個別株データベース《 米国個別株:108 銘柄 / 中国個別株(香港市場):5 銘柄 》

【保存版】アフィリエイトのSEOテクニック!検索流入(PV)を向上させるコツはFラン大学で上位を維持することです!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

高単価アフィリエイトの例

アフィリエイトとは、自身のサイトやブログに広告を掲載したり、商品を自身のサイトから購入してもらうことで稼ぐもっとも一般的な方法です。

POINT

ターゲットになる、年齢層に注目

スポンサーリンク

ASPの種類

ASPとは、ブロガーと広告主をつなぐ広告代理店、もしくは不動産屋のようなものです。

ASPによって「こっちにはあるけど、あっちにはない」みたいに取り扱う商品(広告)が違います
また、ASPによって単価が違うことがあります。つまり、収益の取りこぼしが減らせます

POINT

複数登録がオススメ

ASPのメリット・デメリット

メリットデメリット
ブログの収益化が個人でやるのに
比べて圧倒的に楽
なし
広告主に都度交渉しなくても
申請と承認だけで簡単に
広告の掲載ができる
登録は無料
報酬が踏み倒される心配がない登録したからといって
使わないといけないわけでもない

国内ASP

国内には全部で16社のASPがありますが、厳選した7社を紹介します。

ブログ初心者は、とりあえず登録すべきASP4選

a8.net

  • 国内ASP最大手
  • 広告主15000社以上
  • 登録アフィリエイター210万人以上
  • 圧倒的に扱う広告数、広告ジャンルが多い
  • 振込手数料がかかる
  • 大手ゆえに「担当者」がつくハードルが高い

もしもアフィリエイト

  • ASP側から検索順位を見て提案してくれる
  • ↑の精度は微妙なところだが、閃きにつながることもある
  • 楽天の報酬をもしも経由にすると通る確率が上がったりすることも
  • 意外とマイナーなジャンル(新ジャンル)で良い広告があったりする
  • 振込手数料なし
  • 管理画面見にくい
  • 取り扱い件数はA8.netには敵わない

afb

  • 美容、保険、転職に強いASP。
  • この分野に興味があるなら登録して損なし。
  • 支払いを「仮想通貨払い」「ポイント払い」にできる
  • 特定のジャンルに強いが、それ以外はイマイチ

バリューコマース

  • A8.netに次ぐ大手
  • A8になかったら次はここを見るのが基本
  • 「DHC」「UQモバイル」「アニメイト」はバリューコマースのみ
  • 初心者のうちは、ここにしか無いという案件がなければ使わないかも

アプリ案件やるひと用3選

アプリ系に共通することは、案件終了のサイクルが早く、アフィリリンク貼り替えの手間が面倒であることです。

Zucks

  • アプリ系ASPとしては、一番種類があるイメージ
  • 管理画面も使いやすく、初心者が「アプリ案件」をやるならまずはここがオススメ
  • 実はアプリ以外の案件もある

smart-c

  • 高単価なゲーム案件が多数
  • 他ASPと比べて単価が出やすいイメージ
  • ひと(登録メディア)によって、選べる案件が違う
  • 実績がないうちは掲載できるアプリが少ない

SeedApp

  • A8.netと同じ「ファンコミュニケーションズ」がやっているアプリ系ASP
  • 種類が豊富で、単価も出やすい
  • 審査制で、意外と基準が厳しい
  • 他のASPで結果を出してからの方がいいかも

その他の国内ASP

海外ASP

日本ではA8や楽天などをASP (Affiliate Serves Provider)と言いますが、アメリカではAffiliate Networkと呼ばれます。

アメリカのアフィリエイト &オンライン広告は、報酬が発生する条件により、3種類に分けられます

  • CPM /PPM
  • CPC /PPC
  • CPA/PPA(CPS/PPS)

CPM /PPM

Cost-Per-Mille/Pay-Per-Mille(Milleとは1,000の意味)

つまり広告が1,000回表示(impression)されるごとに、あらかじめ決めておいた金額の報酬が入ります。値段は数セントから数ドルとさまざまです。

向いているサイト
  • すでに確立したサイト、コンテンツ重視のサイト

広告主のブランドイメージとマッチした内容やデザインのサイトに適しており、特に視覚効果のあるバーナー向けの広告がオススメです。

CPC /PPC

Cost-Per-Click/Pay-Per-Click

成果報酬タイプのひとつでアメリカで一番広く導入されている広告タイプです。いわゆるクリック型広告のことです。

日本では、広告を出してアフィリエイトをするタイプをPPCと呼ぶようですが、アメリカでは閲覧者がクリックすれば報酬となるクリック型、Google Adsense型の広告のことを指します。

向いているサイト
  • 日記タイプのブログのような、コンテンツ重視で読ませるサイト

各広告会社の基準(アダルトや暴力的な内容のサイトなどNG)を満たすサイトならどんなサイトでもOKで、バーナー型だけでなくリスト式や文字タイプの広告に向いています。

CPA/PPA(CPS/PPS)

Cost-Per-Action/Pay-Per-ActionまたはCost-Per-Sell/Pay-Per-Sell 

こちらも成果報酬型ですが、閲覧者が広告をクリックしてさらに物品、サービスの購入した場合(CPS)、またはメールアドレス、電話番号などを登録(CPA)して始めて報酬が発生するタイプです。

向いているサイト
  • 競合の少ないニッチなマーケットで単価の高い商品やサービスを扱うサイト

製品レビューサイトで製品バーナーだけでなく文字タイプのリンクを貼り付けて使うと良いでしょう

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

SEO対策コツ

POINT

狙ったキーワード+ロングテールでサイト、ブログを作る

SEOとは、Google検索上位に表示されるかのテクニックのことで、検索上位であればPV(アクセス)が多くなり、アフィリエイト収入も向上します。

スポンサーリンク

アフィリエイトで稼ぐコツはFラン大学で上位を維持すること

POINT

上位の大学で戦うのではなく、ニッチな世界で戦う

一流のA大学で上位をキープすることは厳しいですが、F〜G大学で上位をキープすることは比較的容易です。

ランク競争マーケットユーザーイメージ
A超激戦区大きいミーハー、ポピュラー
BCDE↕︎↕︎↕︎
F低い小さいニッチ、マニアック

最適解は、Fランクのような競争力が比較的低い、ニッチ、マニアック層へ絞ってアプローチすることが大切です。

スポンサーリンク

ビックキーワードをマイナーワードへ変換する × ロングテール

その具体的方法が、

POINT

ビッグキーワードを悩みワード等に変換させて競争率を下げる

POINT

ロングテールを使う

ロングテールとは、ニッチなワードから拾っていき、Googleの評価を上げて検索順位、ページビューを上げるというものです。

先ほどのランクをキーワードとして例を挙げると、次のようなものがあります。

同じような意味のキーワードですが、少しひねると競争力が1/10になりました。

このようにマニアック層へ絞ってアプローチする方法は「サジェスト・キーワード変換」する方法がシンプルで効果的です。

サジェスト・キーワードを活用すると次のような効果があります。

  • サジェスト・キーワードを含むと競争力が低なる
  • 悩みにフォーカスできる

コメント

タイトルとURLをコピーしました