以下のようなロードマップを掲げています。

【2023年】

  1. Financieのブロックチェーンネットワークの完成とローンチ
  2. DeFiプロトコルのリリース
  3. 機関投資家に向けた法的枠組みの構築
  4. オンラインショップのオープン
  5. クロスチェーン取引のサポート

【2024年】

  1. グローバルなマーケットへの展開
  2. 複数の国の規制対応
  3. 無料送金サービスの提供
  4. フィナンシェトークン(FNCT)の利用拡大
  5. クラウドマイニングの開始

Financieは、ブロックチェーンや仮想通貨市場の発展に貢献することを目的としており、これらのロードマップを実行することで、世界中のユーザーに対してサービスを提供していく予定です。特に、グローバルマーケットへの進出や複数の国の規制対応は、今後のFinancieの成長にとって重要な要素となるでしょう。

公式HP

FiNANCiE | あなたの夢が、みんなの財産になる
FiNANCiE(フィナンシェ)は、夢がみんなの共有財産になる、ドリーム・シェアリング・サービスです。

運営会社

株式会社フィナンシェ
株式会社フィナンシェは、「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」を ビジョンに掲げ、国内唯一のWeb3プラットフォームを提供します。

トークンについて

メインページホワイトペーパー

注意事項

IEOの利用についての注意事項(コインチェック)

error:Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.